FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
カウンセリング4
2006年11月03日 (金) | 編集 |
f2380936.JPG私は目標を高く掲げて、それに全力で向かっていく→目標が高すぎるから当然達成できない→自責の念…という悪い循環に陥っている。
そういう生き方もありだと先生は言った。自分の目標まで突き進んで、その後うつで落ち込んで学校を休んで…という生き方でも、自分が納得できていればそれでいいと。
問題は自分で納得できていないところにある。
確かにそういう生き方もありだとは思ったが、それで学校を休むというのは私にとっては納得できない。学校を休むことに対しては罪悪感がある。
学校を休むのが嫌なら、目標を低く設定するしかない。そうでなければ自己矛盾。…確かにそうなんだよね。
力の抜き方というものを身につける必要がある。
私が自分に課す目標は高すぎるのだ。所詮無理な目標なのだ。
あ、ちょっと楽になった気がした。
目標を低くするか、いっそのこと目標をなくしてしまえばいい。
たぶんそうなんだよね。

『人間失格』by太宰治を読み終わった。
太宰作品の中では、これが一番しっくりくる。
読んでいて楽しい作品では決してない。それどころか、不安な気持ちをかきたてられる。
でも太宰治という人物が嘘偽りなく描かれているような気がするし、なにより最も共感できるのがこの作品だ。