FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
五目豆・煮豚定食
2010年12月13日 (月) | 編集 |
今日は雨模様。寒い寒い!
そして雨の日はもれなく眠い。
昼過ぎに起きて、活動開始。

アトリエ公演の案内板を作った。
お客様がスムーズに来場いただけるよう、案内スタッフが首からぶら下げるもの。
チラシの予備がたくさんあるので、イラスト部分を切り張りしたりして、かなり楽しんで作成した。
図画工作は昔から大好きだー♪
来週の今頃は、もう公演が終わっているのかと思うと不思議な感じ。
精一杯楽しもうと思う。

PC122152いつもお邪魔しているブログで以前「実家で五目豆を食べた」という記事があった。
五目豆…我が家では登場したことがないなぁ。
どんな料理じゃ?と検索してだいたいの感じが分かったところで作ってみた。
<五目豆>
①鍋に水をはり、出し昆布を浸して数時間おく。その鍋を火にかけて沸騰直前まで熱し、火を止める(昆布だしの完成)。昆布を取りだし、1センチ角に切っておく。
②こんにゃく・ごぼう・人参をサイの目に切っておく。
③昆布だしに②と①の昆布と水煮大豆を入れて、顆粒だし・酒・みりん・醤油を入れて煮る。アクが出たらすくう。煮汁がほとんどなくなったら完成。
…箸休めにピッタリである。
レシピによっては肉類を入れるタイプもあるが、シンプルに作ってみた。
煮ていると昆布からぬめりが出てくるが、気にしない。
少し薄目の味付けの方がいいかも。
箸でひょいひょいつまんで食べるのが、楽しい。

PC132153今日の夕飯は煮豚定食。
煮豚はブログ「くるねこ大和」で紹介されていた、豚肩肉を茹でてからタレ(私は醤油・砂糖・みりん)に漬ける、というもの。
ジップロックにタレと肉を入れて、空気を抜きつつ口を閉じて冷蔵庫に入れると、まんべんなく漬かって良い。
スライスした煮豚を今回はフライパンであぶってみた。
煮豚のあぶり・かぶの千枚漬け風・具沢山味噌汁・玄米ご飯。
<かぶの千枚漬け風>
①かぶの実を薄くスライスし、ビニール袋へ入れる。
②塩・砂糖少々・酢少々・出し昆布をキッチンバサミで細切りにしたものをビニール袋に入れ、袋の上からモミモミする。しばらく置いて、完成。
…塩もみだけでも美味しいこの時期のかぶだが、昆布・砂糖・酢を加えた途端に千枚漬け風に!
お手軽で美味。冬はこれだね~。

実は豚肉を茹でた後の茹で汁を、脂を取り除いて五目豆に利用した。五目豆にコクが出たと思う。
茹で汁には豚の旨味が溶けだしているから、捨てるのはもったいない。
スープにしてもいいし、餃子の具に混ぜても小龍包風になって美味しいと思う。
脂は茹で汁を冷ませば表面に固まるので、箸で簡単に取り除くことができる。
そういえば煮豚を作る時、からを剥いたゆで卵を一緒に漬けるとこれまた美味。
いやー、有効活用できるおかずだなぁ♪