FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
2010年02月28日 (日) | 編集 |
ここ数日の暖かさとはうってかわって寒い一日だった。
寒い寒いと思っていたら、雪が降っていた。
布団にもぐりこみ、猫を抱えて寝た。

夢の中で、試験問題を作成していた。
ウド鈴木と。
…はたしてあの問題は完成したのだろうか?

みんなが休日の日曜日は、なんとなく気が楽である。
明日から3月かー。

演劇部の卒業生用にDVDを作成した。
明日こっそりと研究室に行って、隣席の同僚に託そうと思う。
あと、教科主任のお机に手紙をおいてこようと思っている。

いろいろ
2010年02月27日 (土) | 編集 |
162c70ee.JPG朝、学校に電話を入れた。
教頭に「休職に必要な書類とか調べて、また連絡するから」と言われ、拍子抜け。
なんだ、今日は学校に行かなくていいのか。
てっきりまた管理職に囲まれるのだと思っていたが。
まあ、でも学校に行かなくていいなら気も楽だ。
同席していただく予定だった組合の先生に、行かなくなった旨連絡した。
すると1時間くらいたって、「午後2時に学校に来て欲しい」との電話が。
おいおい、話が違うじゃん! 今さら組合の先生にお願いできないし…。
で、一人で中高教頭と話をした。
というより、中学教頭の話を聞いてきた。
先週金曜から今日までの欠勤届を書いて提出した。
なんか、「無断欠勤となると私の立場が不利になるから」との配慮らしい。
あとは教頭から校長に話をしてくれるそうだ。
休職になるか退職になるかは、法人しだいだとか。
ふーむ、なんか不安定なままだなぁー。

教頭にまた強く勧められたので、姉と兄にメールで近況報告をした。
昨年10月末~今日までの経緯を書いた。
私としては、こんな面白くもない報告をして心配かけるのは不本意だったのだが、「普通は親兄弟に相談するものだ」と「普通」を強調されると…ねえ? 私今「普通」の状態じゃないからさ。

ASOBO塾のコーディネーターさんから、3月~6月に5回開催される「アクティング・セラピー」に誘われた。
これから仕事もなくなることだし、気楽な気持ちで参加してみようと思う。ASOBOの友達にも会えるかもしれないし。

画像は珍しいツーショット、空良くんと咲夜さん。

歯医者・電話・卒業
2010年02月26日 (金) | 編集 |
昼に起きて、昼食を摂り、しばらくぼーっとしていた。
その後、車でアニキのところ(歯医者)へ。
先週借りた白衣を返すと「もう劇終わったの?」ときかれ、
うっ…とつまってしまった。
このあいだアニキのところに行ってから、
死にたくなって、全部終わらせたくなって、
ASOBOを辞めて、学校にも退職するって言って…。
この10日でいろんなことがあったなぁー。
治療はまだあと数回かかりそう。

帰宅して夕食を食べていたら、保健の先生から電話がかかってきた。
学校に返事をする件、私は教頭から連絡があると思って待っていたが、教頭も私から連絡があると思って待っていたらしい。
なるほど、連絡がなかったのはそういうことか。
明日の朝、こっちから学校に連絡することにした。
ほかにも、教科主任が私のことを心配して彼女に話しかけてきたということとか聞いて、落涙。
心配してくれてたんだー…と思うと、不謹慎ながら嬉しかった。

歯科の次回予約を3/3に入れ、あー高校の卒業式だ、と思った。
演劇部の卒業生にDVDを渡したいが、学校には行きたくない。
高校演劇部の顧問にお願いしようかな。DVD作って。
あの子たちには思い入れがあるからなぁー。

春なのに、お別れですか?
2010年02月25日 (木) | 編集 |
ご贔屓スーパーがあと3日で閉店になる。
我が家の食材も尽きてきたので(1週間引きこもっていたら無くなった)、最後のおつかいに行ってきた。
久しぶりに外に出たら、空気が春っぽくてびっくり。
この1週間で季節が移ろったことを感じた。
さて。
スーパーは、閉店近しということで売場がものすごく縮小されていて、淋しい限り。
陳列棚もがら空きだし。
お気に入りの食材たちも品切れのオンパレードで、結局ほとんど買うことができなかった。
はー、終わる時ってこんなものなのね。
なんだか淋しい買い物だった。

2010年02月24日 (水) | 編集 |
今日は欠勤の電話も入れずに休んだが、学校からはなんの連絡もなかった。
私が休んでいるのは、もう当たり前のことになっているのかもしれない。
気が楽でいいけど。

さて。
トイレと食事以外はずっと布団にこもっている。
今日は戦争の夢をみた。
私はどうやら朝鮮にいるらしい。
テレビの情報も言葉が分からないので、さっぱり分からない。
しかし同行した姉から、敵(これがどうやら日本軍らしいのだ)が近づいてきているらしいことを聞く。
実感のないまま、地味に不安な気持ち。
目が覚めた時、猫たち4匹がじーっと私を見ていて怖かった…(お腹が空いていたようである)。

昼に目が覚めた時、映画を見に行こうかと思ったが、仕事休んで映画ってのもなぁ…と思い直して寝た。
今思えば、休職するにしろ退職するにしろ、どのみち当分仕事をしないことに変わりはないよなぁー。
映画に行けば良かったかも。

つくづく
2010年02月23日 (火) | 編集 |
私という人間はなんでも一人でやろうとするなぁ、と思った。
そういえば大学を決めた時も、就職を決めた時も、転職した時も、相談などせず事後報告だった。
何か困ったことが起こっても、自分一人で考えて決断して、事後報告。
それが今回の「退職」さわぎにも当てはまるなぁ、と。
相談って、した方がいいんだねぇ…。

思いがけず複数の方から、「組合に相談した方がいい」というアドバイスを受け、そうか組合に頼るって手があったか!と目からウロコ。
なんでも自分一人でやろうとしてたら(特に病気で正常な判断ができなくなっている時には)、いかんよなー。
実は私は組合員じゃないのだけど、昨年度末にも組合がとても大きな助けになってくれたので、今回も打診してみることにした。

昨日今日と、食事はひたすら冷凍うどん。
で、たまにショートブレッドをつまんで、あとは寝ている。

転院・話し合い
2010年02月22日 (月) | 編集 |
昨日は神経が高ぶって、ほとんど眠れなかった。
朝起きて学校に休みの連絡を入れて、
そうだ新しい精神科に行ってみようと思った。
先週スクールカウンセラーの先生に教えていただいた病院のホームページを確認して、車で向かった。
その病院はビルの3階で、待合室も広く落ち着いた感じの設備だった。
問診票を書いて提出し、しばらくして診察室に呼ばれた。
今度の先生は…なんだかあまり感じが良くはなかった。
以前受診していた先生をご存じのようで、私が先日ショックを受けた言葉を話しても「本当にそんなこと言うかなぁ」と私を信じてくれていない様子だった。
また、私の言葉を最後まで聴かずに勝手に決めつけて話を進めるところもあり、「すいません、まだ続きがあるんです」と言わなければいけないのも不快だった。
でも、最後には転院を受け付けてくれたようなので、ここに通おうと思う。診断は「暫定的にうつ病、但し双極性の可能性もあり」だった。

帰宅すると教頭から留守電が入っており、「今日の午後3時に学校に来て欲しい」とのことだった。
久しぶりに学校に行って、校長室に入ると、中学教頭・校長・副校長・高校教頭に囲まれる形になった。はあ、またこの形か、と思うとそれだけでストレスだったが、とにかく話をした。
昨年11月のオーバードーズから、4日前の自殺企図まで話をし、退職しようと思ったことを話した。
校長は、「渡りに船」といった感じで退職の話をすぐに受け容れた風だった。
中学教頭は「休職」を勧めてきた。
高校教頭と副校長は、辞めた後の生活を心配していた。
ひとまず1週間考えて、今週末に返答するよう言われた。
中学教頭は服務規程など調べて、おって連絡すると言ってくれた。

もともと現状がつらくて、そこから逃れるために仕事を辞めようと思ったのであって、その先の生活のことまで考えていなかったのは事実である。
今は、休職させてもらえるのなら休職しよう、と思っている。

挨拶
2010年02月21日 (日) | 編集 |
3日ぶりに外出をした。

ASOBOに行って、挨拶をしてきた。
はじめに塾長からみんなに話をしていただいて、
私はその時点で涙ボタボタだったのだけど、
なんか言わなきゃと思って泣きながら一言二言言った。
皆さん優しくて、暖かくて、胸が詰まった。
稽古は見ずに、帰途についた。

親友に「挨拶してきたよー」とメールをしたら、
「よく頑張ったね。夜、飲みにでも行く?」との返信。
どうしようかなーと思ったのだけど、
彼女の顔を見たかったし、せっかく外出したので行くことにした。
待ち合わせまで4時間ほどあったので、新宿をウロウロした。
映画を観ようと思ったが、観たい映画はどれも時間が合わず断念。
マンガ喫茶をみかけたので、そこで時間をつぶした。

で、神保町で飲んだ。
久しぶりに笑った。

メール
2010年02月20日 (土) | 編集 |
今日も休んだ。
少し食欲が出てきて、ものが食べられるようになった。
テレビも見られるようになった。

ASOBOの塾長に辞める旨メールした。
了承してもらえた。
塾生に借りたものを返却したいので、明日のASOBOには行く。
みんなには塾長から話してくださることになった。

教頭にも退職したいというメールをした。
病気の治療を含め、人生設計を考えて話し合おうという返信をもらった。
管理職と話をすることが心の負担なのだけど、仕方ないのだろう。
引き留められると気持ちが揺れる。
生活のことなど考えると、確かに退職するのは不安だ。
でも辞めると決めた時に心が軽くなったのだから、この選択でいいのだと思う。

休んだ
2010年02月19日 (金) | 編集 |
学校を休んで一日布団にこもっていた。

仕事とASOBOを辞めようかと考えている。

自分でも分からない
2010年02月18日 (木) | 編集 |
私が
ぐちゃぐちゃぐるぐる考えて、
自分を責めまくって、
何時間も泣いたり、
いろんなことに過敏になったり、
死にたくなったりするのは、
これは病気のせいなんだろうか?
もしかして「病気だからしょうがない」と免罪符をうって、
自分を安心させたいだけなんじゃないか?
本当は病人なんかじゃないんじゃないか?
分からない。
私はどうしたいのだろう?
泣きすぎて頭がいたい。ゾクゾクする。
暖かい布団に入れば幸せになれるのだろうけど、
うっかり寝て明日がくるのが怖い。

ハシゴ
2010年02月17日 (水) | 編集 |
今日は病院関係を全部やってしまおうと思い、午後授業がなかったので早退して帰宅。
<その1>
咲夜さんをキャリーバッグに詰め込んで、行きつけの動物病院に行った。
移動中の車内で、めったに鳴かない咲夜さんが「ひぁ~ん、ひぁ~ん」と心細げに鳴くのが可愛かった♪
年に一度のワクチンは、一瞬で終了。
帰宅。帰りの車内では一言も口を利かなかったな~、怒っていたのかしら?
<その2>
昼食を摂って歯を磨いてから、実家へ車で移動。
衣装の白衣を借りるのがメインだが、ついでにアニキ(歯科医)に口の中を診てもらった。
…虫歯が発見された。しかも結構重症。
麻酔をかけて、歯を削られ、神経を抜かれた。
しばらくは週イチペースで通わないといけないらしい。
はー、まぁ見つかって良かったよ。
いつも思うのだが、ウチのアニキはなかなか腕のいい歯科医だと思う。
「体調はどうなの?」と訊かれ、「うつ病じゃなくて躁うつ病だって診断されたよー。今度セカンドオピニオン受けるよ」と答えたら、「そう。それは良いかも知れないね」と言われた。1年ぶりの兄弟の会話、である。
しっかり白衣も借りて(1着はもらった)帰路についた。
<その3>
ウチの近所の接骨院へ。
今日もいつものフルコースをしてもらった。
うつ伏せから起きあがるのが楽に出来るようになった~。
少しずつできることが増えている。良い良い。
帰宅。
今日はお茶の稽古日だったのだけど、腰痛で「立つ・座る」のが辛いのでお休みさせていただいた。

というわけで、3件の病院をハシゴした。
これで、今週やろうと思っていたことは大分クリアーできた。
明日はスクールカウンセラーの先生の予約を取ってある。
セカンドオピニオンについて相談するつもり。

おいしいよ♪
2010年02月16日 (火) | 編集 |
b334f660.JPGグリコの「ぜいたくバターのショートブレッド」が美味い。
要はバタークッキーなのだが、ザクザクとした歯ごたえとほんのり塩味のきいた味が非常に好み。
うんま~~~~♪

さて。
腰は昨日よりは良い感じ。
歩くのが少し軽快になった…か?
今日も定時で切り上げて、接骨院に行って来た。
少しずつ快方に向かうといいなぁー。

今日は眠くて仕方ない。
とっとと眠剤飲んで寝ようと思う。

たはは…
2010年02月15日 (月) | 編集 |
いやー。心が落ち着いたら、体が大変。

まず、睡眠が不安定。
午前1時まで寝付けずに、寝たと思ったら午前3時起き。
1時間ほど経ってから入眠、午前6時起き。
2時間ずつしか寝られない。計4時間睡眠。
うがー、寝かせろー!!

でもって、腰。なんといっても、腰。
座ってないと、キツイんす。
立っても真っ直ぐ立てないし、歩くとピキッとくるし。
普段の3倍くらい時間をかけないと、目的地に到着できない…。
うごー、痛いよぉぉー!
定時に仕事を切り上げて、すかさず接骨院に。
ベッドにうつ伏せになること自体がキビシイ。
「ひゃー、熱もってますねー。こりゃ、まず冷やさないと」と先生に言われ、氷袋で冷やされ、マッサージをされ、鍼を打たれ、骨盤(?)の調整を受けた。
施術を受けてすぐの時は「お? 少し楽になったかも…」という感じだったのだが、帰宅する頃にはやっぱり痛い!
まいったね、こりゃ。
しばらくは毎日接骨院通いをしなければ、だわ。
まーでも脳みそがキビシイより、体がキビシイ方がマシかも。

さて。
意を決して、アニキに電話した。1年以上ぶり。
「芝居の衣装で使うから白衣を貸してくれー」と言うと、「どうせそんなこったろうと思ったよ」だってさ。ばれてーら。
今度アニキの所に行って、試着してみて、借りてくる。
しかし今週は接骨院通いをメインとせねばならんので、行けるかどうか微妙だなぁ。
あ、ウチの三番目をワクチンに連れて行かなくちゃいかんのだった。
むむむ…。

そういや。
昨日がバレンタインということで、部活の生徒から手作りお菓子をいくつかもらった。
最近の主流はチョコではなく焼き菓子らしい。クッキーとかマドレーヌとか。中には苺大福を手作りした強者もいた。んまかったよ。
毎年どうもありがとうでござんす。ごっそさん。

落ち着いたか?
2010年02月14日 (日) | 編集 |
今日はASOBO塾に行った。
初めて演出をつけてもらった。
一応セリフは覚えていたつもりだが、段取りをつけられると吹っ飛んでしまう。
ずっと一人でセリフ練習をしていたので、相手がいるとなると勝手も違う。
やっぱり掛け合いでやらないと、本当に覚えたことにはならないなぁ、と思った。
ダンスの振り写しをしてもらって、中腰で演技をしていたら、腰を痛めてしまった。あたたた。
新しい台本を配られたり、なんかいっぱいいっぱいである。

休んだ件に関して、塾長はじめ沢山の人が心配してくれた。
塾長から直々に「なんかあったら私に電話しなさい!」とか言ってもらえて…恐れ多くも有り難いっすー。涙出た。でも電話番号知らないんだけど(笑)
休んでいると(とくに脳みそぐるぐるで休んでいると)、いろんなことが不安で、焦るし、申し訳ないし、悲しいし、情けなくなるけど、
意外とASOBOの皆さんは気にしていないんだなーと思ってホッとした。結構、誰でもそうなのかなー?
なんとかなるもんなのかもしれない。
体が疲れたら、逆に心の方は落ち着いた感じ。
ヤマを越えたということかしら?

食欲はなかったのだけど、何故か頭に「うどん」とひらめいて、食べたら美味しかった。
食べ物が美味しく感じるって、いいなぁ。

<今週中にやること>
・接骨院に行くこと。
・スクールカウンセラーの先生に相談すること。
・できれば、セカンドオピニオンを受けること。
・アニキに連絡取ること。できれば、アニキのところに行くこと。

ぐるぐる
2010年02月13日 (土) | 編集 |
朝起きて、まだ嫌嫌モードで、
頭がぐらぐら沸騰していて、
学校に遅刻の連絡を入れて、
クッキーを1箱食べて二度寝。
もう一度起きたら、沸騰どころか気持ちがシューンと沈んでいた。
だらだらと出かける用意をして学校に行って、
授業して、
放課後の学年指導に顔を出して、
頭の中は「どうやって死ぬか?」でいっぱいだった。
結構具体的にどんどん考えていたら、
頭がぐるぐる状態になってしまって、
逆に死にたい気持ちが薄らいだ。
明日のASOBO塾のためにセリフの練習とかして、
さっきまで死ぬつもりだった人間が何やってんだ?とか可笑しくなって、
きっと私は死なないんだろうな、と思った。
自分でもワケワカランよ、この脳みそ。
かんべんしてー。

嫌で嫌で…
2010年02月12日 (金) | 編集 |
今日はなんだか、いろんなことが嫌でたまらなかった。
学校にいることも、
HRの代行をすることも、
授業をやることも、
補習に付き合うことも。
食べることも、
息をすることも、
ここに存在していることも。
心の中にドロドロしたものが煮えていて、下からぷつっぷつっと「嫌だ」が浮上してくる感じ。
早く逃げ出したい。
家に帰って布団にこもりたい。
安全な場所にこもっていたい。
胃もなんだかムカムカするし、
食欲ないし。
これは一昨日・昨日と暴食したからかもしれないけど。
なんかね、自分なんかどうなったっていい!って気分なの。
自分を傷つけたい気分なの。
嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ…。

もっと明確に気が狂えばいいのに。
もっと明確に見て分かるような病気や障害ならいいのに。
あー、嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ。
嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ。
嫌嫌嫌嫌嫌嫌嫌嫌嫌嫌嫌嫌嫌嫌。

うつって程うつじゃないんだけど、どこかイライラして、どこか落ちていて、とにかく嫌。
とにかく嫌なの!!!!!!!
これはなんなんだ?

スーパーで『私なんかどうなったっていいんだ!』と思いながら食べ物をドカ買いし、帰宅してお腹に詰め込んだ。
はち切れるほどお腹がいっぱいになったら、思考がどろんと溶けて、嫌という感覚が鈍麻した。
食べ過ぎて気持ち悪いけど、脳みそのぐるぐる沸騰状態は落ち着いて…なんか…どうでもいいような気分になった。
眠くなった。
布団は安心できるシェルター。
絶対オカシイ。

ふーむ
2010年02月11日 (木) | 編集 |
今日はたっぷり睡眠をとって、読書。
双極性障害に関する本2冊を読んでいる。
うーむ。
読んでいて「うわ!まさにそうだ!」と自分の症状と合致することに興奮することもあり、
「…うーん?こんなことは私にはないぞ」と自分との差に首をかしげることもあり。
まあ、そんなもんかもね。
ただ、どちらの本にも書かれていたのは
「双極性障害は診断が難しく、再発の可能性が非常に高い」
「有効な治療法がほぼ決まっていて、コントロールできる」
ってこと。
なので、「完治しない」ってのは「治療に長期間かかり、再発する」ってことなのかもしれない。
どはー。めんどくさーい。
読み進めると、「ホントに私は双極性障害なのかなぁ?」とも思い、「いやいや、こう考えること自体が病気のなせるわざなのかも」とも思い。
自分でもようわからんです。
本を読んで不安から逃れられるかと思ったのだけど(まあ或る意味不安が解消された部分もあったんだけど)、モヤモヤした状態なのは変わらず。
やっぱり、プロにはっきり診断してもらいたいなぁー。
んで、対策をたてたいよ。

不安
2010年02月10日 (水) | 編集 |
13年間ここで教師をやってきて、自分の立ち位置が見えない。

今 所属しているこの学年の生徒に対して、全く思い入れがない。
学年のイベントに関しては、基本的に他人事の意識である。
3年間つきあってきたというのに、顔も名前もろくに覚えてないし。
なるべく関わりたくないというのが本音のところ。
学年団の教員にも、ほとんど思い入れがない。
この学年で主たる役割を負ったこともないし、学年団の教員と協力して何かをしたという記憶もない。
仕事の外で(飲み会とかで)関わる機会もあまりないし。
この3年間は、空白のイメージである。
生徒たちとあと1ヶ月で別れることにも、学年団が解散することにも、なんの感情もわかない…。
かつては「ウチの学年」「ウチの生徒」という思い入れがあったのだけど。

仕事さえやりゃあいいんだよ、とも思うが、仕事もマトモにできていない状況があるわけで。
人の半分しか授業コマを持ってないし。それで給料は一人前いただいているし。
これで、私、いいのかなぁ、と思う。
管理職的考え方をしたら、私は「本校に貢献していない人間」なのだと思う。
それなのに給料をもらっているのは、心苦しいようにも思う。
でも自分を主軸に考えれば、職を失って給料を失ったら、生活できないし、病院にも通えないし、猫も養えないし、母親に送金もできない。今の生活を続けていくためには、ここにお世話になる必要がある。
今までは「病気が治ったらバリバリ働いて、学校に恩返しすればいい」と考えることで、学校における自分の存在価値を認めようとしていたのだけど、双極性Ⅱ型が治らない病気だとしたら…もうこの考え方はできずに自分の存在価値も認められなくなる。
あー不安定だ。

Amazonで昨日注文した本が届いた。
『双極性障害のことがよくわかる本』と『双極性障害』。
ひとまず、知識を得て病気の正体をはっきりさせることだ。
不安は未知から生じる。
とりあえずこの本を読んで、そうしたら少しは不安が軽減されるんじゃないか。
そう期待する。

なんか、なんかねぇ…
2010年02月09日 (火) | 編集 |
今日は学校に行った。
授業もちゃんとした。
食欲がなくて、
朝食も残したし、昼食のお弁当は食べられずに夕食に回した。
実は今、胃液が逆流している感じでキモチワルイ。
なんだろねー、緊張したのかね。

保健の先生に診断が変わったむね報告。
いろいろ情報を得た。
医療費控除の確定申告のこととか、
スクールカウンセラーに相談して別の精神科を紹介してもらったらどうか(いわゆるセカンドオピニオン?)とか、
躁うつ病の薬のこととか。
なるほどねー、という感じ。少し不安が薄れた。
セカンドオピニオンはいいかもしれない。

隣席の同僚にも報告。
私にとってはオオゴトだったのだが、彼は「なるほど、そうきましたか」と笑って受けとめてくれて、なんか安心した。
彼からとくに有益な情報を得たわけではないのだが、
この4日間不安で抱え込んでいたことを聞いてくれただけで満足。有り難い存在である。
そうかー。一人で抱えて「秘密」にしちゃうと辛くなるんだな。
どんどん喋っちゃえば楽になれるのかもしれない。

とか書きつつ。
まだまだ不安なんだけどね。
治らない病気だという情報も見ちゃったし。
こんな不安定な勤務状況で、仕事続けることは許されるのかしら? とか思うし。
でもこの仕事を失ったら生活できないし。
なんでこんな病気になったんだろう? とも思うし。
…考え出すと、ドツボ。

やべー。また胃液が上ってきた。
ここらで思考をストップして、寝た方がいいかも。

引きこもり4日目
2010年02月08日 (月) | 編集 |
今日は学校に行けるかな? と思ったのだが、もう一つ踏ん張りが効かなかった。
散々迷って、それでも布団から出られずに学校に電話して欠勤。
一日中寝ていた。
夜になって起きて、不意に思い立ち猫のエサとペットシーツを買いに出かけた。
あれ? 外出できたじゃん。
自分でびっくり。
4日間引きこもったけど、もう大丈夫。
明日から仕事に行くっす!

休んだ
2010年02月07日 (日) | 編集 |
外が怖くて、風の音も怖くて、人に会うのも怖くて、
結局ASOBO塾を休んだ。
この間休んだばっかりだったので、余計に申し訳なく、自分が情けなかった。
布団にこもって、一日寝ていた。
夜になって、不意に「お風呂に入ろう」と思った。
久しぶりにお風呂に入ることができた。
食事も、ここ数日ジャンクフードばかりを胃袋に詰め込んでいたが、ちゃんとしたものを食べようと思えるようになった。
どうやら、回復したっぽい。
はあー。良かった。
明日は学校に行けるんじゃないかな?

……
2010年02月06日 (土) | 編集 |
今日も学校休んで、一日食べて寝ていた。

明日のASOBO塾に行かなきゃと思うけど、
行かなかったら嫌われるだろうなとか、
見損なわれるだろうなとか、
そういう考えが根幹にあって、そんな自分が嫌。

今はとにかく眠ろう。
寝ている間は何も考えなくてすむ。

うぐー
2010年02月05日 (金) | 編集 |
まだ「躁うつ病」というカテゴリに慣れないのだが。
今朝はどーーーーんとダークで、学校に行けなかった。
一日中寝ていた。
これで有給休暇すべて使い切った。
明日は行けるかなー? うぐぐ。

経過報告
2010年02月04日 (木) | 編集 |
ひと月ぶりの脳みそ病院。
いつもは簡単に報告して薬の処方を受けるだけなのだけど、今日は珍しく先生と沢山お話しした。
文化祭やお芝居の公演が終わるとガクンと落ち込む、ということを確認。
「なんで、ああ楽しかった~また来年!って思えないかねー」と言われた。うーん、確かにそういう発想はないなー。
紙にグラフを書かれ、精神が高揚するとその後一気に落ち込むことを説明された。これには納得できた。
で、「双極性Ⅱ型じゃないかな」とのこと。
えー? いわゆる躁鬱病っすか?!
びっくり。10年間鬱病だと信じてきたのに…。
今度は修了公演後が危ない、と予告され、「自分ではコントロールできないと思ったら、相談しなさい。精神を高揚させない分、その後の落ち込みもしない薬を処方するから」と言われた。
はー。そんなもんなんすか。

<現在の薬>
・トレドミン25㎎2錠…朝・夜(抗ウツ薬)
・アモキサン25㎎1錠…朝・昼(抗ウツ薬)
・マイスリー5㎎1錠…就寝前(睡眠薬)
・エチカーム1㎎1錠…就寝前(精神安定剤)

エチカームは1錠で眠れるようになったので、その処方で。
診断が変わったのに薬の質・量ともに変化なしってのは、なんなんでしょうかねー。謎。
双極性Ⅱ型について調べてみるかなー。

『夢の動物園』&雑感
2010年02月03日 (水) | 編集 |
『夢の動物園 旭山動物園の明日』by坂東元、を読んだ。
ぐるぐるしていたのが、ちょっとすっきり。
私のように『動物園ってなんなんだ?』と考えている人がいて、しかも動物園関係者だっていうのが、なんか心強かった。
坂東さんの考え方には、おおむね共感。
そういえば子どもの頃獣医になりたかったんだよな、ってことを思い出した。

一生懸命が良くて、適当は悪い。
真面目が良くて、不真面目は悪い。
前向きが良くて、後ろ向きは悪い。
明るいが良くて、暗いは悪い。
具体的が良くて、抽象的は悪い。
論理的が良くて、感覚的は悪い。
沢山が良くて、少しは悪い。
美味しいが良くて、不味いは悪い。
勤勉が良くて、怠惰は悪い。
柔らかいが良くて、固いは悪い。
強いのが良くて、弱いのは悪い。
笑顔が良くて、涙は悪い。
可愛いが良くて、愛想なしは悪い。
義理堅いが良くて、不義理は悪い。
年長が良くて、若人は悪い。
暖かいが良くて、冷たいは悪い。
器用が良くて、不器用は悪い。
自由が良くて、不自由は悪い。
頑張るが良くて、片手間は悪い。
軽いが良くて、重いは悪い。
速いが良くて、遅いは悪い。
高いが良くて、低いは悪い。
広いが良くて、狭いは悪い。
深いが良くて、浅いは悪い。
非凡が良くて、平凡は悪い。
健康が良くて、病気は悪い。
完全が良くて、不完全は悪い。
自然が良くて、不自然は悪い。
長寿が良くて、短命は悪い。
仲良しが良くて、不仲は悪い。
有能が良くて、無能は悪い。
余裕が良くて、無理は悪い。
集団が良くて、一人は悪い。
「ある」が良くて、「ない」は悪い。
…などなど。
私は様々な物事を、良い悪いと仕分けている。
だけどその価値観は、果たして正しいものなのか?
良い悪いと決めつけること自体、無意味なことなんじゃないか?
私の中で「悪い」とされているものを、見直してみたい気持ちになっている。今。

眠いー
2010年02月02日 (火) | 編集 |
布団が気持ちよくて、いつまでも寝ていたい。
しばらく完全オフの日がないからなー。
修了公演前にへばってしまわないか、不安。
あー、時間を気にせず眠りたいー!

雪だぁぁぁぁぁ…
2010年02月01日 (月) | 編集 |
昼間は雨だったのだけど、気がついたら雪になっていた。
ほえー。
子どものようだが、雪が好き。
寒いけど。
眠くなるけど。

いろんな人が、
それぞれいろんなことを考えていて、
それぞれが自分の人生を生きている。
当たり前のことなのだけど、結構忘れてしまう。
まるで自分のために存在しているかのように思っている。
動物たちもそうで、
「ペット」だの「家畜」だのという分類は、
人間様のために動物がいるという傲慢な考えに根ざしている。
彼らには彼らの生涯があるのに。

動物園ってなんなんだろう?とか思ったのだなー。
私が子どもの頃の動物園といえば、檻の中に動物がいるのを見物する…というのが一般的で、それは「形態展示」というらしい。
その後、動物の生活環境をまるごと展示するという「生態展示」というのがブームになって、
今の流行は動物の自然な行動を見せる「行動展示」というものらしい。
というのを、授業の予習で調べているうちに、「むー…」という気分になったのだ。
なんで動物を「展示」しなきゃならんのだろう?
基本は「見せ物」という発想だよなぁー。
なんでいろんな動物を一ヶ所に集めて見せる必要があるんだろう?
むー…。なんか、気持ち悪いなぁ。

「ほんとうのさいわい」ってなんだろう、とかね。