不定期更新のつもりが毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居をメインに、日々の記録を積み重ねています。
夢の逢瀬(?)実現。その4
2014年11月27日 (木) | 編集 |
<前回のあらすじ>
あすかさんと夢の初対面をし、アンティーク着物展を見てお腹いっぱい。
撮影会ではあすかさんの生自撮りを堪能し、小僧とえんちゃん閣下の共通点を見いだしたのだった。

<サイ○リヤ>
実はサイ○リヤにたどり着くのにも一悶着あって、ここでも私はあすかさんをお待たせしてしまったのだった。
…駐車場の入り口が分からなくってねぇ。ああ…申し訳ない。
読者のみなさま、大変お待たせいたしました。当日のあすかさんの着姿は、これだっ!
IMG_3363.jpg
(※あすかさんから掲載許可いただきました~。どうも有り難うございます♪)
…上半身しか写ってねーし、帯周りは隠れてるし。駄目カメラマンで、すみませぬ。
おおざっぱにご紹介すると、赤と黒の大きな矢羽根柄お召し、緑系微妙な色の蜘蛛の巣&ハイビスカス(?)柄刺繍の帯、黒と黄色の千鳥格子柄(?)帯揚げ、あれ…帯締めは何色だったっけ?太い平組の帯締め、でござんした。
ま、ま、詳しくはあすかさんのブログ「●着物と猫とカネコ系●」にてご堪能ください(今は記事になってないけど、いつかアップされるはず~♪ 丸投げ~♪)。
IMG_3365.jpg
このカメラのストラップも実は矢羽根柄なんですのよ、奥さん。
小僧(=あすかさんの息子どの)がテンション高くて、面白いのなんの(笑)。
あすかさんがドリンクバーに行くと、
小僧:「おかぁさん、コーヒー取りに行ったの」
私:「そうだねー、コーヒー取りに行ったねぇ」
小僧:「ふふふっ(どや顔)」
私:「いや、別に君がどや顔するもんじゃないから」
小僧:「……あのね…」
私:「ん?」
小僧:「おかぁさんね…」
私:「なぁに?」
小僧:「コーヒー取りに行ったの!(どや顔)」
私:「…知ってるから」
なんだかんだで、2時間近くお茶したのでは?
日も傾いて、駐車場で物々交換をした我々はこれにてお互いの帰路に付いたのだった。
IMG_3368.jpg
はぁーーーー、思ったよりも緊張しなかったわぁー。あすかさんはとっても自然体で取っつきやすい方でした~。
なんだかんだで、楽しく過ごした夢の逢瀬でありました♪

<いただきもの自慢>
あすかさんから、いろんなものを頂いたのでここでお披露目~♪
まずは「はにわサブレ」。わっはっは、笑える~。
PB231631.jpg
笑えるけども、味はアーモンドがきいて美味。やるのう、十万石。
サブレの下は、にゃんこ先生ストラップ2種。
あすかさん:「小僧がガチャで取ったんですが、ガチャ自体がやりたかったみたいで取ったものには興味がなくて…」
あい、私はにゃんこ先生が大好き♡ ありがたく頂戴いたしますとも♡
こんなものも!
PB231630.jpg
…ブリーフじゃございませんのよ、奥さん。半衿と帯揚げですの。撮り方が悪かったわね(笑)。
半衿は白地に紫で四角い刺繍がされてある。たまさん・タンタンさんと色違いらしい。
帯揚げは、ピーコックグリーンというのだろうか…、非常に微妙な珍しい色。たまさんとお揃いでいただいた♪
さらにさらに…。
PB231633.jpg
大量のじゃがいもと、大量の柿! わっはっは、田舎のおかんかっ!
あすかさん、なんだかたくさんの「こんないいもの」たちを頂いてしまいまして、どうも有り難うございました!
<完>

木曜日は空良くんバナー。お帰り前に2つともポチッとしていただけると嬉しいです♪
br_decobanner_20110611220432にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

夢の逢瀬(?)実現。その3
2014年11月26日 (水) | 編集 |
<前回のあらすじ>
思いがけぬ渋滞にはまり、あすかさんをお待たせすること30分。
小洒落たギャラリー前にて、ついに対面の時を果たした…!

<対面~撮影会>
うすうすお気づきの方もいらっしゃるとは思うが、今回訪れたのはこちらのイベント。
PB231632.jpg
「邸宅で見るアンティーク着物展」。私はなーんにも知らなかったのだが、着物ブロガーさんたちには有名な展示会だったみたいね。アンティーク派ではないたまさんまで「邸宅で見るアンティーク着物展、でしょ?」っておっしゃってたから。
私:「ごめんなさいっ、お待たせしちゃってっ!」
あすかさん:「いえいえ…」
私:「もう、中はご覧になりました?」
あすかさん:「はい。小僧がトイレに入りたがったもんで、お先に」
私:「じゃ、私もトイレに入りたいんで、行ってきます」
対面の挨拶もそこそこに、展示を見にいった。
受付の方もアンティーク、トルソーに着付けられた着物も当然アンティーク、説明役の方もアンティーク、来場者もアンティーク…。基本、振袖やら訪問着やらで、少なくとも小紋以上。
うっひゃーーー、きらびやかだこと!
あわわ、なんだかすっごく場違いだわよ、私。
ちなみに当日の格好は、これ。
PB231627.jpg
紺地に緑格子柄会津木綿、さややか猫博多、黄色の帯揚げ、赤と緑の帯締め。しかも斜めがけカバン。つまり、まったくもって普段着。
例えるならば、パーティードレスの展示会にTシャツとGパンで行っちゃった…みたいな(爆)。
コテコテ華やかなアンティーク着物に、頭の中は飽和状態。
さらに、場違いゆえのいたたまれなさも追加されて、入場から10分程度(そのうち5分はトイレ)でそそくさと会場を出たのだった。
あすかさん:「いかがでした?」
私:「…もうお腹いっぱい、って感じですー」
あすかさん:「べにおさんは見ないかと思った(笑)」
私:「来たからには見ますけど…あっしにはアンティークは無理ですわー」
このときすでに、あすかさんは愛用の三脚をシャキーンシャキーンとのばして撮影を開始しておった。
私:「じゃじゃじゃあ、撮影会の方へ」
あすかさん:「はい。あっちがいいかなーと思うんですけど…」
なんたって高級住宅街。すぐ近くに、なんだか絵になる建物がたっている。
さっそく建物を背景にカメラをセッティングするあすかさん。
セルフタイマーをつかって…あっという間に撮影完了。すごい…手慣れた職人のワザだわ(笑)。
たまに小僧(=あすかさんの息子どの)がだーっと走って写り込むこともあるが、粛々と撮影が進んでいくのは見ていて楽しい。
私:「すげー! パソコンモニタで見ていた光景が、生で繰り広げられている…!」
あすかさん:「べにおさんも撮ります?」
私:「いやいや、私は銀杏だけ撮れれば…はい」
IMG_3361.jpg
秋ですなー、見事な銀杏でございましたわよ。
最初のころははにかんで目を合わせようとしなかった小僧も、撮影会が終わる頃にはだいぶん私に慣れた様子。
じーっと見つめては「きゃー♡」と言って逃げていく、という動作を繰り返していたのだった。
…ん? なんか、小僧って誰かに似てる…。
IMG_3324_20141126140146457.jpg
IMG_3326_20141126140146901.jpg
ああ、閣下がここに!
あすかさん:「この道沿いに、サイ○リヤがありましたけど…」
私:「あ、じゃあそちらへ…」
なになに、私ったらあすかさんとお茶しちゃうの? きゃー♡(閣下風)
<引っ張ってるわけではないのよ、ほ~さま。ここまであすかさんの写真を一枚も撮ってなかったの。その4へつづく>

水曜日は咲夜さんバナー。咲でしゅ。いつもありがとうございましゅ。2つともクリックしてくださると励みになるでしゅ♪
br_decobanner_20110607235956にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

夢の逢瀬(?)実現。その2
2014年11月25日 (火) | 編集 |
<前回のあらすじ>
●着物と猫とカネコ系●」のあすかさんにお誘いをうけた私。
ひとみしらーゆえに「どうしよう、どうしよう???」とアワアワするが、たまさんの励ましを受け、勇気を出して逢瀬を実現することにした。

<出発前~到着>
「はにわサブレ(←以前私が所望した)を仕込んで行こう♪」などと、あすかさんから嬉しいメールをいただき、私ははたと考えた。
しまった…笑える手土産にふさわしいものが…ないっ!
今更ふなっしープリッツってのも、芸がないしなぁ。うーん、困った、どうしよう???
その時は、ちょうど「べにお亭肉の宴(翌日開催予定だった、拙宅での食事会)」に向けてゴボウの牛肉巻きを作っているところだった。
よし、お惣菜だ。お惣菜をてんこ盛りにして、あすかさんに押しつけてやろう!
冷蔵庫を覗いてみると、ちょうど炊き込みご飯を作れるだけの食材がそろっていた。
そこで、当日早朝から炊き込みご飯を作成。
●炊き込みご飯。鶏もも肉、油揚げ、生姜、ゴボウ、人参。味付けは、酒、昆布茶、醤油、塩。
PB231629.jpg
ついでに、自分の朝食用におむすびにして食す。
一番大きなタッパーに「これでもか、これでもか!」とぎうぎうに詰め込み、ゴボウの牛肉巻きをとともに紙袋に収めた。

ネットのカーナビで検索すると、会場までは40分程度。
じゃあ、余裕をもたせて1時間前に出発すれば確実に着くだろう。
早めに着いたら…そうね、会場近くを散策でもするかね~。ふふふん♪
…しかし、そんな甘い読みはもろくも崩れ去った。
道が…道が混んでるのよ、奥さん!
しかもその混み方がハンパない。最寄り駅からその隣の駅までの一駅区間に1時間を費やす。
チーーーーーーーーン、遅刻決定。
前日交わしたメールで「べにお先生のことだから、道に迷ってしまうのでは?(笑)」とあすかさんに冗談交じりで言われ、「なにをおっしゃる、腐っても地元民ですよ、そんなことはありませんっ!」と即答したのにぃ。
ああ…埼玉からいらっしゃる方を、千葉県民が地元だというのにお待たせするなんて…。ぐぐっ、不甲斐ないことこの上なし。
気持ちは焦るが、車は進まない。結局、30分遅刻して会場に到着した。

急がねば、急がねば…! 
着物に雪駄で、大股にガシガシと上り坂を上っていく。
この日は気温も高かった。久々に最高気温19度。汗を流しながら、ひたすら歩く。
私の向かう先から、華やかなアンティーク着物をお召しになったご婦人達が坂を下りてくる。
「アンティーク展」をご覧になった帰りなのだろうなぁ。この人の流れに逆らっていけば、会場にたどり着くことができよう。
高級住宅街風のど真ん中に、その会場はあった。
IMG_3362.jpg
…こんな小洒落たギャラリーが、こんな場所にあったなんて。
そして、ギャラリーの前には…明らかに「あすかさんと小僧(=あすかさんの息子どの)」である子連れが、ベンチに座ってくつろいでいたのだった。
「あすかさんっ! はじめまして、べにおですっ!」
<ああ、ようやく会えたところまでたどり着いたよ。その3へつづく>

火曜日は風花さんバナー。いつも有難うございます。2つともポチッとな、していただけると嬉しいです♪
br_decobanner_20110609233723にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

夢の逢瀬(?)実現。その1
2014年11月23日 (日) | 編集 |
昨日、拙ブログの内緒コメントに「明日千葉県までアンティーク展を見に行くのですが、べにおさんもいかが?」というお誘いの言葉が。
コメントの主は、ご存じ「●着物と猫とカネコ系●」のあすかさん。
うおーーーーっ、あすかさんからのお誘いじゃーっ
実は私たち、お互いブログ間での交流はあるが、リアルでは一度もお会いしたことがない。
そんでもって、なんと私は過去に2回も「会いましょう♪」という機会を逃しているのである。
1回目は去年の着物サローネ。そう、雨が降ったから日和って延期にしたんだよな…。
2回目は、たまさんと合宿をしている最中に内緒コメントでお誘いくださったのに、それに気づいたのがすでに夜だったんだよな…。
いやはや、なんとも申し訳ない。
しかし、それに懲りずに、あすかさんがまた誘って下さった。純粋に嬉しい!
何より、あの面白ブログの筆者にぜひともお会いしたい!
しかも、千葉までいらっさるなんて滅多にない機会!
だが…不安要素は「人見知りの私が初対面の方と二人きりで過ごすことができるのだろうか?」というもの。
あうあう、どうしよう???
困った時のたまさん頼みで、メールをする。
私:「あすかさんが誘ってくれたー! うれしー! でもひとみしらーだから、ちょっと不安…」
たまさん:「大丈夫だよー、天気が良かったら着物で行ってもいいし。ほんのちょっとだけでもいいから、行っておいでよ♪」
私:「うーん、ちゃんと話せるかなぁ? ドキドキ…」
たまさん:「あすかさんはべにおさんが人見知りだって知ってるから、大丈夫だって」
私:「…分かった。アタシ、勇気を出して行ってみる!」
IMG_3367.jpg
たまさん:「…。そのくまぬりえをあすかさんに見せれば、何も言わなくても分かってもらえるよ(爆)」
かくして、ドキドキの初逢瀬とあいなった。

今日のコーデ。最高気温:18.8度(湿度:51%)、天気:晴れ。
紺地に緑格子の会津木綿、さわやか猫博多帯、卵焼きの帯揚げ、赤と緑の帯締め、生成り地に玉かんざし刺繍の半衿、カラシ色の足袋っくす。
PB231627.jpg
IMG_3359.jpgIMG_3360.jpg
PB231628.jpg
下は麻の二部式襦袢、エアリズムTシャツ、エアリズムステテコ。
今日は気温が上がるとのことだったので、木綿単衣にした。
なんつーか…いつも通りのコーデだなぁ(笑)。気合いというか、おされ心というか、そういうものが全く感じられない。
おそらく自身の緊張を緩和するために、あえていつものコーデを選んだんだろうな、無意識に(笑)。
こんな格好に斜めがけカバンをさげて、車でアンティーク展会場に向かった。
<結構書きたいことがたくさんあるので、連載にします~。その2へつづく>

日曜日はえんちゃんバナー。いつもありがとうございます。2つともポチッとしていただけると、励みになります♪
banneren.gifにほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村