FC2ブログ
不定期更新のつもりが毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居をメインに、日々の記録を積み重ねています。
音楽の連鎖。
2019年01月26日 (土) | 編集 |
今日のコーデ。最高気温:9.2度(湿度:31%)、天気:晴れ。
ばーちゃんの迷彩っぽい平織り紬袷、パステル博多帯、生成り地に市松桜柄の帯揚げ、同布の丸ぐけ帯締め、薄黄色地に簪柄刺繍の半衿、あずはさんからいただいた青海波の足袋っくす。
P1264038.jpg
IMG_7589.jpgIMG_7590.jpg
P1264039.jpg
下は麻の二部式襦袢、エアリズムTシャツ、エアリズムステテコ、レッグウォーマー。
この着物、着心地もいいし着ていて気楽。好き好き~。

●夕食ワンプレート。海鮮巻き(スーパーのお惣菜)、オクラと納豆のごま和え、モツ煮、牛すき煮。
P1264040.jpg
…今日はこれらをアテに自宅de居酒屋。さらに、飲みつつ自宅deカラオケ。
はーーーー、ようやく喉が復活したなぁ。
いやね、先日の百人一首カルタで声を張り上げすぎて、実は少々喉にキテいたのですわ。
2日間歌わなかったら、喉も回復して高音も気持ち良く伸びる~♪ 裏声もイケる~♪
…ええ、喉の調子が良ければ毎日歌ってますが、なにか?(笑)
須田景凪「レド」「シャルル」「idid」「パレイドリア」「ポリアンナ」…ほぼ攻略。
今の課題曲は「Dolly」と「mock」。
●須田景凪「Dolly」

この曲も頭の中でリフレインするんだよなぁぁぁぁ。
うーーーん、すっかりYouTubeにはまってる。
おかげで、ヨルシカEveなんて音楽家のみなさんも気になる今日この頃。
いかん、泥沼化してるかも(爆)。

土曜日は黄ちゃんバナーいつもありがとうございます。2つともポチッとしていただけると、励みになります♪
br_decobanner_20110613205959にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
攻略!
2019年01月18日 (金) | 編集 |
本日は裏方業務のみなので、米津さんのコウモリパーカー+Gパン。
なので着姿写真はなしー。
はーーー、よく働きマシタ。

須田景凪、着々と攻略中(笑)。
●シャルル。ほぼほぼ攻略。

●レド。完全攻略!

●idid。ただいま攻略中。
(これは動画がなかった~)
●パレイドリア。ただいま攻略中、なれど言葉数が多すぎて苦戦!

はーーー、よく歌いマシタ!
…本日はこれといった写真がなかったので、動画をたくさん貼ってみた(笑)。

明日半日働けば、日曜日。素敵だ-。
あー、明日から米津さんの全国ツアーが始まる。初日、徳島! 
米津さん、米民のみなさん、楽しんでね~♪ くぅーっ、羨ましいーっ!

金曜日はサラちゃんバナー。おばちゃんっ、サラちゃんがなめてあげるの♪ お帰り前に2つともポチッとしてなの。
br_decobanner_20110612201207にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
音楽をどこで仕入れるか?
2019年01月13日 (日) | 編集 |
とにかく、寝た。
三度寝したのか? 合計10時間くらい寝た。
P1133995.jpg
仕事が休みだと何度も寝ることができるので6時間以上眠れるのだけど、仕事のある日はやっぱり4時間程度なんだにゃー。
たくさん眠れるのはシアワセなこと。

米津玄師を知ってからYouTubeをよく見るようになりましてね。
そうすると「あなたにオススメ」的な動画がたくさん紹介されるわけですわ。
その中に「シャルル」という曲が度々紹介されて、どうも10代の人気曲らしい。

脳みそが未だ思春期の身なので(笑)、聴いてみたら…なるほど、面白い。
こちら「バルーン」という方がボカロで発表していたのだが、ご本人「須田景凪(すだけいな)」の声でセルフカバーもしており…あら、こっちの方が好きかも♪
で、新曲「パレイドリア」が気になる今日この頃。

このギターリフが妙に耳につく。いいなぁ…もうじき出るアルバムに入っているらしいから、アルバム買っちゃおうかなー。

なるほどなぁー、最近の若者はこうやって音楽を入手していくんだなぁ-、などと思った次第。
我々世代が若人の頃、新しい音楽を手に入れる手段はラジオかテレビだった。
当時は誰もがお気に入りの深夜ラジオがあったし(私は「三宅裕司のヤングパラダイス」だったなー)、歌番組も週に何本もあったから、それらを網羅していれば新しい音楽やヒットチャートにはついていけた。
学校でも誰もが同じものを見たり聞いたりしていたので、共通の話題にもなった。
そうして耳にした音楽の中で気に入ったものを、貸しレコード屋で借りてテープに落とし、通学電車の中で聴いて覚えたもんだ。
でも最近のテレビに歌番組はない。あれだけ乱立していたのに、すっかり少なくなった。
ラジオも、イマドキの若人って聴くのかなぁ? どうなんだろ?
となると、音楽をどこで仕入れるかっつーと、やっぱ、インターネットなんだろうな。
しかし、インターネットというのは選択肢が無限大だから、誰もが同じものを見たり聞いたりしているわけではないだろう。嗜好は個別に、細分化されるのだと推察される。
けど「あなたへのオススメ」機能というので、ある程度収束される仕組みになっているのかもしれない。
なるほどなぁぁぁぁ…。
なんてことを考えた今日の日。
須田景凪、ちょっと追っかけてみます(笑)。

あ、そうそう、須田景凪のCDがないかなーと思って久々にTSUTAYAに行って、結局なかったんだけど(笑)、代わりに星野源・宇多田ヒカル・絢香・菅田将暉を借りてきた。
菅田将暉、いいね!

米津さんが「菅田くんの声はいいね」と言っていたけど、なるほど、確かにいい!
「灰色と青」で米津さんとデュエットした時も「表現力があるなぁ」と思ったけども、彼個人のアルバムでいろいろな曲を聴いたら、さらにそれを実感したし、ちょっとかすれた声自体が魅力的。いいなぁ、この声…この歌い方…。
私的には吉田拓郎+ブルーハーツって感じに聞こえました(笑)。わっかるかなー???

とにかく寝ていたんで、今日は何もしていない。
あ、半衿を2枚つけたくらいかな。料理もしとらん。せめて吊した着物を畳むくらいのことをするかー。
そんでまた寝る(笑)。シアワセ。
明日は「こころ」の予習をしないと…。追われてるなぁ、相変わらず。

日曜日はえんちゃんバナー。いつもありがとうございます。おかぁちゃんあちょぶ? あたちとあちょぶ? 2つともポチッとしていただけると、励みになります♪
banneren.gifにほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」
2018年12月28日 (金) | 編集 |
こんな夜更けにバナナかよ」、公開初日にふと思い立って、観てきたさ~。
320.jpg
…うむ、いい話だー。
ポイントポイントで良いセリフが沢山あって、ぐっと胸をつかまれてハンカチで涙をぬぐうこと数回。
鹿野(←主人公。大泉さんが「シカ」野という役をやるというのも微妙に笑える/どうバカ・笑)がねー、尊大でわがままで観ていて腹立つんだ-、最初は。
だから怒りをストレートに表すミサキちゃん(高畑充希)にすごく共感する。やれやれー、もっとやったれ~!
ボランティアってものに疑問をもつのも分かる。偽善なんじゃね?って気持ちになるのも分かる。
鹿野のいいなりになっている田中(三浦春馬)にイラっとくるのも分かる。
でもなー、段々そんな鹿野が魅力的に見えてくるんだよなー。なるほど、これは大泉洋じゃなきゃダメな役だな-。
大泉洋、役者やのう。
高畑充希の芝居が好きだー。
三浦春馬もいつの間にか上手くなったなぁ。
障害者に対する偏見や考え方であるとか、障害者が家族へどう接するかとか、ボランティアってものに対する考え方とか、治療や病院との付き合い方とか…、いろいろと考えさせられる点があって、それはこの映画を観なければ考えもしなかったことだった。観て良かったと思う。
…と、全般に好印象の映画だったのだが。
どうもラストが急ぎすぎた感じがして、「あれ?あれれ?あれれれ?」と終わってしまったのが、私にはイマイチ。
実話なだけに、ラストが尻すぼまりになっちゃったのかなぁ…どうなんだろ。
いい話です。役者もいいです。が、ちょっと不満なので87点。

金曜日はサラちゃんバナー。おばちゃんっ、サラちゃんがなめてあげるの♪ お帰り前に2つともポチッとしてなの。
br_decobanner_20110612201207にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

以下、ネタバレ含む。これから観ようという方はスルーを。

 ↓



 ↓



 ↓



 ↓


ここから。私が不満に思ったのは、以下の通り。

うーーーーーーん、ミサキが鹿野のプロポーズを断って田中に行くのが、なんか納得できんかったなぁ。ミサキが田中に想いを寄せているってのを、もうちょっとあらかじめ見せておいて欲しかった。
プロポーズ時点では圧倒的に鹿野の方が田中よりも魅力的だったし、ミサキとの距離も断然鹿野との方が近かったもん。
なんでミサキが鹿野のプロポーズを断ったのか、解せん。いや、高畑充希の演技は説得力があって良かったんだけども。
かといって、あそこでミサキがプロポーズを受けてしまうのも、出来過ぎな感じでイマイチになってしまったとは思うけどもね。
あと、鹿野が亡くなってからの演出が、どうも私は好きじゃない。
いきなり「7年後」って出て来た時点で、ありがちだなーとガッカリした。
鹿野の遺影からパーンして写った鹿野の両親が分かりやすく老けていたのもガッカリだし、田中が医師になって訪問医療をし「空の上から見張っている人がいる」と笑顔で言うのも空々しかったし、ミサキが小学校の先生になっていて結婚式の色紙がアップで写るのも「うーーーーーわーーーーー、カンベンしてぇーーーー」という気持ちになった。
なんつーか、普通じゃない人生を生きた鹿野の映画のラストを、ありきたりなステレオタイプの映像で締めくくって欲しくなかった。
…うん、そうだな。これが、私の一番不満だった点だわ。
なんだろ、実話の映画化として1年前に観た「8年越しの花嫁」を思い出したんだが、あれは今回みたいな違和感はなかったんだよな…。
うーーーむ、何が違うんだろ。ラストの見せ方のような気がするんだが…。
THE WEEKNDのLIVEに行ってきた!その3
2018年12月21日 (金) | 編集 |
<前回のあらすじ>
ついに「スタンディング」の全容が分かる。
いきなり始まる前座の前座…。

※今日の記事は画像一切無しですー。文字ばっかりで、すんません。
<米津玄師> 
ピンクとグリーンの照明も鮮やかに、1曲目は「Flamingo」。
①Flamingo
うわーーー、鳥肌立つ! 今、私、米津さんと同じ空間にいる!
何度も聴いた曲なのに、ナマで聴くと違うなぁぁぁぁ。
だがしかし、この遠距離から見える米津さんは1センチですよ…表情はおろか、何を着てるのかもわからん。しくしくしく。
そんでも、そんでも、やっぱ、腹の底から喜びがわき上がってくるっす!
「あーあーあー…はい」を生声で入れるのね(笑)。あっはっは!
②砂の惑星
続けてこのイントロが流れてきて、「うぉーーーー!」と歓声をあげてしまう。
うへーー、あの早口部分、もしかして息継ぎしないで歌ってね? おっそろしー肺活量だ!
あああ…両脇のスクリーンに拡大して映して欲しいなぁぁ。…結局、米津さんは一度もスクリーンを使わなかった-。THE WEEKNDのLIVEだから遠慮したのかなー?
③アリス
うわーーーい♪ 好き好き-!
生で聴くと迫力あるね、この曲ってば。
④春雷
後ろのスクリーンにカラフルな映像が。きれーい。
あー米津さんの手の動きとか表情とか、観たいなぁー。遠いなぁー。
…ここでMCが入ったのかな? 「チケット買って来ようと思っていたのに、ここに自分が立っているなんて不思議。長くやってると、いいことがあるんだな…。お邪魔させてもらえて、とても光栄。あと数曲おつきあいください。」と、やっぱり謙虚な米津さん。好ましいなぁ。
ちなみにこれでほぼMC全てです(笑)。喋らんからねぇ、彼は。でも言葉数少ないだけに、吟味された言葉を使ってるなーっていつも思うよ、うん。
⑤Moonlight
わーい! この曲好き-!
そうかー、ライブだとこんな風に歌うんだね。なんか、切ない感じ…振り絞るような歌い方に感じた。
ラストの「そこに私はいない」って歌詞が、妙に心に突き刺さったよ。
⑥fogbound
おおお、Moonlightの次にこれが来るか!
なんだかオトナな選曲だねぇ…。
あれ、ちょっと高音が苦しそう?
⑦Paper Flower
さらに、この曲を続けるか!
うーーーん、オトナだ…しっとり系(だと私は勝手に分類している)を3曲連続でもってくるとは意外だったなー。
やっぱ高音がキツそう…頑張って-、と心の中で応援してしまう(笑)。これも振り絞るように歌っていて、なんだかグッときてしまったよ。
⑧Lemon
はい、生レモンいただきましたー(笑)。
冗談はさておき。
原曲には無いイントロがあってね、そこを聴いた時は「あれ?何これ?新曲?」と思ってしまった。
生Lemonは…泣いているように歌うなぁぁって感じた。胸をしめつけられるような感覚を覚えた。
…以上で、スペシャルゲスト米津玄師のライブは終了。40分で8曲…密度が濃い!
個人的には、ぐいぐい来るというよりは一歩引いた感じのオトナな時間のように感じた。ゲストだから、って配慮もあったんじゃないかなー。ひかえめな選曲とパフォーマンスのように感じた。
後半が、ちょっと聴いてて切ないモノを感じたのだけど…大丈夫かな、米津さん。気のせいならいいんだけども。

<THE WEEKND~決意>
20分ほど休憩(準備時間?)を挟んで、満を持してTHE WEEKNDのライブがスタート! 会場も一気に沸点へ。
うはーーーー、なんじゃこりゃ! かっけー! かっこええー!
すみません、曲名を全く知らないので米津玄師の時のような曲紹介レポはできませんが、とにかくどれもこれも気持ちいい音楽でした!
このころには、すでにスタンディング5時間が経過していたので、腰にも太股にもふくらはぎにも足首にも…あちこちにガタがきていたのだが、それでも音楽にノってずーっと体を動かしていた。頭ふりすぎて、頭痛までした(バカ/笑)。
照明やレーザー、映像の数々も面白くてねぇ。魅了されましたわよ。
アンコールでもたっぷり聴かせてくれて、全てが終了したのは22:00。
うおおおおお、疲れたけど、めっちゃ楽しかった-! 
米津玄師きっかけで、来て良かったよー!

下腹あたりに残る大音量の余韻を感じながら、帰途に就いた。足元ふらふら-。
それにしても、スタンディングでライブを楽しむには体幹と足の筋肉を鍛えなきゃいかんな。
そして3月の米津玄師ライブは、オールスタンディングなのであった…。
よし…、私、スクワットします! 筋肉、鍛えます!
来年に向けて、新たな野望が生まれたのだった。
<完。最後までおつきあいいただき、有り難うございました~>

金曜日はサラちゃんバナー。おばちゃんっ、サラちゃんがなめてあげるの♪ お帰り前に2つともポチッとしてなの。
br_decobanner_20110612201207にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村