FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
カツオと野菜の甘酢炒め
2010年07月31日 (土) | 編集 |
P7301345そんなわけで、カツオである。
<カツオと野菜の甘酢炒め>
①カツオ1作は1㎝程度の薄切りにし、酒・醤油・おろし生姜・おろしにんにくを混ぜたものに漬け込む。
②なすは縦半分に切ってから斜め薄切り、玉ねぎは細いくし切り、にんじんは短冊切り、にらは3㎝程度に切っておく。
③合わせ調味料を作る。水・酢・醤油・オイスターソース・砂糖・ラー油・塩・片栗粉を混ぜておく。
④フライパンに多めの油を熱し、①に片栗粉をまぶして炒め揚げにする。こんがり焼き色がついたら、一旦皿によけておく。
⑤同じフライパンで、にんじん→なす→玉ねぎの順で炒める。
⑥⑤に④とにらを加え、③を回しかけて和えてすぐ火を止める。完成。
…酢豚のカツオ版といった感じかな?
カツオに下味をつけるのがポイント。野菜やたれと混ざって、美味しい。
玉ねぎは歯ごたえを残すくらいに炒めた方がいいかも。なすが美味しいよー。

買いもの日和
2010年07月30日 (金) | 編集 |
P7301342ネットオークションというものに初めて着手した。
大人っぽい半幅帯が欲しいなー、博多帯とか、って思ってたのよね。
したら、オークションでいい感じの半幅帯が出てるじゃないの。しかも3本で1500円って、なにこの値段!
落札できるか分からんけど、まあ試しに入札してみるかー。と気軽な気持ちで入札。
1回だけ別の人と競ったけど、結局1700円で落札。
その半幅帯が今日届いたのだが、これが予想以上に良かった!
白い博多帯は浴衣にピッタリだし、ざっくりした織りの帯は普段使いに使えそう。
リサイクルものなので多少糸のほつれや汚れがあるけど、締めちゃえば分からない程度。
よっほ~、いい買い物したぜー!
来年度から着物を着て学校に行こうと考えているので、活用したいと思う。
オークション、結構いいかも~♪

いい買い物といえば、今日はカツオの半身(2作)が398円で売っていた。
普段の半値。このスーパーの鮮魚は間違いなく美味しい。これは買いだ!
で、勢いで買ったはいいが、タタキにして食べるのはもう飽きた。
なので、1作はユッケにして、もう1作は甘酢炒めにしてみた。
レシピは明日~。

画像はその半幅帯。

タコス2
2010年07月29日 (木) | 編集 |
f038ce95.jpg以前作った時とほとんど同じレシピ(2010/5/30&31参照)。
しかし、今回は皮が違う!
蒸しトウモロコシをフードプロセッサーでピューレ状にして、加えたのだ。
もともとのレシピに「コーンミール(トウモロコシの粉)」を加えるように書いてあったのだが、ウチの近所のスーパーではどこにも売っていなかった。
なので、小麦粉だけで前回は作った。それはそれで美味しかったのだけど。
でも最近スーパーにトウモロコシが出回っているのを見て、「これでいいじゃん!」とひらめいたのだった。
いや、これが、めちゃうま。
トウモロコシ入りの方が、断然美味しい!
夏の間にぜひお試しを。

皮の材料がなくなったので、残ったチリ肉とサルサソースでタコライスにして食べた。
ご飯→レタス→きゅうり→チーズ→チリ肉→サルサソース
これを、食べる時にがーーーーっとかき混ぜて食べる。
…美味しいじゃん。
ご飯に生野菜とチーズというのが、意外に好相性。
タコスとは別物だけど、タコライスもいけるっす。

梅と鶏のそうめん
2010年07月28日 (水) | 編集 |
65dc0b08.jpg昨日食べたそうめんレシピ。
茹で鶏を作ったら、そのスープを活用しよう!
<梅と鶏のそうめん>
①茹で鶏のスープに酒と塩で濃いめに調味。きゅうりの細切りを入れて軽く煮込み、氷を入れて冷やしておく。
②茹でて冷水でしめたそうめん(1人前1把)を器に盛り、①をかける。茹でて裂いた鶏肉をのせる。
③薬味(小ネギの小口切り・しその千切り・茗荷の千切り・三つ葉など)をたっぷりかけて、梅干しをのせ、いりごまをふる。完成。
…①で濃いめに味付けするのは、氷が溶けることを見越して。あらかじめ作って冷蔵庫で冷やす時間があれば、味付けは濃くしなくて良い。
とにかく薬味をたっぷりと。梅干しを崩しながらいただく。
食欲のない時に、サラサラと食べられてgood。

せっかく購入した「小豆島そうめん」と「半田そうめん」に、まだたどり着けない。
買い置きのそうめんをとっとと消費しなければ…。
しばらくそうめんレシピが続くかも。

飲み会
2010年07月27日 (火) | 編集 |
昨日・今日と、一日中寝ていた。
ものすごく眠いというよりは、脳みそがストップしていて、ただ時間が過ぎて欲しかった。
エアコンをかけながら寝ているせいか、全身がだるい。
食欲もなくて、かき氷程度しか食べられない。
…けど、これじゃいかん!と思った。
湯船をはって、ゆっくりお風呂につかった。
ちびっとだけど、そうめんを作って食べた。
ものを食べると、元気が湧いてくる気がする。
食欲なくても、食べなきゃだね。

夜は親友と神保町で飲んだ。
この飲み会は2週間前に設定したものなので、まさか間にあんなビッグイベントが入るとは思ってもみなかった。
そんなわけで、思いがけず親友と連日会うことになったのだ。
自然と、先日のお通夜と葬儀の話になり、彼女の話になり、お互い涙目になりながらガンガン酒を飲んだ。
アイツは徳が高すぎたから今生での修行を早く終えてしまったのかも知れない、という結論になった。
ダンナに「生きて」と言われたという話をしたら、親友に「今回のことで、もうみやじは死ねなくなっただろうな、と思った」と言われた。
わははー。強力なストッパーだなー。
久しぶりに酔うまで飲んだ。

BUMP OF CHICKENの「ラフ・メイカー」が最近沁みる。

鶏ハムとそうめん
2010年07月26日 (月) | 編集 |
2f79d1b5.jpg昨日は10時には限界がきて、ベッドに潜り込んだ。
で、今朝は3時起床。なんだかなー。
二度寝をしようとしたのだが、心臓がバクバクして目が冴えている。
仕方ないので、漬け込んでいた鶏肉で鶏ハムを作った。
<鶏ハム>
①鶏胸肉の厚みがあるところに切り込みを入れ、開いて厚みを均等にする。
②水400cc・塩小さじ3杯・砂糖小さじ1杯・重曹小さじ1杯をボールに入れてよく溶かす。コショウやタイムなど好みのハーブも入れる。そこに①を漬け込んで、ラップを密着させておく。
③2日間漬け込んだ②の水気をしぼって、円筒状に巻き、ラップで包み込む。ラップがはがれないように、凧糸でグルグル巻きにする。(焼き豚風に)
④③を茹でる。途中でラップが膨らんで破裂しそうになったら、ようじでつついて空気抜きする。茹で時間は10分ほど。放置して冷ます。完成。
…我ながら、こんな時間に何やってるんだろ、とか思った。
食欲がないのでちびっとだけ味見をしたが、結構いい出来だった。
漬けて茹でるだけなので簡単。鶏胸肉が安売りしていた時に作る。

「小豆島そうめん 島の光」と「半田そうめん」が届いた。
結局、買ったのだった。わはー。

告別式
2010年07月25日 (日) | 編集 |
昨日の大人数にびっくりしたので、お手伝いの人数を増やしてスタンバイしていたら、告別式は100名程度だった。それでも充分大人数だけど。
今日も仲間たちの働きっぷりは見事だった。
出棺の際、受付場所に残ろうとした私を「おまえが行かないでどうするんだ!」とみんなで背中をおしてくれた。
その時、一番泣けた。
たぶん私は、彼女を見送りたくなかったんだと思う。
受付の仕事に忙殺されているふりをしたかったんだと思う。
あーあ。いっちゃった…。

葬儀のあと、劇団仲間で食事会をした。
これはダンナの心遣い。みんなで彼女の思い出話でもしながら、賑やかに偲んでくれと、食事代を託されたのである。
何世代にも渡るメンバーで、3時間ほど集った。
懐かしいバカ話をして、笑って、笑って、解散した。

一人になって車を運転しながら、ここ数日のことを思った。
仲間への感謝の気持ちと、今回の役割を与えてくれたダンナへの感謝の気持ちと、久しぶりにみんなを引き合わせてくれた彼女への感謝の気持ちと、ないまぜになって涙が止まらなかった。
こんな時に、感謝の気持ちばかりが湧いてくるのは、彼女のパワーだと思った。
たまらなく、イイヤツだった。
ありがとう。

お通夜
2010年07月24日 (土) | 編集 |
私はダンナから受付リーダー役を仰せつかっていた。
大学時代の劇団仲間が、たくさんお手伝いに来てくれた。
最近会った顔も卒業以来で会った顔もさまざまだけど、会えばすぐに当時の関係に戻る。
葬儀社の方からレクチャーを受けて、役割分担を割り振り、配置につくと、さっそく弔問の方々がいらっしゃった。
ご親族、ママ友達、職場の同僚、教え子、などなど…。
300を超える人々が、彼女の見送りに来てくれた。
仲間たちの仕事ぶりが素晴らしく、これほど大人数の弔問客がいらしたのに、とてもスムーズに仕事をこなすことができた。
感謝。

会場に後輩2人が泊まっていった。
ダンナと息子たちを残して帰宅するのが心残りだったので、彼らが残ってくれてとても有り難かった。
感謝。

同期の2人が我が家に泊まっていった。
一人になるのがつらかったので、とても有り難かった。
感謝。

…ぎりぎりまで痛みを我慢して、自分で救急車を呼んで病院に行ったんだってさ。
バーカーヤーロー。

寝顔
2010年07月23日 (金) | 編集 |
「今ウチに帰ってきてるから、時間があったら来ないか?」とダンナから誘われて、彼女に会いに行ってきた。
きれいな服を着て、きれいに化粧して、まっ白な棺に寝ていた。
組んだ手に数珠が巻かれていなかったら、寝ているとしか思えない。
ダンナの両親と妹と、彼女の弟と、私の知らない人たちが来ていて、お酒を飲みながら談笑していた。
酔ったダンナが饒舌で、痛かった。
久しぶりに会った弟が「ずいぶん最後まで頑張ったみたいです。頑張って、何でも自分で背負い込んで、我慢する人だったから…」と言った。
そうだ、彼女はそういう人だった。
狭い部屋にたくさんの人がいて、あんなに賑やかなのに、彼女は起きない。
違和感を感じた。

私、やっと実感してきたみたいだ。
とにかく、明日と明後日の儀式をちゃんとこなそうと思う。

大事な友達
2010年07月22日 (木) | 編集 |
今日の午後3時頃、大事な大事な友達が虹の橋を渡っていってしまった。
数年前から癌で闘病しているというのは知っていたから、覚悟はしていたはずなのだけど、こんなに早く逝ってしまうなんて思わなかった。
ちょうど昼頃、彼女にメールしようかと思ったところだった。
あの時、私のところに来ていたのかも知れない。
ダンナも息子たちも、大事な友達。
今後、手伝えることがあれば何だってやろうと思う。

おつかれさま。よく頑張ったね。
あなたに会えて本当に幸せ。
どうもありがとう。

名水点て
2010年07月21日 (水) | 編集 |
今日のお稽古は、夏場のお点前「名水点て(めいすいだて)」をやった。
水差しにしめ縄がはってあるの。見た目にも涼しげ。
特別な美味しい水がその中に入っている、というわけ。
普通の濃茶点前の前に、水だけをふるまうのが特徴。
夏にしかやらないお点前なので、季節感を充分に感じることができる。
先生のお着物は、紫の総絞りで大きめの麻の葉柄。
帯は白い絽つづれ。夏だなー。

茶碗や茶杓の御名(ごめい)を訊かれるのだが、季節に合った名前を言わなければいけない。
夏…入道雲、蝉、麦わら帽子…と考えていたら、涼しいもので考えた方がいいとのこと。
なーるーほーどーねー。
暑い時期に暑いモノを言われても、イメージからして汗が出るもんね。
ちなみに先生がおっしゃったのは、石清水、氷室、滝の音。涼しい!
この、季節の御名でドンピシャのが浮かぶとすごく嬉しい。
桜の時期に「吉野山」とか、紅葉の時期に「竜田山」とか。
和歌の世界に通じるところがあるなー、と思っていたが、なんとお茶席によっては和歌を披露しなければいけないものがあるのだそうだ。
ほえーーーー。
お茶の世界は奥が深いなー。

最近、白地の浴衣が気になる。白地の古典柄。
それに、大人っぽい半幅帯。カラフルじゃないの。
夏着物としても着られるような、できれば織り地の凝ったのだといい。
欲しいなー。

うはー
2010年07月20日 (火) | 編集 |
昼過ぎに、もと中学演劇部の生徒から電話をもらった。
去年の文化祭時期に立て替えたお金を、まだ受け取っていないという。
申し訳ないことに、記憶を探ってみても支払ったかどうか思い出せない。
学校の自分の席にいけば確認できる、と思ったので、同僚たちが帰宅した頃を狙って研究室に行ってみた。
結論からいうと、部費関係一式は別の顧問に丸ごと預けてあった(そういえば年度末に託していた)ので、確認することはできなかった。
その顧問に事情を話して確認してもらうことにした。

で、その件は解決したのだけど。
ちょっと研究室の机を見て、うるっときてしまったのだよ。
年度始めからの配布資料が、全部机の上に置かれていた。
1年間私はいないってことを、分かっているのに。
卒業アルバムや卒業文集と一緒に、副担任をやっていたクラスの生徒からの寄せ書きが入っていた。
自分が確かにここにいたんだということと、戻ってくるのを待っているよというメッセージを感じた。
有り難い。

帰宅して山のような資料たちに目を通した。
なんとなく、この1学期間の流れのようなものが見えた気がした。
読みながら妙にドキドキしたのだが、4月からはここに戻れるように頑張ろうと思った。

タコスが食べたい! また作ろうと思う。

ものすごーく眠い
2010年07月19日 (月) | 編集 |
朝起きて、朝食食べて寝て。
昼起きて、昼食食べて寝て。
夜起きて、夕食食べて…現在に至る。
なんだか、無性に眠い1日だった。
何かを達成した夢をみたのだけど、細かいことは覚えていない。
でも、目覚めた時に達成感があるというのは気持ちよかった。

夏ドラマ、チェックしているのは以下。
「ジョーカー」「うぬぼれ刑事」「ホタルノヒカリ2」「GOLD」「モテキ」。
「モテキ」お薦め。TV東京の深夜。やっぱりテレト・マニアな私。

世間様は明日終業式で、明後日から夏休みなんだろうなー。
それにしても暑いね…。

忘却の人
2010年07月18日 (日) | 編集 |
OL時代の友達2人と、上野で飲んできた。
1人は先日10年間勤めたバイト先をクビになり、今度はディ○ニーシーで働くらしい(40過ぎでも働けるんだねー)。
もう1人は3人の娘の母親で、パートでオークションの仕事をしているらしい。
そして、現無職の私。
不思議な取り合わせである。
それぞれ今は異なる世界で生きているんだけど、バカ話して、笑い合って、非常に楽しかった。
自然とOL時代の昔話になるわけだが、人物名やら事件やら、私はことごとく記憶にない。
もう、きれいさっぱり。
「え? 何それ?」「そんなことあったっけー?」と反応するたび、二人で顔を見合わせてゲラゲラ笑う。
「忘却の人だよー!」「デジャヴュだ、デジャヴュ!」とゲラゲラ。
昔から記憶力には自信のない方なのだが、彼女たちいわく、気持ちいいくらいすっぱりと忘れている!のだそうだ。
こうして毎年大笑いされる。ま、いいんだけどさ。
私に言わせれば、いちいち全部記憶しているあんたらの方が不思議だっつーの。
それにしても、OL時代の私はいい加減な仕事っぷりだったようである。
「あんまりにも眠そうで、係長に『仮眠室で寝てきていいよ』って言われてたじゃん」
「そうそう、仕事中に船漕ぐ人って初めて見たよー」
「ちびた赤鉛筆の先をコレクションしてたよね」などなど。
そ・そうだったの??? 全然記憶にないんだけど。
私、もうちょっとちゃんと働いてたと思うんだけどなー。
けど、なんか自信ついた。
いい加減にもなれるんだ、私。根っからのクソ真面目人間じゃなかったのね。
なーーーーーーんだ。良かった。

ASOBO塾第5期スタート
2010年07月17日 (土) | 編集 |
b87cdc1d.jpg今日は開講式と第1回目の講座だった。
第4期メンバーのほとんどが第5期に参加していて、知っている顔ばかりで頼もしい。
久しぶりに会ったので、テンションも上がる。
なんか、嬉しい。

けど、第5期から初参加の方たちに対する配慮がなかったかなー?と反省している。
去年の自分を思えば、すごく緊張していたし、みなさんと仲良くなれるか不安だったし、あちこちに気を回して大変だった。
すでに出来上がっている人間関係に入っていくのに、ものすごく勇気がいった。
そんな中で、先にASOBO塾に参加していた先輩に声をかけてもらって、すごく嬉しかった。
今日の私は、自分ばっかり楽しんじゃって、初参加の方たちに気を回すことをしなかった。
もっと声をかけたり、話をしたり、お茶に誘ったりするべきだったんじゃないかなー、って。

けど、そんなことまで気を遣わないで、自分が楽しめばいいんじゃん?とも思う。
そういうことばかり考えるから、自分がつらくなっちゃうんだよ、って。

どうなんだろうねー?
どっちが正解ってこともないんだろうと思うけど。

画像は暑さでのびている咲夜さん。「あちゅいでしゅ…」

豚肉となすとピーマンの炒め物・「ハウルの動く城」
2010年07月16日 (金) | 編集 |
87d975ab.jpg実家の夏の定番。
<豚肉となすとピーマンの炒め物>
①豚肉・なす・ピーマンを、それぞれ一口大に切る。
②フライパンを熱し、豚肉を炒める。肉の色が変わったら、なす・ピーマンの順に入れて、炒める。
③②に砂糖を入れて炒め、味噌を入れて炒める。完成。
…夏のお昼といえば、この炒め物とそうめんだった。
砂糖を入れると浸透圧で材料から水分が出る。その水分で味噌を溶きながら炒める感じ。
テフロンフライパンだったら、油をひかなくても豚肉の脂で充分炒めることができる。
美味しいよ♪

「ハウルの動く城」を久しぶりに観た。
うん。最近の(って言っても2004年の映画だけど)ジブリ作品の中では、けっこう好き。
なんといってもカルシファーが可愛い。なんだかんだいって、ハウルはかっこいいし。
しかし、あのスライムのようなドロッとしたモノの描写ってのが、どうも好きになれない(ハウルが、髪が染まって落ち込んだ時の様子とか)。不必要に不気味なんだけど。
あと涙の表現も、不必要におおげさで好かん。ジブリは好きだねー、どびゃーっと涙を流させるのが。
とか文句をつけているけど、胸きゅんもので好きよ。
来週は「となりのトトロ」をやるらしい。トトロはいいよねー、大好き。

「クライマーズ・ハイ」「ジャージの二人」
2010年07月15日 (木) | 編集 |
「クライマーズ・ハイ」
…1985年8月12日に起きた日航機墜落事故を、新聞記者という立場から描いた作品。
あまりにも濃密な1週間。横山秀夫原作(たしか「臨場」の人じゃないかなー?)。
ものすごい緊張感。そしてハイスピードな展開。
いやー、ドキドキの2時間だった。ほえーーー。
もちろんこの事故のことは覚えている。あまりにもショッキングな事故だった。
しかし、報道する立場の人たちがどんな風にこの事故と向き合っていたのかなんて、当然知らなかった。
プロとしての美意識。どうしても譲れない何か。
ギリギリでの駆け引き。興奮。
様々な想いが交錯して、螺旋を描いて上昇していく。
まるで竜巻のような映画だった。
昨日観た芝居といい、実際の事件を扱ったものは心臓に悪い。
面白いと言っていいのか分からないが…ぐいぐい惹きつけられたのは確か。
「クライマーズ・ハイ」は、この映画より先にNHKがドラマ化しているらしい。今度それも観てみようと思う。

「ジャージの二人」
…うはー、ゆるーい! ゆるゆるムービー。
「クライマーズ・ハイ」を観た後にこれかよっ!と、自分でツッコミを入れてしまったよ、思わず。
この映画は、お互いの妻と上手くいってない父と息子が、軽井沢の山荘でだらだら過ごす作品(笑)…いいのか?こんな説明で。
ほとんど事件らしい事件はなにも起こらない。
ほのぼのとした、ゆるゆるとした、時間。
画がオカシイんだよなー。爆笑すること数回。
鮎川誠、役にはまりすぎ。ものすっごく自然で天然。

たまたまなんだけど、「クライマーズ・ハイ」にも「ジャージの二人」にも堺雅人が出てた。主要な役で。
おいおい、あまりにも違いすぎるだろー、堺雅人!
ま、どっちが好みかといえば、ゆるゆるの方が好きなんだけどね。
この役者さんは、コメディーの時の間の取り方が絶妙。

今回はDVDを借りなかった。
まだまだ観たい映画はあるんだけどね。ちょっとお休み。

「ザ・キャラクター」
2010年07月14日 (水) | 編集 |
NODA・MAP 第15回公演。当日券に並んで、立ち見で観た。
いやー…すんごい芝居だった。
言葉と文字と映像が襲ってくる…。
なんじゃあ、こりゃあ!と思った。

あのねー、正直言ってこの芝居ワカランです。
ワカランものが波のようにどんどんどんどん押し寄せてきて、
理解不能なままに津波に飲み込まれていく。そんな感覚だった。
そういや昔、夢の遊民社を観た時もこんな感覚だったなぁ。
そういう意味では、野田芝居は変わらないのかもしれない。
けど、今回の野田秀樹は昔の野田秀樹よりキビシイな、と思った。
甘やかさない。優しくない。つきはなした、厳しさ。
父性のような。
だから、野田芝居は変わったんだと思う。
「今」じゃなきゃやれないし観られない芝居だったと思う。
この時代の、日本という国の、ある程度の年齢以上の、日本人のための芝居。
そんな気がした。

帰り道、ずーっと「私は何を感じたんだろう?」って考えていて、
結局 腑に落ちる言葉がみつからない。
ワケワカランままである。
じゃあ、この芝居が不快だったのか?ってーとそんなわけじゃなく、
麻薬のような快感がある。
毒がまわっているのかもしれない。
野田秀樹、おそるべし。

芝居ってのはホントに生もので、瞬間的なものだ。
刹那なものだ。
だから、この時代にこの場所で出会えた奇跡を有り難く思う。
一期一会だねー。まったく。

太陽光発電
2010年07月13日 (火) | 編集 |
813a3974.jpg前から興味はあったのだけどね、やることにした。
ウチが発電所になるんだよー。
わくわく。楽しみ。
オール電化にはしないけどね。
試算したら、ガスの方が安かったから。
いずれはリビングを床暖房にしたい。
さーて稼がなきゃ、だな。
4月からは、ちゃんと働こう。

あ、以前みつけた「重曹を使った鶏胸肉柔らかレシピ」を試してみた。
http://cookpad.com/recipe/489781
確かに、すっっごく柔らかくなる。
このレシピの下ごしらえをした後茹で鶏にしたのだけど、トゥルットゥルの口当たりになる。肉の色もピンク色でキレイ。軽く塩味もついてるし。
けど。
私的には「ハムっぽい」という感想なのだな。なんかちょっと人工的っていうか…。
個人の好みによると思うんだけど、私はその人工っぽさが少々嫌。
でも、胸肉のぱさつきが嫌いという人は試してみる価値があると思う。

画像は、未だにマイブームの「きなこみつかん」(きなこ+黒蜜+寒天)。
ウイスキーグラスに入れて食べるのが好き。

そうめんジプシー
2010年07月13日 (火) | 編集 |
そうめんが好きである。
実家にいた頃、夏のお昼は毎日のようにそうめんだった。
当たり前のように食べて、特にありがたみもなかった。

ウチの父は自宅で歯科医を開業していたが、休診日の木曜になると外に出かけていた。
母に聞くと「大学に行っているのよ」と言う。
私は子供心に『なんでウチのお父さんは、いつまでも大学を卒業できないんだろう?』と不思議に思っていた。
なんのことはない、週に一度母校で講師をやっていたのである。
さらに父は自分の教え子(歯科医の卵)を自宅に通わせ、実地研修のような形で歯科技術を教えていた。
つまり、私が物心つく頃にはすでに、我が家には若い兄ちゃんたちが何人も代々通っていたのだ。
私たち兄弟は、彼らを「○○センセー」と呼んでいた。
センセーたちは、休憩時間によく遊んでくれた。
おやつを取り合ったりしたこともある。どのセンセーも楽しくて優しかった。
そして数年ウチで修行を積むと、彼らは我が家を「卒業」して、田舎に帰って開業するのである。
父を慕ってくれたセンセーたちは、季節ごとに地元の美味しいものを贈ってくれた。
北海道の鮭・イクラ。利尻昆布。小豆島のそうめん。半田そうめん。讃岐うどん。すだち。まつたけ。巨峰。鮎。蟹。…などなど。
全国に散らばったセンセーたちは、父の死後も、毎年欠かさず全国の美味しいものを贈り続けてくれた。

家を出てからも、実家に帰るたびにこれらの美味しいものを分けてもらっていた。
が、ここ数年、母や姉との関係がぎくしゃくして実家に帰らなくなり、分けてもらうこともなくなった。
スーパーで買ったそうめんを食べると…美味しくない。
たまたまハズレだったのかな?と、次回別のそうめんを買っても、なんか違う。
今度こそはと、あちこちのスーパーで様々なそうめんを買ったが、やっぱりダメだった。なんか違う。納得できない。
私はすっかり「そうめんジプシー」になってしまった。
高いけど「揖保の糸」に手を出さなくちゃいかんかなーと思いながら、さきほど試しに「本当においしい そうめん」でググッてみたら、見覚えのある画像に「あ!」と声をあげてしまった。
これだ!これ!「小豆島そうめん 島の光」これよ!
そうそう!これ!「半田手延べそうめん」これだ!
長年刷り込まれた味覚が蘇ると同時に、子どもの頃のセンセーたちとの思い出が蘇ってきた。実は面倒見の良かった父のことも。
泣きたいくらいに、なつかしい。

美味しい味には、美味しい思い出がつきまとう。
通販で購入しようかなと思いつつ、久しぶりに実家に帰ってそうめんを分けてもらうのもいいかもしれない…と思った。

小豆島そうめん「島の光」
http://item.rakuten.co.jp/kyubey/soumen-kuro2kg/
半田手延べそうめん
http://item.rakuten.co.jp/e9680/1512637/

「おくりびと」&餃子その後
2010年07月12日 (月) | 編集 |
「おくりびと」
お堅いマジメな映画なのかなーと思っていたが、意外と笑いのある映画だった。
納棺師って仕事自体知らなかったので、非常に興味深い。
五木寛之の『生きるヒント』の中に「メメント・モリ」という言葉が出てくる。「死を思え」という意味らしい。
「おくりびと」を観て、メメント・モリを思い出した。
死を思うということは、生を考えるということだ。…と思った。
うーむ、深いな。

7f740b69.jpg餃子その後。
この間作った餡が余ったので、皮を買い足して包んだら、今度は皮が余ってしまった。お徳用を買ったので、20枚以上。うーーーーん。
じゃ、変わり餃子を作ろうと思って、冷蔵庫の材料で作ってみた。
<今回の餃子2>
①鶏胸肉は皮をはいで6等分くらいに切り、フードプロセッサーで粗みじんにする。
②①をボールにあけ、塩コショウ・ごま油を加えてうがーーー!と混ぜる。
③レタスをフードプロセッサーで粗みじんにし、②に加えて混ぜる。
④万能ネギの小口切りと紅ショウガを③に加えて混ぜる。餡の完成。
⑤市販の皮に包んで完成。
…手を汚したくなくて、今回はゴムべらで。②で一体感が出るまでしっかり混ぜる。
鶏肉・塩コショウ・ごま油・ネギ・生姜の取り合わせは、絶対美味しいはず。
なんだか彩りがきれいな餃子餡ができた。
何を隠そう、包んでいたら今度は餡が余ってしまった。餃子無限地獄。
また皮を買い足すのはシャクなので、小麦粉で皮を作ってみた。初体験。
レシピは飯島奈美さんの『LIFE2』より。
作ってみると、意外と簡単だった。
そして案の定包み終わってみると皮が余った。餃子無限……バカ過ぎる。
余った皮はひとまとめにして薄く伸ばし、千切りにした。自家製うどん?
今日はもうお腹いっぱいなので、明日食べてみよう。

つかこうへいが亡くなったって。
「飛龍伝」大好きだった。徹夜して並んで観た。
もっと彼の作品を観ておくんだった。

豆腐としば漬けの冷製パスタ
2010年07月11日 (日) | 編集 |
0de583a6.jpgこないだ下北沢で食べたパスタを再現してみた。
<豆腐としば漬けの冷製パスタ>
①湯を沸かして塩を入れ、パスタ80グラムを茹で始める。
②豆腐3分の1丁を手で崩して、塩とすりごまを入れて混ぜておく。
③万能ネギは小口切りに、しば漬けは細かいみじん切りにする。
④柔らかめに茹でた①を冷水にとり、水気を切って皿に盛る。その上に②と③を散らし、いりごまをふる。完成。
…もとのパスタは塩味の蒸し鶏が添えられていたのだが、家になかったので省略。
豆腐は木綿を使ったが、パスタソースとしてからめるには絹ごしの方がいいかも。
手順②で塩とすりごまを入れるのは私のアレンジ。これにダシを加えると「白和え」の和え衣になる。このアレンジは◎だった。
万能ネギとごまがないとぼやけた味になるので、必須。
非常にさっぱりとしてヘルシー。美味しいよ♪

今日はあちこちで選挙のことが語られるんだろうなー。
私も、もちろん投票には行ったともさ。
開票速報で一番心躍ったのは、白戸次郎の当確だな。
彼は政界で何をする気なんだろう…(笑)

最近気になる人たち。
池上彰、川越達也、澤口俊之、増田和也、堺雅人、大泉洋、内野聖陽、荻上直子、いきものがかり、大野智。
…いや、だからどうというわけではないのだけどね。

「高瀬舟」「グッド・バイ」&ぎょーざ
2010年07月10日 (土) | 編集 |
どうやらこれは、テレビの深夜枠でやっていた「BUNGO」というシリーズのものらしい。

「高瀬舟」
…うむ。やはり森鴎外の筆力にはかなわなかったか。
雰囲気は悪くないけど、浅い。
成宮寛貴が喜助ってのは、ちょっと若すぎるかなー? 
下手ではないのだけど、これも浅い。
知ってる人は知ってる通り、作中にかなりスプラッタなシーンがあるのだけど、原作を読んでいるせいか「へ? こんなもん?」と拍子抜けした。
「知足」も「安楽死」も匂わせる程度で、あーー欲求不満。

「グッド・バイ」
…コミカルだ。こんなに太宰作品がコミカルでいいんだろうか?
私は「グッド・バイ」は読んだことがないが、確か入水自殺する直前の作品だったはず。本当にこんなにコミカルなの? 検証してみたくなった。
山崎まさよしは役者としてもイケル。
水川あさみ、美人が大食いなのって素敵。

2本観て思ったのは「なるほど、日本文学作品のご紹介ビデオなのね!」ってことだった。
30分だからねー。仕方ないね。
でも、これを観て原作を読んでみようという気になる人が増えれば、大成功なんだと思う。
そういう意味では、良くできていると思った。学校の図書館とかにあってもいいんじゃないかな。

追記:「グッド・バイ」を読んだ。やはり太宰の絶筆だった。
意外や意外、BUNGOの「グッド・バイ」は原作に非常に忠実だった!
終わり方がフェードアウトで気になっていたが、そうか、あそこで原作も終わってたんだなー(未完)。じゃ、しょうがないね。(2010/07/11記)

34a68c9e.jpgで、餃子である。
上記作品を観ながら100個包んだが、まだ餡が余っている…。作りすぎたー。
<今回の餃子>
①キャベツ1個(芯も)をフードプロセッサーで粗みじんに切る。ボールにあけて、塩小さじ1をふって混ぜておく。
②豚肉300グラムをフードプロセッサーにかけて挽肉にし、ボールにあけて塩コショウ・砂糖(1つまみ)・オイスターソース・味噌・醤油・ごま油を加えてなめらかになるまで手で混ぜる。水を少しずつ加えて更に混ぜる。
③にら1把は5㎜幅程度のざく切り、しょうが&にんにくは細かいみじん切り、ネギ1本は縦に2~3本切り込みを入れてからみじん切りにし、全て②に入れて混ぜる。
④①の水気をぎゅっと絞って③に加え、混ぜる。あれば五香粉を加えると本格的に。冷蔵庫で一晩寝かす。餡の完成。
⑤市販の餃子の皮に餡を包んで、焼く。
※焼き方※
①フライパン(蓋付きのもの)に薄く油をひいて、火にかける。餃子をその油に押しつけてから並べる(底面積が増えると、カリカリ部分が増えて美味しい)。
②軽く焼き目がついたら、餃子の3分の1の高さまでお湯を加えて蓋をする。
③餃子に火が通ったら蓋をあけて水分を飛ばす。大量にお湯が残っていたら、捨てる。餃子に少量の油を回しかけて、底をカリカリに焼いたら完成。
…今回の分量だと、かなり野菜が多くザクザクした食感。肉っぽい餃子が好みなら、キャベツを減らして肉を増やすといい。
挽肉を作ったのは、単に家に豚薄切り肉しかなかったから。フードプロセッサーがあると、こんなこともできるよ~ということで。
キャベツを塩もみして加えているので、味付けの時塩コショウを控えめに。私は今回それを忘れて、味が濃くなってしまった。
毎回目分量で作るので、味が一定しない。わははー。

うつ病経過報告&糖尿病経過報告
2010年07月09日 (金) | 編集 |
ソーキそば24週に1度のクリニック。
今月から私学共済に提出する書類を、先生に書いていただかなければいけない。
これを提出することで、基本給の6割程度の給付金が支給されるので、大事な書類である。
先生の所見…読めないー。この流れ書きは…解読できん。
こんなんで認められるのかな?
<現在の薬>
・ミルナシプラン25㎎2錠…朝・夜(抗ウツ薬)
・マイスリー5㎎1錠…就寝前(睡眠薬)
・デゾラム1㎎1錠…就寝前(精神安定剤)
薬の質・量ともに、変化なし。次回4週間後。
調子がいいようなので、なるべく外出するように言われた。

午後は糖尿病病院へ。
毎日、朝と夕食前or後の2回ずつ血糖値を調べてノートにつけているのだが、非常にいい感じで血糖値が下がっているので、インスリンとメトグルコを止めることになった。新薬のビクトーザ一本でいく。
<現在の薬>
・ビクトーザ0.6㎎…朝(インスリンの分泌をコントロールする注射薬)
先生いわく「こんなに効果があるとは思わなかったよ。あなたにとっては夢の新薬かもしれないね」とのこと。
本当にねー。すんごい効果があったよ。
食欲を抑えるってのも効果ありありで、1日の摂取カロリーをオーバーすることがほとんどなくなった。
毎日のようにしていた深夜喰いも、もう1週間以上していない。
ビクトーザと相性がいいのかもな、私。

画像は今日の夕食、ソーキそば。
昨日と同じ写真に見えるかも知れないが、今日はソーキが手作りである。
豚スペアリブを圧力鍋で下ゆでしてから、甘辛く煮た(もちろん泡盛使用)。
美味しくできた~! ビバ、ソーキそば!

「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」
2010年07月09日 (金) | 編集 |
2チャンネル発の原作を「キサラギ」の佐藤祐市監督が映画化したもの、らしい。現代版「蟹工船」とも。
前半、小池徹平演じる主人公が職場でさんざんな目にあうところは、観ていてツライ。
あまり悲惨に感じさせないようテンポ良くコミカルに描いているけど、中学生のイジメをみているようで…。
やだなー、という気分になった。
唯一の救いが、田辺誠一演じる藤田先輩。
けど、なんでこんなに有能ないい人がこんな酷い会社にいるのか不思議になる。
何か悪巧みを抱えているんじゃないか?と邪推したが、そんなことはなかった(ちょっと残念/笑)。
最後には一応ハッピーエンドにはなるのだが…この後この会社が本当に良くなっていくとは、どうも思えないなぁ。
まあまあ面白かったけど、監督ー「キサラギ」のレベルを求めたのが間違いだったっすか?
エンドロールの最後まで観ようね。びっくりよ。

田中圭と向井理の区別がつかない私。
どちらかというとモッサリしているのが田中圭で、シュッとしているのが向井理か?

無限ループ
2010年07月08日 (木) | 編集 |
68a6a370.jpgで、先週レンタルしたDVDを無事返却。
今日は借りないぞ!と思いながら、でも新作だけチェックしとこうかな?と邦画コーナーに行き…。
また借りてしまった。5枚。
今回は成宮寛貴の「高瀬舟」を発見してしまって、つい。
だって「高瀬舟」だよー? 森鴎外の問題作っすよ?
文章にあまりにも力がありすぎて、授業するのに四苦八苦したあれですよ。
その脇には山崎まさよしの「グッド・バイ」。わーい太宰だ~~~~!
2枚借りたら、5枚も同じ。無限レンタル・ループじゃ。
うぐぐ…TSUTAYAにまんまとはめられている気がする…。
いいんだけどね、楽しいから。

画像は今日の夕食、ソーキそば。
沖縄物産展で購入して、作った。
うんみゃーい! 好き好き~♪
でもレトルトのソーキ(豚あばら肉)はイマイチ。
もう1食分あるので、明日はソーキを作ってみようかと思っている。

「フィッシュストーリー」「約三十の嘘」
2010年07月08日 (木) | 編集 |
朝もはよからDVD。
2本観た。

「フィッシュストーリー」
…伊坂幸太郎原作、ということで(これで伊坂原作の映画は制覇したかな?)。たしか「アヒルと鴨のコインロッカー」の監督だったのでは?
えーと。えーと。えーと…。正直、イマイチだった。
4つ(5つだったかな?)の時代のストーリイが交錯して、「フィッシュストーリー」という音楽の元にまとまるのだけど、先が読めてしまうのだよなー。
ラストの展開なんか、あーやっぱりねって感じで…。
いきなり地球に彗星が衝突して人類存亡の危機、ってのが…チープだし。
うーーーーーん。面白くなかったっす。

「約三十の嘘」
…詐欺師グループの騙し合い…を期待して観ていると、意外と純愛物語。
この映画は、なんというか、見終わって困った。
設定は面白い。台詞のやりとりも悪くない。役者さんも好み。なのに、なぜツマラナイ?
間というか、テンポというか、リズムというか、波長というか…私には合わないんだろうな。もっと気持ちよくいけるはずなのに、いかない。そのジレンマ。
この作品、もっと面白くなると思うんだけどなー。
うーーーーーん、監督との相性かな。
こういう内容なら、「スティング」のように最後まで気持ちよく騙して欲しい。
コメンタリーを入れてちょっと観てみたけど、コメンタリーもツマラナかった。
そうかー「アフタースクール」みたいに面白いコメンタリーの方が珍しいのかもな。

あー、今回のレンタルは2勝3敗だな。

「プール」「誰も知らない」「クヒオ大佐」
2010年07月07日 (水) | 編集 |
308c6a74.jpg勢いで3本観た。
全部、カラーが全く異なる映画。それぞれ面白い!
いやー、映画って面白いねー。

「プール」
…「かもめ食堂」や「めがね」と同じ監督かと思ったら、違うのね。
でも空気感はとても似ている映画。キャストが小林聡美&もたいまさこだからかな。
忘れちゃいけない、フードコーディネーターが飯島奈美さん。
やっぱり彼女の料理は美味しそうだー。
タイに行ってみたくなったな。

「誰も知らない」
…こわい。こわいっす、この映画。
YOU演じる母親が4人の子どもを残していなくなってしまう、というのは有名な話。
長男明を演じる柳楽優弥がなんだかものすごい賞を最年少でとった、というのも有名な話(いい加減情報)。
けどね、何がこわいって一番最初に「これは実際に東京で起きた事件をモチーフにしていますが、詳細や登場人物の心理描写などは創作です」って出てくること。
映画を見続けていくと、『これが実際に…?』とぞくーーーっとくる。
まるでドキュメンタリーのような、あまりにも自然な演技。錯覚しそうになる。
しかも、淡々と描いているんだなー。説明をしないのよ。
髪がのびるとか、マニキュアがはがれるとか、クレヨンがちびていくとか、そういう細かいところで時間の経過を表しているのが、観ていて切ない。
はー…。すごい映画でした。2時間20分、目が離せなかった。
柳楽優弥は、確かにとても魅力的。

「クヒオ大佐」
…おかしいよー! いちいち笑える。
大体、つけ鼻して制服着てる堺雅人ってだけで、怪しさ大爆発でしょ。
実在した結婚詐欺師をもとに創作したらしい。
画面とか、間が、面白いのよー。
あー、笑える。素晴らしい。
期待していなかったのだけど、非常に楽しめた。結構、お薦め。
ちなみに内野聖陽の役が怪しくて好き。

たまたまなのだが、この順番で観て正解だった気がする。
明日2本観て、返そう。

画像は昨日の食事。とろろ納豆そば&鶏肉と水菜のオイスター炒め。

鶏と水菜のオイスター炒め
2010年07月06日 (火) | 編集 |
cf0ffdc6.jpg鶏胸肉は安くて素敵。
<鶏と水菜のオイスター炒め>
①鶏胸肉1枚は皮をはぎ、そぎ切りにする。塩コショウ・酒・すりおろし生姜を揉み込んでしばらく置く。
②水菜1わは3㎝幅に切る。
③①に片栗粉を揉み込んで、ごま油をひいたフライパンに広げて両面を焼く。
④③に②を投入し、酒・オイスターソースを回しかけて軽く炒める。完成。
…水菜を入れたら炒めすぎないのがポイント。すぐに火が通るから。
パサパサしがちな鶏胸肉がしっとり美味しく食べられる。
皮をはいだのは、単に切りづらいから。もちろん皮付きでも。
はいだ皮は、茹でて千切りにし細切りきゅうりと和えると美味しい。味付けは辛子酢醤油。で、いりごまをパラリ。

なんか気分がのらなくて、DVD観なかったー。
明日と明後日で5本…あわわ。

追記
こんなレシピを発見。
鶏胸肉を柔らかくジューシーにする方法らしい。
http://cookpad.com/recipe/489781
えーーー? 重曹? 2日漬け込み? マジっすか?
ちょっと疑ってるけど、興味ありあり。今度試してみたい。

雑記
2010年07月05日 (月) | 編集 |
fd501740.jpgまたDVDがたまっている。
こないだ借りてから1枚も観ていない。
明々後日返却。
明日から頑張って観よう。

暑いっすねー。
しばらくシャワーだけの日々だったが、今日久しぶりに湯船につかった。
湯上がりが暑いが、爽快感がある。
ビバ、お風呂! 気持ちいー。

血糖値がするすると落ちて、「優」の基準値まで落ちた。
すごいなー、新薬。コワイくらいだ。

梅酒がこんなんなった。
砂糖が全部溶けて、梅の実に少ししわがよっている。
おもしろいなー。
ちなみにらっきょは美味しくつかったよ。