FC2ブログ

自責は他責

夜桜桜餅昨日で来年度の身の振り方がきまったせいか、今日はすこぶる気分がよい。
朝は5時半に起床。猫にエサをやり、好きな音楽を聴きながらのんびりと朝食を摂った。
午前中いっぱいは家事をこなした。家中掃除機をかけ(我が家は一軒家なので、結構大変)、さらに床を拭き掃除。
洗濯をしながら、桜紅茶で一服。桜紅茶は紅茶を飲みながら桜餅を食べている気分を味わえる。うむ、美味い。
そうこうしているうちにお昼。適当に作って食す。
午後は買い物へ。近所の量販店まで車を走らす。部屋着を買ったり、アクセサリーパーツを買ったり、本屋で立ち読みしたり。
満喫。ガソリンも満タンにしてきたし。いつでもドライブに行ける~。
帰宅してヘアカラーをする。最近発売された、泡で染めるタイプ。おもしろい~! 仕上がりも満足。気分一新。

平成20年度は苦しかったけど、それも今日でお終い。明日からは平成21年度。古いものは脱ぎ捨てて、新たな気持ちで働くぞー!

ふと思ったのだが、自責の念というのは実は他責の念なのではないか。自分を責める気持ちが強いほど、他人を責める気持ちも強い気がする。自分を責めなくなれば、他人も責めないようになれる。
私は自責の念がとても強い。時には自分を痛め付けたくなるほど、自分を責めて責めて責めまくる。それは自分を嫌っていて、自分に自信がないからだと思っていたけど…。ホントは他人に向けての「責めたい」気持ちを、ちょっとベクトルを変えて自分に向けているだけなんじゃないか。
他人を責めるなんて、非常に傲慢でおこがましいことだ。
だから、私はこれからは、他人を責めないし自分も責めない。

なんか、腑に落ちた。

今日はこれから母校の大学まで、大学時代の友人と花見に行って来る。まだあんまり咲いていないだろうなー。でもいいや。
今年度のしめくくりにふさわしいイベントだ。

…というわけで、行ってきた。久しぶりの大学は、むちゃくちゃ広かった。構内の端から端まで、歩いた歩いた。道々咲いている桜を愛でつつ。帰りにちょびっと飲んだけど、至極健全な夜遊びだった。

画像は夜桜と桜餅たち。

勝訴!

今日の午後、校長室に行って来た。
気持ちは変わらない旨を、告げた。
すると「今年度と同じ授業コマ数でとりあえず1学期間様子をみる」との回答を得た。
勝った!と思った。
ようやく来年度の自分の居場所が確定した。
よかった。仕事ができる。
なるべく休まないように、勤めるぞー。
長い闘いだったけど、ひとまず決着をみた。
やっと安心できる。

養護教諭の先生も、まったく同じ結論をだされたらしい。
わははー。なんでまったく同じなんだろうね、違う仕事・違う人間・違う原因での長期休暇だったのに。
とにかく、私たちの全面勝訴である。
今度、彼女と祝杯をあげようと思う。

耳鼻咽喉科にも行って来た。「あらー、またやっちゃったの。あんまりいじくっちゃダメだよ」と先生に言われ、耳の中を掃除してもらい、薬をつけてもらい、左耳は無事聞こえるようになったのだった。
両耳聞こえるというのは、とても有り難いことだといつも思う。

病気もそうだね。病気になって、当たり前のことが当たり前にできなくなって、初めて「当たり前」の尊さを知るんだよね。
だから、病気になったことも、人生の学びなんだと思う。
人生是全て学びなり。

一日寝ていた

今日は何の予定もない休日。
食事と猫のエサやり以外は、ずっと寝ていた。
たくさん夢をみた。
眠剤飲んで、また寝る。
明日は耳鼻咽喉科に行って来る。さすがに片耳聞こえないのはつらい。
あー明日校長に返事をしなくちゃいけないんだっけ。校長室に行くの嫌だなー。

栄養指導

今日は春休み始まって、初めての休み。
糖尿病病院に、ここ2日間の食事記録を持参して行った。
ここ2日の食事は、我ながら暴食だった。
甘いものを際限なく食べた。
栄養士さんが計算してくれると、一昨日は5600カロリーだった。
これは私がとっていい摂取カロリーの3日分以上。
さすがにショックだった。
それからは栄養士さんが何を言っても、自分を責めているように感じてしまい、まともに話を聞けなかった。
知識はある。食事制限をして痩せなくちゃと思っている。でもできないんだよぉー。
自分が情けなくて涙がでてきた。
カルテに「今回の栄養指導は責められているように感じる」と書かれてしまった。
その後、担当医の先生からお話があって、血糖値を計った。
230。とんでもなく高い。やはりこのところの暴食と体重増が響いている。
先生に「責めているわけじゃないんだよ。教育の現場と一緒で、今回の栄養指導で何か一つでも得るものがあればと思って、受けてもらっただけなんだから」と優しく言われ、また涙がでてしまった。
どうもナーバスになっている自分を感じる。ちょっと言われただけで、責められたように感じるのは、自分の精神の問題だと思う。栄養士さんにも先生にも、いらぬ気を遣わせてしまったなーと思い、申し訳ない気持ちである。
…あ、この「申し訳ない」気持ち、鬱の時の感覚だ。
やはり来年度人事のごたごたで、精神が過敏になってしまっているのだろう。
明日も一日お休み。ゆっくり寝て、元気をチャージしたいと思う。

左耳がまた聞こえづらくなっている。原因は耳の掻きすぎ。ストレスがたまると、つい左耳を掻いてしまう。今月はストレスがすごかったからなー。意識してはいないけど、掻きすぎていたんだろう。
明日は日曜だから、明後日耳鼻咽喉科に行って来なければ。

久しぶりの平穏

今日も部活。春休みになっても、一向に休みがないなー。
午前中はスタッフワークをするというので、またも研究室でうとうと。すると、組合の先生が昨日の報告に来てくださった。
あらためて、大丈夫そうだということを告げられて、久しぶりにほっとできた。

昼には数年前にご退職なさった先生が、学校の桜の写真を撮りにいらした。一緒に近所の蕎麦屋で昼食を摂った。
「やっぱり人相が変わったな」と言われ、「いい方に?悪い方に?」と聞くと、「悪い方」。わははー、そりゃ猜疑心の固まりみたいな毎日だったもんな。
彼は年金生活をしているというのに、「病気見舞い」と言っておごってくれた。すんません、ごちそうさまです。

銚子土産を保健室に届けたら、お返しにチーズケーキをもらった。んまかった。

明日は糖尿病病院に食事のアドバイスを受けに行ってくる。
安心したのか、一日中とろとろと眠い。今日は早めに寝ようかな~。

疲れた

昨日は何度チャレンジしても寝付くことができず、結局寝たのは今朝の午前5時だった。
部活があるので8時には目覚ましをかけたのだが、起きることができず、目覚めたのは部活開始の午前9時。ヤバイ!と慌てて着替えて、学校に行った。
部室に行くと、部員たちはスタッフワークをしていた。相談がある時は来るように言い、私は研究室に行った。

研究室でうとうとしていると、中学教頭に呼び出された。
今度は、私の家族の誰かに学校に来てもらって、校長の話を一緒に聞いて欲しい、とのこと。
なんのことやら、意味がわからない。私は成人した立派な大人だし、自活している。学校との問題は、私個人との問題であり、私の家族までまきこむべきものではない。
だから私は、「家族に迷惑をかけたくないし、嫌です」と拒否した。
で、12月22日の件を話そうとしたら、校長に話した方がいいだろうとのことで、今度は校長室に呼び出された。

例によって三すくみの図。この状況は何度味わっても嫌なものだが、ちゃんと言わなければいけないと思い、校長に話した。
私の補助的意味合いで講師を雇うとはっきり言っていたはずなのに、ここ最近では全くその話がなかったかのような扱いである。どういうことか、と。
校長はYさんを新しく雇ったのだから、それでいいではないかとでも言うような口調。しかし中学国語科から一人減員したのだから、Yさんを雇ったのは「私の補助的意味合い」とは異なるのではないか、と言ったら、のらりくらりと言い逃れを始めた。
そして例によって例のごとく、休職か図書館かの話を繰り返す。それが一番良い選択肢であると。自分だったら、学校の配慮に恩義を感じて休職を選ぶと。あなたは精神病だから、お兄さんを呼んで話をしたら、きっとお兄さんも分かってくれるはずだ。
…何を言っているんだか、わけがわからない。
更に今回は中学教頭から校長の援護射撃。「あまり自分の意見ばかり主張すると、どんどん立場が悪くなる」「授業コマ数を減らしてもなお休みが多いということは、学校に多大な損失を与えているということだ」「口の利き方を考えろ」etc。
…これはもはや脅し、イジメじゃなかろうか。
更に更に高校教頭からも校長の援護射撃。「以前休職して復職した時も、労働軽減してやったのに休んでいるじゃないか」「いっそ入院でもして健康を回復したらどうか」etc。
…入院したら治るってもんじゃないんだよ、この病気は。ホントになにも知らないんだなー。知ろうとしていないんだなー。
こうして両教頭から援護射撃を受けた校長は、すっかり調子に乗って、しつこくしつこく休職しろ、図書館へ行け、と繰り返したのだった。「我々は先生に『お勧め』しているんであって、『辞めろ』と言っているわけではない」って、あんた、語るに落ちてるじゃん。
もうコイツラに何を言っても無駄だ、と思い、切り上げることにした。
結局1時間半もネチネチやられた。疲れた。

安らぎを求めに保健室に行くと、さっそく組合と連絡をとってくれた。で、組合にことの顛末を話した。
ちょうど彼らは、午後に法人の人事部へ交渉に行くところだったので、ギリギリセーフのタイミングで話をきいてもらえた。
その後、養護教諭の先生とひとしきりおしゃべりをし、部活をしめに行くと、卒業生が来ていた。彼女たちと寒い中立ち話をして、部活をしめて帰宅した。

夕方、組合から電話が入った。
人事部と話をしたが、好感触だったとのこと。少なくとも来年度から即休職というようなことには、ならなくてすみそうだとのこと。校長から報告があがっているのとだいぶ話が違うという点を、認めてくれたとのこと。
…良かった、人事部がまともな人で。そして組合のみなさん、いろいろ動いてくださって、本当にどうも有り難うございました。
30日に返事をくれ、と校長に言われたが、これまでの主張の通りでいいのではないかと組合から言われた。来年度の勤務状況をみてくれ、でいいのではないかと。

別に今年度休みが多かったのだって仮病やさぼりではないのだけど、来年度はなんとか休まないで仕事に行けるよう頑張ろうと思った(ただ頑張りすぎてウツが悪化しないかどうか、心配だし不安)。
そして「仕事をしつつ」うつ病をもっと積極的に治そう、と思った。

銚子文学散歩

今日は中学国語科主催の文学散歩だった。
希望生徒19名+保護者1名、教員4名にて銚子まで行って来た。
天気が心配されたが、午前中はなんとかもったので良かった。
さまざまな文学碑をめぐり、ヤマサ醤油工場の見学もし、午後5時半に解散。

我々教員は高校国語科主任を加えて5名で打ち上げに行った。
地酒の豊富な居酒屋で、肴も美味しく、会話もはずみ、良い時間を過ごすことができた。私以外みんな男性で、頭の切れる方ばかりだったから、私は静かに飲んでいたのだけどね。
教科主任に「そういえば来年度の件、どうなった?」と聞かれ、昨日の団交の話をし、変わらず二者択一状態だということを告げた。すると「補助で非常勤講師を雇うって、以前に校長に言われたって言ってたじゃない。その件ははっきり言っておいた方がいいよ」と言われ、目からウロコ。そうか、そういえばそんなことを以前に言われてたっけ。すっかり忘れていた。

で、先ほどブログをひっくり返してみたら、去年の12月22日に確かに言われていた。そうだよ、こんなこと言ってたんじゃん!
明日組合に話して、相談してみようと思う。
なんか、少し希望の光が見えた…かな?

教科主任は非常勤講師を私の補助で雇うということを前提に、来年度の時間割組みをしてくださっているらしい。なんか…どこまで彼は弱者に優しいんだろう。あらためて、感謝である。
管理職には恵まれていないけど、同僚には恵まれていると思うよ、ホント。私の周りのオトコたちは、みんな優しいです。

団交

今朝は寝起きがむちゃくちゃ悪かった。終業式だけど学校休んじゃおうかと思ったけど、今日は組合が管理職と団交をしてくれる日だから、頑張って起きて学校に行った。
終業式の校長の話は、いつものように長く、かつ内容がなかった。
離任式での退職者の話は、言葉に重みがあって感動的だった。
…でも自分が辞める時には、全校生徒の前で話をしたりせずに、いつの間にかひっそりと退職したいと思った。

団交は午後3時半から5時までかかってやっていた。
私は保健室で、同じ立場にある養護教諭の先生とおしゃべりをしながら、不安な時を過ごした。
その後、組合の方たちから報告を受けた。
どうやら校長は、どうしても私たちを休職させたいらしいよ。
組合も相当粘って話をしてくれたらしいけど、考えを変えるには至らなかったそうだ。
で、組合は法人の人事と話す機会を作ってくれると言っていた。
他人事なのにこんなに熱心に動いてくれて、心から感謝である。

人事を尽くして天命を待つ。やるだけのことはやったと思うし、法人の人事に気持ちを伝えたら、あとは回答を待つのみだ。
どのみち、1週間後には今年度が終わるから、それまでには何らかの結論が出ているんだろう。
やっぱり休職しなくちゃいけないのかなー、私。

その後、保健室に戻って、3時間くらいおしゃべりをした。
事態はなにも好転していないのだけど、おしゃべりをしたことで少し心の負担が減った感じ。
おかしな話だが、今回の件、一人じゃなくて良かったと思った。

今日は一日緊張して、食事を摂るタイミングを逃してしまった。
ここんところ暴食していたから、ちょうどいいかもしれない。

卒業式

602051aa.JPG今年は受付担当だったため、校長の長話を聞かなくてすんだ。
それにしても、高校卒業式では燕尾服を着ていた校長が平服だったのを見て『あーやっぱり中学なんてどうでもいいのね』とあらためて思った次第。日頃の言動からそう思ってるんだな、とは分かっていたけどね。あまりにも露骨だってば。

一昨日・昨日の暴食がたたって、体重が一気に増加していた。
朝からダウナー。
今日はドレスアップした女性の姿を多く目にしたせいか、余計に太っている自分が嫌で嫌でたまらなかった。
自分を痛め付けてでも痩せたい。拒食症になりたい。
でも今の自分が太っているのは、深層心理でそうなりたかったからなんだろう。自分を嫌う理由が欲しいんだろう。
だけど私が心から欲しているのは、自分で自分を愛することで。
矛盾している。けどきっと私の中では矛盾していないんだ。
まだ分からないでいるけど…。

かつて私が担任をしていた卒業生が、2月に亡くなっていたということをさっき知った。
享年23~4歳のはずだ。
教え子を亡くすといつも思うのは「なんで私じゃなくて彼らなんだろう?」ということだ。
普段死にたい死にたいと思っている私がのうのうと生き延びていて、まだ若い彼らが死んでいく。神様は一体何をやってるんだ、と思う。
今度の日曜日に彼を偲ぶ会が催されるらしい。私は呼ばれなかったから、行けない。
教師なんて無力で無様だ。

明日、組合が管理職と団交してくれるらしい。
こんな不安な状態が続くくらいなら、もうどうなったっていいやーと投げやりな気分になっていた私だが、組合が動いてくれている以上、自棄を起こしてはいけないと思った。

なんか、今日はいろいろあったよ。くたびれたー。

画像は「くたびれるってなんですか?」と言いたげな空良くん。

頭痛&暴食

午前5時に目が覚めてしまって、ムクムクと食欲が…。
コンビニに走って、菓子パンを5個と大福を購入。ガツガツと食べた。
二度寝して部活の時間に起きたが、なんだか頭が痛くて。一応部活に顔を出したが、今日は休ませてもらうことにして一日中寝ていた。
午後6時に起床。頭痛は治まった。なんだったんだろう。
昨日今日の食生活を反省して、宅配糖尿病食に戻した。
おそらくストレスで食欲不振だったのが、腹をくくったことで跳ね返り現象を起こしたのだろう。
食生活を立て直さねば、と思った。

睡魔&暴食

今日は一日眠くてしかたなかった。
今度高3になる演劇部員とお茶した。
今週ずっと食事をまともに摂らなかったのに、急に尋常ならざる食欲がわいてきて、そばやカップラーメンを暴食してしまった。
いかんいかん。

腹をくくった

昨日は眠剤を飲んでもなかなか寝付くことができず、結局午前3時まで起きていた。
今週は睡眠が不安定だ。

仕事の件は腹をくくった。
第一希望、授業コマ数現状維持で勤務。
第二希望、1年間の休職。再来年度からの復職。
図書館勤務は、やはり拒否しようと思う。
診断書も出したし、組合にも話したし、やれるだけのことはやったと思うので、あとは回答待ちだ。

今日は午後3時まで寝て、夜は親友といつもの神保町で飲んだ。
ここ数日ろくすっぽ食べていなかったのだが、久々にお腹いっぱい食べることができた。
このところの食欲不振で、胃袋が小さくなった気がする。
親友に「仕事はどうなってもいいよ。元気で笑っていてくれれば」と言われ、そうだなーと思った。

拍子抜け&欲求不満

さて。
今朝は午前2時に目が覚めた。寝たのは午後11時だというのに。どんだけ緊張しているんだか。
で、退屈な朝の時間をお風呂に入ったり掃除をしたりしてつぶして、午前9時に家を出発。脳みそ病院に行った。
今日の脳みそ病院はものすごく混んでいた。
1時間ほど待たされて、ようやく受診。
あらかじめ作成していった手紙を読んでもらって、診断書を書いていただいた。
「こういうことは産業医か校長が言うべきことだけど…」と言いながら、主治医の先生は図書館の勤務も悪くない案だと言った。
これまでの私は薬を飲んでアップアップの状態で学校に通っていたから、まずは図書館でもなんでもオートマチックに毎日通える状態を作るのがいいのではないかと。
あくまで個人的な意見だけど、とのこと。
診断書には「うつ病で投薬治療をしているが、寛解状態にある」との記述。寛解とは、ストレスがかかった場合悪化する可能性もあるが、現在は臨床的にコントロールできているという意味。
私の頭は混乱。
図書館に勤めるくらいなら一年間休職、と思っていたのが、8~9年診て下さっている主治医から図書館勤務を勧められたのだから。

学校への帰り道、車を運転しながらぐるぐると考えていた。
学校へ着いて隣席の同僚に話をすると、「それは難しい問題ですね」とのこと。彼は、本校の図書館に勤めることで生ずるストレスについて話してくれた。
確かに、現在の中2学年は全員私の授業を中1時に受けている。その生徒たちが図書館に来た時に、私が図書館勤務に従事していたら…と思うと、新たなストレスを生じると思った。
つまらないプライドと言ってしまえばそれまでだが。
かといって本校以外の図書館に勤務するというのも、新たなストレスを生じさせる可能性が高い。
つまり私は図書館勤務はできないということだ。
とすると、校長の出した選択肢では一年間休職という選択しか残らないことになる。
それを選択するにしても、一年後の復職を条件にした方がいいというアドバイスを受けた。
そして、決戦の木曜日を迎えたわけである。

…が、結論から言うと、なんらかの結論はだされなかった。
校長室に行って四すくみ(中高教頭・校長・事務長)で、診断書をもとに、脳みそ病院でどんな話をしたかを問われ、それに答えたのみ。図書館勤務を勧められたことは敢えて話さなかった。
私は第一希望は今と同じ状況で国語科教諭として勤務すること、と話し、校長は診断書をもとに法人に報告すると述べたのみ。
今日でなんらかの結論がでると思っていた私は、見事に肩すかしをくった格好になった。

そして、今日は今年度で退職なさる先生方の送別会だった。
3名の先生がご退職なされるのだが、どの先生も生徒時代&教員になってから、ともにお世話になった先生方である。
食事はろくに食べられなかったが、ご退職される先生方にお酌もできたし、お話も賜ることができて、満足できた。
そして二次会は、ごく身内での小さな会。
さらに三次会は、大人数でのお別れ会。
私は、10年前に告った同僚に「送って!」と頼んであっさり断られ、昨年振られた同僚とは軽い会話をしたものの、もっと話したくて欲求不満の状態のまま、帰宅した。
ぶーーーー。
もっと彼らとおしゃべりしたかったよーーー。
どっちともすでに振られてるんだけどね。でもどっちとも好きだから。
人はそれを未練とも言う。
だけど一旦好きになった人のことを、そうそう簡単には諦められないよー。

明日は鎌倉研修の予定だったが、雨天が予想されるため中止になった。一日寝るかな。

人事を尽くして天命を待つ

ここ数日私に起きている、来年度人事に関するバタバタだが…。
まったく同じことが保健の先生にも起こっている。で、彼女と情報交換をしたりしているのだけど。
笑ったのが、養護教諭である彼女にも「休職か図書館か」という選択を迫っているということ。図書館は姥捨て山かっつーの。管理職は図書館の仕事をバカにしているよなぁ。
彼女は「私を辞めさせたいってのが見え見え。今日、弁護士のとこに行って話をしてこようと思って。辞めるんなら、最後に校長に泥つけてやる!」とカラカラ笑って言った。
すごいなー、弁護士かぁ。思いも寄らなかったよ。

でも私も、結構どうでもよくなってきた。
明日、手紙を持って脳みそ病院行って診断書書いてもらって、学校行って組合と話して、校長に診断書見せて。やるだけのことやって、それでも「休職か図書館か」の二者択一だって言うんなら、もう、一年間休職したっていーやぁー。
やや捨て鉢な気分。なんか、あの管理職相手にエネルギー使うのがバカバカしくなってきた。
来年度はもともと演劇のワークショップに参加するつもりだったし。一年間休職となったら、それに精出して、更に旅行にでも行きまくるか~ってなもんよ。
わははー、だ。
自分にできるだけのことをやったら、あとは天命を待つ。そうすることにした。

やり口

昨日のショックで、昨晩はろくろく眠れなかった。
細切れ睡眠で、午前5時にはあきらめて起床した。
出勤時間まで余裕があったので、明後日脳みそ病院に渡す手紙を作成した。

今日は会議が二つ。成績会議と部会。
部会では来年度の役割なども発表された。
会議後、部長に来年度私はいないかもしれない旨伝えると、うすうす聞いてはいたとのこと。ウチの教科主任から話がいったのかもしれない。

夜は学年の慰労会(ようは飲み会)。学年解散会でもある。
学校の近所の料理屋で学年団ほぼ全員が出席した。
若手をからかいつつ、楽しく飲んだ。
食欲が無くて朝昼と食べられなかったのだけど、ここでは食べることができた。
解散して学校までの帰り道、私は学年主任に話をきいた。
私が来年度いないかもしれないということを彼に告げた時、彼はすでに分かっている風だった。それが不思議だったので、いつ誰から私の来年度の処遇を聞いたのか、質問したのだ。
なんと、学年主任は10日前に教頭から聞いていたという。
呆れた。なんで本人が知るより先に、周囲が知っているのだ?
筋が違うだろう?!
しかも、彼は私から休職を希望したのだと思っていた。
冗談じゃない。私は昨日初めて聞いた話だ。しかも、全く希望なんてしていない。学校側からの一方的な通告だ。
そう話すと、学年主任は心底驚いていた。
管理職、汚いぞ。外堀から固めていく算段か。
ほとほと学校は信用ならないと思った。管理職は敵だ。

休職か図書館か

今日、また校長室に呼ばれた。
今回は例の三すくみ(中学教頭・高校教頭・校長)に、事務長と産業医までついてきた。5対1である。
法人の結論とやらが出たらしい。
それが、「一年間休職する」か「図書館の仕事に就く」の二者択一。
どっちも嫌だー!
私は教師として、授業をやって、部活をみて、校務をこなしたいんだー!
だけど、欠勤日数の多さを切り札に出されると、私の要望が子供のワガママであるかのように思わされてしまう。
一年間休職したところで、この病気が完治する保証はないんだよー?
休職後の復職は、慣れるまで1年以上かかるんだよー(経験済み)?
復職してしばらくは、薬も増えるしストレスが大きいんだよー?
ためしに「一年間休職したら、復職させてくれるんですか?」と聞いてみると、「現時点でそういうことは言えない」。つまり、休職している間も『復職できないんじゃないか』って不安を抱えていなくちゃいけないんだよー?
そんなの嫌だー!

とりあえず、脳みそ病院の診断書を提出するよう言われた。
明々後日、午前中に脳みそ病院に行って診断書を書いてもらって、午後には校長に返事をしなければいけない。

どうして私、休職しなくちゃいけないのー???????
そりゃウツの波がくると欠勤しちゃうけど、授業持ちコマ数も少ないけど、でも元気な時はちゃんと仕事しているよー?
休んだ時は同僚や生徒に迷惑かけてるけど、みんな理解してくれているよー?
理解していないのは管理職だけだよー?
情けなくて、哀しくて、涙が止まらない。

組合が話をきいてくれた。校長に話をしてくれるらしい。
ありがたい。けど、イマイチ頼りない感はある。

どうして私、休職しなくちゃいけないのー(T_T)

部活

今日は9時~15時で、部活だった。
時間にルーズだし、着替えも持ってこないし、基礎トレーニングもしないし…とつっこみどころは色々あったのだが、ここで腹を立てても自分の気分が悪くなるだけなので、説教はしなかった。
昔の私だったら、速攻で激昂していたよなぁ。丸くなったものだ。
一通り稽古が終わったあとで、注意はしたけどね。
午後はスタッフワークだけだというので、締めの時間まで私は家で寝ていた。
で、締めの少し前に部室に行くと、照明だの音響だの衣装メイクだのから質問の嵐。うむ、お子さまの部員たちだが、多少は成長しているものとみえる。
稽古でも言われたことを素直に聞くところは、今の部員たちのいいところではある。…超未熟児なのだけど。
まあ、呆れるくらいに幼い中学生でも、少しずつ進歩しているということだな。少し感心した。

うーむ…

今日は教科会。
でも20分で終了。
その後、年度末のいろいろな仕事をしたものの…。
周囲の同僚に比べて、圧倒的に仕事がない。
授業の持ちコマ数も少ないし、担任もしていないし、主要な係にもついていないから、当然といえば当然なのだが。
なんか、周りが忙しくしているのに一人とっとと帰宅するのもワルイ気がして、12時半までは時間をつぶしたんだけど、さすがにやることがなくなって帰宅した。
…あ、学年会計の仕事があった! やばい…。
ま、来週月曜日にやるしかないわな。

これ、可愛すぎ~。何度も見ちゃった。

http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=49&id=777420

学校という不思議の場

今日は年度末の学年集会があった。
学年主任や、学習指導担当や、生活指導担当からのお話があったわけなのだけど。
うーむ、と考えてしまったよ。
生徒ってのは、たくさんのことを要求されている生き物なんだなー、と。
私がもし生徒だったら、あれだけ多くの要求に応えることができるだろうか?とか思ってしまった。
私は基本的に他者の期待に応えようとしてしまう人間なので、あれに全て応えようと努力したら…こりゃ相当キツイな~。
まあ、生徒全員が私のように生真面目な人間じゃないから、適当に聞き流しているんだろうけど。
そいでもって、話をしている教師も自分の話していたことを100%実践しているかといえば、これも疑問で。
教師ってのは、理想を語る商売なんだなー、というのもあらためて思った次第。
理想を語っているんだけど、語っている時はそれが真実なんだよねー。それも自分が教師だから、よーく分かっている。生徒にも真剣に聞いて欲しいし、実践して欲しくて語っているわけで。
そういう生徒と教師が共存している「学校」ってのは、やっぱ、不思議な空間だなぁー。

ダークな気分

今日はテスト返却の日だった。最後の最後の授業。
私は一年の最後の授業では必ず、クラスの雑感を話し「1年間私の授業を受けてくれてありがとう!」と言うことに決めている。
3年生の2クラスは、「1年間ありがとうございました!」と返してくれ、拍手もしてくれた。いろいろあったけど、結果としていい関係を築くことができたのだと思う。
2年生のクラスは…最後の最後でお説教をしてしまった。この生徒たちとは来年もつきあうことになるから、穏便にすまそう、良かったことだけを話そうと思っていたのだけど、あまりにも態度が悪かった。1年間積もりに積もった不快な気持ちを、しゃべってしまった。…大人げなかったかな。
説教をすると、後々までぐじゃぐじゃと考えてしまう。こっちの気分が悪くなる。
ふう。

さらに、午後には校長室に呼ばれて、またも三すくみ(右手に高校教頭・左手に中学教頭・正面に校長)の図。
今回は何のことかと思ったら、「私の件は協議中」で「法人から結論がでる」ので「3月いっぱいはいつでも連絡が取れるようにしてほしい」のだそうだ。
そんなの、わざわざ呼び出して三すくみで20分もかけて話すことじゃないだろーが!(怒)
だいたい「私の件」って、何だ? 非常勤講師を雇うとか言っていたヤツかな? 授業の持ちコマ数のことかな? ワカラン。
「法人の結論」ってのもワカラン。どんな結論がでるというのだ?
あー、もう、嫌だ嫌だ。校長室に呼ばれると、それだけで不快になる。高圧的だし、無駄に緊張させられるし、不安な気持ちにさせられるし。あの人たちは「一教員が校長室に呼び出されて三すくみで話をされる恐怖」ってのを理解していないな。まったく。

そんなこんなで、ダークな気分である。
明日は授業もなし。学年集会のみ。
放課後の送辞指導と、部活指導のために学校に行くようなもんだな。休んでもいいくらいだけど、普段ウツで散々休んでいるから心の調子がいい時くらいは休まずに行こうと思っている。
…こんなところも、ヘンに真面目なんだよなー私ってヤツは。

ゆるやかな日

264860ad.JPG今日は採点日でお休み。
朝、猫に起こされてエサをやる。その後、バナナと大福を食べて、薬を飲んで就寝。
昼はぶっちぎって就寝。
夜、猫に起こされてエサをやる。その後、自分も宅配糖尿病食を食べて、薬を飲んで、長風呂に入って、…たぶんこのまま就寝。
ようは一日寝てたってことね。
でもそれが気持ちいいのだ~。
さーて、眠剤飲んでまた寝るかなぁ~。

画像は割れた食器の代わりに使っているステンレス食器。イマイチ愛想がないデザインなのだが、いたしかたない。

学年末考査④

05ee34a0.JPG今日で学年末考査も終了。
今日は試験監督を2コマやって、ノートチェックを3クラス分やった。
部活もやった。春休みの予定表も作った。もう一人の顧問と折半したのだが、それでも春休みはほとんど部活でつぶれる。しかたないけどね。気楽に行きましょう~。

画像は空良くんによって割られてしまった、猫の食器。
近所のホームセンターやネットでも探したんだけど、最近はこういうダブルボウル型の食器は売っていないらしい。これ、便利だったのだけどなー。2匹分いっぺんに出せて。大きさも一食あたりの適量が入るようになってたし。デザインも可愛かったし。
海大くんを飼い始めた時に購入したものだから、もう8年選手だし、寿命かなとは思うのだけど…。使い慣れた食器だったものだから、残念である。
バイバイ。今までありがとう。

学年末考査③

今日は2コマ中2コマ試験監督。
50分間2コマを、黙って監督するのはキツイな~。

さて。今日は臨時職員会議があって、来年度の人事が発表されたのだった。
私のポジションは今年度とほとんど変わらないので、人事も他人事って感じだった。相変わらず新中1と新高1は、激動の人事だったけど。
さてさて、来年度の持ちコマ数はどうなんだろう? 教科主任から特に何も言われなかったが…今年と同じく8コマ程度なのかなー? それとも16コマに戻るのかな?

あーやっと今年度が終わると思ったら、もう来年度の話だ。
ほんに、慌ただしい職場だよ…。

明日で学年末考査も終了。部活も始まる。
明後日は採点日でお休み。

寝た~

昨日(今朝)は午前様で帰宅。
そのまま精神が高揚していて午前2時まで起きていた。
酒も残っていたし、今日は一日布団の中。幸せ~。
今日もたくさんの夢をみたけど、嫌な夢じゃなかった。
さーて、もう一眠りするかー!

学年末考査②

学年末考査2日目。
中3の古典(私が作成した問題)と、中2の国語が返ってきた。
古典の方だけ採点した。うはー、今回の問題はできるヤツとできないヤツの差が顕著にでたなー。100点~16点までいるわ。
放課後「先生!俺、今回はできたよー!」と満面の笑みで言っていた生徒の答案は27点。おいおい。平均65だってば。
まぁ、馬鹿な子ほど可愛いってことで…。

夜は親友と神保町の居酒屋で飲み会。
刺身がうまい! 日本酒がうまい!
チーズ系もうまい! ワインもうまい!
6時から閉店まで飲んで食べてしゃべった。
彼女が明日休みだと言うので、じゃあウチに来たらいいじゃんと誘ったが、あえなく却下。ふぐー、期待しちゃった分だけ、その後イマイチ楽しめなかったな。
まあ、また次回ね。
今度は桜の頃かなー? 母校(大学)の桜を見に行こうかという話になった。

糖尿病ゆえ、飲み会は月イチにセーブしている。それだけに向かう時はワクワク楽しいし、帰る時はそこはかとなく淋しい。
まあ、糖尿病じゃなくっても、月イチで会えればいい方なんだけどね。彼女と会っている時がめちゃくちゃ楽しい分、反動で淋しいんだよね。

帰宅すると空良くんが、「カァチャン、ボク待ってたんだよー!」と飛びついてきた。まったく、馬鹿な子ほど可愛いというもので。

学年末考査①

今日から学年末考査が始まった。
試験監督は眠いのう…。今朝二度寝をしたのも原因だな。
自分の担当している教科のテストは明日実施だし、年度末だから先の授業の予習もないので、今日の所はのんびりとプリント作りをした。
で、昼食をはさんでそれを印刷したら、今日の仕事終了。午後2時には帰宅していた。

今日は同僚に借りた「佐野元春LIVE」と、親友に借りた芝居「ハンブン東京」のDVDをのんびり鑑賞。
佐野元春はやっぱりカッコイイな~。20年分のLIVE映像のダイジェストなのだけど、歳を取ってもカッコイイ。
「ハンブン東京」は以前生で観た芝居なのだけど、細部は忘れていたのであらためて楽しめた。
合計5時間ほど。こんなにじっくりテレビと向き合うのも、珍しいことだ。

明日はテストが上がってくるから採点をしなきゃ。ノート提出もさせるから、それも見ないとな。
そして明日は、親友との月イチ飲み会である。うおー、楽しみだ~!! それを心の糧にして、お仕事頑張るぞ。

経過報告

d5f024e1.JPG月に一度の通院日。あんまり心の調子が良かったので、うっかり行くのを忘れるところだった。あぶない、あぶない。

<現在の薬>
・トレドミン25㎎3錠…朝・夜(抗ウツ薬)
・アモキサン25㎎3錠…朝・昼(抗ウツ薬)
・マイスリー10㎎1錠…就寝前(睡眠薬)
・エチカーム1㎎2錠…就寝前(睡眠薬)
・ベンザリン10㎎1錠…就寝前(睡眠薬)

前回頓服で処方されたデジレルがなくなった。
最近は眠れているし、必要ない。
調子がいいことを先生にアピールしたのだが、薬が減ることはなかった。ま、もう1ヶ月は様子見ってところかな。新年度始まるし。

今日は学年末考査問題の印刷→折り込み→袋詰め→金庫に収納、をやった。今年度の授業も全て終了したし、なんか爽快感でいっぱいである。
痩せて、糖尿病治して、鬱病も治すぞー! おー!

画像は昨日いただいた干菓子。左上から時計回りに、いちご・若葉・桜・流水。春らんまん、てんこもり。しかも上等な干菓子なので、口溶けも良く上品な甘さでとても美味しいのだ♪

万能感!

ada3d070.JPG今日はお茶のお稽古に行った。
先月もウツのため、1回しか行けなかったので、実に1ヶ月ぶりである。
先生のお着物はグレー地に白椿。カラシ色の帯を締め、鮮やかなピンク色の帯締めをしていらした。素敵~。
そして床の間の花は水仙と蕾の椿。着物とコーディネイトしてる♪
さて、お点前は「貴人清次(きにんきよつぐ)」をやった。先生から「今までで一番落ち着いたお点前だった」とお褒めの言葉をいただいた。むふー。
お菓子もお茶も美味しかったし、足はしびれたけど、お茶の世界を満喫できた。
今月2回目のお稽古は、出張のためまた休むことになる。せっかく心の調子がいいのに、残念なり。
あ、先生に「少し痩せたわね」と言われた♪ ららん♪♪
また着物を着てお稽古に行きたいなー。

お稽古のあとは、先生とおしゃべり。
日本一周万歩計を先生にお披露目すると、先生は1日で40000歩も歩いたことがあるという。1日で40000! 驚異的な数字である
(私は普通の日で3000~5000歩)。
いつもアクティブな先生は、1ヶ月に1日「なにもしない日」というのを作るそうだ。その日は時間を気にせず、好きなことを好きなだけする。昼からお気に入りの入浴剤を入れて長風呂をしたり、風呂上がりにバスローブを着てビールを飲んだり、映画を観ながらコーヒーを入れて美味しいケーキを食べたり…。
なんだかお話を聞いているだけで、楽しくなってくる。
先生はonとoffの切り替えが上手な方なんだなー、と思った。働く時は夢中になって働く。休む時はとことん休む。「そうするとね、翌日疲れがすーっととれているのが分かるの」ほほぉー!
また、先生は他人をもてなすのも上手だが、自分をもてなすのも上手だと思った。自分にコーヒーを入れるのでも、お気に入りのカップに入れて、ケーキもお気に入りのお皿に盛って、イタリア製のお盆に乗せて楽しむのだそうだ。
「リラックスするのが大事よ。先生がリラックスしてると、生徒さんに対する接し方も変わるでしょ?」なるほどねー。まったく、その通りだ。
自分を大切に扱うって、こういうことかなー。
またも目からウロコがボロボロ落ちた感じである。
お茶の時間は、お稽古はモチロン、先生とのおしゃべりが楽しい。先生は大らかでサバサバしていて、そのお人柄に惹かれる。
飽きっぽい私が10年もお茶を続けていられるのは、この先生だからだと言えよう。私の憧れの人である。

今日は授業で一人芝居の戯曲を朗読劇してみた。生徒の反応は分からなかったが(それだけ朗読に熱中していたので)、少なくとも静かに聞いていてくれた。わー、やっぱ芝居って楽しいー。芝居やりたいー!
なんかね、今の私だったら何でもできそうな気分よ。ダイエットも、ウツの克服も、糖尿病の完治も、芝居も、お茶も、全部できそうな万能感。
これがどこから湧いてくるのかは分からないけど、なんか、なんか、とってもいい感じじゃない?
このワクワク感はキープしたいと思う。

画像は今日のお菓子「千代の袖」。千代とはお雛様のことらしい。美しく、かつ、美味しいお菓子だった~。

高校卒業式&糖尿病経過報告

今日は高校の卒業式だった。
久しぶりにスカートをはいて、化粧をした(^^;)
卒業式後、高校演劇部の部員が集まって、記念品授与。私からは彼女たちの演じた芝居のDVD2枚組と昨日焼いたキッシュをプレゼントした。
5人中3人は大学進学が決まっていた。あとの2人は結果待ち。うち1人は東大らしい。わお。そういえば総代やってたし。すごいなー。

さて。1ヶ月ぶりの糖尿病病院。
血糖値が先月より下がった。192→168。
ま、まだまだ高いんだけどね。それでも嬉しい。
HbA1cの先月までの推移が、8.0→8.1→8.7→8.9と上昇していたので、また新たに薬が処方された。うーむ、今月のHbA1cはきっと落ちてると思うんだけどなー、来月にならないと結果が分からないし。
今度の薬は副作用として、むくみ・吐き気・かゆみ・だるさ・痛み・体重増…が出る可能性があるらしい。うげー、出たら嫌だー。
まぁ、粛々と薬を飲んで、食事に気をつけて、あとは痩せる!だな。散歩もしなくちゃいかんのだけど、寒いしなー。
<現在の薬>
・メトホルミン250㎎1錠…朝・昼・夜(血糖を下げる薬)
・アクトス15㎎1錠…朝(血糖を下げる薬)

そうそう。
今日産業医の先生のところに電話をかけて、昨日の顛末をかいつまんで話した。もう二度と行きたくない旨告げると、昨日の病院に産業医の先生から言ってくれるって。よかったー。
スッキリしたので、気分良く長風呂に入った。気持ちいい~♪

言葉の暴力

今日は学校の関連施設の病院へ行った。
べつに行きたくて行ったわけじゃない。学校が行けと言うから行ってきたのだ。

メンタルヘルス科。初めての病院は、それだけで緊張する。
産業医による紹介状と今年度の勤務状況表を添えて、受付を済ませた。
最初は若いおにーちゃん先生による問診。この先生は感じが良かった。思わず笑みがこぼれるくらい。
が、本診の先生がめちゃくちゃ感じが悪かった。
勤務状況表を月ごとに数えては、「5回ですよ?」「10回も休むなんて、ありえない!」「こんなに休んでいて、あなたはどう思うんですか?」と言う。その度にこちらの胸はズキズキ。だって、好きで休んでいるわけじゃないのだ。鬱になって、申し訳なさと後ろめたさを感じながら休んでいるのに…。
一通り数え終わると、「で、何の目的でこちらに来たんですか?」…知るか! 行けと言われたから、来ただけだ。
すると紹介状を何度も読み返し、「これだけじゃ、何の意図で来させたのか分からない。産業医の先生に連絡をとってみるから、いったん待合室で待っててください」…どーゆーこと?!
そして待たされて、再び呼ばれ、「連絡が取れなかったから、また来週に来てください。ただ、この勤務状況は一般企業ではありえないから。ま、学校は就業規則が甘いのかもしれないけどね」と捨てぜりふのように言われた。
また来週この先生に会わなきゃいけないのかと思うと、腹立たしくも情けなくて、「私、先生とお話ししていると哀しくなってくるんです。もう二度とお会いしたくないんですけど」とようやく告げると、「そういうことは産業医に言って」の一言。
お会計2350円なり。

…精神科医のくせに、鬱病に理解がないって何事よ?
あんなひどい医者もいるんだと、しみじみ思った。
やっぱり学校は私を辞めさせたいんじゃなかろうか?と、疑心暗鬼になってしまう(疑心暗鬼じゃないかもしれないけどね)。
あー、むかっ腹立った! あんな医者に受診させた学校にも腹が立つ。
私だって他の同僚と同様に、健康に毎日仕事ができるようになりたいさ! そのために脳みそ病院にだって通って、カウンセリングにも通っているっていうのに、まだ努力が足りないとでも言うのだろうか?
努力で治るもんなら、とっくに治ってるってことが、なんで分からないかなー?
とにかく、腹が立った。これは立派なパワーハラスメントなのではないだろうか。
プロフィール

べにお

Author:べにお
着物でガッコのセンセーをやってます。
6匹の猫と同居中でしたが、5匹になりました。いつも彼らに世話になってます。
芝居や映画やドラマや読書が好きです。
音楽もめちゃ好きです。
バリバリのインドア人間です。
が、時々ムショーに遠くへ行きたくなり、旅立ちます。
どぞよろしく。

悪意を感じるコメント、第3者を傷つける内容のコメント、争い事のきっかけになってしまいそうなコメント等は私の判断で削除いたします。ご了承ください。

今日の日付入りカレンダー

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
アクセスカウンター
カテゴリ
過去記事(ログ)スクロール

2019/10 (22)

2019/09 (34)

2019/08 (33)

2019/07 (33)

2019/06 (35)

2019/05 (36)

2019/04 (35)

2019/03 (34)

2019/02 (31)

2019/01 (33)

2018/12 (34)

2018/11 (31)

2018/10 (32)

2018/09 (34)

2018/08 (32)

2018/07 (32)

2018/06 (30)

2018/05 (31)

2018/04 (30)

2018/03 (31)

2018/02 (29)

2018/01 (31)

2017/12 (32)

2017/11 (30)

2017/10 (31)

2017/09 (34)

2017/08 (31)

2017/07 (31)

2017/06 (30)

2017/05 (33)

2017/04 (31)

2017/03 (31)

2017/02 (28)

2017/01 (32)

2016/12 (34)

2016/11 (30)

2016/10 (33)

2016/09 (32)

2016/08 (33)

2016/07 (31)

2016/06 (34)

2016/05 (31)

2016/04 (30)

2016/03 (32)

2016/02 (34)

2016/01 (37)

2015/12 (34)

2015/11 (33)

2015/10 (31)

2015/09 (34)

2015/08 (34)

2015/07 (33)

2015/06 (32)

2015/05 (35)

2015/04 (30)

2015/03 (35)

2015/02 (30)

2015/01 (39)

2014/12 (39)

2014/11 (34)

2014/10 (36)

2014/09 (36)

2014/08 (36)

2014/07 (37)

2014/06 (32)

2014/05 (38)

2014/04 (33)

2014/03 (37)

2014/02 (31)

2014/01 (38)

2013/12 (40)

2013/11 (46)

2013/10 (38)

2013/09 (31)

2013/08 (34)

2013/07 (37)

2013/06 (36)

2013/05 (37)

2013/04 (35)

2013/03 (39)

2013/02 (31)

2013/01 (34)

2012/12 (35)

2012/11 (34)

2012/10 (40)

2012/09 (37)

2012/08 (33)

2012/07 (33)

2012/06 (33)

2012/05 (37)

2012/04 (33)

2012/03 (40)

2012/02 (29)

2012/01 (38)

2011/12 (32)

2011/11 (33)

2011/10 (35)

2011/09 (32)

2011/08 (35)

2011/07 (32)

2011/06 (32)

2011/05 (41)

2011/04 (31)

2011/03 (33)

2011/02 (30)

2011/01 (32)

2010/12 (32)

2010/11 (30)

2010/10 (32)

2010/09 (32)

2010/08 (32)

2010/07 (34)

2010/06 (33)

2010/05 (31)

2010/04 (30)

2010/03 (31)

2010/02 (28)

2010/01 (31)

2009/12 (31)

2009/11 (32)

2009/10 (31)

2009/09 (30)

2009/08 (31)

2009/07 (31)

2009/06 (31)

2009/05 (31)

2009/04 (30)

2009/03 (31)

2009/02 (28)

2009/01 (31)

2008/12 (32)

2008/11 (30)

2008/10 (32)

2008/09 (30)

2008/08 (31)

2008/07 (29)

2008/06 (28)

2008/05 (30)

2008/04 (20)

2008/03 (27)

2008/02 (26)

2008/01 (28)

2007/12 (28)

2007/11 (25)

2007/10 (25)

2007/09 (14)

2007/08 (12)

2007/07 (19)

2007/06 (27)

2007/05 (34)

2007/04 (32)

2007/03 (28)

2007/02 (20)

2007/01 (21)

2006/12 (24)

2006/11 (23)

2006/10 (27)

2006/09 (16)

2006/08 (10)

2006/07 (5)

2006/06 (3)

2006/05 (7)

2006/04 (12)

2006/03 (10)

2006/02 (5)

2006/01 (9)

2005/12 (3)

2005/07 (1)

2005/05 (1)

2005/02 (1)

2004/11 (1)

2004/10 (3)

2004/07 (1)

2004/04 (1)

2004/03 (3)

2004/02 (3)

2004/01 (1)

2003/12 (4)

2003/04 (1)

2003/02 (1)

2003/01 (1)

2002/12 (1)

2002/11 (1)

2002/10 (1)

2002/09 (1)

2002/08 (3)

検索フォーム
にほんブログ村