FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
期待
2009年09月15日 (火) | 編集 |
隣席の同僚とおしゃべり。
彼は生徒に、「文化祭や体育祭などの学校行事に一生懸命関わらせ達成感を味わわせたい」と言う。それが彼の教育観のようなものらしい。
そうねぇ、と思う。
私もかつて担任をしていた頃はそう思っていたし、彼の考えを否定しようとは思わない。
けどねぇ、と今は思う。
生徒に期待をかけることは、生徒という人間を駄目にすることなんじゃないか。
そして期待をする教師自身も疲弊させてしまうんじゃないか。
もっとフラットな関係で、いいんじゃないかなー。

やる気がないわけじゃないのだけど、熱意は激減しているかもね。
というより、同僚や後輩たちの熱意が、最近鬱陶しくて。
熱血教師とか、金八教師とか、教師らしい教師とか、あー鬱陶しい。
私は、生徒を育てられるほど素晴らしい人間じゃないっす。
教育観を語るほど教師のプロだとは思えないっす。
世間様の片隅で、できることをできる範囲でやるしかありません。それで日銭を頂戴できれば、それで充分っす。

けど、こういうことを考え出すと、なんか罪悪感にとらわれるんだよなー。謙虚というより卑屈なんじゃん?とか思っちゃうんだよなー。

なんの疑問もなく教育観を語れる同僚たちに、嫉妬しているのかもしれない。