FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
「天国からの手紙」
2006年12月26日 (火) | 編集 |
スピリチュアル・カウンセラー江原啓之さんの番組。
江原さんの本は随分前から読み続けている(たぶん彼の著書はほとんど読んだ)し、特に『いのちが危ない』を読んで、自殺を思いとどまった私。当然彼の出演する番組はチェックしている。
この「天国からの手紙」は、様々なことで死に至った人からのメッセージを生き残った家族に伝えるというもの。毎回、見るたびに涙ぼろぼろになる。
今回も胸がジンときた。
人は死んでもちゃんと見守ってくれている。
死んだ人への一番の供養は、死んだ人に心配かけないで生きること。
とすると、私のとーさんは今の私をどう見ているんだろうなぁ。
大学時代の恩師は今の私をどう見ているんだろうなぁ。
こんな病気になってうじうじしている私を見て、心配してないかなぁ。…そんなことを考えた。
番組で一番驚いたのが、江原さんが霊視しているとそこのウチの猫がちゃんとその方向を見ていること。猫には見えるんだろうな。
してみると、時々ウチの猫たちがあらぬ方向を見ているのは、とーさんか恩師あたりが来ているってことか?
私にも見えたらいいのになぁ。会いたいっす。