FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
「ちょっとうれしい」2
2010年06月30日 (水) | 編集 |
そんなわけで、今日も下北沢へ。
昨日とは角度の違う座席で観た。
こっちからの角度も面白い。
びっくりなのが、日替わりなのですよ、これが。
小ネタだけじゃなく、役まで替わっちゃう。
すげー…。
それにしてもこの会場の安心感はなんだろう…と思ったら、学生のころ新入生歓迎でやっていた教室公演くらいのサイズなんだわ。
だから懐かしかったんだねー。そうかそうか。
はー、なんだか昨日より今日の方が緊張した。
誰が?私が(笑)
よかよか。
毎日面白いって、すごいなぁー。

今日もASOBOのみんなに会えた~。
そんなに言葉を交わさなくても、顔が見られるだけでシアワセー。
よかよか。

明日は残りのDVD観て、マイケルのCDを借りねば!
今日は盛りだくさんの一日だったなー。

「THIS IS IT」
2010年06月30日 (水) | 編集 |
そんなわけで、近所のシネコンにて「THIS IS IT」を観てきた。
大音量・大画面で観るのが心地よかった。
すげー! マイケル、すげー!
ものすごいエンターティナーだわ。
音と光とパフォーマンス。問答無用でワクワクする。
人間の体ってのは、鍛えるとここまで動かすことができるんだなぁー。
他のダンサーの皆さんはマッチョなのに、あんだけ痩せているマイケルが同じように動けるってどういうこと?
声がまた、若い頃と変わらないのよ。
私がマイケルのアルバムを聴いていた頃って25年くらい前なんだけど、その当時の記憶にある歌声と映像の中の歌声に違和感が全然なかった。
年齢を言い訳にはできないんだなー、と思った。
スタッフの皆さんがマイケルのパフォーマンスをすごく嬉しそうに観ているのが印象的だった。
皆さんも笑顔。マイケルも笑顔。素敵。
スタッフへの声のかけ方も、トゲトゲしたところが一切なくて、かといって妥協している訳じゃなくて。
口にする言葉がアガペーに満ちている。
なんつーか、マイケルって「プロ意識の高い天使」みたいな人だと思った。
マイケルはこのコンサートをさぞかしやりたかったことだろうなー。
観てみたかったなー。
このフィルムを世に出してくれた人たちに、感謝。
この映画観たら、なんでもできそうな気がしてきた。
ものすごいパワーをもらった気がするよ!
観て良かったー!

「いけちゃんとぼく」「ラッシュライフ」
2010年06月30日 (水) | 編集 |
そんなわけで、朝からDVDを2本観た。

「いけちゃんとぼく」
ほのぼの。可愛い。
けどね、きれいに上品にまとめちゃった感がある。
原作の西原理恵子さんの絵本は、オトコノコの粗雑さとかキタナサみたいのも描かれていて、そこがまた良かったのだけど。
だからラストシーンが泣けたんだけど。
映画は先が読めてしまって、イマイチだった。

「ラッシュライフ」
ワカラン。ワカランです、この映画。
伊坂幸太郎原作で東京芸大の学生さん(?)が作った映画ということで、期待度大だったのだけど…。
殺人・泥棒・死体遺棄…と刺激的な内容が並ぶわりには、その背後にあるはずのものが見えてこない。だから、グロいだけで終わっちゃう。
思わせぶりな前振りをしておきながら、その結末が描かれていない。
なんだか、すごく不完全燃焼感が残った作品だった。
堺雅人はかっこよかったけどね。

「ちょっとうれしい」
2010年06月29日 (火) | 編集 |
親友の劇団の公演に行ってきた。
下北沢。久しぶりー。ヘタしたら20年ぶり、とか?
でも街の感じが変わってなくて、なんだか懐かしかった。
さて。今回の劇場はキャパ70名ほどの小さな劇場。
そのぶん、役者さんとの距離が近くてなんだか一体感。
空気の伝わるのが速いような気がした。
ショート・ストーリイの積み重ねで、一つの流れを作っていく。
面白くて、ほろ苦くて、ちょっとうれしい時間だった。
親友、頑張ってました。あんな表情ができるとは思わなかった。
久しぶりに出演した役者さんもいて、これまたちょっとうれしい。
なんだか贅沢なお芝居だったなー。

公演にはASOBO塾のみんなも来ていて、久しぶりの再会が嬉しい。
みんな元気そうだった。良かった良かった。

あー先週借りたDVD5枚のうち、まだ1枚しか観ていない。
明後日返さないといかんのに…。まずい。明日は朝から観よう。
でも期間限定上映している「THIS IS IT」も観たいんだよな…。
明日レディースデイだしなー。どうしよ。
んでもって、明日もこの芝居を観にいくんだ、私。わははー。
早起きしてDVD観て、昼に映画観て、夜に芝居観るか?

追記:「THIS IS IT」のオンラインチケット、取ってしまった(2010/6/30 0:40)。
ええい、明日はエンタメ三昧じゃ!!

とろろそば
2010年06月28日 (月) | 編集 |
レシピってほどのレシピじゃないのだけど、とろろそば…美味しいよなぁ。
<とろろそば>
①やまといもをすり下ろし、納豆と和える。
②さらに生卵とそばつゆ&水を入れて混ぜる。
③茹でて冷水にさらしたそばを入れて食す! 刻みのりや刻みネギがあるとなお嬉しい。
…ちょっとしたこだわり。とろろはやまといもに限るっす。長芋は水っぽくて苦手。
ちょっとしたこだわり2。そばは十割そば。せめて二八そば。
ちょっとしたこだわり3。そばつゆはヤマサの昆布つゆ。
単なるそばだと満足度が低くて量を食べちゃうんだけど、とろろそばにするとすっごく満足感があるんだよねー。
今やまといもが旬なのか、安く出てる。真空パックにちょっと切り込みを入れて冷蔵保存すると、結構長持ちするよ~。

ずぞぞーーーっとあっという間に食べたため、画像なし。

猫目覚まし
2010年06月27日 (日) | 編集 |
e9cc44dd.jpg一日中、惰眠をむさぼっている。
夢見が悪く、起きるのがめんどうくさくてずっと寝ていたら、猫目覚ましが作動した。
その1、海大にーちゃんが豊満なボディでのし掛かってくる。その重量7キロ。
仰向けに寝ていると腹部が圧迫されるので、横向けになると脇腹に乗ってくる。
どのみち、苦しい…。でも本人(本猫?)は満足げにぐーぐー鳴いている。
しつこく乗ってくるのを、繰り返し振り払って無理矢理寝る。
その2、風花さんが甘がみ攻撃をしかける。耳たぶをかまれると、かなり鬱陶しい。
それを振り払い、振り払いしていると、あきらめて密着して寝てくる。暑い…。
その3、めったに来ない咲夜さんが枕元にやってくる。そして鼻や手を本気がみする。
かなり痛い。それを振り払って床に降ろしてやる。彼女はデリケートな猫なので、乱暴には振り払えない。
その4、満を持して空良くんがタンスからフライング・アタック。重量5.3キロがみぞおちにハマる。衝撃は海大にーちゃん以上。
こうなると、さすがに眠れない。仕方なく起きる。

4段階の猫目覚ましは、かなり強力である。
なんで今日はここまでしつこいのかと思ったら、夕食の時間を30分オーバーしていた。
時間に厳しい猫たちって一体…。まったく、もう。

画像はフライング空良。キャット・ウオークから私を見下ろしている。
「見てますよー。ボクは上から見てますよー。」

「西の魔女が死んだ」
2010年06月26日 (土) | 編集 |
梨木果歩の原作は中学生女子に人気。
たしかウチの学校の推薦図書にもなってたのではないかな?
でも私は読んでなかったので、DVDで鑑賞した。

まぁ…なんて魅力的で美しいおばあちゃんなんでしょ!
不登校の孫娘も、すごく自然。
だいじな言葉をたくさんもらった気がするなー。
映画としても美しくて、まるで上質な絵本を観ているかのようだった。
この映画、女の子だったら(そしてかつて女の子だった人なら)絶対好きだと思う!
なるほどねー。いい話だわ。
観て良かった。

HAPPY BIRTHDAY TO ME!
2010年06月25日 (金) | 編集 |
2da437fd.jpg誕生日なり。
今年もたくさんのお祝いメールをいただいた。
私ごときの誕生日を覚えていてくれるのが素直に嬉しい。
みんな、ありがとー!

さて。
いつものように一人誕生会をしようと思っていたのだが、なじみの自動車屋さんからお誘いを受けたのでランチをしに行ってきた。ついでにカラオケも。
いやー思いがけず楽しい時間を過ごすことができたぞ。
ありがとうございました!

さてさて。
帰宅すると学校から電話があり、休職中に提出する書類たちを届けてくれるという。
事務の若い女の子(ウチの卒業生)がわざわざ持ってきてくれた。
書類と6月の給与明細と賞与明細をもらった。
まさか賞与がでるとは思っていなかったので、びっくりした。
ありがたや、ありがたや…。

さてさてさて。
さきほど、珍しくFAXが送られてきた。
姪っ子からのおめでとうFAXだった。
「いつも会いたいです」だって。
くっそー、可愛いじゃないか。
ありがとうね!

父さん用にミニバラの花束を買った。
自分用に小さいケーキを買った。
みんな、みんな、感謝、感謝。
素敵な1日になったよー。

風花:「バラの似合うキレイな私」…はいはい。

食べるラー油
2010年06月24日 (木) | 編集 |
62b7d725.JPG…結局、作ってやんの(笑)
1瓶400円がどーにも許せなかったので、如何に安く作るかを目標に製作してみた。
レシピは以下を参考。
http://cookpad.com/recipe/1053236
これを三倍量で作った。プラス、私のアレンジは以下の通り。
①玉ねぎ・にんにくはフードプロセッサーで粗みじんに。それを鍋に移して、分量の小麦粉を入れてまぶすようにかき混ぜる。
②そこにごま油とサラダ油を注いで、弱い中火でかき混ぜながら加熱。だんだん具が上に上がってきて箸あたりが軽くなる。きつね色になったら火を止めると、余熱で丁度いい揚げ具合に。
③スライスアーモンドは高い上にローストしなければいけないので、私はローストアーモンドをフードプロセッサーで粗みじんにして入れた。充分。
④大人向けの辛さが欲しかったので、一味唐辛子を倍量に。さらに豆板醤を小さじ1くらい加えた。
⑤味見をしたら甘みが強かったので、塩とウェイバーをほぼ倍量にした。
⑥パプリカパウダーが家になかったので、チリパウダーで代用。ちょっとメキシカン風味になってしまった。美味しいけどね。やっぱりパプリカの方がいいかも。
…こんなところかな?
cookpadには食べるラー油のレシピがたくさん載っているが、フライドオニオンやフライドガーリックを使っているのが多い。この2つ、スーパーでチェックしたら少量でも結構お高い。なので、フライドオニオン&フライドガーリック自体を作るレシピを選んだ。簡単だし、とってもお得。
桃屋の瓶4~5本分作れて、原価は約1000円。
自分好みの味にできるし、何より作っていて楽しい!
はー満足じゃ。

そういえば。
学生時代(20年ほど前)にバイトしていたラーメン屋さんで、ラー油を手作りしていた。
中華鍋に油(ごま油?)を大量に入れて熱し、唐辛子などの入った一斗缶にずざーっと流し込むのだ。
唐辛子がじゅわーーーっっ!!!と盛大な音をたてて、煙が目にしみて痛かったっけ。
当時ラー油を手作りするなんて思ってもみなくて、興味津々でのぞき込んでいたものよ。
それが今じゃ食べるラー油を自分で作っているなんてねぇ。しみじみ。
そこのまかないが、自分でトッピングを自由にしていいラーメンで、私は味噌ラーメンに五目(ゆで卵・わかめ・メンマ・ネギ・チャーシュー)を乗っけて食べるのが好きだった。特にチャーシューの端っこのところが美味しかったなー。
たまに社長が気まぐれで作ってくるモツカレーも美味しかった。
キャベツのマリネも。
なーつーかーしー。
あのキャベツのマリネの作り方を教わっておけば良かったなー。
そのラーメン屋はとっくにつぶれてしまったので、もう幻の味である。

逆勝手
2010年06月23日 (水) | 編集 |
今日のお茶のお稽古は、「逆勝手(ぎゃくがって)」の薄茶&濃茶をやった。
逆というくらいなので、お点前のいろいろが逆になっている。
道具の配置とか、足裁きとか、ふくさの左右とか。
いやー、これがまた、難しいのだ。
普段やっているお点前が体にしみついているので、いちいち『えーと、普段は右だから左か』と立ち止まって考えないと進まない。
あげくの果てに、逆の部分にばかり気がいって普通の部分が抜け落ちる始末。
あわわあわわ。
年に1回くらいこの逆点前をやるのだが、毎回おたおたする。
でも終わる頃にはリフレッシュ。頭の体操である。
あーいっぱい汗かいたなー。
楽しかった!

「MOTHER」最終回だった。
そーか…。そうだったのか。
うーむ、仕方ないのだけど。
切ないなー。
でもこれで良かったのかなー。
むむむ。
あー、終わってしまった…。

あ、「グータン・ヌーボ」に草刈民代がでてた。
すっげー男前! あんなに美人なのに!!
かっこよいなー。好みだわー。

もやしとにらの卵炒め
2010年06月22日 (火) | 編集 |
b91ab3b6.JPG『男子ごはん2』のレシピを参考。
キャベツが余っていたので、キャベツも入れてみた。
ら、フライパン一杯できてしまった。わはー。
こりゃ、当分食べなくちゃな。
カレー粉とオイスターソースで味付けするのが、意外だった。
なるほどー、こんな使い方もあるのねん。
夏向きの炒め物かな。
ちょっとチャンプルーにも似ているかも。

ASOBO塾第5期、今日申し込みをした。
どこまでできるか分からないけど、やりたい気持ちを優先してみようと思って。

夏至
2010年06月21日 (月) | 編集 |
今日は夏至。
昼間が一番長い日。
こんな日に私が何をしていたかというと、
ひたすら寝ていた。
今日は全く外に出なかった。
あんまり調子が良くない。

ラー油
2010年06月20日 (日) | 編集 |
たまたまコンビニで売っていたので、
ウワサの「桃屋辛そうで辛くない少し辛いラー油」を食べてみた。
うん。なるほど。
美味しいか美味しくないかって言ったら、美味しい。
けど、売り切れ続出するほどかー?と思う。
しょっぱくてにんにくの利いたごま油って感じ。
スナック菓子のような、ジャンキーな味。
ふーん、こんな味なのか…。
1瓶400円は高いと思う。
あんまり感動はなかった。でも美味しいけど。
パスタにでも入れてみるかなー。

蒸し暑い
2010年06月19日 (土) | 編集 |
232f4bf5.JPGなんじゃこの蒸し暑さは。
家の中にいる分にはそれほど感じないが、外に一歩出たらムワッ。
なんか、酸素が薄い気がする…。

『告白』を読み直した。
独白という形式をとっているので、どれが本当でどれが嘘か分からないよなぁー、とあらためて思った。
自分のことを語る時、人は自分に有利になるように話す。
意識的であれ、無意識であれ。
正当化。
だから、一人の人物が言うことを鵜呑みにしてはいけない。
そういうことを、教師になってから叩き込まれた気がする。
この作品を初めて読んだ時も、それを思い出した。
誰だって「自分は悪くない」って主張したいんだよなー。

画像は今ハマっているオレンジ。パッケージは「どうよ、これ?」というシロモノだが、間違いなく全てのオレンジが甘く、美味しい。パッケージで損しているかもしれない。いや、一目見て覚えたくらいだから、得しているのか?

チャプチェ
2010年06月18日 (金) | 編集 |
eb0fab2f.JPG韓国料理の、春雨と野菜の和え物。
レシピは『男子ごはん2』を参考。
韓国春雨(よく売っている春雨より太くてもちもち)がなかなか売っていなくて、スーパーを何軒かハシゴしてようやく見つけた。
レシピでは牛肉だったのだが、たまたまあったので豚こまで作った。
野菜たっぷり。美味。
ごま油とにんにくが効いた、ザ韓国味。
できたての暖かい状態で食べるのが美味しい。
たくさんできたので冷蔵保存して翌日も食べたら、春雨がふやけてイマイチだった。
できたてを食べれば、普通の細い春雨でもいいんじゃないかなー? と思った。
また作ろう~。

ドライブ
2010年06月17日 (木) | 編集 |
a5ffc2d6.JPG今日はネット友達の陶芸家さんの展示会を見に、ドライブがてら茨城県の笠間まで行って来た。
途中PAで休憩したりしつつ、片道3~4時間くらい。
天気も良く、丁度良いドライブだった。
陶芸作品というのも様々な個性があって、とても面白かった。
制作過程を教えていただいたり。うーん、深いなぁ。

帰路は行きとは違う道を走ろうと思って、高速を途中で下りたらかなり混んでいた。
高速を走っている時は運転に必死(スピードが苦手)だが、タラタラと町中を走っていると様々な考えが頭に浮かんでくる。
昨日見たテレビで映画監督の堤幸彦さんが監督志望の女の子に「被害者意識をもたないことだね」と言っていた。「我々は好きなことをやっているんだから」と続けた。
なんだか、この言葉が心にひっかかっている。
私は仕事に対して被害者意識を持っていたなー。
仕事だけじゃないな。何かにつけ、責められているような気持ちになる。
そして、私は好きなことをやっているんだろうか。
教師って仕事、好きなのかな。
私は何が好きなのかな。
好きってどういうことだろう…。

そういえば今住んでいる家を建てる時、姉(建築士)にドアやら窓やら壁材やらの展示場に連れて行かれたことがある。
「どれがいい?」と訊かれて、私は非常に困ってしまった。
あまりにも膨大なサンプルにくらくらしたし、どれを選んでいいものやら見当がつかなかったのだ。
「どれでもいいよー。まかせる」と姉に言うと、「なんとなく好きか嫌いかで選んでいいんだよ」と言われて、私は目からウロコの気分だった。
『好きか嫌いかで選んでいいものなんだ!』
たぶん、私はこの時「正解」があってそれを選ばなければいけない、というプレッシャーを感じていたんだと思う。
それが「自分の感覚で選んで良い」と言われて、ビックリしたんだろう。

感覚的なものは劣っていて、論理的なものが優れているという意識が私の中にはある。
そして私は理屈が苦手である。論理的になれない。
したがって私は劣っている、という結論にいつも至ってしまうのだが、きっとそんなことはないんだろうなー。
って、アタマでは分かっているんだけど、すとんと腑に落ちていなんだよな。
んーーー。

何を書こうとしたのか分からなくなってきたが、「好き」「嫌い」・「快」「不快」というような基本的なことさえも、なんだか私は抑圧しているみたい。

画像はお土産にいただいた小皿。らぶりー♪

「告白」
2010年06月16日 (水) | 編集 |
ようやっと観てきた。
いやー…。すごいよ。
内容が内容なだけに、気軽にお薦めできる映画ではないのだけど。
残酷なシーンが美しいのだよ。
これがR15指定になったのって、このせいじゃないかと思った。
キャスト、ドンばまり。
生徒役もはまってる。(でも中1にしては大人っぽいコが多すぎるかな)
原作をすごくうまーーく映画化していた。
2時間があっという間。
中島哲也監督、おそるべし。
充分怖い映画なのだけど、私は原作の方が怖いと思った。
映画は…原作に比べて、まだ救いがあるように見えたから。
原作は本当に救いがないもんなー。
エンドロールが終わるまで観客の誰もが席を立たなかった。
あんだけ緊張感漂う映画も珍しい。
いやー…。すごいよ。
きっとテレビでは放映しないだろうから、映画館で観るべし。

久しぶりのご対面…
2010年06月15日 (火) | 編集 |
冷蔵庫に野菜をしまおうとしたら…
久しぶりのゴキ○リに遭遇。ひええええっ!
私も慌てたが、彼(彼女?)も慌てたらしく、隠れるでもなくオドオドしている。
すかさずゴ○ジェットを噴射!
すると、冷蔵庫の下に隠れた。
更に噴射!!
ドキドキしつつ、情勢を見守る。
…変化なし。冷蔵庫の下で果てたか?
でもいいの。目に入らなければ。
しばらくの間、空良くんと海大にーちゃんが冷蔵庫の下を凝視していた。
なにか感じたのだろうか…。
はー、会いたくないモノに会ってしまった。
コン○ットを購入せねば。

「くるねこ」のアニメが、ついに関東でも放映されることに!
やったー! 嬉しい! …と喜んでたら、
声優が小林聡美から中谷美紀にバトンタッチするんだって。
えーーーーーー。
小林聡美の声が良かったのにー。
いや、中谷美紀も大好きな役者さんだけどさー。
むむむ…。ちとショック。
どうかなー、くるねこに合うかなー。うーん。頑張って欲しい。

梅雨入り・なめ茸
2010年06月14日 (月) | 編集 |
70ef6241.JPG今日から梅雨入り。
今年はすごく分かりやすい梅雨入りだなー。
雨が降ると、なんだか眠くて仕方なくなる。
気温が低い日も。
そんなわけで、今日は一日眠かった。

<なめ茸>
①えのきだけを3等分くらいに切る。
②鍋に①を入れ、酒・みりん・砂糖・醤油・かつおだし・酢で煮る。適度なとろみまで煮詰めて完成。
…なんとなくこんな感じかなーと思って作ったら、瓶詰めなめ茸にかなり近い味にできた。
至極簡単。えのきだけが安い時に作っておくと、丁度いいご飯のお供になる。

梅酒
2010年06月13日 (日) | 編集 |
6fe9cef9.JPGそんなわけで、梅酒を漬けてみた。
<梅酒>
①青梅1キロのへた?軸?を竹串の先で取る。簡単に取れて、すごく楽しい!
②瓶に①を入れ、その上に氷砂糖0.5キロを入れて、黒砂糖0.2キロも入れる。
③ホワイトリカー1.8リットルを②に注ぎ、漬け込み終了。1年たつと美味しくいただけるのだそうな。
…どのレシピも大差なかったので、これがオーソドックスな作り方なんだと思う。
コクのある梅酒が好きなので黒糖を入れたが、普通は全部氷砂糖で漬け込む。
砂糖が溶けきるまでは、時々瓶を揺すってあげる必要があるらしい。
1年かけて完成ってのが、すごく楽しい。なんか、心が豊かになる気がする。
この梅酒が飲めるようになる頃、私は何をやっているのかなー。

画像は漬け込み直後の梅酒。やっぱり海大にーちゃんがスリスリしてる。

アクティングセラピー最終回・らっきょうその後
2010年06月12日 (土) | 編集 |
b37424a8.JPG今日はアクティングセラピー最終回だった。
全5回。
まずは全部に出席できたことが素直に嬉しい。
ASOBO第4期は中退しちゃったからね。
やっている最中はしんどいこともあった(というか毎回しんどかった)が、終わってみるととても楽しかった。
もっとやりたい…。
決断を先延ばしにしていたが、
ASOBOの第5期に参加するか、これからじっくり考えようと思う。
参加したい気持ちは、正直ある。
が、第5期は今年7月~来年10月と期間が長い。
来年3月までは休職している予定なので問題なく参加できると思うが、4月以降復職してからの自分の状態(特に精神状態)が分からないので不安が大きい。
また、復職した場合9月末に文化祭があるため、ASOBO修了公演の稽古に出席できなくなるのではないか…また修了公演に参加できずに中退することになるのではないか…と思うと、それも怖い。
気持ちと現実の天秤ばかりである。
6/25が応募締め切りなので、それまで考えてみる。
締め切り日は私の誕生日だ。ついでに父さんの命日。
これも何かの縁かなー。

さて。
先日漬けたらっきょうを、薄い濃度の塩&酢&砂糖水に漬け直した。
冷蔵庫に入れられるように、小さめの瓶に移しかえつつ。
これで2週間ほどで食べられるらしい。
かなり楽しみ。
大きい瓶が余ったので、今度は梅酒を漬けようかと思っている。
これまた楽しみ。

『モノレールねこ』
2010年06月12日 (土) | 編集 |
8bbab72b.JPG加納朋子の『モノレールねこ』(文春文庫)を、ようやく読み終わった。
ようやく、といっても決してつまらなかった訳ではない。
むしろ先を読みたくてうずうずしていたのだが、病院の待ち時間のお楽しみとしてあえてとっておいたのである。
さて。
久しぶりの加納朋子作品。今回は「日常ミステリ」ではなかったが、あいかわらず人の細やかな気持ちを描くのが上手な作家さんだと思った。
大げさな事件が起こるわけではない。
でも当事者にとってはとても大切な、だいじな小さな出来事。
それを優しい視点で、重くならずにユーモアを交えて描いている。
全部で8編のショートストーリイ。どれも素敵。
特に「バルタン最期の日」がたまらなかった。
解説にもあったが、まさかザリガニに泣かされるとは…。
そして、やっぱり加納朋子作品の表紙はとても美しいのだった。
はー、読み終わっちゃった…。また何か文庫を探さねば。

うつ病経過報告&糖尿病経過報告
2010年06月11日 (金) | 編集 |
4週に1度のクリニック。
こないだの不調を話した。
「きっかけは何か思い当たりますか?」と訊かれ、そういえば眠剤を飲み忘れて眠れなくて凹んだことかも…と思った。
「飲まなくても大丈夫になりますから、今はちゃんと飲みましょうね」と笑われた。
車で少し遠出をすることを勧められた。
<現在の薬>
・ミルナシプラン25㎎2錠…朝・夜(抗ウツ薬)
・マイスリー5㎎1錠…就寝前(睡眠薬)
・デゾラム1㎎1錠…就寝前(精神安定剤)
薬の質・量ともに、変化なし。次回4週間後。

次に糖尿病病院へ。
先生に「いい調子だね!」と言われて、嬉しい。
なんか、もうじき新薬が出るらしい。
今はインスリン注射を朝・昼・夜・就寝前に打っているが、その新薬だと1日1回注射するだけで血糖値が高い時にインスリンと同様の効果が出るらしく、食欲抑制の効果もあるらしい。へー、すごい。
7月からそれに切り替える予定のようである。ちょっと楽しみ。
<現在の薬>
・メトグルコ250㎎3錠…朝・昼・夜の食前(血糖を下げる薬)
・アクトス15㎎0.5錠…朝の食後(血糖を下げる薬)
・ノボラビッド注フレックス…朝・昼・夜の食直前(血糖を下げる注射薬)
・レベミル注フレックス…就寝前(血糖を下げる注射薬)

バンバンジー進化系
2010年06月10日 (木) | 編集 |
91c9cdb0.JPG先日アップしたバンバンジーレシピ。
実は更に進化を遂げている。
今回はサラダ仕立ての冷製パスタにした。
<バンバンジーサラダ冷製パスタ>
①鶏胸肉(今はこれがお気に入り)を大きめに切って鍋に入れ、酢を入れて手で揉み込む。しばらく放置。
②①に水をひたひたに加えて、茹でる。火が通ったら火から下ろし、冷めるまで放置して肉を取りだし、手で細かく裂く。
③ごまだれを作る。ねりごま・砂糖・醤油・酢を同量ずつ入れてよく混ぜる。おろしにんにくとおろし生姜を少量と、豆板醤を加えて完成。②を入れて混ぜておく。バンバンジー完成。
④パスタを塩水で茹で始める。
⑤レタス・きゅうりの千切りを皿に敷く。
⑥ボールにオリーブオイル・塩・トマトの角切り・大葉の粗みじん切り・③のバンバンジーを入れて、混ぜておく。青じそノンオイルドレッシングを少し加える。
⑦パスタは柔らかめに茹で、冷水にとってしめる。⑥に加えて和える。
⑧⑤の皿に⑦を高くなるように盛りつけて完成。
…鶏胸肉に酢を揉み込むと柔らかくなると聞いて実践。確かに柔らかくてしっとり! 
だけど茹で汁に酢の味がつくので、スープに転用ができないのが残念。
手順が多く見えるが、バンバンジーだけ先に作っておけばすぐにできる。
レタスときゅうりはパスタに絡みやすいように、極々細ーい千切りにするのがポイント。
パスタを入れないでバンバンジーサラダとして食べても美味しい。

鶏胸肉は安くていいなー。100グラム70円くらい。安い時は1キロ298円で売っていた。

大丈夫
2010年06月09日 (水) | 編集 |
お茶のお稽古にも行けたし、
その勢いでお風呂にも入れた。
もう大丈夫。浮上できる…きっと。

二十億光年の孤独
2010年06月08日 (火) | 編集 |
という題名の詩があった。谷川俊太郎さんの。
内容は忘れてしまったが、今日はこんな気分。
一日中家にいて、寝て、起きて、食べて、また寝て。
外界との接触を断っていると、本当に自分が生きているのか分からなくなる。
我が家という惑星が大宇宙にぽつんと漂っているような気分になる。
誰とも関わらず、社会に貢献もせず、生産的なこともしない毎日。
これで果たして生きているといえるのだろうか。
私が存在する意味はあるのだろうか。

途方に暮れるほど孤独だ。

なんかイマイチ
2010年06月07日 (月) | 編集 |
低調である。
ジャンキーなものが食べたくなって、スナック菓子とかアイスとかチョコとかドカ食いしたり。
お風呂に入れなかったり(入らなきゃと思って湧かすんだけどふんぎりがつかない)。
カーテンが開けられなかったり。
激しく鬱ではないのだけど、精力的に料理していた時とは気分が全く違う。
なんか…ダメだなぁ。

小松菜と厚揚げの炒め物
2010年06月06日 (日) | 編集 |
aa303384.JPG小松菜が安くなって、嬉しい。
野菜の値段が少し落ち着いたのかな。
<小松菜と厚揚げの炒め物>
①小松菜は5㎝程度に切る。厚揚げは横半分にしてから、幅8㎜くらいに切る。
②フライパンににんにくスライスとオリーブオイルを入れて火にかけ、香りが立ったら厚揚げを入れて炒める。
③厚揚げに焦げ目がついたくらいで小松菜を入れて炒める。塩コショウで味付けし、完成。
…簡単でボリュームのある一品。
小松菜といえば煮浸しかお雑煮くらいしかレパートリーのなかった我が家で、これが登場した時は衝撃だった。小松菜って美味しいじゃん!と思ったものである。

最近、まったく外食していないなー。
ますます引きこもっているような…。

そうかー
2010年06月05日 (土) | 編集 |
1314e64e.JPG昨晩は久しぶりになかなか寝付けなかった。
午前1時にベッドに入ったのだが、いつまでたっても眠れない。
「大丈夫、いつか眠れる!」と目を閉じてゴロゴロしていた。
ようやくうとうとしてきたら、風花さんが猛烈な勢いで起こしてきた。
鳴く、乗る、すり寄る、甘がみする…。
わかったよう! 起きるよう!
猫たちにエサをやって時計をみると、まだ午前4時。
もう一眠りしようとしたが、眠れない…。
しかたない。本格的に起きてリビングでしばらくぼーっとしてから、朝食を作った。
さーて、食前の薬をのむか…とふと見ると、机に眠剤が残されていた。
ってことは、なに、昨日は眠剤を飲み忘れたわけか。
で、あんだけ眠れなかったのか。
そーかそーか、なるほどねぇ。
しかし、あれだけ長時間眠れるようになったというのに、まだ眠剤なしでは眠れない体なんだなーと分かって、なんだかがっくり。
だいぶん調子が良かったから自分の脳みそを過信していたよ。
まだ私は病人なんだねー。はあ。

画像はしつこい風花さん。なんでこのヒトこんなにえらそうなんだろう…。

ニョッキの空豆チーズクリームソース・鶏肉とごぼうの梅肉和え
2010年06月04日 (金) | 編集 |
0a9f3546.JPG…お料理ブログへの道、まっしぐら(笑)
今日も娯楽にいそしんだ。

<ニョッキの空豆チーズクリームソース>は、『男子ごはん2』のレシピを参考。
普段ならじゃがいもの皮はむかないのだが、ニョッキ初挑戦なのでピーラーでむいてみた。
ら、勢い余って左手の小指を切ってしまった! いーたーいー!!
ピーラーおそるべし。たかが皮むき器だと、あなどっちゃいけやせん。
生クリームを買うのが面倒だったので、牛乳を使用。代わりに、コクを出そうとピザチーズを入れたら…分離した。ひえー!
ニョッキは、『まだ柔らかいかなー?』と小麦粉を分量以上に入れて練りすぎたため、極めて歯ごたえのあるものに。讃岐うどん以上のコシ。
いやー、今回は失敗失敗。でも味は良かったよ。
手間のかかる料理だったから、長時間楽しめたしね♪

<鶏肉とごぼうの梅肉和え>
①鶏もも肉を茹でる。茹で上がったら、そのまま放置して冷まし、細切りにする。
②ごぼうは薄い斜め切りにして水にさらす(あく抜き)。その後、水気を切ってレンジでチン。
③梅干しの種をとって、実を包丁で細かく叩く。大葉は千切りにする。
④ボールに①②③を入れて、塩コショウ・酢で味付けして和える。完成。
…久しぶりに作ってみたけど、これ美味しいわー。
これに限っては、胸肉ではなく是非もも肉で。ごぼうや大葉が香り高いので、鶏肉も濃い味の方が合うと思う。
今回は大根を千切りにして塩もみしたものも加えた。
ごぼうのシャキシャキとぷるぷるの鶏肉が、梅肉と酢でさっぱり食べられる一品。