FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
『愛着障害』
2014年02月24日 (月) | 編集 |
今日のコーデ。最高気温:8.4度(湿度:53%)、天気:曇り…いや晴れ???
焦げ茶にツタの葉柄の紬袷、クール猫博多帯、シャーベットオレンジ色の帯揚げ、ライムグリーンの帯締め、薄黄色に椿柄刺繍の半衿、黒の足袋っくす。
20140223_02.jpg
IMG_2554_201402242237032cf.jpgIMG_2555.jpg
20140223_03.jpg
下はポリの二部式襦袢、ヒートテックタートルネック10分袖Tシャツ、ヒートテックレギンス、レッグウォーマー。
なんたって寒気がするもんだから、衿元と首を冷やしちゃなんねーと思って、久々の書生さん風。衣紋も抜かずにきっちりと。
やっぱ、この着付けはあったかいにゃー。教室では汗ばむくらいだったっす。
んだけど、いつも衣紋を抜いて着ているもんで、なんか後ろ首が窮屈な感じ。あと、トイレでつい衣紋を抜く動作(お端折りや半襦袢を下に引っ張る)をしてしまう。習慣ってコワイわねー(笑)。
そういえば、洋服なのに袂(たもと)を押さえるしぐさをしてしまったり、Gパンなのに階段を上るときに裾を上げるしぐさをしちゃったりするんですわ、私。わははーもう無意識に体が動くようになっちゃったんだな。習慣ってコワイわねー(爆)。

さて、フルで働いて終業時間かっきりに学校を出て病院へ。
で、診て頂いたわけなのだが…「鼻風邪でしょう」とのことであった。
ちょうど糖尿病の関係で血液検査をしたので、ついでに白血球の数も調べてみたら少し増えているらしく、抗生物質をはじめ3種類の薬が出た。とりあえず4日間これを飲む。
「たぶんインフルじゃないとは思うけど、マメに熱計って、37度5分が出たらまたおいで~」
うーーーーん、ゆるいなぁ。そんなもんなのか???
ゆるいセンセイではあるが、頂いた薬を飲んだら一日中していた頭痛が治まった。ビバ!

さて、昨日から読んでいた本を待合室で読み終えた。
愛着障害~子ども時代を引きずる人々~ (光文社新書)愛着障害~子ども時代を引きずる人々~ (光文社新書)
(2011/10/28)
岡田 尊司

商品詳細を見る

以前『母という病』を読んだ、その著者。
『母という病』も心にビンビンきたけど、この本もかなりきたなぁ。
私は、明らかに「不安型愛着スタイル」だすー。
嫌われたくない、認められたい、拒否されるのがコワイ、顔色を見る…。一番の関心事は「人に受け入れられるかどうか」「人に嫌われていないかどうか」。「見捨てられるのではないか」という不安が強い。などなど。
はーーーーーーーー。勉強になったっす。…勉強になったからといって、どうというわけではないが。自分というモノは、そうそう簡単には変わらんし。
それでも、知識を得ることで「自分で自分がわからない」という苦しみからは少しラクになれる。
私が心理学系の本を読むのは、「自分をわかりたい」という根源的な想いがあるからなんだろう。
一生かけて理解を深めようと取り組んでいく研究対象が、自分なのかもしれない。

月曜日は海大くんバナー。お手数ですが、二つともポチッとな、していただけると励みになります♪
br_decobanner_20110608205601[1]にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
関連記事

コメント
この記事へのコメント
オレンジとかグリーンとか
べにおさん、こんにちは。
オレンジとかグリーンとか、を持ってくるんだ~~と、私にはない発想なので毎回そーっかーe-420と発見しております。

何気ない所作が着物仕様。。。慣れって面白いですねe-446

岡田 尊司さんの本は私も読みました(これは読んでないけど・汗)。あまりにも謎すぎ(母とはなんぞや)ると解明したくなる悪い癖があって、パーソナリティ障害の本を読んで少しばかり謎が解け、気が楽に。。。e-446気持ちが軽くなると、血流も良くなって、調子が上がる気がしますね。
2014/02/26(水) 08:48:45 | URL | ふでぺん #iWX6Rsqc[ 編集]
ふでぺんさん
着物が落ち着いた色だったので、なんとなくポップな感じをプラスしたかったんです。帯揚げや帯締めにビビッドカラーを入れるのが、私は好きですね~。また母親のお下がり小物にそういうのが多くて(笑)。昭和テイストなのかもしれません。

岡田尊司さんの本、ただいま『回避性愛着障害』というものを読んでます。『愛着障害』の一つである回避型について詳細に述べているものですが、自分が不安型だと分かってしまったので、ちょっと物足りない感じです(笑)。
2014/02/27(木) 06:25:07 | URL | べにお #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する