FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
『掌の中の小鳥』
2006年11月23日 (木) | 編集 |
cc7e047f.JPGby加納朋子。
相変わらず、日常の「不思議」を鮮やかに軽快に描いている。
登場人物たちが生き生きと動いているのもうれしい。
油絵の具の禁忌色やお茶席の作法など、未知の情報がストーリィに奥行きを持たせてくれる。
この人の作品を読むと、ミステリーって人が死ななくても描けるものなんだなぁ…と感心する。
私のミステリーに対する概念を覆してくれた作家さんだ。