FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
タコス
2010年05月31日 (月) | 編集 |
bba342ef.JPGそんなわけでタコスである。
<タコス>
①皮を作る。小麦粉カップ2・塩と砂糖1つまみ・ベーキングパウダー小さじ1位・水カップ2と1/2位を混ぜて、冷蔵庫で寝かす。
②お玉1杯弱を熱したフライパンに入れて薄く伸ばし(直径15㎝位)、両面を焼く。
③皮の上に、太千切りレタス・チリ肉・ピザ用チーズ・サルサソースをのせて、食べる。
…ちなみにこの分量で皮が10枚位焼ける。
いやー、美味しい! これは夏向きの味だね。
沖縄で食べたタコスが美味しかったので、再現したかったのだ~。嬉しい。
美味しい、美味しいのだけど、つい欲張って具を入れてしまい、うまく巻けない…。
食べているとボロボロこぼれる…。うはー。
ま、でも満足なり。
あと2人前くらい残っているので、当分タコスだな。こりゃ。

サルサソース
2010年05月30日 (日) | 編集 |
6a5031f4.JPGタコスを作ろうと思って、今日のところはサルサソースとチリ肉(?)を作った。
<サルサソース>
①セロリ(葉も)・玉ねぎを細かいみじん切りにする。
②トマトを1㎝角に切る。
③①②をボールで混ぜ、塩コショウ・タバスコ・レモン汁を入れる。完成。
…一口なめたが、うほーーーっ!辛い!
でも爽やか。これは美味しそう。
<チリ肉>
①にんにくのみじん切りと牛豚合い挽き肉をフライパンで炒める。
②余分な油をキッチンペーパーで拭き取る。
③ケチャップ・ソース・水・チリペッパー・醤油を入れて炒め煮する。完成。
…甘辛で美味しい。チリペッパーは必須。いきなりメキシカンな味になる。

明日は皮を焼いて、タコスを食す。楽しみ!
画像はサルサソース。緑と赤で、見た目もきれい。

寝る寝る
2010年05月29日 (土) | 編集 |
昨日から肌寒い。
寒くなると、眠くなる。
当家の家族(猫4匹)は、みんなベッドにいる。
ぬくもりを求めに寝室へ行き、そのまま就寝。
ぬくぬくのふわふわで、とても気持ちがよい。
ここ2日外出していないので、食材がなくなってきた。
明日は買い出しに行こうと思う。

思い出したこと
2010年05月28日 (金) | 編集 |
ウチの母親は、若い頃よく着物を着ていた。
父が着物好きだったから、父と出かける時に着物を着ていた。
同窓会とか、お年始参りとか、ちょっとしたお出かけとか。
父は母の着物にいくらでもお金を出していた気がする。
母は洋裁が得意だったから、帯を切ってミシンで縫って付け帯にしていた。
たぶん頻繁に着物を着るには、帯結びが面倒だったのだろう。
ちゃちゃっと着物を着る母を、かっこいいなと思っていた。

思えば母はおしゃれな人だった。
若い頃洋服を買うお金がなくて、自己流で洋裁を学んで自分で作った。
モード雑誌の写真から型紙をおこして、スーツでもなんでも作っていた。
小柄だけどスタイルもよく、あかぬけた服装をしていた。

そういえば家にいる時も、母はいつもきちんとした格好をしていた。
1階の診察室からいつヘルプがかかってもいいように、こざっぱりとしたシャツとタイトスカートで化粧もきちんとしていた。
美人というわけではないけれど、センスが良く、常にかっこよかった。

そうだ。
かつて私は、母が自慢だったんだ。

なんでこうなっちゃったんだろう…。

バンバンジー
2010年05月27日 (木) | 編集 |
5f9e3105.JPGやっと納得のいくバンバンジーが作れた。
<バンバンジー>
①鶏肉をひたひたの水で茹で、火が通ったらそのまま放置して冷ます。
②たれを作る。白練りごま・砂糖・醤油・酢を同量ずつ入れて混ぜる。更に、おろしにんにく・おろし生姜(どちらも極少量)・ごま油を入れて混ぜる。
③①を細切りにし(手で裂いても良い)、②と和える。
④きゅうりの細切りの上に③をのせて、いりごまをふる。完成。
…使用する鶏肉は、ももでもむねでも。ももだとむっちり食感で味が濃く、むねだとあっさり味。お好みでどうぞ♪
鶏肉をレンジで酒蒸しにしたら、固くなりすぎて失敗。茹でると柔らかくジューシーに仕上がる。が、茹ですぎは厳禁! 余熱でも火が入るので、鶏肉全体が白くなったら火を止めてもいいと思う。茹ですぎると、パサパサの味無しになる。
たれを作る時は、材料を1つ入れる毎によく練るとなめらかになる。このたれがポイント! もしたれが余ったら、そうめんつゆに入れると、これまた美味しい。
残った鶏のゆで汁は、ネギやワカメ・ごま油・塩コショウを加えてスープにすると美味。捨ててはもったいない。

ファーミネーター
2010年05月26日 (水) | 編集 |
ba8df82c.JPGすごいぞ、ファーミネーター。
換毛期のわが家は、あちこちに猫毛が舞っている。
スリッカー(熊手のようなブラシ)でブラッシングをしても、果てしなく舞い上がる猫毛。あとはマメに掃除機をかけるしかない。
それにブラシが痛いのか、猫たちは嫌がって逃げるし…。
で、ウワサのファーミネーターを購入してみた。
ペットショップでは4800円したのが、Amazonでは2800円。買いでしょう!
いやいや、これが、すごいのよ!
猫毛がわっさわっさ取れる取れる。
冬毛むっくむくの咲夜さんはもちろん、スリッカーではほとんど毛が取れない風花や空良くんも取れる取れる。
やっはー楽しいったら!
しかも、これは気持ちいいらしく、咲夜と海大にーちゃんなんか自分からすり寄ってくるし。
これはいい買い物をしたっす!
猫飼いには超おすすめ。

かんてん♪
2010年05月25日 (火) | 編集 |
最近ハマっているおやつが、寒天のきなこ&くろみつがけ。
<きなこみつかんてん>
①水800ccに粉末寒天4グラムを入れて混ぜ、煮立たせて固める。
②サイコロ状に切って、市販のきなこと黒蜜をかけて食す。
…レシピを書くほどのこともないほど簡単。
水の量と寒天の割合は、色々試した結果これがベストだと思う。
欲張って水を多くするとゼリー状になってしまい、食感が頼りない。
かといって、寒天の箱に書いてある量の水だと固すぎる。
今日テレビを見ていたら、黒蜜の作り方をやっていた。簡単そう。
今度は黒蜜も手作りしてみるかなー。

来月から休職になるので(今までは欠勤扱いらしい)、このところ学校から電話がよくかかってくる。
明日は休職手続きの書類を書きに行かなければいけない。
学校に行くことを思うと、少しドキドキして緊張する。
誰にも会いませんように…!

母からの手紙
2010年05月24日 (月) | 編集 |
昨日こちらに書いた手紙の返信が、母から届いた。
言っているほど寂しくはない。…というものだった。
なんじゃそりゃ。
だったら、思わせぶりなこと書くなよ。
それとも心配かけないように無理してるのか?
私が考えすぎてしまうのがいけないのか?
あーもー、考え出すときりがない。いくらでも深読みできてしまう。
寂しくはないというのだから、そりゃ良かったね、ってなもんで、もうこのことを考えるのは止めよう。っつーか、止めたい。
ちっくしょー、面倒くさいなー。
私は楽になりたいだけなのに。

アクティング・セラピー4
2010年05月23日 (日) | 編集 |
今日のお題は「もし私の母が…」だった。
家族とか母親ネタはキツイ。
このお題も話すのがキツかった。
もし私の母が結婚後もバリバリ仕事をしていたら…あんなに子どもべったりな母にはならなかっただろうし、今の私がこんなに距離をおくこともなかっただろう。
と、話した。
けど、話しながら『そうかな?』と自分につっこんでいた。
私が本当に話したかったのは、そういうことじゃないような気がした。
でもよく分からない。

先日もらった母からの手紙は、「一人で食べる昼食が寂しい」「犬としか会話がない」「焼き肉も食べられない」「もう旅行にも行けない」と、愚痴満載だった。
1ヶ月間、返事が書けなかった。
これは家を出た私を責めているのだろうか?
私に何か期待しているのだろうか?
慰めてほしい? 優しくされたい?
母の真意をはかっているうちに、憂鬱になってしまうのだ。
1ヶ月間考えて、私は自分の気持ちを正直に書くことにした。
前回の手紙を読んで私は悲しくなった。自分で自分を憐れんでいるように読めたから。
そんなに一人は寂しいもの? 一緒に暮らしてくれている娘と孫がいるのに?
幸せは誰かが与えてくれるものだと考えていない?
寂しいと決めつけているのは自分だよ。
…厳しかったかな?とも思ったが、不快なものは不快だと言ってみようと思って。

今日のアクティング・セラピーで「親を変えようと思ってはいけない。自分を変えなくちゃ」という話をされた。
反面、「嫌なことは嫌だと言っていいんだよ」という話もされた。
私の書いた手紙はどうだったんだろう…?

塾長にまた「真面目だ」と言われ、「真面目な人は自分にちょっと厳しい」と言われた。
途端に、小学校時代の通信簿に書かれた言葉を思い出した。「自分に厳しい分、他人にも厳しい」…そうなんだよなー、私って。
猫には優しくできるんだけどなー。

なんてなことを、今日は考えた。
「もし私の母が死んだら」。
たぶん、後悔するんだろうな。今を。

なんだかなー
2010年05月22日 (土) | 編集 |
かつて一緒に部活顧問をしていた先生(今はご退職なさっている)から、唐突にメールがきた。
家にいて暇だったら、パソコンで往復ハガキを作成してくれないか、とのこと。
暇だし、そういう事務仕事は好きだから、引き受けても良かったのだけど…。
その先生に会うことを考えると、ひどく憂鬱な気持ちになった。
会ったら、また私は彼の機嫌を伺って気を遣うだろう。
近況を報告しなければいけないかもしれない。
休職するに至った経緯なども訊かれるかもしれない。
ましてやウチに上がり込むということも考えられる。
それは、たまらなく嫌だった。
恩がある先生なので我慢して引き受けるべきか悩んだが、正直に「先生にお会いすると気を遣ってしまうので、お会いしないでできるのならお引き受けします」と回答した。
すると「会いたくないなら仕方ない。明日学校に行って若手にでも頼んでみる」との返信。
ホッとしたけど、なんだかなー、と思った。
なんで退職した職場に、そういうことを頼めるかなー?
学校で仕事をしている若手に、過去の人が個人的な仕事を頼むって…どうよ?
私には考えられない。
退職して5年以上経つのに、平気で学校に顔を出す神経も分からない。
あーーー、ダメ。苦手。嫌。
恩はあるけど、もう二度と会いたくない。

レバニラ炒め
2010年05月21日 (金) | 編集 |
43c37cc3.JPG豚レバーが500グラム200円で売っていた。買い!
もやしとにらが家にあったので、レバニラ炒めを作成。
<レバニラ炒め>
①レバーに酒・おろしにんにく・おろししょうが・塩・醤油を揉み込んでおく。
②フライパンにみじん切りにしたにんにくと油を入れて熱し、香りが立ったら①を入れて炒める。
③もやし・3㎝長さに切ったにらを加え、さらに炒める。オイスターソース・醤油を回しかけて完成。
…ちょっとレバーが固くなっちゃったかな。味付けは良し。
余ったレバーは、①に片栗粉を揉み込んで唐揚げにした。美味し。

「ディア・ドクター」「アヒルと鴨のコインロッカー」
2010年05月20日 (木) | 編集 |
先週借りたDVDを今日中に返さなければいけない。
焦って残りの2枚を観た。

「ディア・ドクター」
…鶴瓶はどこかうさんくさいいい人の役が上手い、というかハマる。
これは、じんわりといい映画だった。
いい先生ってのは、技術とかじゃないんだなー、きっと。

「アヒルと鴨のコインロッカー」
…不思議な映画だった。
どんでんがえしが面白くて、引き込まれる。
「ディア・ドクター」と連続で瑛太を観た。面白いね、この役者さん。
ラストシーンも小粋で素敵。
が、一部納得できない部分もあり。これも…原作読まなきゃダメ?

ホタテとトマトの冷製パスタ・「20世紀少年」
2010年05月19日 (水) | 編集 |
8126c356.JPG<ホタテとトマトの冷製パスタ>
①パスタを茹で始める。
②トマトをさいの目切りに、しそを大きなみじん切りにする。
③ボールにオリーブオイル・塩・ホタテの缶詰・レモン汁・②を入れて混ぜておく。
④パスタはちょっと柔らかめに茹でて、冷水に取り水気を切る。③に入れて混ぜる。完成。
…ホタテ缶はすごく旨味があるので、シンプルでもとても美味しくできあがる。
缶汁も入れたけど、そうするとちょっと甘みが強いみたい。身だけでいいかも。
冷製パスタの時は、柔らかめに茹でるのがポイント。冷水でしめると固くなるので。

「20世紀少年」の第2章と第3章を観た。
なーるーほーどー。そういうことだったのね。
冒険活劇と銘打っているのが、非常に納得できる作品だった。
イマイチ理解できないところも多々あったのだけど…これは原作マンガを読むべき?

大豆と挽肉のカレー
2010年05月18日 (火) | 編集 |
e1607798.JPG<大豆と挽肉のカレー>
①にんにくのみじん切りをフライパンに入れ油を注ぎ火にかける。香りが立ったところで、玉ねぎとセロリのみじん切りを加え、炒める。
②鶏挽肉を加えて炒め、大豆の水煮も加え、さいの目に切ったトマトと酒・水・コンソメ・クミン・シナモン・クローブ・ナツメグ・黒コショウを加えて煮込む。
③カレー粉を入れて更に煮る。
④レンジでチンしたアスパラガスを入れて完成。
…ポイントはクミン。これを入れると、途端に本格的な香りになる。カレーには欠かせないね、こりゃ。
大豆以外にもひよこ豆とか。たぶん美味しい。
私は油揚げが余っていたので、みじん切りにして入れてみた。すると、まるっきり挽肉にまぎれて、肉の味わい。ベジタリアンのカレーにも良さそう。
冷凍保存できる。

ねむい…
2010年05月17日 (月) | 編集 |
うわー、なんだろ。
ねむくてねむくて仕方ない。
昼寝もしたのだけど。
ねむい。寝るっす。

アクティング・セラピー
2010年05月16日 (日) | 編集 |
この講座も、もう3回目。あと2回で終わってしまう。早いなー。

今回のお題その1は「ちょっとうれしかったこと」。
こういうお題は気持ちが楽でいい。
昨日ベランダでころんころんと転がっていたウチの猫の話をした。日だまりで転がる猫の姿は、私をちょっと嬉しくさせたのだ。
お題その2は「子どもの頃の思い出の食べ物」。
なんだろうなー、と考えていたら「鰻」と切ない気持ちが蘇ってきた。
父方の祖父は鰻屋だった。よく祖母が、発泡スチロールの箱いっぱいに鰻をつめて持ってきてくれた。
正直、鰻にはウンザリしていた。鰻の頭の佃煮や骨せんべいも、グロテスクで好きじゃなかった。
自由人のアニキは「食べ飽きたー!」とそっぽを向いて、一口も食べない。私もそうしたかった。でも、祖母と母が困った顔をしているのを見ると…。
私は「おいしい、おいしい」と言いながら、必死に食べた。おかわりまでして食べた。二人の笑顔が見たかったから。
…話しているうちに案の定泣きじゃくってしまったが、今回はなんとか最後まで話すことができた。進歩?

その後、いろいろな設定でウォーキングをしたり、二人組で即興の会話をしたりした。
楽しかった!
やっぱり表現するということは、面白い。
やっぱ、好きなんだなー、私。

アクティング・セラピーに出席すると、帰り道でいつもいろんなことを考えてしまう。
なにかつかめそうな気がするのだ。たくさんのヒントをもらっている気がするのだ。
それは「無理をしない楽な生き方」のヒントかもしれない。
嫌なことは嫌だって言っていいし、不快だったら不快だと言っていいんだなー。
泣いたっていいし、怒ったっていいんだなー。
万人に嫌われないように顔色を見る必要はないんだなー。
すべてに正解を求めてビクビクしなくていいんだなー。
なんか、そういう基本的なところが欠如している気がするよ。
どーしてこんな面倒くさい脳みそになってしまったのかねぇ?
あー面倒くさい。
40にもなって、中学生レベルだわよ。

そば粉のガレット・えびとトマトのマリネ
2010年05月15日 (土) | 編集 |
d6ef1e26.JPG実はここ数日、朝食は毎回「そば粉のガレット」。
レシピはこちらを参考に作った。
http://cookpad.com/recipe/365233
手が汚れるのが嫌で泡立て器を使って混ぜたけど、なめらかに出来上がった。
中身はハム・卵・チーズ。黒コショウをふって。美味しい~!
塩味のクレープってのも、美味しいものだなぁ。
3回目になったら少々飽きたので、千切りキャベツをプラスしてみた。ら、これがバカ旨! お薦め。
ちなみにこの分量で、クレープが5~6枚焼ける。

奥にあるのは、「えびとトマトのマリネ」。
以前友達が作ってくれた味を再現してみた。
<えびとトマトのマリネ>
①えびは殻付きのまま塩水で茹でて、冷めたら殻をむく。
②トマトは1㎝角に、玉ねぎは繊維にそって薄切りにしておく。
③ボールに塩・コショウ・オリーブオイル・レモン汁を入れて、①②を入れて和える。冷蔵庫で一晩おいて、完成。
…えびは殻をむいてから茹でると、味が落ちるし固くなることが判明(2パターン実験してみた)。茹でる時は、ぜひ殻付きで。
私は酸っぱいのが好きなので、レモン汁をたっぷり入れた。
えびの甘さと、トマトの甘酸っぱさと、しんなりした玉ねぎの旨味。美味しいっす!

実は実は、料理フィーバーは衰えをみせず、日々料理写真がたまっていっている。
このブログがお料理ブログになる日も近い(ウソだけど)。
おいおいご紹介していくので、おつき合いくださいませ。

うつ病経過報告&糖尿病経過報告
2010年05月14日 (金) | 編集 |
84928e5b.JPGまずはクリニックへ。
前回の血液検査の結果を教えていただいた。
「明らかに糖尿病。体質とかなんとかじゃなくて、カロリーの摂りすぎ」
…やぱし。
体はともかく心の調子はいいので、薬が減った! やったー!
<現在の薬>
・ミルナシプラン25㎎2錠…朝・夜(抗ウツ薬)
・マイスリー5㎎1錠…就寝前(睡眠薬)
・デゾラム1㎎1錠…就寝前(精神安定剤)

次に糖尿病病院へ。
鬱病の薬が減ったって話をした。
そうしたら先生に「心の調子がいい時に、血糖値を下げるはずみをつけない?」ってインスリン注射を提案された。
「飛行機が離陸する時にエンジンをふかすのと同じ。インスリン注射は補助エンジン」って言われて、最初は怖くて嫌だったけど じゃあ試してみようかなと。
先月のHbA1cが10.0で、血糖値って一度上がると落ちづらいんだそうな。
私ここ半年くらい10.0付近をウロウロしてしてるからなぁ…。
<現在の薬>
・メトグルコ250㎎3錠…朝・昼・夜の食前(血糖を下げる薬)
・アクトス15㎎0.5錠…朝の食後(血糖を下げる薬)
・ノボラビッド注フレックス…朝・昼・夜の食直前(血糖を下げる注射薬)
注射と言っても針がすんごく細くて全然痛くないし、打ち方も丁寧に教えていただいたから一人でも簡単にできた。
大丈夫。なんとかなる。

あと、血糖値計測器も一式貸してくださった。
これで1日2回血糖値を計って、記録していくのだ。
今まで月イチでしか血糖値が分からなかったけど、いつでも自分で計れるってのは正直うれしい。
不謹慎ながら、ちょっと新しいおもちゃを与えられた気分(笑)

そんなわけで、糖尿病治療も第2ステージに上がった感じだよ。
けど、いい方向転換になれば、これもいいと思う。

そうそう。
糖尿病の先生と鬱病の先生が古くからの知り合いだということが判明。
同じ高校&大学の、1つ違いの先輩後輩なんだって!
なんか、心強いような気が。

…ま、悲愴にならずに、ゆるゆると、やるっきゃないさ。
お医者さんと自分を信じて。
ね。

画像はインスリン注射セット&血糖値計測器セット。
針打ちまくりだな。わはー。

鰹とトマトのパスタ
2010年05月13日 (木) | 編集 |
b2d5bf7c.JPG「鰹とトマトのパスタ」を作った。
基本は「男子ごはん」のレシピ(なので書けない)だが、イタリアンパセリの代用で青じそを使用。
あ、黒オリーブも入れてないわ。
鰹は既にたたき状態になっているのを買ってきたし。わはー手抜き。
それにしても、オリーブオイル・塩・トマトの組み合わせって、無敵。
素晴らしく美味しかった!
これ、レモンを少し搾っても美味しいかも。

久々にDVDをレンタルしてきた。毎度の5枚で1000円。
で、「少年メリケンサック」を見た。
うーん…。
設定は面白い。おじさんパンクバンドと女の子。
宮崎あおいは可愛いし、佐藤浩市が珍しい役どころをやってるし。
けど…なんか私にはイマイチだったなぁ。
結構期待していたのだけど。残念。

画像は「鰹とトマトのパスタ」。イタリアンカラーで見た目にもきれい。

休職3ヶ月の雑感
2010年05月12日 (水) | 編集 |
仕事に行かなくなって、約3ヶ月。
働いていた時は大体午前7時~午後6時を仕事に費やしていたわけだが、
働かなくなって「じゃあその11時間はどうなったの?」てなもんである。
はて、どうなったのだろう。

まず、よく眠るようになった。毎日10時間くらいは寝ている。
そういえば寝付きも良くなった。
以前は「早く寝ないと睡眠時間が削られる!」と焦って布団に入り、なかなか寝付けずにつらい夜を過ごしていたが、目覚ましをかけない生活になってからすっと眠れるようになった。
思えば「早く寝なければ」というプレッシャーが不眠を招いていたのかもしれない。
あと、よく料理をするようになった。
時間に追われてできあいのお総菜ですませたり、スナック菓子や菓子パンですませることがなくなった。
もともと料理は好きなのだが、時間をかけて気の済むまで好きな物を作っている。料理は私の大事な娯楽の一つである。
あと、よく映画を観るようになった。正直、自分がこんなに映画好きになるとは思わなかった。これも今や大事な娯楽。
あと、よく本を読むようになった。いや、以前も本は読んでいたのだけど、仕事につながるような、授業のネタになるような本を選んでいる部分があった。
今はそのときどきで読みたい本を読んでいる。分厚い本にも臆することなくチャレンジできる。これも娯楽。
音楽もよく聴くようになった。CDレンタルをよくするようになって、自分の音楽ライブラリーが急速に広がった。これも娯楽だな。
してみると、仕事にかけていた11時間を今は睡眠と娯楽にあてているのだな。

あと、心境に変化が。
よく笑うようになった。家で一人きりなのに(笑)
テレビや本や猫に、一人でつっこんで笑っている。
そういえば、深夜にコンビニに走ってドカ食いすることが、いつの間にかなくなった。コンビニ、もう半月以上行ってないんじゃないか? 前は毎晩行っていたのに。
ストレスが減ったんだろうなー。減ったどころか、なくなったのかな。
なんたって親友曰く「2月は3回も死にたくなってた」らしいから、私。
今は「死にたい」なんて、全然思わないもんな。考えもしない。
これが、普通の人の状態なのか。

働いていた時は午前7時~午後6時を仕事にあてていたけど、それ以外の時間も心のどこかで仕事を気にしていたんだね。
24時間勤務で「先生」やってた。
優先順位の1位は常に仕事で、料理や映画の娯楽は後回し後回しにして、睡眠さえも後回しにして。
息抜きってことができなかったんだなー。
仕事から離れて、なんとなく自分のことを客観視できるようになってきた気がする。

仕事しながらでも、心おきなく娯楽して、息抜きして、「死にたい」なんて思わないで生活できるようになりたいなー。
ま、まだ仕事をしたいという気持ちレベルにはなっていないのだけどさ。

ごぼう巻き
2010年05月11日 (火) | 編集 |
実家では「牛肉のごぼう巻き」と言っていたけど、
どう考えても「ごぼうの牛肉巻き」だよなぁ。
<ごぼう巻き>
①ごぼうを長さ7~8㎝に切ってから、拍子木切りにする。切ったら水にさらす(あく抜き)。
②薄切り牛肉をひろげて、①を5~6本ずつ巻いていく。巻き終わったら、ぎゅっと一握り。
③鍋に②を巻き終わりを下にして敷き詰める。2段3段重ねでも良い。水・酒・みりん・砂糖・醤油をひたひたになるくらいに加えて煮る。途中、あくがでるのですくう。水分が少なくなったら、落としぶたをする。
④水気がなくなったら完成。
…非常に簡単である。簡単で、美味しい。
牛肉は安いものでOK。ごぼうの皮は剥かない方が風味が良い。楽だしね。
ご飯のお供に、お弁当にも。
今回は「うんま、うんま~」とあっという間に食べたので、画像無し。

昨晩、ワクチンの影響で耳から目の上にかけて赤くなっていた空良くん。
今日はすっかり赤味がひいて、元気元気。うっはっはー。
ワクチンであんな風になったのは初めてなので心配したが、良かった良かった。
他のネコはそんなことなかったのだけど…彼は意外にもデリケート?

「わが家の歴史」
2010年05月10日 (月) | 編集 |
sora4月に放映された三谷幸喜の3夜連続ドラマ。
合計8時間を一気に観た。
なんか…尻上がりに面白くなっていくドラマだった。
最後の運動会のシーンでは涙してしまったよ。
柴崎コウも佐藤浩市ももちろんいいのだけど、
このドラマで一番オイシイ役どころは大泉洋だったのでは?
つるちゃん、好きだわー。
そして三谷幸喜作品は最終的にハッピーエンドにしてくれるところが嬉しい。
ほっこり、ほっこり。

今日は空良くんのワクチンに行った。
体重5.3キロ。1年前と変わらず。
やっぱり食べ物に頓着しないコは太らないわねー。
…そうか、頓着するから太るのか(しごく納得)。
それにしても彼はビビリちゃんだな。
なんでこんなにビビリに育ってしまったのか。
謎である。

伊東四朗は立ち稽古でセリフが全部入っているのだそうだ。
むー。さすが。見習わねば。

画像はだらしない格好の空良くん。彼はねじれるのが好きである。

「龍馬伝」『ワタシは最高にツイている』
2010年05月09日 (日) | 編集 |
実は私、大河ドラマを観るのは人生初なのだが、「龍馬伝」はなんと1回も欠かさず観ている。
不思議である。
それにしても毎週面白いって、すごいことなんじゃなかろうか。

今回は以蔵が半平太に逆らったのが気持ちよかったなー。
でも、その後腑抜けてしまったので、さてどうなることやら。
龍馬と半平太が対峙するシーンが見応えあったー。
しかし…半平太は土佐に帰って死んでしまうのでは?
容堂に殺されるか…。むむむ。

いやはや、大河ドラマ恐るべしである。

『ワタシは最高にツイている』by小林聡美、を読んだ。
わっはっは!と声に出して笑うこと、数回。
読んでいて、非常に心地よい。
シアワセな気持ちになれる本だった。
女優小林聡美は、エッセイストとしての腕もあるということが分かった。
大好きな役者さんなのだけど、彼女のエッセイももうちょっと読んでみたい。

『ゴールデン・スランバー』
2010年05月08日 (土) | 編集 |
『ゴールデン・スランバー』by伊坂幸太郎、を読了した。
いやー、面白かった!
普通、映画を観てから原作を読むと「やっぱり原作の方が面白い」という感想を持つことが多いのだが、
今回は「よくこれだけの内容を映画化したなー!」と感心しながら読んだ。
それだけ、原作に忠実に映画が作られていたということだ。
キャスティングも「あの役者以外は考えられない!」というくらい、はまっていた。
原作を読みながら、映画のキャスティングで頭の中で再現していた。
なので、映画を観てから原作を読むと、とってもスムーズに作品世界に没入できる。
もちろん映画では描ききっていない部分も原作にはあって(なんたって厚さ3センチはある)、そのあたりを読むと「あーなるほど、だからかー!」と膝を打つような快感。
で、映画オリジナルの演出とかも分かって、二度美味しい感じ。
映画も絶賛したが、原作も素晴らしかった。
あらためて、映画の『ゴールデン・スランバー』を観たくなった。
DVD借りて、また観るよ、私は。

俄然、伊坂幸太郎に興味が湧いてきた。
『アヒルと鴨のコインロッカー』『重力ピエロ』も映画化されていた。
今度借りて観てみようと思う。

2010年05月07日 (金) | 編集 |
実家の自分の部屋。
母親が「自殺したくなるなんて心配だから…」と言いながら、机の引き出しを開けようとする。
私は激怒し「私の部屋のものに指一本触れるな!部屋にも絶対入ってくるな!」と母親を振り払って、部屋から追い出す。
一人きりになった室内で、私は興奮を静めようとタバコに火をつける。ホテルに置いてあるような紙のマッチで。
マッチの火を消そうと軽くふると、火の粉が空中を舞い、布団に落ちる。
足で踏みつけて消そうとしたが、布団の中で火がついたようでブスブスくすぶってくる。
私は雨の降るベランダに布団を出し、火を消そうとする。
雨に濡れながら、布団の火が消える。
もうこの布団は使えないな、と思う。

夢の中のように母親に激怒するということは、これまでの人生でなかったと思う。
思春期に母親に日記を盗み読みされた時でさえ、『私のことが心配でやむを得ずやったんだ』と自分を納得させていた。奇妙にイイコだった。
あの頃しっかり反抗期をやっていたら、今のように母親にとらわれることはなかったのかもしれない。
今さら言ってもしかたないが。
もう何年も吸っていないタバコを、普通に吸っていたのも不思議だった。けっこうリアルな感覚だった。
目が覚めた時、いやーな気分になる夢だった。やれやれ。

家事の日
2010年05月06日 (木) | 編集 |
b34126e8.jpgカーテンを洗濯した。部屋が明るくなった。
床掃除をした。さらさらで気持ちいい。
冬布団を洗濯して押入へ。ベッドが軽くなった。
蕎麦を食べた。にんじんの天ぷらも添えてみた。美味。
日差しが暑い。28度まで気温があがったそうだ。
ついこのあいだ雪が降ったというのに、この変わり様や如何に。

気持ちいいことを優先してもいいんだなー。

回鍋肉
2010年05月05日 (水) | 編集 |
2a1b0783.jpgさらに引き続いて、「回鍋肉」のレシピ。
<今回の回鍋肉>
①豚肉を大きめの一口大に切って、片栗粉を揉み込む。
②にんじんは短冊切り、ピーマンは太めの千切り、キャベツは大きめの一口大にざっくり切っておく。
③合わせ調味料を作る。酒・みりん・醤油・豆板醤・味噌・コチュジャン・オイスターソースをよく混ぜておく。
④にんにくと生姜のみじん切りをフライパンに入れて油を注ぐ。香りが立ってきたら、豚肉→にんじん→ピーマン→キャベツの順に炒め、合わせ調味料を回しかけて完成。
…なんか、中華の炒め物って「肉に片栗粉」「にんにくと生姜のみじん切り」で決まり!っていう気分になった。
にんじんは普通入っていないが、彩りがきれいになるのでお薦め。
今回の合わせ調味料が、非常によくできた。ごはんがすすむ炒め物。

今日は蒸し暑くて、今年初めてのクーラー(除湿)を入れた。
はー、もうそんな季節ですかい。
冷たい桑の葉茶が美味しい今日この頃。

「臨場」と「Mother」が面白いっす。
ぐいぐい引き込まれる。ほくほく。

青椒肉絲&飲み会
2010年05月04日 (火) | 編集 |
2cddc6ae.jpg昨日に引き続き、レシピ紹介。
<青椒肉絲>
①豚肉は一口大に切り、塩コショウをして片栗粉を多めに揉み込む。
②筍の水煮は繊維にそって千切り。ピーマンも種を取って千切り。
③にんにくと生姜のみじん切りをフライパンに入れて油を注ぐ。香りが立ってきたら、①を入れて色が変わるまで炒める。
④②を加えて歯ごたえが残る程度に炒め、酒・醤油・オイスターソース・塩コショウで味付け。完成。
…片栗粉は豚肉がパラパラになるくらいまでたっぷり揉み込むのがコツ。豚肉が柔らかく仕上がるし、調味料の水分でトロミがついて美味しくなる。

さて。
今日は大学時代の芝居仲間との飲み会があった。
10数年音信不通だった後輩と連絡が取れたので、急遽集まれるヤツ集合!ということになったのだ。
ここ数日、家から1歩も出ずに引きこもって寝てばかりいたため、人混みの渋谷に行くのは大丈夫かな?と不安だったのだが、参加できて良かった。
思いがけず人数が集まって、楽しく飲み・食べ・おしゃべりすることができた。
みんな元気そうで良かった良かった。
今度は年末企画かなー? また集まろうねー。

料理の日
2010年05月03日 (月) | 編集 |
4184a0ef.jpg冷蔵庫の食材が、賞味期限近し!
ということで、急遽「料理の日」となった。
中華の炒め物を3品作った。
「えびとセロリの炒め物」「青椒肉絲」「回鍋肉」。

<えびとセロリの炒め物>
①えびは殻を剥いて背びらきにし、塩コショウ・酒をふって揉み込む。
②セロリは5㎝程度の長さに切ってから、繊維に沿って拍子木切り。
③①に片栗粉を入れて揉み込み、油をひいたフライパンで色づくまで炒める。
④②を加えて炒め、酒とヌクナムで味付け。完成。

あとの2品は後日。

今日は暑いくらいの気温だった。
中庭に桜の花びらが。八重桜が散って舞い込んできたのだろう。
春は、来たと思ったら雪が降ったりなんだりで、よく分からなかった。
もう初夏って感じだなー。季節が移ろっていくなぁ。

味噌ラーメン
2010年05月02日 (日) | 編集 |
bbb81fb3.jpgセブンイレブンで売っている、冷凍味噌ラーメンを使用。
100円というのが嬉しい。
<ウチの味噌ラーメン>
①肉そぼろを作る。みじん切りにしたにんにくと生姜・豚挽肉をフライパンで炒める。余分な油をキッチンペーパーで拭き取る。
②充分ぽろぽろになったら、酒・みりん・醤油・砂糖・味噌を加えて、水分がなくなるまで煮詰める。肉そぼろの完成。
③もやしとニラをごま油で炒めて、冷凍味噌ラーメンについていた味噌を加えて炒める。それにお湯を注ぐ(スープになる)。※炒めすぎに注意。
④どんぶりに③のスープだけを注ぎ、レンジでチンした麺を入れてほぐす。
⑤フライパンに残した野菜たちを山盛りになるように盛りつけ、肉そぼろをトッピング。完成。
…なかなか美味しくできた。このラーメンスープはイケル。
麺が茹だりすぎの感あり。レンジの時間を調節すれば、なんとかなる?
インスタントラーメンより、なんぼも美味しい。ラーメン屋より格段に安い。
肉そぼろは、ご飯にのせても美味しい。
お試しアレ。