FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
2011-02-07 (月) | Edit |
着物部屋のお片づけが、いい感じで進行している。
袋帯・付け帯・半幅帯を押入の収納ボックスにまとめた。
今まであちこちに帯が分散していたのが、これで見やすくなった。
それぞれの帯をフォーマル・カジュアルと分けたので、今後のコーデが楽になりそう。
帯を移動したら、箪笥に余裕ができた。嬉しい!
そこで、引き出しの着物をフォーマル・カジュアルだけでなく、着る時期を考えて分けることにした。
だーいぶ箪笥の中身とアタマの中身がすっきりしてきた。
少しは機能的になったかな?

P2072567ちょっと腰が痛かったので、今日は着物で過ごした。
縞の木綿着物に半幅帯、下にはヒートテックと長襦袢。
帯で腰が固定されてラク。しかもお腹周りが暖かくて素敵。
ところが着物整理をしていたら、だんだん暑くなってきて長襦袢を脱ぐことになった。
すごいなー、ずいぶん気温が上がってきているんだな~。
最近半幅帯の時はかなりいい加減な結び方をしている。
「カルタ結び」というのが気になる。背中がぺったんこになる結び方で、着心地が良さそう。私の持っている着付けの本には載っていないのだ。
ネットで調べてみようかしら…。

P2062556海大にーちゃんが最近あまったれだなぁ。
私がコタツに入っていると、ずかずかと膝に乗ってくる。
他の猫が乗っていると遠慮してばかりいるから、おにーちゃんも甘えないとね。
「ふいー、気持ちよくてたまらんぜい!」
喉の下がツボだね~。気持ちよくて良かったね~。

2011-02-07 (月) | Edit |
連日報道されている相撲のこと。
中には「八百長だと薄々思いながら、それを含めて楽しんでいた」という意見もあるけど、おおかたの人が「許せない」としているのは、
つまり「うそをついちゃいけません」「正直でなくちゃいけません」ってことなんだろうなぁ。

学生時代プロレス好きの先輩が「プロレスは演劇と一緒。ショーなんだから」というようなことを言っていて、へー!と感心した覚えがある(私はプロレスのことを知らんから、先輩が言ったのが真実かどうかは分からないけど)。
いかに観客を楽しませるかを考えて筋書きを作り、打ち合わせ済みなのだという。
言ってみれば八百長だ。
しかし「演劇と一緒」と考えると、それは至極当たり前のことで、
筋書きがあって、演出済みの打ち合わせ済みの練習済みを、「許せない」とする人はいない。
プロレスと相撲は、何が違うんだろうね?

いや、別に「八百長ノープロブレム」派というわけではないのだが、
「良くできたショーだ」と満足できないのは、前述した「うそ」と「正直」の点においてなんじゃないかなーと思った次第。
価値観なんて人によって様々だと思ってきたけど、「うそをついちゃいけません」「正直でなくちゃいけません」は意外とみんなに共通する価値観だったんだなぁ、と。

この2つのことって、子どもの頃に散々言い聞かせられた文句であり、
してみると幼少期に植え付けられた価値観というのは心の底にしっかりと根付いているものなんだなぁ。

なんてことを、ここ数日つらつらと考えている。