FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
2007-05-04 (金) | Edit |
今日はGW中唯一の予定が入っていたのだけど、激ウツ状態の私は布団からでることができず、やむなくドタキャン。申し訳ない…。

昨日の夜はどうやって死のうか、真剣に2時間くらい悩んでしまった。
悩んでいるウチに悩み疲れて眠くなったので、死なずにすんだけど。
どうあー、久しぶりの自殺念慮だぜ。
そして今、ようやく布団から出られて、パソコンに向かっているしだい。目がパンパンに腫れている…寝ながら泣いていたか???
こんな状態になるのは、久しぶりだー。
あと2日間でなんとか復帰しなければ…。
昨日からヤバイとは思っていたのだけど、案の定突入してしまったよ。

2007-05-03 (木) | Edit |
朝から気分が落ち込んでいる。
今日は予定もないし、この際とことんまで落ちてやれ!と思って、インデラルを服用。朝っぱらからワインを空けつつ、膝をかかえて泣いていた。
教師役割をとっている私は、おおむね好評のようだ。
生徒からも慕われているし、同僚からも評価を得ている。
じゃあ、仕事をしていない私は?
何の役にもたたない生き物である私は?
私から仕事をとったら、何が残るんだろう?
私が生きている価値って?
そんなことを考えていくと、自分がここに存在している意義を見失って、涙が溢れてしかたなかった。
私は、教師役割をとっている私自身に嫉妬した。

2007-05-02 (水) | Edit |
朝からドキドキが始まり、これはイカンと思い、インデラルを服用。
服用後1時間。少々落ち着きつつも、ドキドキは止まらず。
服用後3時間。動悸は治まった。授業も無事終えた。しかし、逆に心の芯がシーンと凪になったようで、落ち着かない。これがさざ波立つとウツになる、との自覚症状あり。
そして案の定、気分が落ちていく…。
同僚に「あー、ダメ、落ちてきた~」とぼやきつつ、「大丈夫!態勢に影響ないですから!」との根拠のない自信を聞きつつ、倦怠感と虚無感に襲われる。あー…もう…どうでも…いいやぁ…。
そうこうしているうちに放課後。部活の指導をして、気が付けば夜の時間。一旦帰宅して猫にエサをやって、その後新人さん歓迎会場へ。
いやー、飲んだ、食った。
けど、なんも残らないなー。
私が話したいことを聞いてくれる人はいないから。
1次会のみで帰宅して、今一人2次会。ワインを空けている。
今日一日の心境の変化、処方された薬の効果、淋しさの移り変わり…。
聞いて欲しいことはヤマほどあるのに、それを聞いてくれる人が、「今」いない。
それが私の淋しさの根本原因なんだろう。

今日、去年の6月に実施した「生徒からの通信簿」アンケートの結果を受け取った。私という教師の授業に対して、生徒からの評価はおおむね好評だと言うことが分かった。ありがたい。気分が落ち込んだ時には、これを見て自信を取り戻そうと思った。
…が。
このアンケート結果にそれ以上の意義もそれ以下の意義もない。なんのためにこのアンケートをやったんだろうか? 疑問が残る。

2007-05-01 (火) | Edit |
…という課題を中2の生徒に出したら、いやーこれが面白いのなんの!
彼らの文章に感心したり、納得したり、はたまた自分なりの理屈を展開している私がいるわけで…。
「友達」ってなんだろう? とまた青臭いことを考えている私。
ここ最近のテーマでもあるからなぁ。

私にとって「友達」という言葉は、「親友」「仲間」「同僚」「先輩」「後輩」「恋人」「知人」…などの言葉を包括する大きな集合。
で、私の場合は「家族」が家族役割を機能させていなかったので、「友達」集合の中に<家族>も含まれる。
そして「友達」集合を形成している相手との間には、「信頼」「甘え」「共存」「共感」「感動」…などの関係性がある。
その関係性が濃いか薄いかが、「友達」との距離感につながる。関係性の濃い「友達」は「親友」となり、関係性の薄い「友達」は「知人」となる。
また関係性の継続というのも距離感につながっていく。継続していれば関係性は濃くなり、断絶すれば関係性は薄れる。

生徒の書いた文章で、「友達とはお互いに心が通い合っている関係」というものがあった。なるほど。この「お互いに」はポイントだ。
「友達」というのにも「恋愛」と同じように、片想いや両想いがあるんだなぁ。片想いだったら淋しいし、両想いだったら嬉しいんだよなぁ。
先週末私が感じた「たまらない幸福感」は、「友達的両想いが確認できたことの幸福感」だったと言えるのではないかと。

うーん、中2、なかなかやるじゃん! と心から感心したので、上記のような内容を今日の授業で20分ほど語ってしまった(彼らも私の考えを聞きたがっていたし)。語り疲れ。

そのせいか、放課後に例の胸のドキドキがまた始まった。うーーー、かといってインデラル飲んでウツに入るのも嫌だし。
ドキドキも嫌だし、ウツも嫌だよぉっ!! 難儀な病気だよ、まったく。