FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
雨の体育祭
2007年09月29日 (土) | 編集 |
今日は朝から冷たい小雨が降っていた。
『小雨決行』とうたってはいたが、本当に体育祭やるのかいな?と疑いつつ普段より相当早めに登校。
開始時間を遅らせ、競技プログラムを削除&短縮して実施し、早めに終了させるとのこと。
そして小雨→本降り→小雨…という天候の中、体育祭が開催されたのだった。
いやー、濡れた濡れた。全身ずぶぬれ。
しかも最高気温が19度だって。涼しいどころか、正直寒い!!
それでも生徒たちは半袖Tシャツに半パンで、グラウンドを嬉々として駆け回っている。楽しみにしていたんだなー。あんだけ喜んでいるんだったら、ずぶぬれになってもやった甲斐があるってもんよ。
昼過ぎには、この短縮バージョンの体育祭は終了したが、生徒たちは満足げな笑顔だった。良かったね、体育祭やれて。風邪ひくなよ!
教員生活初の雨の体育祭だった。

さて。一昨日&昨晩と、睡眠障害が現れており。
眠剤を飲んで床についても、2時間ほどで目が覚めてしまうのだ。
そんなこんなで一晩に4回も起きてしまう。当然、熟睡なんてできない。
ちくしょー、なんで起きちゃうんだよー! なんか精神が不安定になるようなことあったっけ? うー、原因がつかめないー、腹立つー。
仕方ない。今日は熟睡タイプの眠剤を追加してみよう。
ぐっすり寝たいよおー! 頼むぞ、ベンザリン5㎎!!

♪ごきげん♪
2007年09月28日 (金) | 編集 |
dd5fd56e.JPGあまり物欲のない私だが、本日はモーレツに買いたい物があってお買い物をした。
じゃーん♪ iPod用スピーカー!
昨日学校で生徒が持ち歩いていた(←応援団の練習のため)のをみかけ、欲しくて欲しくてたまらなくなったのだ。

iPodを入手してからというものその便利さとシンプルさが気に入って愛用しているのだが、室内にいながらイヤホンで音楽を聴くのには抵抗がある。それで今までは「あー、CD変えるのめんどくせー!」と呟きつつCDコンポで音楽を聴いていた。
でもこれで、室内でもイヤホン無しでiPodちゃんが使える!
ほくほくしながら早速スピーカーを設置し、iPodをつなぐ(といっても差し込むだけ)。…おー、極薄・極小スピーカーのわりにはいい音じゃないのさ♪ Logicool、エライぞ!
たまにはお買い物も楽しいっすね~。ごきげんなり。

今度は折り畳み自転車が欲しいなー(^-^)
…って、「物欲ない」って誰が?

思い返すと…
2007年09月26日 (水) | 編集 |
1年前のブログを読み返したら、文化祭1週間後にウツがきてた。
今年も文化祭の1週間後にウツがきた。
明らかに関連があるな~、これは。
思い返すと去年の今頃にドカンとウツがきて、半年の休職期間が始まったんだよなぁ…。
今年の私は大丈夫だろうか? またあの状態に陥ってしまわないだろうか?
いや、私はこの1年で変わった。大丈夫大丈夫大丈夫大丈夫。
そう唱えながら、敢えて仕事をしないようにしている。

今日は体育祭予行だったが、職員朝会だけ出て早退をした。
休んでもどなたにも迷惑をかけないですむ日は、積極的に休む。そう決めた。
帰宅して窓を全開にして、秋風を感じながらビールとワインを空けて、テレビドラマを見て、昼寝をした。
あー、仕事のある日に休むって、ものすごい開放感!
以前の私だったら罪悪感を感じていたこんな時間は、実はとても大事な充電期間なのだと分かったこの頃。

ああ咲夜…!
2007年09月25日 (火) | 編集 |
11f91f31.jpg昨日・一昨日とひたすら寝まくっていた私。
足元には海大と風花、枕元には咲夜、と愛猫たちに囲まれて幸せ
とくに咲夜がずっとそばにいるのは珍しい&嬉しい。ホクホク。
…が、いくらなんでもここまでピクリとも動かないのはヘンじゃない?
しかもあのガッツキ咲夜がエサも食べずにうずくまっている。
おかしい…確かに彼女は普段から動きが緩慢(←前世は絶対カメ!)ではあるが、ここまで微動だにしないのはオカシイ。

で、本日、授業の合間をぬって馴染みの動物病院へ連れて行った。
「あらー、久しぶりに体調崩しちゃいましたか。念のため検査しましょうね」ということで、病院に預けて学校へ戻った。授業や会議をしていても、咲夜のことが気に掛かる…。
昼休みに病院に電話をしたところ、検査結果に異常はないとのこと。つぶれている右耳付近が腫れていて痛がっていたので、痛み止めと抗生剤を注射したら、元気になって水を飲んだとのこと。ふー、一安心。
放課後、部活を同僚にまかせて咲夜を引き取りに行き、帰宅。エサをやったら、ガツガツと食べていた。ほお~っ、これならもう安心だ。
彼女がエサを食べ終わるまで観察し、学校へ戻って部活に出た。

同僚にことの顛末を話したら、「猫ちゃんもだけど、先生も復活されたようですね。先週末は大分きてたでしょ?」と言われた。
そう、そうだったんだよぉー! ごめんよぉー! …と謝罪しつつも、こうやって私のウツのことを理解して見守ってくれる同僚がいるというのは、とても有り難いとしみじみ思った。
明日は体育祭予行。ちょっとぉー、行事を詰め込みすぎてません? ヤレヤレ。

画像は猫にしては姿勢のいい咲夜さん。

2007年09月23日 (日) | 編集 |
今日はとにかく寝た。
昼過ぎから夜まで寝た時、夢を見た。
職場の同僚2人と亡くなった父と一緒に、4人で飲む夢。
父が夢に出てくるのは、とても久しぶりだった。
父は若いころ大酒のみで、私が成人するころには肝臓を悪くして酒を断っていた。したがって、一緒に酒を酌み交わしたことはない。
夢の中の父は、好きだったウイスキーのボトルをかかえ、嬉しそうに飲んでいた。私も夢の中でたらふく酒を飲んでごきげんだった。
目が覚めた時、この夢は覚えておこうと思った。
とても幸せな夢だった。

カウンセリング21
2007年09月21日 (金) | 編集 |
カウンセリングに行った。
良くない考えが沢山フラッシュバックした。
「今は考える時期じゃない、とにかく休養をとること」と言われた。
「考えを棚上げするには眠剤を飲んで寝るのが一番」だそうだ。
1週間ほど様子を見て、来週か再来週にまた来るよう言われた。

経過報告
2007年09月20日 (木) | 編集 |
文化祭が近づいたアタリから睡眠が不安定になった。
マイスリーとエチカームを追加して、ようやく眠れる状態。
そう報告すると、マイスリーを追加してくれた。

<現在の薬>
・トレドミン25㎎3錠…朝・夜(抗ウツ薬)
・アモキサン25㎎2錠…朝・夜(抗ウツ薬)
・ソラナックス0.4㎎1錠…朝・夜(精神安定剤)
・インデラル10㎎1錠…朝・夕方(脈の乱れを整える薬)
・マイスリー5㎎2錠…就寝前(睡眠薬)
・エチカーム1㎎2錠…就寝前(睡眠薬)

薬が増えるのは不本意だが、日常生活を送るためには必要なこと。
甘んじて受けようと思う。
今日は先生に「そんなに文化祭が好き?」と問われて「好きじゃなくてもやらなくちゃいけないんです!」と答えた。そうか、私は文化祭がストレスなんだと改めて思った。
なんか、気持ちがグチャグチャ。カウンセリングに行きたい気もするけど、電話をしても留守電なので、気が引けて切ってしまう。
ひとまず、酒を飲んで眠剤を飲んで、ワケ分からなくして寝てしまうのがベストのような気がする。

文化祭終了!
2007年09月17日 (月) | 編集 |
昨日で文化祭が終わった。
いやー、終わったなー。疲れたなー。
でもこれで、1学期末から延々と続いていた緊張も一区切り。
やっと落ち着くことができる。

昨日は文化祭のあと、中学教員と教育実習生とで打ち上げをやった。
今実習に来ているのは私が初めて担任をした代の生徒たち。大人になった教え子と一緒に飲むことができるのは、嬉しい限りである。
たらふく飲んで、たらふく食べた。
敬愛する先輩教員ともおしゃべりすることができたし、長い付き合いの同僚とも久しぶりに話ができた。
有意義な時間を過ごすことができた。

去年はこの文化祭明けからウツが始まって、半年間の休職に突入したのだった。今年はなんとか乗り越えられそう。

文化祭初日
2007年09月15日 (土) | 編集 |
あー…………。
はっ! いかんいかん。呆けてしまった。
つまり、それくらい疲れているということである。
じっとしていても汗のふきだす、天然サウナ状態の体育館に一日中いなければいけない立場の私。
はっきりいって、各教室の出し物なんぞ見に行く余裕なんてないっ! なんたって担任をしている時ですら、自分のクラスを見に行く時間もなかったのだから。
私にとって文化祭は、ひたすら体育館にこもって照明をいじくっている二日間なのである。

さて、文化祭になると卒業生たちが母校懐かしさに学校を訪れる。
有り難いことに、わざわざ私を探して訪ねてくれる卒業生も毎年誰かしらいる。
嬉しいのだ。有り難いのだ。懐かしいのだ。
しかし、私は卒業生とどう接したらよいのか戸惑ってしまう。
他の先生方はなごやかに卒業生と対応されているのだが、どうも…なんというか…照れくさいのである。何を話したらいいものだか、分からなくなってしまうのである。で、「ごめん、仕事あるからさ」と逃げるように別れてしまうのだった…。
卒業生のみんなー、ごめんよぉ、素っ気なくしちゃって。
君らを忘れたわけでも、ましてや疎ましく思っているわけでもないんだよ。単に私が不器用なだけなんだよぉー!
これに懲りずに、また学校に遊びにおいで!

文化祭まであと2日
2007年09月13日 (木) | 編集 |
明日がリハーサル。
明後日&明々後日が文化祭。

昨日ちょっとしたきっかけで心がザワザワして、気分が落ち込んだ。
あんな些末なことで動揺する自分に、腹が立った。
帰宅して酒を飲んで、泣いた。
手首切ったろかとか、睡眠薬大量に飲んだろかとか、
自暴自棄になる自分を必死にセーブした。
そうしたら眠れなくなった。
眠剤を普段の倍量飲んで、ようやく寝付くことができた。

去年、文化祭にエネルギーを注ぎすぎて、頑張りすぎて、文化祭後に長期休職するはめに陥ったものだから、
今年はあえてエネルギーを注がないように、一歩引いた意識で文化祭に向かっているつもりだったのだけど、
昨日気分が落ちたのは、やっぱり文化祭が近いからなんだろうな。
頑張っちゃダメだって、分かっているんだけどね。

今日もまだ気分が落ちている。
でも明日も明後日も明々後日も、休めないよなぁー。
文化祭後に連休があるから、それを励みにやるしかない。
仕事なんだから、やるっきゃない。

あわわ…
2007年09月07日 (金) | 編集 |
久しぶりに目覚ましをかけないで就寝したら、今日の午後3時まで寝てしまった! 睡眠時間15時間。…オイオイ。
でもおかげですっきりした。充電完了って感じ。
テレビをつけたら「Dr.コトー診療所2006」の再放送がやっていて、思わず魅入ってしまった。うーん、やっぱりいいドラマだなぁー。来週分もビデオ予約した。ああ…「HERO」の再放送を録画したのもまだ見ていないのに…。

その後、車を走らせて歯医者(実家)へ向かう。
実家が近づくにつれて、心臓バクバク、涙腺ユルユル、妙に感情的になってマイッタ。
歯の治療を終えて実家から離れるにつれて心は落ち着いてきたけど、私にとってまだ実家は鬼門なのかな~と気分が落ち込んだ。
しかし帰宅してふと考えたら、爆眠したせいで朝飲まなきゃいけない薬を飲んでいなかったことを思い出した。なんだー、そうかー、ヤク切れだったわけね、あれは。
薬が切れると、あの症状がでるってことかー。やれやれ。まだ当分薬のお世話にならないといけないってことだね。

結局、学校に行って仕事をするつもりが実行できなかった。ま、たっぷり眠れたから良しとしよう。

経過報告
2007年09月06日 (木) | 編集 |
新学期が始まって約1週間が経過。
「ちょっと寝付きが悪いことはありますが、今のところは大丈夫そうです」と報告すると、「まだ1週間しか経ってないから、ぬか喜びはできないな」とのご回答。確かに。

<現在の薬>
・トレドミン25㎎3錠…朝・夜(抗ウツ薬)
・アモキサン25㎎2錠…朝・夜(抗ウツ薬)
・ソラナックス0.4㎎1錠…朝・夜(精神安定剤)
・インデラル10㎎1錠…朝・夕方(脈の乱れを整える薬)
・マイスリー5㎎1錠…就寝前(睡眠薬)
・エチカーム1㎎1錠…就寝前(睡眠薬)

エチカームは、眠れなかった時さらに1錠追加するようにしている。
今月を乗り切ってみないと、現在の薬で大丈夫なのか本当のところは分からない。

台風直撃のおかげ(?)で、今日の放課後~明日いっぱいが休校になった。文化祭前のこの時期に2日間も稽古ができないのは、演劇部顧問としてはイタイ。イタイのだが…。
正直、「ゆっくり休める!眠れる!たまってた宿題もできる!やったー!」という気分。学期初めの忙しさに心身共に疲れがきているので、ふってわいたこの休日は心底有り難い。
明日はたっぷり眠ってから、学校に行って夏休みの宿題を完成させようと思う。

茶箱の雪点前
2007年09月05日 (水) | 編集 |
今日のお茶のお稽古は、茶箱の雪点前。
お茶碗から茶筅から…茶道具一式とお菓子まで、コンパクトな箱の中におさめられて、野点などでやるお点前。薄茶。
結構時間のかかるお点前だったのだが、その無駄のない所作と道具に惚れ惚れしてしまった。
無駄のないものって、美しい。カッコイイ。
棗や茶杓・茶碗を収める袋類は、すべて先生のお母様のお手製だそうだ。ちなみに今日先生が着てらしたお着物も、お手製だとか。ひえ~!
和裁ができるって、スゴイ。
今日のお稽古も、とっても充実した時間を過ごすことができた。満足。

教材研究
2007年09月04日 (火) | 編集 |
昨日実施した夏季実力考査を採点し、今日の授業で生徒に返却&解説。
明日からは授業に入らなければいけない。
が、今学期一発目の教材が…詩なんだけど、どうにも好きになれない。
教材研究をしていても、どんどん腹が立ってきて、進まない。
うぐー。でも明日には授業をやらないといかんのだよー。だけど方針が決まらなければ授業なんてできないよー。うぐぐー。
…と、七転八倒していた放課後。同じ研究室にいる同僚たちに「ねーねー、この教材どう思う? どう授業する?」と相談し、あーでもないこーでもないと語り合うこと数時間。ようやく方針が定まって、帰宅することができた。
それにしても、同じ教材でも扱う教員によってアプローチがいろいろあって、話を聞いているととても勉強になる。
もちろん最終的に決めるのは自分だけど、こうやって同僚たちと語り合う時間は大切なものだとあらためて感じた。