不定期更新のつもりが毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居をメインに、日々の記録を積み重ねています。
川越詣で 2017。その3
2017年01月08日 (日) | 編集 |
<前回のあらすじ>
お目当てその1のインド屋は休みだし、
お目当てその2の雑貨屋39オリジナルカレンダーは売り切れだった…。

気を取り直して、発泡スチロールアート観測へ。
五円玉に載ったカメレオンや、チンパンジーのパン君に関しては、特に移動や変異はないのでスルーする。
目当ては、パンダである。去年見た時は、顔だけ白塗りの修正が施され、ボディはくすんだ白のままだったが…。
ところが、パンダが設置されていた場所に行くと、なんとそこは小洒落たサンドイッチ屋さんになっていた!
私:「うっそーーーん! パンダの場所からして、なくなっとる!
たまさん:「わー、ホントだ」
私:「ショック…パンダの白塗りがどうなったか見たかったのに…」
たまさん:「なくなっちゃったねぇ」
そんなわけで、お目当てその3もまたのがしてしまった。しくしくしく…。やはり私は運のない星の下に生まれたのだろうか。
その後のハシビロコウは、無事に前回と同じ場所にあった。
IMG_1865.jpg
ハシビロコウ越しのリラックマ窓も健在。
IMG_1866.jpg
そしてそして…ある意味、これまたお目当ての鳥獣戯画。
IMG_1871.jpg
ああ、ウサギがホントにネザーランドドワーフ風味になっているぅぅぅ。
こうなるともう、「鳥獣戯画」というより「イソップ童話」の世界観だ。
IMG_1872.jpg
ウサギの微笑みさえ、洋風に見えてくるのであった。
ぶらぶら歩いていたら、雑貨屋のようにおされなカフェがあり、そこで休憩がてらお茶をすることにした。
IMG_1873.jpg
セブンスパイスチャイなるものを注文。カルダモン、シナモン、クローブまでは分かったが、あと4つは何だったんだろう?
お腹から暖まったところで、たま家に帰った。
------------------
いただきもの1。
IMG_1875_201701061544275fe.jpg
てんてんさんから、たまさん経由でいただいた~♪ 美味しそうなチーズケーキに高貴な猫が載っているの。
いただきもの2。
P1030739.jpg
たまさんが、以前「まおじゃらん」でどなたかにあげたい、とおっしゃっていた帯。でへへ、早速名乗りをあげていたのだった。
P1030740.jpg
すかさず、二部式付け帯に加工。わーい、かばいいなっ 活用させて貰いまっせ~
てんてんさん、たまさん、新年早々どうも有り難うございました!<完>

日曜日はえんちゃんバナー。いつもありがとうございます。おかぁちゃんあちょぶ? あたちとあちょぶ? 2つともポチッとしていただけると、励みになります♪
banneren.gifにほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
川越詣で 2017。その2
2017年01月06日 (金) | 編集 |
<前回のあらすじ>
コーデが決まるまで。
着付けでパニック。

たま家に到着。おおーっ、たまさんは訪問着だっ!
いいね、いいね~♪ 晴れ着って、まさに眼福である。
しかも、お値段1400円らしい。なんと!
ひととおり着姿を楽しんで、トイレをお借りしたら、川越へ向けて出発だ。たま家の車で、運転はじゃあっくまさん(=たまさんダンナ)。私は後部座席でお気楽に過ごす。
たまさん:「べにおさんから『今、都庁前』ってメールもらった時に、もう絶対間に合わないって確信したわよ」
私:「すんませーーーん。途中までは絶好調だったんですけどねぇ」
たまさん:「さすがの方向音痴っぷり(笑)」
じゃあっくまさん:「べにおさんだったら、自宅から学校までも迷ったりして(笑)
たまさん:「わっはっは! いい、それ!(爆)」
私:「何言ってんですか、ウチから学校まで徒歩5分、車で1分ですよ?」
じゃあっくまさん:「いや、距離の問題じゃないから(爆)」
私:「さすがに迷いませんって!
たまさん:「ひーーーっ(爆)、迷ってほしいーーーーっ!(爆)(爆)
…大変な盛り上がりようを見せていた。いやはや、なんとも失礼なご夫婦なのである(笑)。

さて、川越に行く目的は「雑貨屋39、その近くのインド屋、発泡スチロールアート」の3点である。
当日のプランでも、まずインド屋でカレーランチを食し、お腹がいっぱいになったところで雑貨屋39でオリジナルカレンダーを買い、その後ぶらぶらと発泡スチロールアートを観測する…という予定であった。っつーか、それ以外の予定はなかった(笑)。
ところが、ところがである。
ほとんど車が進まないくらいの渋滞にはまり、川越に到着してからも駐車場探しが難航し、お腹ぺこぺこ状態で向かったいつものインド屋は、まさかのお休みであった!
たまさん:「マジっ?!」
私:「うわーーーー、ありえねぇーーーっ!」
いきなり、お目当てをのがし、我々の頭は真っ白になった。
じゃあっくまさん:「…どうする?」
たまさん:「うーーーーー、どっか、レストランでも入る? 観光客相手の…」
私:「…あ、じゃあたまさん、グーグルマップでこのあたりのインド料理屋を検索してくれません?」
たまさん:「(iPadにて検索)あった。ちょっと歩くけど」
じゃあっくまさん:「まさか、そこも休みってことない? 電話してみよう(電話にて確認)…なんか、応答しないけど、受話器の遠くで『ありがとうございましたー』って言ってるから、やってるんだと思う」
私:「行きましょう!」
というわけで、初めて行くインド料理屋にて、ようやくカレーランチにありついた。
IMG_1864.jpg
今にして思えば、何もそこまでして川越カレーに固執しなくても…という気もするが、その時は「川越に来たら、カレーを喰わねば!」と思っていたのだ。
ここのインド料理屋さんは、いつものインド屋さんより店内が狭く、かつお客さんが多く、なんだか妙に落ち着かなかった。
美味しかったのだけど、外で並んでいるお客さんを見ると気がひけて、そそくさとお店を出て39へ向かうことにした。

わーい、39だ♪
店内をぐるりと見て、お目当てのカレンダーを探す。あれー? 見当たらないなぁ。
ひとまず、仕事場で使うのに丁度いいので、猫のマグネットを購入。
IMG_1876.jpg
お会計時に「カレンダーはもう売り切れですか?」と尋ねると、
おぢちゃん:「オリジナルの猫のですか?」
私:「はい」
おぢちゃん:「あー、すいません、もう売り切れちゃいました」
オーマイガッ! ここでもお目当てをのがした。
だが、その代わりに(?)看板猫のゆきこおねいちゃんの写真を撮らせてもらうことができた。
IMG_5118.jpg
ああ…この仏頂面がかばいい
毎年かぶり物を着せられて店番をしているゆきこおねいちゃん、今年はもちろんニワトリだった。
カレンダーを買えなかったのは非常に残念だが、写真を撮れたのはかなり嬉しい♪
よーし、あとは発泡スチロールアートだ!
<今年はお目当てをのがしてばかり…。その3へつづく>

金曜日はサラちゃんバナー。おばちゃんっ、サラちゃんがなめてあげる♪ お帰り前に2つともポチッとしてなの。
br_decobanner_20110612201207にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
川越詣で 2017。その1
2017年01月05日 (木) | 編集 |
1月2日朝、私は新居・たま家に剃男くん(=愛車SOLIO)で向かっていた。
正月の東京は道が空いている。快調に運転していたのだが、気がつくとなぜか都庁前にいた。
どうやらカーナビ・サラ子の指示を誤ってしまったらしい。あちゃー。
かくして、道に迷ったことと着付けに手間取って出発が遅れたことで、予定時間より20分ほど遅れての到着となった。
----------------------------
さて、話は前日にさかのぼる。
川越詣でのコーデを考えていた。たまさんは「柔らかモノを着ようっと♪」とおっしゃっていた。むーーー、柔らかモノか。
滅多に着ない柔らかモノの入っている引き出しを開けてみる…が、付下げだの訪問着だのという気分ではない。いわんや色無地をや。
かといって、大島紬の訪問着は昨年の横浜デートで着たし…むむむ、どうしよう。
あー、小紋だ、小紋あたりで勘弁してもらおう!(誰に?/笑)
で、『うむ、これなら気分に合う♪』と組んだのがこれ。
P1010728.jpg
しかし、正月だってのに普段着ている小紋ってのも芸がない。なんか、もう少し華やかにしてみたい。
よっしゃ、滅多につけない伊達襟を付けてみよう♪
ビリジアンの伊達襟を引っ張り出してみたが…これって、どうやって着物に付けるんだっけ?
なんか、成人式の時には短く切ったコームみたいなので着物の衿に差し込んでとめていたような記憶がある。が、今ウチにはそんなコームはない。むむむ…。
着物の衣紋のところに直接縫い付けちゃえばいいってのは分かるのだが、着物に穴を空けるってちょっと勇気がいる。要は、なにかで留まればいいんだよなぁ-、代用品になりそうなものないかな?
ということで、ヘアピンでこんな風にとめてみた。
P1030738.jpg
結構いい感じじゃん? …前日は、これで良かった。

そして当日、着付けをしていて私はハタと動きが止まってしまった。
あれーーー? 上前の伊達襟って…どうしたらいいんだ?
つまり、こういうことである。
伊達襟なしの衿元がこうだとすると…
名称未設定 1
伊達襟って、こうなるべき?
名称未設定2
それとも、こうなるべき? どっちだったっけーーーっ?!
名称未設定3
vの字になるのが正しいのか、yの字になるのが正しいのか…滅多に伊達襟をつけない私はパニクってしまったのである。
しかし、今から調べてやり直す時間はない。
あーーー、もーーー、いいや、たくさん見せちゃえ。yの字だ、yの字!
かくして、着付けたのがこれである。
1/2のコーデ。川越あたりの最高気温:11.4度(湿度:不明)、天気:晴れ。
黒地に独楽柄のシルック小紋袷、平安貴族の刺繍袋帯、若草色の帯揚げ、生成り地に市松桜柄の丸ぐけ帯締め、白地に独楽柄の刺繍半衿、ビリジアンの伊達襟、招き猫の足袋っくす。
P1010728.jpg
IMG_5116.jpgIMG_5117.jpg
P1010729.jpg
下は麻の二部式襦袢、エアリズムTシャツ、エアリズムステテコ、レッグウォーマー。
そんなわけで、ようやく着付けてたま家に向かったため、遅刻したのであった。
<ああ、まだ川越に着いていない…。その2へつづく>

木曜日は空良くんバナー。あんぽん、あんぽん、あんぽんたーん♪ お帰り前に2つともポチッとしていただけると嬉しいです♪
br_decobanner_20110611220432にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

※ちなみに、伊達襟の見せ方は結果的に合っていた。yの字が正解~。もうパニクらないぞ(笑)。
歩きまくって谷根千散策。その4
2016年12月29日 (木) | 編集 |
<前回のあらすじ>
弥生美術館、竹久夢二美術館を出て、墓参り。
猫もなか、主菓子、愛玉子…。

朝倉彫塑館を目指して歩いていると、いきなりこんな看板が目に入った。
IMG_5114.jpg
へー、ねこ博か。入場無料か。じゃ、寄ってみましょー♪
お気軽な気持ちで小さな画廊に入ると、んまぁかばいい猫グッズたちがてんこもり。
ミニチュア猫が金魚を狙ってる-。
IMG_1853.jpg
こっちは、7匹で狙ってるー(笑)。
IMG_1854.jpg
猫の七福神だっ! これ、高さ2㎝弱なんですのよ、奥さん。
IMG_1852.jpg
ガラス細工のねこ。右下にちんまり移った「猫鏡餅」がかな~り気に入った。
IMG_1851.jpg
イラストもほんわか可愛い。
IMG_1855_201612232117076cb.jpg
いやー、いいもん見させてもらったわ~。
お礼の気持ちで、猫ピアスを買った。
IMG_1862.jpg
きょとんとした表情の茶トラ。そらっちに似ている気がしてね(笑)。
IMG_1863.jpg
1/10まで開催中ですので、気になった方はいらして下さいまし♪

ねこ博をあとにして、朝倉彫塑館に行く。
IMG_1860.jpg
素敵な建物。朝倉文夫のお家をそのまま改装して展示してあるらしい。
うおっ、やっぱり猫の像を作った人だ! 何匹もの猫たちが、非常にリアルな佇まいで展示されている。
これは、間違いなく猫飼いの作だな、と思わず笑みが浮かぶ。
あれー、以前どこかで見たことがある気がするんだけどなー。なんだろ、5年前に行った山形の猫展だったかな、去年か一昨年に行った渋谷松濤の猫展だったかな…。どっちもたまさんと一緒に行ったので、今度たまさんに訊いてみよう(笑)。
ぐふふ、猫と犬のポストカード買っちゃった♪
IMG_1858.jpg
左の「のびをする猫」なんて、猫飼いならみんな「あるあるー!」と頷くこと必至。よく捉えてるなぁー。

よっしゃ、あとは日暮里駅から帰るだけじゃ。
と、駅に向かって歩いていたら…あらら猫グッズのお店発見。
どーしてこう私というヤツは猫モノに弱いんでしょうかねぇ?(常に猫が足りないオンナだから?) 案の定、ふらふらと立ち寄ってこんなもんを買ってしまいましたわよ。
IMG_1861.jpg
ダヤンの静電気除去キーホルダー。これの先を、車のボディとかドアの取っ手とかに「ピッ」と付けると、静電気が放出されて、触ってもバチッとこないというシロモノ。静電気を放出すると、ダヤンの下の四角い液晶に顔のマークが出る仕組み。
…これね、かなりの優れものですわよ。ささいなことではあるけども、静電気の恐怖から確実に守ってくれるって、ストレスフリー♪

それにしても、谷中という街はとにかく猫だらけの街だなぁー。
これで谷中銀座商店街とか行くと、これまた猫だらけなのだよ。
猫好きにはたまらん、谷根千散策。
そんでもって、着物が似合う街 谷根千。…って、私は万能服だったけども(笑)。
楽しい1日を過ごすことができたのだった。<完>

木曜日は空良くんバナー。あんぽん、あんぽん、あんぽんたーん♪ お帰り前に2つともポチッとしていただけると嬉しいです♪
br_decobanner_20110611220432にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

<後日談>
彫刻家朝倉文夫のことを知りたくてネットで検索してみたらば、なんと朝倉摂のお父さんだったってことが判明。ビックリ!
朝倉摂といえば、超有名な舞台美術家。
学生時代に劇団で大道具(舞台美術)を担当していた私は、教員になってから図書館で『朝倉摂のステージ・ワーク』という本を読んで、「この人の作る舞台って、スゲーーー!」と感動したものだった。
そうか、あの朝倉摂のお父さんが朝倉文夫だったんだ…。
なんか、朝倉家の作るモノって私を惹きつけるなぁ。
歩きまくって谷根千散策。その3
2016年12月28日 (水) | 編集 |
<前回のあらすじ>
弥生美術館の高畠華宵展と、竹久夢二美術館を見ての感想。

竹久夢二美術館から連絡通路を通って弥生美術館にもどり、ミュージアムショップを拝見する。
山岸凉子展の図録に惹かれたが、3200円という価格に断念。ぐぐぐ…。
代わりにポストカードを2枚購入した。
IMG_1859.jpg
弥生美術館、竹久夢二美術館、楽しゅうございましたー!

美術館をあとにして、父の眠るお寺さんへ向かう。グーグルマップって、ホント便利。
根津駅を越えて坂を登っていると、途中の和菓子屋さんで気になる商品を発見。むむっ、これは…!
IMG_1857.jpg
まねき猫のもなか かばええ~! これに惹かれて店内に入ると、美味しそうな主菓子もあったので一緒に購入した。
IMG_1856.jpg
わはー、先日新宿伊勢丹で抹茶も買ったことだし、こりゃあ当分お茶三昧だな(笑)。

途中の花屋で真っ赤な薔薇を2本買って、お寺さんに到着した。ウチのとーちゃんは赤い薔薇が好きだったのだ。
お墓に行くと、まだ新鮮な菊の花たちが飾ってあった。おや、誰か親戚が来たんだね~。
水をかけて清め、軽く掃除をして、少しとーさんとお喋りしてから寺を出た。

同じ道を戻るのは嫌なので、この先の日暮里から帰宅することにしようと決めた。
それにしてもお腹が空いてきた。歩き疲れてきたことだし、座って甘いもんでも食べたいな-。
カヤバ珈琲店にでも行こうかと思ったら、満席で外で待っている人の列が。うげー。
あ、そういえばこっちに「愛玉子(オーギョーチー)」のお店があったな。久々に行ってみるか!
20140908023046.jpg
このレトロな佇まいがたまらない(笑)。店内も昭和なムードたっぷりで居心地が良いのだよ~。
愛玉子ってのは台湾のスイーツで、このお店は日本で唯一の愛玉子専門店なのだそうな。
IMG_5113_20161225100347b4e.jpg
これが愛玉子。はちみつレモン味のシロップに寒天が入っている…といった感じ。でも、なんかクセになる味なんだよなぁぁ。
座って、ゆっくり味わって食す。はー、美味しかった! ごちそーさま!

よーし、元気が出たので再び歩く。グーグルマップによると、どうやら「朝倉彫塑館」というのが道沿いにあるらしい。
ん? 「朝倉」って、たしか猫の像をたくさん作っていた人じゃなかったっけ? よっしゃ、行ってみよう!
<このあたりは谷根千の「谷(=谷中)」ですな。その4へつづく>

水曜日は咲夜さんバナー。咲でしゅ。いつもありがとうございましゅ。2つともクリックしてくださると励みになるでしゅ♪
br_decobanner_20110607235956にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村