FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
2009-07-27 (月) | Edit |
by山本渚。
タイトルのまんまなのだが、吉野北高校図書委員会でくりひろげられる青春物語。
…と、淡泊に書いたけど。
これがねー、読後感爽やかで素直に楽しめたのよ。
図書委員会っていうのが、また良いのだなー。私も中学時代は新聞委員会にはまっていた身なので、部活とも違う委員会独特の空気感というのが、読んでいてとても心地よかった。
それに、登場人物がみんな可愛い! 思春期という微妙な心の状態を、作者は愛情もって描いているな~と思った。
もしかしたらイマドキな高校生像とは異なるのかもしれないけど、彼らの気持ちに共感できるワカモノは多いと思う。
ワカモノではないけど、私も共感したし(笑)
高校生っていいなぁー、恋愛っていいなぁー、と普通に思ったよ。この私が。
中高生にオススメの本だな。あ、かつて中高生だった大人にも♪