FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
母・姪・姉の急襲
2006年09月30日 (土) | 編集 |
6b053722.JPG自宅療養の件を2日前にFAXしたら、イチオウ気に掛けてくれたようで、母と姪が急に訪ねてきた。なぜかお稲荷さんとかんぴょう巻き持参。
「病気でモノも食べてないんじゃないかと思って~」とのこと。
仕事帰りの姉も訪れると言うし、時間も時間なので夕食づくりをした。
商店街までぷらぷら出かけ、八百屋やスーパーでお買い物。食べてくれる人がいると思うと、嬉しくなってくる。
結局、鶏の酒蒸し・もつ煮込み・ほうれん草のおひたし・カブの葉の煮浸し・カブの浅漬け…とお稲荷さんとかんぴょう巻き、と言う夕食にあいなった。
料理は好評だったし、久しぶりに沢山の料理を作れて楽しかった!

が、母達がいる間、猫たちは戦々恐々。1匹残らず姿をくらまし、母達が帰宅してから1時間ほどたつまで普段のペースに戻らなかった。
で、私まで普段のペースに戻れない…。やっぱ、それなりに気を遣っていたようで、神経が興奮して寝付けない。今睡眠薬を追加したけど。
来て食事してくれるのは有り難いけど、精神の残務処理がうまくいかんなぁ~。ヤレヤレ。

画像は玄関にいけた花。黄色いコスモスは花泥棒したものです(^^;)

『しあわせ脳練習帖』
2006年09月30日 (土) | 編集 |
しあわせ脳監修・黒川伊保子、絵・松苗あけみ、を昨日読んだ。
はっきりいって、表紙の松苗あけみのイラストに惹かれて購入した本だが、いろいろな気づきを与えてくれた。
内容としては、女性脳のしくみを説明した上で「しあわせ感」を十分感じることができる脳にするための方法を記している。
何かに似ている…そう、以前読んだ『話を聞かない男、地図を読めない女』のお気軽バージョンなのだ。
あまりにもカルい文体と、満載のイラストに翻弄されそうになるが、その実、結構中身のある内容だったと思う。
特に脳みそ系患者の私にとっては、目からウロコの内容も多く含まれていた。
この本の良いところは、いわゆるHow to本なので日々の生活に実践できることが具体的に書かれているところ。どうやら早寝・早起き・朝散歩は「しあわせ脳」にもいいようなので、今後も続けていきたい。
いや~、やっぱり出逢うべき本に出逢うんだよな~、まったく。

そんなわけで、今朝も4時起き(今日はなぜか自然と目が覚めた)、30分の散歩、ストレッチ、和服生活。着物を着るというのも、私にとっては心地よいことの一つなのだと、改めて思った。

さて今日、本校は体育祭である。
学校から徒歩10分圏内にある我が家まで、体育祭の音楽が聞こえてくる。
体育祭に参加しないなんて教員になってから初めてだな、と思ったら淋しさがこみ上げてきた。
でも、焦らない焦らない。このまったり生活を楽しんでいこう。

本当に怖いのは
2006年09月29日 (金) | 編集 |
ff7d9d58.jpgさっきラジオで耳にした言葉。
「若い頃年をとることをおそれていた。でも本当に怖いのは年齢を言い訳にする自分。」
けだし、名言。

さて。自宅療養生活1日目。
朝4時、風花が前足で髪を梳いてくる。『起きろ』という彼女の合図はとにかくしつこいので、しぶしぶ起床。せっかくだからいろいろなことにチャレンジしてみることにした。
まず寝ぼけた体をストレッチ。そういえば夏休み中は毎日やってたのに、久しぶりにやると体がきしむ感じ。
更にiPodを携えて、30分間のウオーキング…といえば聞こえはいいが、要はご近所のお散歩。それでも結構汗をかく。
帰宅して着替え。せっかくだから着物を着ることにした。この気温だと浴衣だな…。着付けはぐずぐずだけど、気にしない気にしない。
さらに室内を軽くお掃除。真剣にやると病気に悪いから…と言い訳して、あくまでテキトウに見える範囲だけ。
窓から外を見ると通勤・通学のみなさんの姿が目に入る。ちょっと後ろめたい気分だけど、気にしない気にしない。
これでまだ8時半。朝って意外と時間があることがわかった(ある意味風花のおかげか)。大発見だ。

画像はしつこい風花さん。さりげなくのびている海大君の背中にも注目。

診断書がでた
2006年09月28日 (木) | 編集 |
午前11時頃、病院に行った。
先生にはうまく話せなかった。というより、誰かと話すという行為自体久しぶりのことだったので、言葉が口からでてこなかった。頭も回らなかったし。
結局、診断書がでて、2週間の自宅療養ということになった。
薬はトレドミンが1錠追加された。
ハルシオンをここ数日さんざん飲んでいたが、あれは沢山飲むと効かなくなるらしい。7日分だけ処方された。
<現在の薬>
・トレドミン25㎎3錠…朝・昼・夜(抗ウツ薬)
・アモキサン25㎎2錠…朝・昼・夜(抗ウツ薬)
・ベンザリン10㎎1錠…就寝前(睡眠薬)
・ベゲタミンB2錠…就寝前(睡眠薬)
・マイスリー5㎎1錠…就寝前(睡眠薬)
・ハルシオン0.25㎎…不眠時(睡眠薬)
1週間後、また病院に行く。
診断書が出て、堂々と休めるようになったのは有り難いが、欠陥者の烙印を押された気分がして涙が出た。

で、診断書を持って学校へ行ったら、中高両教頭から話をされた。
2週間の療養で大丈夫なのか、この際しっかり休んで治療に専念したほうがいいのではないか、1ヶ月以上なら非常勤講師を雇えるが…などなど。
私としては少しでも早く職場復帰すべきだと思っていたのだけど、話を聞いている内に長期休暇をとって、代行の非常勤講師を雇っていただいたほうが、同僚達にも迷惑がかからない気がしてきた。
最後には「あなたから話しづらかったら、中学の教頭が病院まで行って話をするから」とまで言われちゃあ…ねえ。

それで午後再び病院へ。うまくしゃべれないのは分かっていたので、あらかじめ手紙を書いていった。それを読んだ先生は「たぶんこう言ってくるだろうと予想はついていましたよ」とのこと。どうやら病院側から長期休暇を言い渡すと、雇用問題とかでイロイロあるらしい。それで「様子見」として2週間の診断書を書いたのだそうだ。もともと、3ヶ月は必要だと思っていたのだという。
そして結局、3ヶ月間の自宅療養という診断書が再発行された。

再び学校へ。
教頭に診断書を提出して、引継の仕事をチョコチョコして、明日の自習課題を作って、同僚二人にあいさつして。
学校を出て見上げた空は、高くて青かったなー。
ここんところ、ずっと部屋に閉じこもっていたから、空なんて見てなかった。もうすっかり秋空だった。

3ヶ月のロング・バケーション。したいようにしてみよう。
ちょっとわくわくしてきた。

電話
2006年09月27日 (水) | 編集 |
教頭先生から電話がきた。
さすがに3日も休みをとっていると、状況が気になるのだろう。
けど。
自分でも今の状況をうまく説明できない。頭も回らないし。
とにかく、明日病院に行くからということで電話を切った。
電話を切ったとたんどっと疲れてため息がでた。
電話の音って怖い。

家にいるからといって、何をしているというわけではない。
ひたすら寝ている。
起きているといろんな事を考えてしまうので、睡眠薬をぶちこんで寝てる。
食事はあいかわらずだ。馬鹿のようにつめこんだり、まったく食べなかったりガタガタ。
今日、ようやくテレビが見られるようになった。昨日までは音が耳に障って見られなかった。

明日病院に行って、ちゃんと説明できるかな。

入ってしまった。
2006年09月25日 (月) | 編集 |
金曜の夜あたりからヤバイと思っていたのだけど、本格的にウツに入ってしまった。
連休はひたすら布団にもぐり、うつらうつらするのみ。
今朝は6時に学校へ行って、自習課題を作っておいてきた。
誰かに会うのが怖い。
今日・明日・明後日と休みをとる。
結局5連休になってしまった…。

家にこもって布団をかぶっているのが一番落ち着く。
頭の中で「逃げてるだけだろ」「甘ったれんな」という声が響くが、無視。睡眠薬を飲んで、寝てしまおう。
木曜日には病院に行こう。
ちっくしょー、しんどいよぉ…。

自分が嫌いでしかたない。
お腹がすいてもいないのに食べてしまう自分が嫌い。
それで丸々太った自分が嫌い。
こんな自分を外に出したくない。
嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ。
自分を消し去ってしまいたい。
でも自殺はしないって決めたから。
嫌だっていう想いを抱えたまま、寝るしかない。

やっぱダメ
2006年09月22日 (金) | 編集 |
022aca07.JPGいかんなぁ。また気分が落ちてる。
おそらく文化祭に向けてギリギリのハイ状態だったから、一転うつになってるんじゃないかと。だいたい無理して頑張ると、ろくなことがない。いい加減学習しろよ、自分。

今朝はなかなか起きられなくて(って、昨晩寝付けなくてハルシオンを2錠服用したというのもあるだろうけど)、遅刻ギリギリの起床時間。正直、今日は学校休んじゃおうか…という気もあったのだが、連休がひかえているので頑張って出勤してみた。けど。
やっぱり頑張っちゃダメだわ。バリバリ不機嫌。神経もささくれだってるし、過食傾向もでてきた。ヤバイ感じ。

自分で自分を癒してあげられればいいんだけど、どうしたら自分が喜べるのかが分からないのだから仕方ない。
こういう時に一人はキツイ。自分を追い込む方向につい考えがいってしまう。考えたくないのに思考が走ってしまう。内へ内へ入り込む。
どうしたらスッキリできるんだろう。
普通の心の状態って、どんなだったっけ。
走り出したら止まらない。この嵐が過ぎるのを待つしかないのか。
せっかくの連休なのに。

以前立ち読みした『ツレがうつになりまして。』がどうしても気になったので本日購入。あー、うつの本が気になること自体、うつがきてるってことなのかな。

少し落ち着いた
2006年09月21日 (木) | 編集 |
2f5309a7.jpg昨日は、やっぱ、少しウツが入ってたようだ。
それに世の人は「何か終わったからって何か変わるわけではない」ということを、とっくのとうに知っていたらしい。
なんだぁ。知らなかったのは私だけかい。がっくし。
逆にいえば「何か終わらなくても何か変わる」ということか。
そう考えると気持ちが明るくなるな。発見だ!
でも…ちょっと待てよ。何で「何か変わる」なんて思うのかな?
「変わらなくちゃ…!」なんて焦るのは、人間だけだ。
どうやら人間は変化というものを望む動物のようだ。
猫は変わることを望まない。
いつものような毎日が続くことが、彼らにとっての平和だとつくづく思う(だから来訪者は苦手なんだ、きっと)。
無理して変わる必要なんてないよ、って猫たちに言われているような気もする。お気に入りの場所で丸くなってりゃいいじゃん? なんてね。
そろそろ「変わらない自分」ってのを認めてあげてもいいんじゃないかな。ねえ?

なぁぁぁんかね…。
2006年09月20日 (水) | 編集 |
21886aac.JPG文化祭が終わったら、ぜーんぶクリアーになると思っていた。
不快感も疲労感も全部文化祭のせいで、これさえ乗り切れば世界は明るく輝くと思っていた。
が。
世の中そう甘いもんじゃない。
文化祭が終わろうが、それは一つの行事が終わったというだけであって、私の精神世界までフォローしてくれるものではなかったのだ。
…ということに、今更ながら気がついた。
そうしたら、今まで『文化祭さえ終われば!』って頑張っていた自分が空しくなってしまった。バカじゃんねぇ…、私。
あんなにムキになって頑張ったって、なぁぁぁんも残りゃせんわいな。
自己嫌悪。

せめて自分で自分をフォローしてやりたいものだが、フォローの仕方が分からない。
酒を飲む?(飲んでも酔えないのに)
食事を摂る?(文化祭前のストレスで太ったんだってば!)
タバコ…はやめたんだっけ。
どうやったら自分が喜ぶのかが分からないよぉ~!
…ほんと、空しくなった。
今の私にとって一番の喜びは寝ることかもしれない…。淋しいなぁ。

画像は昨日読み終わった『雨の日のネコはとことん眠い』by加藤由子さん。彼女の文章は、猫好きにはたまらんものがある。

文化祭終わったぁぁぁっ!!
2006年09月17日 (日) | 編集 |
終わりました! 感無量です。
できばえ如何はどうでもいいです。
とにかく、終わったということが重要なのでっす!!
今年の文化祭は、自主退学した教え子に会えたというのが一番の収穫だったな~。元気そうだった。自分の道を歩んでいた。ウン。
卒業生にも沢山会えた。みんな、きちんと大人になっていて嬉しかったよ。うまく表現できなかったけどね。

とにかく、終わりました!
今晩は寝ます! そして明日は髪を切りに行きます!
お疲れさま、自分!!

目が回る~(@_@)
2006年09月15日 (金) | 編集 |
「忙しくて目が回る」などと言うが、今日は本当に忙しすぎて目が回った。今学期始まって初の頭痛にもなったし。やっぱ、私は仕事をしすぎちゃいかんのよ、まったく。

明日から文化祭。今日は一日リハーサル。
リハーサルさえ乗り切れば、正直、本番の方がラクなのだ。すでに出来上がっているものをこなしていくだけなのだから。
そんなわけで、今日が忙しさのピーク。だよね。まさか、これからピークがきたりしないよね??
しかもリハーサルを終えて、ヘトヘトで研究室に戻ったらすぐに下校指導。…疲れた。ほんっとに疲れた。かんべんしてくれぃ。

でもめちゃくちゃくたびれて帰宅しても、猫相手だと気を遣わなくてよいのが有り難い。これが同居人がいたり、ましてや子供がいたりした日には余計に疲労が重なってしまいそうだ。
やはり私には猫と暮らすのが合っているのだろう。

さて、あと二日。明日と明後日が終われば…とそればかりを心の支えに頑張っている。明後日の夜には、おいしくお酒が飲めますように!

追記:「おじゃる丸」の犬丸りんさんが10日に自殺なさったということを今日知った。ショック。仕事ができないって悩んでいたらしい。
うーんとね。
(ウツがいい調子の今だから言えるけど)人間自分で死んじゃダメっす!! 死を迎えるまで必死にあがいて生きるざんす!! 
以上、自分に対しても言ってみました。マル。私は生きるよ、うん。

睡眠が不安定
2006年09月11日 (月) | 編集 |
ベゲタミンB錠を1錠にしたら、深夜2時に目が覚めてしまった。
出勤まで5時間以上、どないして時間をつぶせというのだ???
猫たちも私に付き合って2時に起きてくれている。(もっともエサを食べたら、うとうとしているが)
新学期の緊張感と文化祭に向けての緊張感で、ストレスになってるんだろうな。この睡眠障害は。
文化祭が終われば、少しは改善される!…といいなぁ。

昨夜、本屋さんで『ツレがうつになりまして。』という漫画を読んだ。
あー、わかるわかる…という気分になった。
でもその人は2年半で治ったんだよな。
羨ましいもんだ。
病気が治らないと、担任ももてないし、高校に行くこともできないし…。まぁ、現状維持でもいいんだけどね。なんか成長とか変化とかがないな~とか思って。かといって、病気を治すには環境を変えない方がいいらしいし。…は、どうどうめぐりだな。
ずっとこんななのかねぇ、私は。

あ…あと…1週間…。
2006年09月10日 (日) | 編集 |
来週の今頃には文化祭も終わっている。
そうしたら、休みもとれるんだ…。
ガンバレ~自分。負けるな~自分。…ぜいぜい…。

それにしても、あと1週間で芝居が完成するのだろうか?
中学生はまだなんとかなりそうだけど、高校生の方が心配。未だにセリフも入っていないようだし…。ホントに客の前で上演する意識あるのか、アイツラ!!(怒)
でも心配しようが怒ろうが、芝居をするのは結局アイツラだし。
はあ、あんまりストレスをかけないでくれよ、まったく。

ベゲタミンB錠、2錠飲むと翌日起きられなくてツライ。
睡眠が不安定なのは嫌だけど、やっぱり1錠にした方が仕事にさしつかえないかも。
とにかく文化祭じゃ。これさえ乗り切れば、1日中眠ることだってできる!!

猫って賢い…かも?
2006年09月08日 (金) | 編集 |
af624bae.jpg今日ふとおもったのだが、猫たちはもしかしたら賢いのかもしれない。
というのは、彼らは何通りにもバリエーションがある自分の名前を覚えているようだからだ。
例えば長男海大は「かいた」「かいたくん」「かいたさん」「かいちゃん」「かい」「かいたにーちゃん」「おにーちゃん」…計7通り。
長女風花は「ふうか」「ふうちゃん」「ふう」「ふうねーちゃん」「ふうふう」「ふうすけ」…計6通り。
次女咲夜は「さくや」「さあちゃん」「さく」「さくちゃん」…計4通り。
これはなかなかの記憶力と言えるのではないだろうか。
とくに海大君にいたっては、「かいた」とはまったく音の異なる「おにーちゃん」という名前も記憶している。これはエライ。
あんなに小さいオツムでも、猫の頭はフル回転しているのかもしれない。
画像は、そんなカシコイ海大君。

経過報告
2006年09月07日 (木) | 編集 |
毎月のおつとめ。
今日は先生に「最初に発病した5年前に何かきっかけがあったの?」と聞かれた。…が、正直5年前に何があったかなんて覚えていない。覚えていないということは、何かのきっかけでウツになったというわけではないのだろう。
もう今となってはウツ病でいることが日常と化してしまっているので、今更原因を問われても答えようがない。

<現在の薬>
・トレドミン25㎎2錠…朝・昼・夜(抗ウツ薬)
・アモキサン25㎎2錠…朝・昼・夜(抗ウツ薬)
・ベンザリン10㎎1錠…就寝前(睡眠薬)
・ベゲタミンB2錠…就寝前(睡眠薬)
・マイスリー5㎎1錠…就寝前(睡眠薬)
・ハルシオン0.25㎎…不眠時(睡眠薬)

新学期が始まったとたん、寝付けなくなった&夜中に覚醒するようになった、という話をしたらベゲタミンB錠が2錠に増えた。誘眠剤のハルシオンも頓服で10錠だしてくれた。
仕事が始まると具合が悪くなるな~。まったく、正直な脳みそだぜ。

砂漠の道標
2006年09月03日 (日) | 編集 |
69ec4c6e.JPG最初「砂漠の墓標」にしようかと思ったけど、「墓標」じゃ発展性がないから「道標」にしてみた。

私の「人生の課題」は、数え切れないほど沢山ある。
それぞれの課題について考えなければならないことは山ほどある。
だけど、常にそれを考えているわけではない。
私にとって「人生の課題」は、広大な砂漠にばらまかれた道標のようなものだ。私は砂漠をさまよい、時に道標に道を阻まれて立ち止まって考える。
人生の岐路に立った時、人生の転換期、気分が落ち込んだ時、病気が悪化した時…etc、そんな時々に立ち止まっては考える。
考えて考えて考える。
考えることで、道標が溶解してくれる時もある。
道標が少し小さくなる時もある。
もともと道標なんてなかったと気づくこともある。
私にとっての「人生の課題」はそんなもの。
ある意味、「砂漠に埋まった地雷」とも言えるかもしれない。
地雷を踏むまでは、砂漠でさまよっていても歩いていける。
地雷を踏んだら、地雷について考えなければいけない。

今日はそんなことを考えた。
今日、この秋初めてのウロコ雲を見た。気分がすっきりした。

画像は本文に全く関係のない猫のぬいぐるみ達。左から海大・風花・咲夜。