FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
早退け禁止!
2014年06月11日 (水) | 編集 |
一昨日の夕方、同僚が逝った。
10年くらい前に私が担任をやっていた時の、学年主任。
たぶん、私と10歳くらいしか変わらないと思う。
いい人でね-。なんでも文句言わず引き受けちゃうような人だから、お上から無茶ぶりされたりして苦労したことと思う。
青森出身の東北人で、情に篤いから沢山の人に好かれていたなー。
私がウツまっただ中だった時の学年主任だったから、色んな面で迷惑かけたことと思う。
一度、サシで飲んだこともあったなー。
芸術鑑賞の下見で、一緒に芝居を観たこともあったなー。
生意気な若造の文句ったれも、穏やかに受け止めて聞いてくれたなー。

バカタレ、バカタレ、早すぎんだよ。と、毒づきながら着替えてお通夜に行って来た。
江戸小紋万筋単衣、喪帯、喪の帯揚げ・帯締め、白足袋、白の半衿。
P6110775.jpg
…去年、とーさんの17回忌用に揃えたコーデがうっかり役に立ってしまった。
祭壇の笑顔にやられて、とても長居はできなかったよ。

ついつい忘れてしまうんだけど、人は必ず死ぬもんなんだなぁーって、改めて思った。

またあの世の知り合いが増えちゃったよ。
なんでいい人ほど早く行っちゃうんだろうなぁ。バカタレ。

水曜日は咲夜さんバナー。咲でしゅ。いつもありがとうございましゅ。2つともクリックしてくださると励みになるでしゅ♪
br_decobanner_20110607235956にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
関連記事

コメント
この記事へのコメント
私も今まで五人の同僚とお別れしました
一人は突然
四人は闘病した末のお別れでした
まだ私より若い人も二人もいます
とてもお世話になった方は あまりにも悲しくて
遺影の笑顔をみる勇気がなく お通夜を失礼して
後日お花を送らせていただきました
年老いた家族を送るのは当然の義務として
悲しいけれど 覚悟をもってというか 子の使命感で葬儀を営みましたが・・・・同僚や友人とのお別れは なんともいいようのない 悲しみです・・・・
べにお先生  つらかったですね
お疲れ様です
2014/06/12(木) 20:45:50 | URL | ソフィー #-[ 編集]
ソフィーさん
ああ…わかります。
同僚の中にも「私の中で、まだ認めたくないの。だから、お通夜には行けないから、お香典だけお願いしていい?」と、私に託した人がいます。式に出席すること自体がつらい、ってことありますよね。
気がつけばアッチの知り合いもずいぶん増えてしまいました。何回見送っても、やはり慣れないもんです。
2014/06/12(木) 21:20:58 | URL | べにお #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する