FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
カウンセリング8
2006年11月30日 (木) | 編集 |
前回の続きで、気心の知れた仲間とお酒を飲みながらしゃべるような場を作れないか、というところから始まった。
作れないことはない。以前は頻繁にあったし。でも誘って断られるのが怖い。それに、飲み会で楽しんだ後に襲ってくるウツが怖い。あげく、飲み会自体が怖くなっている。
飲み会の後のウツは、孤独感。みんな帰る場所があるのに、私は結局一人だという孤独感。
先生に「つくづくあなたは一人暮らしに向いていない人なんだね」と言われ、納得。さらに「帰る場所が無いことが問題」と言われて、確かにみんな家族のもとに帰っていくもんなと思った。「あなたには家族が必要」だと。
そこで<家族>とはなんなのか、という疑問をぶつけてみた。
社会学的には「<家族>とは情緒的なつながりで結びついている社会的最小単位」なのだそうだ。情緒的結びつきか…と考えて、私ははっきりと気づいた。親兄弟は私にとって<家族>じゃない。6年間同居していた友人は私にとって<家族>だった。
つまり、そういうことだったんだ。

しかし<家族>を作るのは、難しい課題だ。
先生は2種類の具体策をあげた。
①結婚して自分の<家族>を作る。
②サークルなどに所属して仲間=<家族>を作る。
…でも、どちらも難しい。相手もあることだし、そう簡単にできるもんじゃない。
それでも、『自分は今<家族>を求めているんだ』と自分で納得することは、無駄ではないと先生は言った。
飲み会の後の孤独感も、それで納得することができるのだから。
だけど、「淋しい」は消えない。それは仕方のないこと。

結局、私の実存に関わる問題なのだとまとめられた。私がどう生きるべきか、どう生きたいのか。それが根幹にあって、そこで混乱を生じているのだと。

経過報告
2006年11月30日 (木) | 編集 |
昨晩は眠れずに徹夜してしまった。
睡眠が規則的ではないことを報告。誘眠剤デパスが頓服ででた。
次回1週間後。

<現在の薬>
・トレドミン25㎎2錠…朝・昼・夜(抗ウツ薬)
・アモキサン25㎎2錠…朝・昼・夜(抗ウツ薬)
・ベンザリン10㎎1錠…就寝前(睡眠薬)
・マイスリー5㎎1錠…就寝前(睡眠薬)
・デパス1㎎1錠…不眠時(睡眠薬)

上がったり、下がったり。
2006年11月29日 (水) | 編集 |
755caaad.JPG今日は気分が落ちていた。
ここんところ調子が良かったのだが、夢見が悪かったらしい。

夢の中で、私は母親に責められていた。
「なんでいつもそういう口調なの」
「なんで子供らしく甘えられないの」…etc.
責められれば責められるほど、私は自分が萎縮していくのを感じていた。萎縮した自分は虫のように小さく縮んでいた。
母親の言葉の渦に、アリンコのような自分が飲み込まれていく。
私はもがき、渦から抜け出そうとするのだが、どんどん水かさが増して、部屋のドアを押し破ってあふれ出す。
本当は怒鳴りたかった。「この部屋から出ていって」と言いたかった。
しかしアリンコは言葉を飲み込んだまま、渦に消えていった。

目覚めても心と体が重くて、頭痛までしてきた。
お茶の稽古を休んで、布団にもぐるしかなかった。
次に目覚めた時、猫が私を見下ろしていた。
何にも考えていないその顔を見て、私ははじめてほっとできた。

教え子からのメール
2006年11月27日 (月) | 編集 |
現在高2の教え子からメールがきた。
彼女は中2~3と私のクラスだった。

中1の夏から拒食症になって、3学期からは不登校になっていた。
そんな事情も知っていて、私は彼女の担任になった。
中2の時は1ヶ月しか登校できなかった。それでも私には心を開いてくれて、教室には行けなくても私と話しに研究室には顔を出していた。
最初の頃は本当にガリガリにやせこけて、髪も栄養が行き渡らなくてぱさぱさだった。表情もなく、目がうつろだった。
学校を辞めたいといきなり言われたこともあった。
それでも粘り強く面談を繰り返した。拒食症はしだいに良くなっていった。
中3の時は2ヶ月登校できた。クラスのみんなと一緒に修学旅行にも行けた。でもその後また不登校に。
高校進学をあきらめていた時もあったが、学年主任とも相談して高校に進学させた。
そうして彼女は私の手から離れた。高校に進学してからは、中学時代が嘘のように学校に登校しているときいた。

そんな彼女から届いたメールには、私への感謝の言葉が綴られていた。
学校を辞めたいとは思わなくなったこと、他愛ない会話が楽しいということ…。
そして、卒業できたら真っ先に私に会いたいと結んであった。
思わず涙があふれてきた。
私はもう担任をすることはできないだろう。
だけど、あの時担任をしていて良かったと思った。
教師って仕事はとんでもなく有り難い仕事だと思った。
いつになるか分からないけど、復職したいとあらためて思った。

プレゼント
2006年11月25日 (土) | 編集 |
707b799b.jpg今日ポストをのぞいたら、可愛らしい水色の包みが入っていた。
「保健室より愛をこめて」…うわー! 同僚の保健の先生からだ!
彼女は私より4歳年下だけど、本校での職歴1つ上の先輩教員。仕事をしていた時も、よく相談にのってくれたイイヤツなのである。
可愛くラッピングされた包みをひらくと、お見舞いのメッセージと文庫の絵本が!
メッセージには「今までずっと頑張ってたんだから、ゆっくり休みな~」とあって、ほろり。「やっぱりちょっとさびしいよ」とあって、またほろり。
絵本は『大事なことはみ~んな猫に教わった』というもの。裏表紙には「自分の好きなように生きて誰からも嫌われない生き方は猫に教われ!」とあって、これまたほろりほろり。
彼女は私のうつ病のこともよーく知っているから、絵本にもメッセージをこめてくれたんだろうな~。
なんだかとても幸せな気分になれた。
職場に仲間は、いるんだ。

画像はコタツ布団でくつろぐ咲夜。

カウンセリング7
2006年11月24日 (金) | 編集 |
今回は気づきが二つ。
一つは、睡眠薬を飲んだら20分以内に床につくということ。
知らなかった。眠気が自然に沸いてくるまで起きていたけど、睡眠薬は20分くらいで効いて客観的には眠くなっているものなのだそうだ。
もう一つは、仕事を減らさなければいけないということ。
病気が治ったら担任をやろうと思っていたけど、もう担任業はできない。高校演劇の顧問も。
どちらも大好きな仕事だけど、大好きだからこそ私は頑張りすぎてしまうから。頑張りすぎて、エネルギーが枯渇して、ウツが再発するのは目に見えているから。
長く教師をやりたいのならば、質を落としたくないのならば、量を減らさなければいけない。だとしたら、担任業と高校演劇の顧問はもうできない。
うすうす気づいてはいたんだけど、あらためてはっきりとした。

あと、ウツが再発しないために自分にとって必要なこと・ものを考える必要があると言われた。なんだろう…仲間とか、甘えることとかかな。

『掌の中の小鳥』
2006年11月23日 (木) | 編集 |
cc7e047f.JPGby加納朋子。
相変わらず、日常の「不思議」を鮮やかに軽快に描いている。
登場人物たちが生き生きと動いているのもうれしい。
油絵の具の禁忌色やお茶席の作法など、未知の情報がストーリィに奥行きを持たせてくれる。
この人の作品を読むと、ミステリーって人が死ななくても描けるものなんだなぁ…と感心する。
私のミステリーに対する概念を覆してくれた作家さんだ。

三鷹に行った。
2006年11月22日 (水) | 編集 |
c6f5a831.jpg三鷹の森ジブリ美術館に行って来た。
町全体がジブリをもり立てようとしている感じがよかった。
美術館自体はえらい人混みで、正直のんびりじっくり見ることはできなかったけど、建物の造りがとても好感をもてた。
1時間半ほどでみおわって、井の頭公園をぶらぶらした。
持参したシュークリームと缶コーヒーで一服。
立派な木がたくさん生い茂っていて、歩いているだけで気分が良かった。

画像はジブリ美術館の受付(?)トトロ。
あ~「となりのトトロ」また見ちゃおうかな~。

『ミカ!』『ミカ×ミカ!』
2006年11月21日 (火) | 編集 |
b1612361.JPGby伊藤たかみ。
オトコオンナのミカと、双子の兄ユウスケ。
小6の二人とその家族の物語が『ミカ!』。
その後、中2になった二人とその家族の物語が『ミカ×ミカ!』。
おもしろい。
子供時代真っ只中の「子供」にも、かつて子供時代を過ごした「大人」にも、きっと共感を持って読み進めることができる作品だろう。
個人的に(いや、おそらく大部分の方々も)一番興味をひかれるのは、ミカとユウスケの成長する姿。そして、それに一役買う不思議な動物たち。
『ミカ!』に出てくる正体不明の「オトトイ」も、『ミカ×ミカ!』に出てくる人語をしゃべるインコ「シアワセ」も、ネーミングからしてとてもチャーミングだ。
読み終わって思わず、「いいなー小学生!」「いいなー中学生!!」とつぶやいてしまう、素敵な読後感の作品だった。

なんだかなー…。
2006年11月20日 (月) | 編集 |
今日は雨。雨の日はなんだか眠い。
電話が2回ほど鳴ったが、無視して一日中猫たちと寝ていた。

猫に「夕飯くれろ!」と起こされて1階に降りると、留守電が点滅。
同僚から、部活動関係の電話だった。
さっそく折り返しの電話をして、学校の様子などをきいた。
みんな、忙しい中頑張ってやっているらしい。
「そうかー、オツカレ~」と電話を切って…もやもや。

こんなにノンベンダラリとした毎日を過ごしているというのに、病気が快方に向かっているとは思えない。
本当に年明けから復職できるのだろうか? 
復職したらまたウツになってしまわないだろうか?
久しぶりに学校の話を聞いたら、頭がもやもやして胸がうずく。
全体行進している中で、私だけ足踏みしているみたいだ…。

焦ったってしかたないんだけどね…。

レントゲン結果
2006年11月18日 (土) | 編集 |
ad8772e6.jpg左右で撮ったレントゲンを見ると、首が右に傾いていた!
前後で撮ったレントゲンを見ると、首が「つ」の字に曲がっていた(正常な曲がり方は「し」の字)!
ほええ~、びっくり。ゆがんでいたんだなぁ。
どうもこのゆがみが神経を圧迫して、首から方にかけての筋肉を緊張させているらしい。はあ。首って重要なのね。
そんなわけで、当分の間接骨院に通わなければならなくなった。
心も体もガタがきている時期なのねえ…。とほほ。

さて。今日はビデオを見つつ餃子作りにはげんだ。
なかなか上出来に出来上がったので、母・姉・姪を誘って夕食会。
好評に終わったが…。
やっぱり、家族が苦手なんだろうなぁ、私。夜になっても眠れない。
睡眠薬を増量しつつ、ようやく眠ることができた。

画像は海大君のアップ。

カウンセリング6
2006年11月16日 (木) | 編集 |
「見捨てられるに違いない」感は、親が発端だったようだ。
でも、なぜそうなったのかは分からなかった。
今回はそんなに泣かなかった。
反面、気づいたことも特になかった。
あと1ヶ月半で復職するのは不安だ。何も変わっていないのに…。
今回のカウンセリングは、これといった収穫なし。

経過報告
2006年11月16日 (木) | 編集 |
薬の変化無し。
来週木曜が祝日なので、次回通院するのは2週間後。

<現在の薬>
・トレドミン25㎎2錠…朝・昼・夜(抗ウツ薬)
・アモキサン25㎎2錠…朝・昼・夜(抗ウツ薬)
・ベンザリン10㎎1錠…就寝前(睡眠薬)
・マイスリー5㎎1錠…就寝前(睡眠薬)
・ベゲタミンB1錠…不眠時(睡眠薬)

左肩の痛み
2006年11月15日 (水) | 編集 |
1ヶ月ほど前から続いている左肩の痛み。
ええい、鍼じゃ! と思い立ち、接骨院に行った。
なんとその接骨院に行ったのは3年ぶりだった。受付のおねーさんも、院長先生も替わっていてびっくり。
うつぶせに寝て、電気をかけてマッサージ。肩胛骨のあたりをマッサージされると、指先まで電気が走ったようにびりびりくる。
その後、鍼。8ヶ所ほど鍼を打ってもらって、10分放置。あー、なんかちょっと楽かも~。
で、最後に首の調整とやらをやったのだが、これがまた痛い!
どうも首の骨と骨の間にあるものがおしつぶされちゃってる可能性があるのだそうだ。「頸椎ヘルニア」などという恐ろしげな名前まで聞いてしまった。うわ…こわい…。
なので、近日中にレントゲンを撮ってくれとのこと(接骨院ではレントゲンを撮れない)。

なんだかなー。
脳みそだけじゃなく、首までガタがきてるってことかい?!
明日は精神病院&接骨院&カウンセリング。うわーい、てんこもり~♪(自棄)

ウツ、入ってました。
2006年11月14日 (火) | 編集 |
タイトルが「冷し中華、始めました」みたいだなぁ…。
もとい。
カウンセリング後も涙がとまらず、押し寄せてくる思考の波。睡眠薬を飲んでも眠れないまま、朝の4時。
気が付いたら、ウツに入っていた。
それから4日間、ひたすら布団の中にこもるのみ。
はてには眠れなくなっても、のろのろと布団の中へ。

で、今日。親友からの呼び出しで、飲みにでかけた。
沢山食べた。沢山飲んだ。沢山しゃべった。沢山笑った。
どれもこの数日、味わわなかった感動だった。
「ちゃんと食べてる? 眠れてる?」との問いかけにうなずくと、心からの笑顔で返された。
自分が食べて寝て、ただそれだけのことを喜んでくれる人がいる…!
生きて存在しているだけで、いいんだなぁ、私。
涙ものの感動だった。

カウンセリング5
2006年11月10日 (金) | 編集 |
仲間がいないということ。
大学時代芝居をやっていた時も、公演までめいっぱい頑張ってた。公演が終われば、達成感と充実感と楽しいことが待っていた。
その方程式を就職しても続けてきた。イベントが終わるまでめいっぱい頑張った。その先にある達成感と充実感を期待して。
でも「その先」はなかった。
大学時代と違うのは、「その先」で一緒に分かち合う仲間がいるかいないかだ。
就職しても、ずっと仲間(と少なくとも私が思っている相手)がいた。
でもみんな遠ざかっていった。
いや、遠ざけているのは私自身なのかもしれない。
相手に遠慮して、自分は一人なのだと無理に自分を納得させようとして。
そうやって強がってきた結果、余計に自分を孤立させていたのかもしれない。
先生は人間関係はフィフティ・フィフティだと言った。
後輩や生徒から相談されるだけで、自分は誰にも甘えないなんて、おかしいと。
だけど私には、「甘えたら、迷惑かけたら見捨てられる」という思いがある。だから怖いのだ、誰かに頼るのが。
自己矛盾しているけど。
仲間が欲しくてたまらないのに、自分を自分で孤立させている。
だけど、じゃあどうすれば良かったというのか。

先生にまで「真面目だ」と言われた。私には自覚がなかったが、これだけ周囲の人から言われるのだから、私は本当に真面目な人間なのだろう。
でも真面目じゃないと不安なのだ。
例えば授業の予習。120%~150%の予習をしなければ不安だ。
例えば人間関係。相手に気を遣わなければ、見捨てられる不安がある。

だから、何の気も遣わずに自由に生活していて、なおかつ嫌われない人は(ウチの猫たちも含め)尊敬する。
…だけど、ひょっとしたら、私も自由に生きても嫌われないのかな? 見捨てられないですむのかな?

経過報告
2006年11月09日 (木) | 編集 |
f9a9ed4c.JPG今週の病院も混んでいた。
おかしいな、今週はすいている週のはずなのに。

<現在の薬>
・トレドミン25㎎2錠…朝・昼・夜(抗ウツ薬)
・アモキサン25㎎2錠…朝・昼・夜(抗ウツ薬)
・ベンザリン10㎎1錠…就寝前(睡眠薬)
・マイスリー5㎎1錠…就寝前(睡眠薬)
・ベゲタミンB1錠…不眠時(睡眠薬)

前回と薬は変わっていないが…、ベゲタミンB錠が頓服になった!
つまり、眠れれば飲まなくてもいいということ。
ここんところ眠りまくっているという話をしたら、そうなった。
ビミョ~に薬が減った! 嬉しい! …ということで。
今日は気持ちが前向き。散歩もしたし、朝風呂もしたし、どこかに出かけたい気分になってるし。良い傾向なり。

画像はご近所のコーギー犬。「おんもに出たいよ~」という顔をしていた。

炉開き
2006年11月08日 (水) | 編集 |
2d441ccf.JPG今日は炉開き。お茶の世界のお正月。
着物で行こうかとも思ったけど、昼過ぎまで寝てしまったので洋服で。一緒にお稽古している方が着物でいらしていて、『あー、やっぱり着物はいいな…』と思った。
思えば去年の炉開きはうつで欠席したため、2年ぶりの先生のお汁粉。うう…やっぱり美味しいよぉ!
さて、今日のお稽古は長板(長い板の上に水差しや火箸などが飾ってある)で、炭点前とお濃茶。炭点前なんて、さっぱりワカラン! 頭がパニックになる。更にお濃茶、足がしびれてしびれて立てませんっ!
それでもお点前に集中していると、心がしんと引き締まるのを感じる。
いや~、心もお腹も満足満足。

同じ職場で事務をされている方も一緒にお茶のお稽古をしているのだが、その方が今年でご退職されるということを聞いた。
「もう限界」と笑っておっしゃっていたが…。長年本校に勤めていらした方だし、私もお茶仲間ということもあって頼りにしていた方なので、ショックは隠せなかった。

でもね、気づいたことがある。
ウチの学校に勤めていようと、ご退職されようと、その人にはその人の人生があるんだな~ってこと。私は無意識のうちに、自分と関わりのある人は、自分と関わっている部分でしか「生きて」いないように感じていたようだ。そうじゃないんだよね。私の知らない生活がどんな人にもあって、私の関与できない部分が誰にでもある。当たり前のことなんだけど、気づいていなかった。
それと、女は強いな…ってのを改めて感じた。強いというか、たくましいというか、図太いというか。男が「強さ」を求められるのに対し、女が「強さ」を求められないのは、もともと女は強いからじゃないかとさえ思った。そうしてみると、私は女のわりに弱いね~。まったく。
以上2点が、私の今日の気づき。
お茶以外にも勉強になったな、うん。

画像は我が家のプレイステーション2。色とサイズが咲夜に似ているので、これが視界に入るたびに「さぁちゃん?」と呼びかけてしまう私…(^^;)

強風
2006年11月07日 (火) | 編集 |
6a59159b.JPG今朝は雨交じりの空模様だったが、10時頃には晴れてきた。
久しぶりにお散歩。
…が、風が強い! 吹き飛ばされてしまいそうに(は、ちょっとオーバーか)強かった。
それでも30分間のノルマを達成して帰宅。気温は高いので、汗がにじんだ。
我が家で猫を飼うより前から、自宅近くに白猫が出現していた。
今日の散歩帰り、その猫の家を発見。
中型のコーギー犬と一緒に、ひなたぼっこをしていた。
声をかけると、すぐに塀に登って「ぐるにゃぁ~ん♪」。
彼女はとてもひとなつっこい猫なのであった。
ひとしきり、うりゃうりゃとかまっていると、舞い散る猫毛。ああ、ブラッシングしてやりたい…!
あんまり彼女と仲良くすると、ウチの猫たちがひがむといけないので帰宅。画像はその白猫。もう結構なお年だと思われるが、ご近所への気配りを忘れない優秀な猫であった。マル。

眠る眠る…。
2006年11月06日 (月) | 編集 |
猫と同じくらい寝ている。
朝・昼・夜の食事時間以外、ほとんど寝ている。一日20時間くらい?
左肩はあいかわらず抜けそうに痛い。
接骨院に行かなくちゃと思いつつ、布団の誘惑に負けている。
こんな毎日、よくないよな~、きっと。

白髪
2006年11月04日 (土) | 編集 |
休職するようになって、鏡を見る回数が格段に減った。
家に引きこもっていることが多いと、オシャレもしなくなるし、化粧もしない。コンタクトレンズをはめることもない。
…となると必然的に鏡を見ない生活になるのだということが分かった。
さて。先ほど久しぶりにじっくり鏡を見ていたら、白髪を発見。
速攻、抜く。
髪をかき分けると、さらに1本、また1本…。
うわー、白髪が増えたのは、トシのせいか? 病気のせいか?
そういえば4歳年上の姉が「40越えたら白髪が増える」と言っていた。
同級生が「老眼の危険有り」だと言っていた。
歳をとるって、一気にとるものじゃなくて、こうした積み重ねなんだな~…と、一人しみじみした今日の日。

カウンセリング4
2006年11月03日 (金) | 編集 |
f2380936.JPG私は目標を高く掲げて、それに全力で向かっていく→目標が高すぎるから当然達成できない→自責の念…という悪い循環に陥っている。
そういう生き方もありだと先生は言った。自分の目標まで突き進んで、その後うつで落ち込んで学校を休んで…という生き方でも、自分が納得できていればそれでいいと。
問題は自分で納得できていないところにある。
確かにそういう生き方もありだとは思ったが、それで学校を休むというのは私にとっては納得できない。学校を休むことに対しては罪悪感がある。
学校を休むのが嫌なら、目標を低く設定するしかない。そうでなければ自己矛盾。…確かにそうなんだよね。
力の抜き方というものを身につける必要がある。
私が自分に課す目標は高すぎるのだ。所詮無理な目標なのだ。
あ、ちょっと楽になった気がした。
目標を低くするか、いっそのこと目標をなくしてしまえばいい。
たぶんそうなんだよね。

『人間失格』by太宰治を読み終わった。
太宰作品の中では、これが一番しっくりくる。
読んでいて楽しい作品では決してない。それどころか、不安な気持ちをかきたてられる。
でも太宰治という人物が嘘偽りなく描かれているような気がするし、なにより最も共感できるのがこの作品だ。

経過報告
2006年11月02日 (木) | 編集 |
今日の病院は混んでいた。どうやら混む週と混まない週が交互にあるらしい。

<現在の薬>
・トレドミン25㎎2錠…朝・昼・夜(抗ウツ薬)
・アモキサン25㎎2錠…朝・昼・夜(抗ウツ薬)
・ベンザリン10㎎1錠…就寝前(睡眠薬)
・ベゲタミンB1錠…就寝前(睡眠薬)
・マイスリー5㎎1錠…就寝前(睡眠薬)

薬も何も変わらず。
あと2ヶ月か~。年明けからホントに復職できるのかな?