不定期更新のつもりが毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居をメインに、日々の記録を積み重ねています。
黒部ダムを見に行こう!その8
2015年08月29日 (土) | 編集 |
<前回のあらすじ>
ただ帰るだけの最終日。せっかくなので、榛名湖へ向かった。
涼しい湖畔でまったりし、榛名山登頂は断念。
榛名神社へ向かうことに。

<榛名神社。8/18>
出発前に宿屋で見た、群馬観光案内パンフに「群馬県随一のパワースポット」と書かれていた榛名神社。
パワースポットにさして興味はないが、寺社仏閣は大好きだ。
それに、大抵の神社は緑が豊かで涼しい(笑)。大きな神社なら、なおさらである。
そんなわけで、涼を求める下心で気軽な気持ちで向かったのだが…これがまた参道からえらい立派。
IMG_1333.jpg
急な坂道の上に入り口がある。よし、登るぞぉ~。
大鳥居を抜けると、見事な山門が。歴史を感じるねぃ。
IMG_1334_201508220827479c3.jpg
案の定、緑豊か♪ 木陰のおかげで、日傘無しでも歩ける。
IMG_1335_20150822082807b70.jpg
かなりキツイ上り坂ではあるが、右手には川も流れていて涼しげ。
IMG_1337_20150822083717488.jpg
それにしても、歩けども歩けども本殿らしきものは姿を見せない。
私:「そろそろ、本殿か?」
同行人:「いや、まだ先があるみたい…」
しだいに、我々も無口になり、お互いの歩みを進めることに集中するのみ。
この階段を上れば、本殿?
IMG_1340_20150822083729922.jpg
甘ーい。まだまだ、階段は続く。
IMG_1342_20150822083706768.jpg
汗だくになって頭から湯気が出るくらいになったころ、ようやく…ホントようやく、本殿に到着した!
IMG_1343_20150822083721d26.jpg
ああ…これほど登った果てにあると、なにもかもが有り難い(爆)。
IMG_1344_20150822083726252.jpg
お神楽奉納をするって書いてあったから、これが舞台なんだろうなぁ。
IMG_1345_2015082208412326f.jpg
本殿わきでひいたおみくじを、参道を下った先にある湧き水にひたすと結果が出てくる(いわゆる水みくじ)。
IMG_4227.jpg
小吉かぁーーーー。こんだけ頑張って山登りしたっていうのに、なんか解せぬ(笑)。
「職業、教育関係良し」かよ。そのまんまじゃんか。
ちなみに、同行人は大吉だった。「恋愛、身近にロマンスだって!きゃー誰だろ?」とときめいていた。わはは。
いやはや、榛名神社は見応えあったぞ-。

<帰宅。8/18>
その後は高速に乗って、あっという間に千葉に到着。160キロドライブって、短い!(と感じるまでに成長したさー/笑)
同行人を送り届けて、自宅に向かう。すると、そのわずか10数キロの距離が、まさかまさかの大渋滞! なんと、帰宅までに1時間以上かかってしまったよ。
うーーーん、なんだか理不尽なものを感じるなぁ…。
そうそう、同行人と千葉のファミレスでお茶したのだが、そこで「ぼのぼの」のシマリスくんの縫いぐるみが売っていた。
P8193188.jpg
P8193187.jpg
そんで、これをダイねぇちゃんに加工した。
ダウンロード (5)
P8193190.jpg
P8193189.jpg
ダイねぇちゃんに似ているウチの親友へのプレゼントである(笑)。
今回の旅のお土産は、くろにょん根付け。
P8223197.jpg
P8223199.jpg
うぇっへっへ、かばいいなぁ 着物姿にぶら下げてやるぞ~♪

これにて、この夏最後の旅レポ終了でござる。最後までご覧頂き、有り難うございました!
<旅レポ終了とともに、夏休みも終わるなぁ…。完>

土曜日は黄ちゃんバナー。いつもありがとうございます。2つともポチッとしていただけると、励みになります♪
br_decobanner_20110613205959にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

追記
天然ゆえのオモシロ発言で有名な同行人(福島旅行の際の名言の数々はコチラ)。
今回はこれだっ!
…それは2日目の宿に行くために、山道を急いでいた時のこと。
同行人:「…ねぇ、あの『車が千鳥足』の標識って、どういう意味だっけ?」
私:「あぁ? 車が千鳥足ィ?(何言ってんだコイツ???)」
同行人:「これこれ」
tidori.jpg
ぶふぉっっ!!(爆)
ちなみに「スリップ注意」という意味だそうだ。
友よ…上手いぞ。座布団一枚!

黒部ダムを見に行こう!その7
2015年08月27日 (木) | 編集 |
<前回のあらすじ>
黒部ダム見学に時間をとってしまい、慌ててお宿へ向かうことに。
大雨だわ、ガスるわ、山道で迷うわ…へとへとドライブになってしまった。

<出発~榛名湖。8/18>
朝、やっぱり午前5時起床。朝風呂に入る。
朝食~。
IMG_1325_2015082208150931a.jpg
…ええ、やっぱり普通です(笑)。
今日はこの旅で一番距離の短いドライブ、160キロ。基本的には、千葉へ帰るのみ。
なので、チェックアウト時間ぎりぎりまで部屋でごろごろしてから出発した。
私:「どっか寄ってから帰ろうかー?」
同行人:「じゃ、榛名湖(はるなこ)に行ってみよ~♪」
お宿さんから10キロ弱、あっという間に到着した。
昨日ほどの悪天候では無いが、雲がたくさん出てきてど~んより。でも、そのおかげで涼しい♪
IMG_1326_20150822081444fd3.jpg
湖の水はかなりの透明度。
IMG_1329.jpg
しばらくボケーッと涼む。
同行人:「ねー、榛名山ロープウェイがあるよ~」
彼女は登りたそうにしていたのだが…この山、めちゃくちゃ低いのだよ(調べたら、高さ1449メートルだってさ/笑)。
IMG_1327.jpg
私:「えぇー? これに、わざわざロープウェイで登るかー?」
同行人:「確かに(笑)。じゃ、ロープウェイ乗り場までひとまず行って、値段見て決めよう」
そこで、山の麓までぶらぶらと歩く。10分くらい歩いたか?
同行人:「値段見てくるね~」
軽快なフットワークで去る彼女を待ちながら、傍につながれたポニーを眺める。
かばいい
IMG_1330.jpg
顔なげー。
IMG_1331.jpg
お尻もかばいい
IMG_1332_20150822082757ac4.jpg
同行人:「お待たせ~」
私:「どうだった?」
同行人:「うーん、費用対効果を考えると高いかなぁ」
私:「難しい言葉を使うね(笑)。要するに、あの高さを登るにしちゃあ、お高いってわけだ」
同行人:「うん。榛名山はやめよ」
私:「じゃあさ、榛名神社ってのに行ってみてもいい? このあたり随一のパワースポットなんだってよ」
同行人:「よし、行こう行こう♪」
<思いつきで向かった榛名神社で、苦行が待っている…。その8へつづく>

木曜日は空良くんバナー。お帰り前に2つともポチッとしていただけると嬉しいです♪
br_decobanner_20110611220432にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

黒部ダムを見に行こう!その6
2015年08月26日 (水) | 編集 |
<前回のあらすじ>
ついに、旅のメインイベント黒部ダムへ到着!
圧倒的な景色、感慨深い展示、そしてくろにょん。

<昼食~群馬のお宿。8/17>
黒部ダムに魅了されて、かなり時間をとって見学してしまった。
トロリーバスで扇沢駅まで下りてきたら、もう午後3時。昼食も食べずに見学していたので、すっかりお腹がすいた。
レストハウスにて遅いお昼ご飯。
巨大なテレビが設置してあって、黒部ダム建設のプロジェクトXがずっと流れている。いかん、ついつい見てしまう…。
私は味噌ラーメンを注文。あら、予想外に美味しい(失礼!)♪
IMG_1317_20150821203318e98.jpg
同行人は、ダムカレー。…なんのことはない、ご飯がダム形に盛られているだけなのだが、これが結構美味しかったそうな。
IMG_1316_201508212032571ea.jpg
このレストハウス、あなどれん味である(笑)。プロジェクトXの続きも気になるが、そろそろ出発せねば。
私:「まずい…すっかり遅くなっちゃったね」
同行人:「ここからお宿まで3時間半だから…午後7時を回るかも」
私:「あとでお宿に連絡入れよう。午後6時チェックインで予約してたから」
同行人:「了解~」
黒部ダムでは晴れていたが、下りてきたらまたも雨が降り出していた。うーむ、急がねばならないが、これではスピードも出せん。
しかも、ひた走るのは山道。狭いし、急だし、ぐねんぐねん。
午後5時半に同行人がお宿に電話をかけ、午後7時過ぎにチェックインとなる旨を伝える。と、どうやら午後7時が夕食の最終時間らしく…。
「厨房には言っておきます。雨も降っているでしょうし、気をつけてゆっくりお越し下さいね」と宿の方は言ってくれたが、どうやら急いだ方が良さそうだ。ヤバイ、焦る…。
しかし焦るとろくなことはない。なんと、山道で迷ってしまった! 
分岐が分かりづらかったため曲がるのを間違えたら、カーナビ・サラ子ってばかなりの迂回路を指示してくれた。ひーーーーん、10分以上のタイムロスだー!
日は落ちて雨の街はガスって、先がよく見えない。対向車のライトで、目がくらむ。
あうーーーー、これはシンドイぞ。
そんなこんなで、心理的にかなり追い詰められるドライブとなった。
体も脳みそも目もくたびれていたが、休憩をとるような余裕はない。ひたすら、走る。
そして、ギリギリ午後7時ちょうどに、本日の宿に到着することができた。はぁーお宿に迷惑かけないで済んだ-。
というわけで、荷物を部屋に置いたらすぐに夕食。
IMG_1318_201508212138505f1.jpg
●先付け的なもの(サーモン+クラッカー、鶏の煮物、茹で蟹)。鮎の塩焼き。
IMG_1321_20150821210510d1f.jpg
●お造り。マスだと思われる。
IMG_1322.jpg
●天ぷら。なす、オクラ、えび。
IMG_1319.jpg
●しんじょ。…なんだろ、はんぺんみたいな生地で何かを包んであったんだけど…記憶無し。
IMG_1320.jpg
●ご飯と冷たいうどん。ご飯にかかってるふりかけ、美味しかったのだが…なんもかかってないご飯が欲しかったなぁ。
IMG_1324_20150821210516b06.jpg
●香の物。しば漬けときゃらぶき。ご飯をおかわりしても、ふりかけがかかっててねぇ…この香の物を食べるのに苦労してしまったよ。
IMG_1323_20150821210512aa1.jpg
…えーと、普通に美味しい料理だった。
すまん、昨日のお宿さんの料理があまりに感動的に美味しかったので、このお宿さんのはイマイチだった。
ま、これが普通なんだろうけどね。一般的レベルのお料理なんだろうけどね。ぞんざい感はいなめなかったっす。
お風呂は、こちらのお宿も「美人の湯」。トロミのある温泉で気持ち良かったっすー。
長距離運転&後半の心理的追い込みで、めっちゃ疲労が溜まっていた為、気がついたら爆睡。
<今回の記事は食べ物ばっかりだー。その7へつづく>

水曜日は咲夜さんバナー。咲でしゅ。いつもありがとうございましゅ。2つともクリックしてくださると励みになるでしゅ♪
br_decobanner_20110607235956にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

黒部ダムを見に行こう!その5
2015年08月25日 (火) | 編集 |
<前回のあらすじ>
大雨の中を走る私たち。
鉄塔に盛り上がり、親不知に盛り上がり…扇沢駅に到着。
さあ、トロリーバスで黒部ダムへ行くぞ!

<黒部ダム。8/17>
「トローリー!」「オー!」
という、大泉さんの声が聞こえたような…(笑)。←水曜どうでしょうサイコロの旅で、こんなネタがあるのだ。
トロリーバスは、路面電車+バスといった風情の電気で動くバス。所要時間15分程度で黒部ダム駅に到着するのだが、運転疲れの私は着席したとたんに爆睡してしまったよ。
目覚めて下車すると「階段を220段上ると展望台」「5分下るとダムの上」との表示。ええ、もちろん下る方を選びましたわ(笑)。
べらぼうに寒いトンネルを下ると…いきなり視界が開けた。
左手に広がる黒部湖。
IMG_1292.jpg
右手が観光放水しているダムなのだが…そのダム自体の上を歩くので身を乗り出さないと放水が見えない。
IMG_1301_20150821194958ff8.jpg
すっかり雨が上がって素敵景色!
フェンスから身を乗り出し、さらに腕を伸ばして放水を撮影する。
うひょーーーっ!
IMG_1295.jpg
うっひょっひょーーーーーっ!
IMG_1298.jpg
いや~、こいつぁど迫力だね!
さらに、ダムの端から端まで歩いて、私的にはもうお腹いっぱい。だが、同行人は無闇に元気元気。
同行人:「ねーねー、あの階段下りて展望台行こうよ~」
私:「うげー、220段上る展望台よりはマシだけど…100段はあるんじゃん? 下りたら上らなきゃいかんのだよー?」
同行人:「え~、せっかくだからさぁ。ね
…仕方ない。晴れ間が広がってじりじりと日射しが照りつけてきた中、階段を下りて展望台へ向かった。
ふおおーーーーっ! 
IMG_1308.jpg
さすが、角度が変わるとまたど迫力だ!
IMG_4226.jpg
同行人:「見応えあるねぇぇぇ!」
私:「たしかに展望だわー!」
展望台の後ろにはトンネル状の資料館があり、ダム建設のために様々な苦難があったことを伝える資料が展示されていた。
黒部の太陽」っていう、石原裕次郎主演の映画がそのドラマを作品にしたものらしい。
戦後復興を進める為に、どうしても必要だった大量の電力。それを創り出す為の巨大ダムの建設…。
リアル黒部ダムを見たあとだと、展示資料がいちいち胸にせまってくる。
そうかー、こんな大変な労力でこんな壮大なものができたんだなぁ…。
先人たちの苦労を偲んでいると…資料館の奥からなにやら出てきた。
あああっ! くろにょんだーっ!
IMG_1313_201508211950029c1.jpg
…登場がひそやかなせいか、ビデオに夢中のお客さんたちは誰も気づかない(爆)。いいのか、それで。くろにょん!
しかしそのうち、まずはお子さま方が気づきだし、しだいに人だかりができてきたのだった。
IMG_1315_201508211957241ef.jpg
くろにょんの後ろ姿。後頭部のハートマークがまたかばええ
わーい、くろにょんに会えちゃったぜい!
<かなり嬉しかったっす(笑)。その6へつづく>

火曜日は風花さんバナー。やっぱりふうちゃんが一番可愛いのよ! 2つともポチッとしなさいよ!
br_decobanner_20110609233723にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

黒部ダムを見に行こう!その4
2015年08月24日 (月) | 編集 |
<前回のあらすじ>
「山の宿 やまびこ」さんの、素晴らしいおもてなし。
そしてやっぱり素敵な朝食…。

<黒部ダムへ。8/17>
この日がメインだったというのに、朝から雨降りでねぇ。富山だけでなく、全国的に天気が悪かったのよ、奥さん。
宿を出たら、周囲のお山はガス(雲?)が立ちこめちゃって、こんなん。
IMG_1280_20150820162152005.jpg
雨の中をドライブ、ドライブ~。スリップが怖いから、速度も控えめ。
私:「あれ? あんな形の鉄塔、初めて見た!」
同行人:「ホントだ~、おもしろーい」
IMG_1283_20150820162155448.jpg
私:「写真、撮って撮って!」
tettou.jpg
私:「猫が帽子かぶってるみたいな鉄塔だね~」
neko_20150820162145367.jpg
同行人:「私には牛なんだけど」
ushi.jpg
…鉄塔ひとつで盛り上がる私たち(笑)。
大雨の中を走っていると、「親不知(おやしらず)」という地名が出てきた。
私:「ねーねー、これって『親知らず子知らず』の親不知?」
合唱曲で「親知らず子知らず」というのがあるのだ。私は中3の時歌ったのである。

同行人:「あ、そうだね! それそれ!」
私:「写真!」
同行人:「はいはい」
IMG_1288.jpg
いきなりの無茶ぶりに対応してくれる同行人(笑)。ありがとうよ~。
さてさて、そんなこんなで3時間ほど車を走らせて「扇沢」に到着。ここからはトロリーバスに乗って黒部ダムへ向かう。
IMG_1289_20150820165929e45.jpg
トロリーバスのお腹部分。黒部ダムのゆるキャラ「くろにょん」がかばいい
IMG_1290.jpg
かばいい
IMG_1291_201508211949403d2.jpg
<くろにょんの魅力にやられつつ、トロリーバスに。その5へつづく>

月曜日は海大くんバナー。お手数ですが、二つともポチッとな、していただけると励みになります♪
br_decobanner_20110608205601[1]にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村