FC2ブログ

食べ物に追われる

P8061394なんつーか、バカなのだが。
食材に追われている。
大体3日に1回買い物に行くのだが、そのたびに「あら安い♪」「あら美味しそう」と節操もなく買ってしまうので、冷蔵庫が充実している。
で、食材がイカレる前に調理せねば…とあれこれと作るので、更に冷蔵庫が充実する。
かといって、一人暮らしの人間が食べられる量なんてたかが知れているのだ。
今は食べるのが追いついていない。
3食きっちり食べても、冷蔵庫がすかない。
うーん、いかんいかん。しばらく買い出しと料理をセーブして、在庫食料の消費に努めねばならんなー。

あ、明日から9月だ。

画像は暑くてのびている咲夜さん。彼女がこんなポーズをとるのは珍しい。

茄子とシシトウの揚げ浸し

P8281573シシトウが安かったので作ってみた。
レシピはこちらを参考。
http://cookpad.com/recipe/1217449
揚げ浸しといっても、多めの油で焼くという感じ。とってもお気軽。
私は更に漬け汁を「めんつゆ+水」にしたため、めちゃくちゃ簡単にできた。
冷蔵庫で冷やして味がじっくりしみたところが美味しい。
ししとうって、たまに辛いのがあるよねー。

晩ご飯は安くて薄い牛ステーキ肉を焼いて、上に玉ねぎ薄切りを大量にのせてポン酢醤油。牛肉のタタキ。
これまた美味しかった。ビールに合う。

今日は一日寝ていた。
明日で8月終わりだよー。涼しくなってくれよー。

ナン♪

P8291578昨日作ったカレーを食べるために、今日はナンを作った。レシピは『もっとおいしいパンを焼く』by竹内豊子。
パン作りは久しぶり。
パン生地のいいところは、多少(いや大分)手荒に扱ってもいいところ。
体重をかけてこね、飽きたらたたきつけ、両手でもむ。
バシンバシンとたたきつけていると、猫たちがビビって2階にいってしまった。
はーーー楽しい。
手荒に扱えば扱うほど、生地が滑らかになっていくのがまた嬉しい。
満足いくまでこねたら、暑い2階に放置。夏場はこれで充分発酵する。
ナンは薄くのばしてフライパンで焼くだけだから、至極簡単。
鶏と大豆のカレーとともに、大変美味しく食した。

いつもは見ないんだけど、たまたま24時間テレビをつけたら忌野清志郎が写っていた。小児ガンで闘病していた子どもの手紙に、直筆で返事を送っていたという。
その手紙がねー、味わい深い字でね。
「君のことを思ったら力がわいた。君もツライ時には僕のことを思って」
「僕も今ツルツルだよ(抗ガン剤治療で頭髪が抜けたということ)」
なんかね、清志郎さんの素敵さに涙が出てきた。
5歳くらいの男の子に、まったく対等な返事を書いているんだよね。
すげーよ、清志郎。かっこいいよ。
泣いた泣いた。

工事&鯖ミソ

P8281576今日は朝から太陽光発電の工事。
おじちゃん&おにーちゃん計5名がかりで、なんとお昼も食べず、休憩もいれず、ノンストップで6時間。
なんて勤勉な人たちなんだ!
礼儀正しいし、にこやかだし、仕事も丁寧だし、猫にも優しいし。
この暑いのに…えらいなぁー。
さて無事工事も終わって、さあ今日から太陽光発電!というわけには、いかないのだった。
設置会社と電力会社と私の三者立ち会いで最後の工事&検査を済ませて、ようやく発電開始となるのである。
実際はもうできるんだけどね。お試しでモニターも見せてもらったから。
その立ち会い日が9月13日。あと2週間もお預けかー。待ち遠しいなぁ。

で、昨日作成した鯖ミソにネギを追加して煮返して食した。
レシピはこちらを参考にした。クックパッドさん、いつもお世話になってます。
http://cookpad.com/recipe/395976
うんまぁーーーーい!
ほかほかご飯と一緒に食べると、もう最高。
圧力鍋で煮たから、骨ごと食べられるし。
鯖1本をさばいて4枚の切り身にしたので、あと3回楽しめる。
1食25円? 安上がりでしかも美味しい。
あーシアワセ~。

買いだし

P8191529昨日作った伊達締めをしめて、今日は浴衣生活。
晒しというものを初めて巻いてみた。
胸元から腰までぴしっと固定されて、背筋が伸びてかなり気持ちいい。
汗もすってくれるし。これ、気に入ったかも。
で、タイムセールの案内をメールで受け取ったので(最近のスーパーって便利ね)、いつもの激安スーパーへ。
夏野菜たちが安い! でもって鯖が…1本100円!
買うしかないでしょう。
というわけで、念願の「鯖をさばく(駄洒落)」が叶ったのだった。
只今、圧力鍋でサバミソを作成中。むふふ~。
明日は太陽光発電の工事。丸一日かかるらしい。

画像はプリンターの上が好きな風花さん。とろろ~ん。

縫い物の日

P8261570着物整理をするつもりだったが、ムラムラと縫い物がしたくなり、今日は着付け小物を手作りしてみた。
着物の本に作り方が載っていて、非常に興味深かったので。
まずは、トンボ柄と金魚柄の手ぬぐいで伊達締め作り。
手ぬぐいは、以前半襟にしようかと100円ショップで購入していた。
半襟にするには柄が大きいような気がしていたので、潔く伊達締めへ。
手縫いでチクチク。楽しかった~。
可愛らしい伊達締めができた。
次に、裾除けの改造。
晒し部分を取り替えて、下腹引き締め効果をアップさせるというもの。
久しぶりにミシンをかけたが、直線縫いなのでスイスイできる。
こう簡単にできると、俄然楽しくなるよな~。
結局4枚も仕上げてしまった。
はー、おもしろかった。
食事も忘れるほど夢中になってしまった。
物作りって、楽しい!
明日は、お手製の伊達締めを使って着付けして、浴衣で過ごしてみようかと思う。

茶通箱(さつうばこ)

今日のお稽古は「茶通箱」だった。
小さな桐箱の中に2種類のお茶を入れて、2通りの味を楽しんでいただくお点前である。
2通りっていうことは…お点前の時間が長いのである。
しかも、今日先生がご用意してくださった水差しについてのお話が面白くて、ついつい聞き惚れていたら、足がつりそうになってしまった。わはー。
いやいや、お茶は面白いね。深いね。
着物を着ていこうかと思ったのだけど、とっちらかった着物部屋を見た段階で断念。ふぐー。
明日は着物整理の続きをやろう。気楽に浴衣でも着てやろうかな。

観たい映画がたくさんあるなー。どれからいこうかしら。
最近、DVDも借りてないし。
…あ、レコーダーの中の映画たちも観なくちゃ。

暑いのう、眠いのう

P8161440暑いー。
こう暑いと冷たい飲み物ばかり飲んでしまうせいか、少々胃の調子が良くない。なんだかすぐに胃がもたれてしまうのだ。胃液が薄まっているのかしら…?
食べ物も生野菜や冷たい食べ物ばかり。
アイスもねー、また美味しくて。
なんか、内臓がなまっている気がするぞ。
いや、内臓どころか全身なまっているのだけど。
で、すぐに眠くなる。2時間タイマーで冷房をかけて、朝寝・昼寝。
そしてあまりの暑さで目が覚める、という日々。
気が向くと買いだしに行って、着物の整理をする。
うはー、グダグダ。
ま、でも確実に心が正常値になってきているのを実感しているよ。
このグダグダがいいのかもねぇ。好きな時に好きなことをするというのが。

画像は思い切りSUBWAYしてみたバゲット・サンド。
バゲットは大好きなんだけど顎が疲れる。時間をかけて食べる贅沢。

物欲魔神

P8231565今日は例のかびた着物たちを、着物屋さんに持っていった。
ついでに畳紙と晒しを購入。
…だけのつもりだったのだが。
ちょうどセールをやっていて、ふらっと見たら非常に好みな紬を発見してしまった。さらにそれにドンピシャな帯も。
わーん、買っちゃったよぉー!
着物も帯もベラボウに安かったのだけど、仕立て代入れたらそれなりのお値段よー!
はぁー、なんで休職中で収入激減の今、デカイ買い物をするかなぁ、私。
そういえば昔、無職状態の時に一目惚れして100万の絵を買ったっけ。
どうもそういう傾向があるのかしら…。
なんだかなー。
実は本とか猫グッズとかも、大人買いしているのだった。
やばい…物欲魔神だ…。

着物整理、着物部門終了。
帯がまた…なんだか結構な本数あるのよ。8割以上母親のお下がりなんだけど。
わー、これはまた大変だー。
画像はポリの絽もどき。痩せていた時に買ったプレタなので、これを着るには相当頑張らないと…。

鰺の南蛮漬け&着物整理

P8221542たまに、無性に魚がさばきたくなる。
といっても、せいぜい鰺程度なのだけど。
最近、鯖が安いんだよなー。さばいてみたいけど、1匹食べきる自信がない。ので、買わない。
<鰺の南蛮漬け>
①タッパーなどの容器に、醤油・酢・砂糖・おろし生姜を入れて混ぜる。
②玉ねぎの薄切り・にんじんの千切りを①に入れて漬けておく。
③鰺はぜいご・エラ・内臓を取って水洗いし、キッチンペーパーで水気をとり、小麦粉をまぶして低温からじっくり揚げる。骨ごと食べられるように、じっくり。
④揚がったら即②にじゅっと漬ける。その際、漬け込んだ野菜を片側によけて、漬け汁に漬けるようにする。鰺の上に野菜をのせて、冷蔵庫で寝かす。完成。
…漬け汁を作るのが面倒くさかったら、市販のポン酢醤油でOK。
漬け込む野菜は、玉ねぎ・にんじん・しそ千切りが私の定番。今回はしそがなかったので省いたが、彩りも香りもよいので本当は加えたい。
鰺の下処理をする時は、まな板に新聞紙を敷いてその上でやると片付けが超楽。全部終わったら内臓ごとクルクルっと丸めて、捨てる。夏場はそれをビニール袋に入れて冷蔵庫で保存し、ゴミの日に捨てると良い。
面倒でもエラは取ろう。揚げる時にエラから水が出て、油ハネして危険なので。鰺の顎のあたりに指をつっこんで、えんじ色のエラをぐいっと引っぱれば取れる。
鰺の骨がどうしても気になる場合は、三枚おろしを。

着物整理は、少しずつ進行中。
今日は頑張って引き出し3段分やった。
思いがけず、小紋が多い。ポリの着物も結構たくさんあった。
意外と紬も持っていた(祖母や母から譲り受けたもの)。
見事に袷の着物ばっかし。冬しか着てないってことねー。
プレタで買って忘れていた物も数枚。わははー。
それにしても、着物整理をやっていると左腰が痛くなる。んで、右肩が凝る。
なーぜーにー? たぶん、無理のある姿勢でやってるんだろうな。
あと引き出し2段とプラケースの浴衣と半幅帯。がんばろ。

冬瓜と海老のだし煮

67b86cc0.jpg冬瓜って実家では食べたことがなかったなぁ。
4分の1で50円だったものだから、嬉しくなって買ってしまったよ。
クックパッドを参考にしつつ、適当に作ったらめちゃくちゃ美味しくできた!
キンキンに冷やして食べると、体温が下がる気がする。実際、冬瓜って熱冷まし&利尿作用があるらしい。
枝豆も入って、夏らしさ満載。
<冬瓜と海老のだし煮>
①茹で鶏のスープを作る。鍋に鶏胸肉・生姜薄切り・ネギの青いところ・水・酒を入れて、火にかける。アクを取りながら5分ほど茹でて放置。最近はこの作り方だなー。今回はこのスープだけを使う。
②豚薄切り肉は茹でてから細かく切る。生肉だと保存しづらいので、最近はとりあえず茹でている。
③枝豆は塩を入れたお湯で1分程度茹でて、莢から豆を出しておく。普段はここまでやってジプロックに入れて冷凍保存している。
⑤わたを取り皮を剥いた冬瓜を5㎝角くらいに切り、①のスープ(冬瓜がひたひたになるくらい)に入れる。長ネギの斜め薄切り・かつおだし・②の豚肉も入れ、塩で調味して煮る。私は今回、保温調理鍋で作った。
⑥冬瓜が透き通ったら、殻を剥いて一口大に切った海老と③の枝豆を入れ、水溶き片栗粉で軽くトロミをつける。完成。
…生姜が利いていて、冷やして食べるともう絶品。
冬瓜は煮くずれしやすいので、スープっぽくなる。海老の赤と枝豆の緑が美しい。
手順が多そうに見えるが、私は普段から①~③はやっているので、常備菜の応用編のようなもの。このあたりをはぶくなら、鶏ガラスープ+チューブ生姜、茹でた豚挽肉、冷凍枝豆を使うと簡単だと思う。
冬瓜、おいしいなー。また作ろうかな。

今期ドラマ

中盤にさしかかったのう。

オンタイムで観ているのは「ホタルノヒカリ2」と「モテキ」のみ。この2本は続きが観たくて、毎週きっちり観ている。面白い。
「うぬぼれ刑事」と「GOLD」はまだ第1話しか観ていないけど、結構面白そうだと思った。続きを観なければ。
それにしても、「ジョーカー」だよ。
今日第2話と第3話観たけど、なんでこうもツマラナイのか? キャストはすごく好みなのだけど、回を重ねても一向に面白くならない…。なーぜー? 
でも希望は捨てずに見続けるけどね。

今期一番のお薦めはなんといっても「モテキ」。
深夜のテレ東という地味な時間帯ながら、気合い入っているドラマである。原作も読んだけど、ドラマの方が面白いかも。森山未來くん、超ハマってる。青年漫画だからエロいんだけどね。でも面白いよ~。

さーて、後半どうなるか…。お楽しみはこれからだっ!

鶏レバーの煮付け&着物整理

P8191464とりあえず、昨日作った「鶏レバーの煮付け」をご紹介。
<鶏レバーの煮付け>
①鶏レバーはハツを切り分け、半分の大きさに切る。ハツは薄皮を剥いて、脂肪と血管を包丁でしごいて取り除き、切り目を入れて開いて中の血の塊をきれいに出す。レバー・ハツともに、水につける。水がにごってくるので、2~3回水を取り替える(血抜き)。
②保温調理鍋(いわゆるシャトルシェフ)の内鍋に①と針生姜を入れ、ひたひたの水とたっぷりの酒を加えて火にかける。砂糖・醤油で調味する。アクはマメにとる。
③ぶわーーーっと2回くらい煮立ったら、火をとめて外鍋に入れて放置。30分程度。
④内鍋からレバー&ハツを取りだし、煮汁だけを煮詰めてからかける。完成。
…鶏レバーの煮付けは、保温調理鍋で作るのがベストだと思う。煮汁だけ煮詰めるのがポイント。一緒に煮ちゃうと、レバーが果てしなく縮み、果てしなく固く、果てしなくしょっぱくなってしまう。保温調理鍋だと、ふっくらやわらかく煮える。
手順①が少々面倒くさいが、血抜きはしっかりやっておかないと臭くなってマズイ。煮汁に生姜とたっぷりの酒を加えるのも、臭み消し。
鶏レバー嫌いだった親友が、これで好きになったという逸品である。自信作。

P8201537さて。
今日は来るべき着物生活に備えて、着物箪笥の整理に着手した。
8年前に第一次着物熱にうかされ、実家から何枚も着物を持ってきてはせっせとコレクションしていたのだった。
当時自分であつらえたものもあるし、安いプレタ着物も買っていたし、正直現在何枚の着物と何本の帯を持っているのか分からなくなっている。
着物をくるむ畳紙も新調し、見やすくかつ機能的な箪笥にしようと思ったのだ。
よーし、やるぞー! おー!
と、はりきって開始したのだが…いやーこれがなかなかオオゴトだった。
1枚1枚広げてシミやしわなどをチェックし、身丈や裄などを計測&記録し、写真を撮ってから丁寧に畳み直して(しわの酷いものはアイロンがけして)、新しい畳紙に但し書きをして包み直す。のちほど写真をプリントアウトして畳紙の表に貼る。
箪笥の段には湿気取りの新聞紙を敷いて、上には防虫剤。ちなみに今まで一切、防虫&防湿処置は行っていなかった。虫干しもしていなかった。
…愚かだった。私は愚かで無知だったよーーーー(号泣)!
訪問着1枚しみ。コート1枚虫食い&カビ。袴1枚カビ。ひょえ~~~!
あわわ、あわわ。これは…早急に対処せねば。
かといって馴染みの悉皆屋さんなどいるわけもなく…これも新規開拓せねばならん。タウンページか???
むむむー。
…などとやっていたら、3段目で力つきてしまったのだった。
くたびれた。でも楽しい。
ま、時間をかけて丁寧にやるしかない。
そんなわけで、しばらくは箪笥整理が続く。
画像はうす緑色の訪問着(これは無傷)。キラキラした織り地で、結構華やか。

シアワセな日

今日はなんだか、気分がよい。
連日猛暑日だったのが、ほんの少し楽になったからかもしれない。

私は最近毎日4時起きなのだが(もちろん風花さんに起こされるから)、猫たちにエサをやって自分も朝食を食べると、大抵二度寝している。
それが、今日はなぜか「寝ないで、たまったビデオを観よう」という気になり、ドラマ5本とバラエティ3本を一気に観た。むふー。
開店の時間をみはからって、激安スーパーへ。今日の目当てはレタスと牛乳。美味しそうな小アジと冬瓜も買って、ホクホク。
さらにホームセンターへ行って、猫エサをまとめ買い&収納ケースなどの大物を購入。今日から1割引の期間がスタートしたため。ホクホクホク。
シアワセ。

帰宅する途中、あるものが目に入った。それは…あーーーー!白猫さんだ!!
実はこちらのお宅の白猫、私が猫を飼い始める前から外を自由に闊歩している猫で、すこぶる愛想のいいおばあちゃん猫(2006/11/7参照)。
声をかけると足元にごろんと寝転がって、お腹をなでさせてくれるのだ。
彼女をみかけると私はいつもHAPPYな気分になっていたのだが、半年くらい前からパタリと姿を見なくなり、3月には「迷い猫探しています」の張り紙が。
えーーー? いなくなっちゃったの? と私はおろおろし、ひそかにご近所を探し回ったりもしていた。
しかし、一向に姿をみかけず、いつしか張り紙はボロボロになって、先月くらいから張り紙自体も撤去されていた。
事故にでもあったのかな、飼い主さんももう諦めちゃったのかな…と、すごく淋しい思いをしていたのだ。
それが。
なんと。
以前と変わりない自由さで、ガレージで毛繕いをしているではないか!
なんだよー、帰ってきてたんだ! 心配させおってこの…と、なでくり回すと「うんにゃぁ~ん」とご機嫌な声。
あーーーーめちゃくちゃシアワセ!! よかったよぉー!

料理したら、すっごく美味しくできた。シアワセ。

なんだか勢いで「洗車しよ!」と思い立ち、よりによって日中一番気温の高い時間帯に洗車を決行。
凍った保冷剤をてぬぐいでくるんで、襟足に巻き付けて。
暑い! 暑い! でも水遊びみたいで気持ちいい!!
保冷剤はあっという間に溶けた。スゴイ…。
車も私もシャワーを浴びて、すっきりさっぱり。シアワセ~。

P8191526ホームセンターで購入した接着剤を使って、帯留め作りもやった。
「これ、いつか帯留めにしよう」と思っていたパーツに、帯留めの金具をつけて完成。
画像上段2つが元ボタンカバー、中段が元イヤリング、下段2つが元箸置き。うむ、可愛くできた!
ピアスのパーツがとれてしまったものも2組あったので、それもチョチョイとつけて、満足満足。シアワセなり。

夜、母親から電話があって「手紙読んだ。今まで送ってくれた仕送りは全部使わずにあなたの口座を作って貯めてあるから、それを振り込もうか?」とのこと。
大丈夫だから、とやんわりと断りつつ、…まったくもう。
そうじゃないかとは思っていたけど、やっぱりそうでしたか。使ってくれて構わないのになぁー。
…ま、でもこれも母の愛だ。ありがたいこと。

そんなこんなで、今日はとてもシアワセな日だった。

エビとブロッコリーのラタトゥイユパスタ

P8181447そんなわけでラタトゥイユをパスタにアレンジしてみた。
<エビとブロッコリーのラタトゥイユパスタ>
①ブロッコリーは小房に分け縦半分に切る。エビは殻を剥いて背中に切り込みを入れる。にんにくは薄切りにする。
②お湯を沸かして塩を入れ、パスタを茹で始める。
③フライパンに①のにんにくとオリーブオイルを入れて火にかけ、香りが立ったらエビとブロッコリーを入れて炒める。塩コショウで味付けする。
④③にラタトゥイユ(2010/8/17参照)を入れて、暖めておく。味をみて、足りなかったら塩をする。
⑤茹で上がったパスタを④に入れて軽く火を通し、完成。
…彩りを考えて、エビとブロッコリーを追加してみた。生ブロッコリーを炒めると、歯ごたえがあって美味しい。下ゆでしちゃダメよん。
今回ほとんど味付けをしなかったら、しまりのない味になってしまった。みなさん、作る時には味見して塩コショウをお忘れなく。
で。物足りなさを解消しようと、ガンガンにタバスコを入れて粉チーズを振って食べたら、美味しかったけど汗ダラダラ。
ラタトゥイユは冷製パスタでもイケそうな気がする。

ラタトゥイユ

P8111427ビバ、夏野菜!
<ラタトゥイユ>
①なす1袋・玉ねぎ1個・ピーマン1袋は、大きめの角切り(1.5㎝角くらい)にする。
②鍋に薄切りにしたにんにく1片とオリーブオイルを入れて火にかけ、①の野菜たちを炒める。
③カットトマト1缶を②に入れ、さらに1缶分の水を入れる。コンソメ2個を入れて、煮る。
④柔らかく煮えたところで、味噌大さじ1くらいを入れて調味。完成。
…熱々でもキンと冷やしても美味しい。ズッキーニやパプリカを入れても。
トマトには味噌がよく合う。
煮込み具合はお好みで。私は玉ねぎやピーマンの歯ごたえが残っているくらいが好き。
明日はこれをパスタにしようかと。トーストしたバゲットにのせても美味しいんだよなぁー。

冷麺風豚キムチそうめん

P8161442とんでもなく暑い!
とにかく、そうめんを食すのみ。
<冷麺風豚キムチそうめん>
①お湯を沸かして酒を入れて、豚薄切り肉をほぐしながら茹で、水気を切ってキムチと和える。茹で汁はアクを取って中華だし・塩・おろし生姜を加えて調味し、冷蔵庫で冷やしておく。
②きゅうりを半分の長さに切り、縦薄切りにする。トマトは縦に4等分。長ネギは斜め薄切りにする。ワカメはお湯で戻しておく。
③そうめんを茹でて冷水にさらし、器に盛る。その上に、きゅうり→豚キムチ→長ネギの順で盛り、横にトマトとワカメを添える。
④③の周りに氷を入れ、①のスープを周りから注ぐ。いりごまをふりかけて完成。食べる時に、好みで酢を入れる。
…豚キムチときゅうりって、無敵。美味しいわー。
これだけ暑いと、生野菜と冷たさがご馳走。
茹で鶏のスープと茹で豚のスープでは、かなり違う味わいだった。豚しゃぶとスープがいっぺんに作れるので、これもありかなと。
ただ豚肉はクセがでるので、酒とおろし生姜は必ず入れた方がいいと思う。
お酢がまた美味しい。お好みでラー油を入れても。

想像力

どの出版社の国語の教科書でも、戦争教材が入っている。
たいてい、1学期末あたりに授業で扱うようになっている。
それは終戦記念日を意識してのことだと思う。
夏と言ったら戦争教材。商売柄、なるべくたくさんの資料に触れようと意識している。
…いや、商売柄というより、単純に知りたいんだな。

今日は朝から玉音放送の全部というのを初めて聞いた。テレビの有り難さ、原文と現代語訳を見ながら。
今まで「耐え難きを耐え、忍び難きを忍び」ってところしか知らなかったのだけど、全部の現代語訳を読んだら『昭和天皇、辛かったんだろうな』って思った。なんつーか、思ったよりも、血の通った文章だと感じた。
ものすごく言葉を選んで吟味しているし、その中にも心情がにじみ出ているような、大変失礼ながら名文だと思った。

7時からテレ東の「戦争はなぜはじまって、どうやって終わったのか」(だったかな?)という特番を見た。池上彰さん、お気に入りだし。
いやー。これはかなりいい番組だった思う。3時間釘付けだった。
知らなかったことをたくさん教えてもらった気がする。
最後に池上さんが「戦争を始めるのには沢山の伏線があって、そして一度始まった戦争を終えるのはとても難しい」って言っていたのが印象的だった。
裏で「真夏のオリオン」をレコーダーに録画したので、後日見ようと思う。

私は戦争が終わって20年以上経ってから生まれた人間だから、もちろん戦争体験はない。
そんな私が戦争のことを語るのはおこがましいとも思う。
でも毎年この時期には、戦争の特番を見て、資料を読み、想像してみる。
自分が得た「点」の情報をつなぎ合わせて、想像力を駆使して戦争教材に立ち向かう。
若人たちに引き継いでいかなければいけない、という使命のような思いがある。
ジョン・レノンは戦争のない世界を想像してみよう、と歌った。
想像力のもつパワーを信じたい。

形見分け

d34b68cc.jpg昨日の電話を受けて、さっそく亡くなった友達の家に行ってきた。
劇団仲間から預かったお金の一部で、花束とお菓子を買って持っていった。

息子たちはダンナの実家に帰省していて、彼は一人でお盆休みを過ごしていたらしい。
今日はとにかく飲もう!ってことで、ビールをガンガン空けながらお喋りをした。
彼女の闘病生活のこととか、最後の1週間の顛末とか、今後の生活のこととかを聞き、私はお通夜や告別式やその後の劇団仲間の話とかを喋り…。深夜までひたすら飲んで喋った。
ちゃんと悲しんで寂しがっていたので、安心した。

彼女が最後まで使っていたというウエストバッグをもらった。
帰宅してからつけてみたら、意外やウエストがぴったり。おいおい、おまえさんこんなに太っていたのかい?と笑えた。
あと葬儀後に大量に送られてきたという「みっくちゅ・じゅーちゅ」。ネットで大人買いしていたらしい。わははー。あいつらしいわ。

うはー残ってるー

昨日の酒が残っていて、少々だるい。
うわーのど渇くー頭いてーぐらぐらするー。
って、思いっきり二日酔いじゃござんせんか。
お茶をがぶがぶ飲んで、寝るしかない。
そんなこんなで昼過ぎまで寝ていたら、すっきりした。
やれやれ。

昨日着た浴衣を洗ったり、着物の本を読んでうっとりしたりしていたら、電話がかかってきた。
先日亡くなった友達のダンナから、このあいだはありがとう、という電話。
自然、友達の話にもなり…なんか淋しそうだなー、そりゃそうだよな。
友達が生前自分の病気のことをネタにしたブログをやっていたということを知り、さっそく見てみた。
そっかー、こんな風に闘病してたんだな…。大変だったんだな。
なんだろなー、こんなに彼女が生きていた証があちこちにあるというのに、もういないんだっていうのが、未だに違和感。
でも不思議なほど喪失感がないのは、私が無情なんだろうか…。
ダンナが「形見分け」を申し出てくれた。
今度家に遊びに行ってこようと思う。

飲み会

P8131429今日はOL時代の友達宅に親友とともにおじゃまして、たらふく飲ませていただいた。
彼女の息子(4ヶ月)にもご対面。おーハンサムくんじゃのう。
おっぱいも飲んで、しごくご機嫌であった。
彼女のお母さんにも初めてお会いした。似てるー。
料理上手な彼女の手料理に舌鼓を打ちつつ、ビールとワインをたくさん飲んだ。
うひゃー、よっぱらいー。
電車で帰路に就き、最寄り駅からタクシーに乗ったら、「浴衣いいねー!じゃ、浴衣割引ね!」と料金を安くしてくれた。
千葉で和装割引とは…ありがたいこってす。

今日のコーディネートは、白地に薄墨で書いたような竹の浴衣。半幅帯は緑と黒のリバーシブルで矢の字に結び、紺紫の三分紐をしめた。ついでに、バラのイヤリングを帯留めに。
が、どっかに落としてきてしまったので、もう1個のイヤリングはちゃんと帯留め用に加工しようと思う。

鶏ハムサンド

P8061390たまに、無性にパンが食べたくなる。
私はめったにパンを食べないのだが、鶏ハムをたくさん作ってしまったので、サンドイッチにすることにした。
<鶏ハムサンド>
①食パン2枚(8枚切りが好き)に辛子を薄く塗る。
②きゅうり1/2本を縦に薄くスライス。トマト・玉ねぎ・鶏ハム(2010/7/26参照)も薄くスライス。
③①に②をはさんで、断面を考えつつ半分に切って完成。
…味付けは鶏ハムの塩味のみ。辛子の量には注意(つけすぎて泣いた私)。
作ってすぐに食べるので、パンにバターやマーガリンは塗らない。
フランスパンでつくっても美味しそうだなー。
イメージとしてはSUBWAY。野菜たっぷりが美味しい。玉ねぎが入ると途端に美味しくなるので必須。
かなり分厚いサンドイッチになるので、大口をあけて食すべし。

「踊る大捜査線3」

P8061391今日は猫友達と一緒に「踊る大捜査線3」を観に行ってきた。
ネットでの評判があまりよろしくなかったので、あんまり期待していなかったのだが…。
いや、これ、面白かったよ~。
ドラマ時代から観ている者としては、あのメンバーがフルキャストで出ているのがやっぱり嬉しいし、お約束のかけあいや、カメラワーク、音楽なども心地よい。
登場人物が変わっていないながらも、立場を得たり、成長したりしているのも微笑ましい。
ストーリイも良かった。和久さん(いかりや長助)追悼が、良い意味で効果的だった。この映画は、和久さんも喜んでくれるんじゃないかなー。
それにしても、小泉今日子と小栗旬どっちが怖かった?
私は断然、小栗旬の方が怖かったっす。ラストの彼の台詞と表情は、かなり怖い。
満喫したよー。

映画のあと、猫友達が拙宅を訪問して、ひとしきりウチの猫たちと戯れてお帰りになった。
お土産にいただいたサーティワンのアイスクリームが美味しかった!
ストロベリーチーズケーキとサーティワンラブ。
懐かしい味覚だった。

画像はいつもこんな風に普通に寝ている空良くん。
猫の矜持はどうした!

トマトの冷や汁そうめん

P8091426昨日よっぽど疲れたのか、今日は一日中眠かった。
日焼けのせいか、体内に熱がこもっている感じなので、野菜たっぷりのそうめんを作った。
<トマトの冷や汁そうめん>
①トマトをザクザク切って、長ネギの斜め薄切りとともになべに入れ、酒・みりん・醤油・塩・ツナ缶(ノンオイルタイプ)を入れてしばし煮る。トマトがぐずぐずになったら、冷蔵庫に入れて冷やす。
②きゅうりの輪切り・しその千切り・茗荷のみじん切りを①に加え、器に盛る。
③茹でて冷水でしめたそうめんを②に盛って、小ネギの小口切りといりごまを散らす。完成。
…冷や汁は、鰺の干物や味噌などをすり鉢であたってなめらかにしたところに野菜を入れてご飯にかけて食べる郷土料理(宮崎だったかな?)。
トマトを入れた冷や汁が新聞に載っていたので、ツナ缶などを加えてアレンジしてみた。
トマトとツナ缶でこくがでるし、きゅうりの歯ごたえが美味しい!
夏ならではのそうめんになった。

東京バスツアー

P8081422ASOBO塾塾長が、今年で還暦を迎える。
それをみんなで楽しくお祝いしようという企画が、今日の東京バスツアー。
なんとバスを1台借り切ってのイベントである。
参加者38名。ツアーコンダクターもガイドも劇団員さん。なんと旅のしおり(歌集付き)まである。
すごーい、校外学習みたいだ!
新宿を出発し、皇居をめぐり、浅草で昼食&お土産、東京タワー見学、新宿にて解散!という日程。
「祝 還暦」のイラスト入りタオルとTシャツ、東京タワーボールペンのお土産まで用意してくださるという徹底ぶり。
皇居も東京タワーも、こんな機会でもないと行かないもんね。
帰宅してみると、けっこうバッチリ日焼けしていた。
16000歩も歩いたー! 汗かいたー! 楽しかったー!
素晴らしく贅沢な1日を過ごさせてもらった。お誘いいただけて感謝、である。

画像はお土産たちと浅草で買ったチープな草履。

いろいろあった日

個人的には大激動な一日だった。
…が、ちゃんと書きたいので、後日。
今日はもう寝ないと、明日大事なイベントが…。では。
--------------------------
というわけで、あらためて。
今日はなんだか気分が良かった。
朝から掃除機をかけて、全室の床を拭き掃除して、汗だくだく。
さーお風呂だー!と思ったら、高校教頭(前中学教頭)から電話がかかってきた。
休職中の支給手当について話があるから、学校にきてほしいとのこと。
ん?4年前に休職した時と同じじゃないの?書類だって提出しているぞ。
と思いつつ、ひとまずシャワーを浴びて学校へ。
事務室で事務長が、言いにくそうに説明してくれた。
基本給の8割を支給できると思っていたが、制度を詳しく調べたら2割しか支給できないと分かったということ。
はー。そうなのか。
前に休職した時は8割出たので今回もそれをアテにしていたんだけど。
そうかー。こりゃキビシイなぁ。預金を切り崩して生活するしかないねぇ。
ま、でも働いてないんだからしょうがない。2割を戴けるので御の字よ。

預金残高と家計簿を見比べてしばし思案。
医療費・猫関係は節約できないな。食費は減らせそう。あとは…。
あ、母さんへの仕送り。これは復職するまでストップさせてもらおう。手紙で連絡するか、電話にするか…。
いっそ実家に行って直接話すか!なんか、このいきおいで行けそうな気がするし。よし、行こう!
…というわけで、えらい久しぶりに実家に電話をして車を走らせたのだった。

いやー、こういう形で実家に行ったのは4年ぶりくらいなのだが、いざ行ってみると4年間の確執がウソのように普通で。
こないだのお通夜で劇団仲間に会った時みたいな感覚で、それが不思議だった。
姪っ子と一緒にエビ餃子作りをしたんだけど、久しぶりに中学生と接するのが楽しくてね。
作り方を教えながら、彼女をからかいながら、面白くて面白くて。
なんだー。私中学生と接するの好きなんじゃん?とかも思ったりして。
教師やれんじゃん?って。
これも不思議だった。
そんな様子を見た母さんに「さすが。教え方がうまい」って褒められて、単純に嬉しかったし。
大丈夫だった。
むしろ楽しかった。
意外。
また行こうと思った。
これも意外。
結局えらい長時間いて、帰宅したのが深夜になってしまった。

なんかね、「人は必ず死ぬ」ってことが実感できたんだよね。
そうしたら、母さんをどうこうしたいとか、母さんにどうあって欲しいとか、逆に母さんが私に何を期待しているのかとか、些末なことのように思ったのよ。
いいよ、母さんがどう生きても。私も、どう生きてもいいし。
死ぬまでの時間は、お互いあんまりないかもしれないから。
だったら、生きてるうちに楽しいこといっぱい、しよ。

…あーーー!! 仕送りの話、するの忘れた! 何しに行ったんだ、私!
いや、ものすごく大事なことをしに行ったんだ。うん。

糖尿病経過報告&うつ病経過報告

P8061393月に1度のダブル通院日。

まずは糖尿病病院へ。
ビクトーザを初めてちょうど1ヶ月が経過したわけだが、この1ヶ月を振り返ってみると血糖値が劇的に下がった。
とくにビクトーザを始めてすぐの頃は、98なんて数値も出たりして、これは「可」どころか「優」レベル。まさに夢の新薬!
と、思っていたのだが。
ひと月たってみると、最初の頃ほどの血糖値は出なくなった。
最近は食前で150位、食後2時間で185位。これは「不充分」レベル。
まあねー。摂取カロリーはある程度気にしているけどきちんと食事療法やってるわけじゃないし、ましてや運動療法はまったくしてないし。
それでこんだけ血糖値が下がったんだから、御の字だよねー。
運動しなきゃ、と思ったっす。でも外暑いんだよなー…。
<現在の薬>
・ビクトーザ0.6㎎…朝(インスリンの分泌をコントロールする注射薬)
・カイマックス錠330㎎1錠…朝・昼・夕食後(お通じをよくする薬※ビクトーザの副作用の改善)

次にうつ病病院へ。
先日友人が亡くなってショックを受けたが、鬱にはならずにすんだ旨を報告。
先生は特に何も言わなかったが、『結構、心が元気になってきたんだな』と我ながら思った。
「怖い夢とかみませんか?」と訊かれ、怖くはないが仕事の夢をみると不快な気分になると答えた。先生は何か思うところがあった様子だった。はて?
<現在の薬>
・ミルナシプラン25㎎2錠…朝・夜(抗ウツ薬)
・マイスリー5㎎1錠…就寝前(睡眠薬)
・デゾラム1㎎1錠…就寝前(精神安定剤)
薬の質・量ともに、変化なし。次回4週間後。

うつ病病院で書いていただいた書類と診断書と3ヶ月分の休職願を提出しに、学校の事務室に行った。
書類の窓口になってくれている事務さんに渡したら、事務長がわざわざ出てきて「休職の件で再来週あたりにお話ししたいことがある」と言われた。具体的な日時は後日連絡してくれるらしい。
話? なんだろ? 詐病だとか思われてるのかな? でも診断書出てるしな。
そういえば先日いきなり中学教頭から電話があって、お盆明けにでも話がしたいとか言ってたなぁ。それと同じかしら?
わーーー、気になるーーー。無駄に不安。大丈夫だけどね、不安よ。

画像はセブンイレブンで見つけたかき氷。単に袋に詰めて売るって…どんだけ雑なのよ。わはは、おもろー。
ちなみに袋の角を切って、直接食べる。雑!

「また逢おうと龍馬は言った」

演劇集団キャラメルボックスの代表作で、再演4回目らしい。
今回は教え子(たぶんキャラメル関係者)から案内があって、親友を誘って観に行って来た。池袋サンシャイン劇場。
満員御礼。補助席だけじゃなく、桟敷席まで出てた。すげー。

んとね。ここから辛口になるけど。
去年の教え子の卒業公演を観た時に、「なんか恥ずかしい!」ってのを感じたのだけど、卒業公演だからかなーと思ってたのね。
でも、本公演で、しかも代表作でも、やっぱ「なんか恥ずかしい!」だった。
懐かしくて、恥ずかしくて、イタイ芝居。という感想である。

20年以上前、キャラメルの極々初期の頃に結構通い詰めたものだ。
「銀河旋律」「スケッチブック・ボイジャー」「サンタクロースが歌ってくれた」「ハックルベリーにさよならを」「ナツヤスミ語辞典」「広くて素敵な宇宙じゃないか」「不思議なクリスマスの作り方」「カレッジ・オブ・ザ・ウインド」…軽く思い出しただけで、これだけ出てくる。たぶん忘れてるけどもっと観ていると思う。
その当時は、明快なストーリー、恋愛至上主義的内容、ファンタジー的要素、大音量のJPOP、ダンス、派手な立ち回り、大仰な演技、早口で叫ぶような台詞、予定調和のギャグ、などなどを楽しめた。ワクワクドキドキして観ていたものだ。
それはきっと、当時の自分たちが大学でやっていた芝居と近いものだったから。
私にとって(そしてたぶん当時の若い芝居人にとって)、キャラメルボックスは身近なタイプの芝居だったのだ。

が、それから20年という時間が流れているというのに、キャラメルは相変わらず1990年代小劇場芝居をやっている。そのことにビックリする。
私が「懐かしくて、恥ずかしくて、イタイ」と感じるのは、大学時代に自分がやっていた芝居を改めて見せつけられるような気分になるからだ。
過去のビデオを観ているのならそれもいいのだが、今・生で・見せられるのはキツイ。
えーーー???と思う。
それでいいの?
芝居ってそれでいいのかなぁー?

それでもあれだけの観客を動員しているのだから、あの芝居を受け容れる土壌が現代でもまだあるんだろう。
とは思うものの、やっぱり「でもなぁ…」と思ってしまう。
私が変わったんだ。ああいう若い芝居を受け付けなくなってしまったんだ。
仕方ないね。
…あ、今になって新井素子作品を読んだ時の感想に似ているな。うん(一人納得)。

追記
坂本龍馬を演じると、誰でも魅力的に見えてしまうということを発見。
福山雅治しかり、内野聖陽しかり、今回の役者さんしかり、古くは武田鉄也しかり。
誰でも魅力的にする役って…すごいなぁ。
でもこれって、『竜馬がいく』の影響だよな。司馬遼太郎、おそるべし。

追追記
結局、昨日のコーディネートで出かけた。
浴衣なのに名古屋帯だし、でも足元は裸足に下駄だし、という着物世界の常識を無視したコーディネートだったので、電車でちゃんとした夏着物をお召しになっている方を見ると、非難されるんじゃないかとドキドキ。
でもいいの。今日はこういう気分だったんだから!
久しぶりに着物着て外出して、なんか自信付いた。
冠婚葬祭じゃなければ、自分の好きに着ればいいじゃん!気にすんなー!!
この夏の外出は、なるべく浴衣で出かけようかな。

葉蓋と長緒

P8041381今日のお茶のお稽古は薄茶と濃茶の平点前(ひらでまえ)。基礎の基礎なのだが、薄茶は葉蓋(はぶた)・濃茶は長緒(ながお)というオプションがついている。
長緒というのは、茶入(ちゃいれ)の入っている袋「仕覆(しふく)」のヒモが長ーいというもので、そのヒモを床につけないためにちょっとした所作が加わる。実はこれ、苦手でねぇー…。
でも今回は珍しく一回で決めることができた。素晴らしい!
で、葉蓋というのは、水の入っている器「水差し」の蓋がわりに大きな葉っぱを使用するという、夏季限定のお点前。毎年やっているのに、1年たつと忘れるんだよね。
いつもは擬宝珠(ぎぼうし)の葉を使うのだが、今回はヤツデの葉が準備されていたのでチャレンジしてみた。ら、葉が厚いわ、切れ込みが多いわ、全然うまいこといかなかった。あきらめて擬宝珠で再チャレンジ! ようやくできた。ほっ。
あまり平点前をやらないので、「中じまい」という所作の存在を忘れていた。
薄茶点前もいい加減だし…。とほほ。

でもウチの先生は所作を覚えていなくても絶対に咎めない。それは(先日お喋りした時におっしゃっていたのだが)「形ではなく茶の心を学んで欲しい」という信念があるからだ。
こういうところに私はシビれてしまう。信念があっても、ついやいのやいの言ってしまう教師は実に多い。私もその一人だと思うし。
けど、10年以上通っている私に対して、ひたむきに形の裏にある心や理屈を説き続けている先生。尊敬するし、とにかくカッコイイ。
芯のぶれない人って素敵だ。

先生のしゃんとした着物姿に触発されて、明日は浴衣を着物風に着て出かけようと思う。
夏帯の付け帯が2本しかなくてねー。1本は葡萄柄だから、もうちょっと後の時期じゃないと締められないし。
もう1本のベージュの花柄は、そういえば一度も締めたことがなかったので、こんな感じでコーディネート。
桔梗柄の浴衣に花柄の帯…花と花でかぶっているのが、ちと気になるが。
ま、いっか。

冷やしタンタン麺風そうめん

P8021371さっぱりそうめんに飽きたら、こんなのも。
<冷やしタンタン麺風そうめん>
①どんぶりに味噌・白練りごまを入れてよーく混ぜ、少しずつ水を加えて伸ばす。シャバシャバになったら、例の茹で鶏スープを入れて混ぜ、キンキンに冷やす。
②肉味噌を作る。にんにくと生姜のみじん切りと合い挽き肉を炒め、出てきた脂をキッチンペーパーで取る。味噌・砂糖・醤油を加え、炒め合わせる。完成。
③茹でて冷水でしめたそうめんを①に入れ、②をてっぺんに盛って、小ネギの小口切りを散らす。ラー油を回しかける。完成。
…ようやく在庫そうめんがなくなったので、太めの半田そうめんで作ってみた。
これが美味しいのなんのって。ビバ半田そうめん!
最近の我が家は茹で鶏のスープを常備しているので、手軽に作ることができた。
茹で鶏スープがなかったら、中華だしをお湯でといてもいいと思う。
肉味噌も、あらかじめ合い挽き肉をいためておくところまでやってあったので、味付けだけだから簡単。
ラー油は手作りラー油を使ったが、これも別に普通のラー油でもいいし。
適当に作ったけど美味しくできたよ~。
プロフィール

べにお

Author:べにお
着物でガッコのセンセーをやってます。
6匹の猫と同居中でしたが、5匹になりました。いつも彼らに世話になってます。
芝居や映画やドラマや読書が好きです。
音楽もめちゃ好きです。
バリバリのインドア人間です。
が、時々ムショーに遠くへ行きたくなり、旅立ちます。
どぞよろしく。

悪意を感じるコメント、第3者を傷つける内容のコメント、争い事のきっかけになってしまいそうなコメント等は私の判断で削除いたします。ご了承ください。

今日の日付入りカレンダー

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
アクセスカウンター
カテゴリ
過去記事(ログ)スクロール

2019/10 (19)

2019/09 (34)

2019/08 (33)

2019/07 (33)

2019/06 (35)

2019/05 (36)

2019/04 (35)

2019/03 (34)

2019/02 (31)

2019/01 (33)

2018/12 (34)

2018/11 (31)

2018/10 (32)

2018/09 (34)

2018/08 (32)

2018/07 (32)

2018/06 (30)

2018/05 (31)

2018/04 (30)

2018/03 (31)

2018/02 (29)

2018/01 (31)

2017/12 (32)

2017/11 (30)

2017/10 (31)

2017/09 (34)

2017/08 (31)

2017/07 (31)

2017/06 (30)

2017/05 (33)

2017/04 (31)

2017/03 (31)

2017/02 (28)

2017/01 (32)

2016/12 (34)

2016/11 (30)

2016/10 (33)

2016/09 (32)

2016/08 (33)

2016/07 (31)

2016/06 (34)

2016/05 (31)

2016/04 (30)

2016/03 (32)

2016/02 (34)

2016/01 (37)

2015/12 (34)

2015/11 (33)

2015/10 (31)

2015/09 (34)

2015/08 (34)

2015/07 (33)

2015/06 (32)

2015/05 (35)

2015/04 (30)

2015/03 (35)

2015/02 (30)

2015/01 (39)

2014/12 (39)

2014/11 (34)

2014/10 (36)

2014/09 (36)

2014/08 (36)

2014/07 (37)

2014/06 (32)

2014/05 (38)

2014/04 (33)

2014/03 (37)

2014/02 (31)

2014/01 (38)

2013/12 (40)

2013/11 (46)

2013/10 (38)

2013/09 (31)

2013/08 (34)

2013/07 (37)

2013/06 (36)

2013/05 (37)

2013/04 (35)

2013/03 (39)

2013/02 (31)

2013/01 (34)

2012/12 (35)

2012/11 (34)

2012/10 (40)

2012/09 (37)

2012/08 (33)

2012/07 (33)

2012/06 (33)

2012/05 (37)

2012/04 (33)

2012/03 (40)

2012/02 (29)

2012/01 (38)

2011/12 (32)

2011/11 (33)

2011/10 (35)

2011/09 (32)

2011/08 (35)

2011/07 (32)

2011/06 (32)

2011/05 (41)

2011/04 (31)

2011/03 (33)

2011/02 (30)

2011/01 (32)

2010/12 (32)

2010/11 (30)

2010/10 (32)

2010/09 (32)

2010/08 (32)

2010/07 (34)

2010/06 (33)

2010/05 (31)

2010/04 (30)

2010/03 (31)

2010/02 (28)

2010/01 (31)

2009/12 (31)

2009/11 (32)

2009/10 (31)

2009/09 (30)

2009/08 (31)

2009/07 (31)

2009/06 (31)

2009/05 (31)

2009/04 (30)

2009/03 (31)

2009/02 (28)

2009/01 (31)

2008/12 (32)

2008/11 (30)

2008/10 (32)

2008/09 (30)

2008/08 (31)

2008/07 (29)

2008/06 (28)

2008/05 (30)

2008/04 (20)

2008/03 (27)

2008/02 (26)

2008/01 (28)

2007/12 (28)

2007/11 (25)

2007/10 (25)

2007/09 (14)

2007/08 (12)

2007/07 (19)

2007/06 (27)

2007/05 (34)

2007/04 (32)

2007/03 (28)

2007/02 (20)

2007/01 (21)

2006/12 (24)

2006/11 (23)

2006/10 (27)

2006/09 (16)

2006/08 (10)

2006/07 (5)

2006/06 (3)

2006/05 (7)

2006/04 (12)

2006/03 (10)

2006/02 (5)

2006/01 (9)

2005/12 (3)

2005/07 (1)

2005/05 (1)

2005/02 (1)

2004/11 (1)

2004/10 (3)

2004/07 (1)

2004/04 (1)

2004/03 (3)

2004/02 (3)

2004/01 (1)

2003/12 (4)

2003/04 (1)

2003/02 (1)

2003/01 (1)

2002/12 (1)

2002/11 (1)

2002/10 (1)

2002/09 (1)

2002/08 (3)

検索フォーム
にほんブログ村