FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
今日のコーデ・仕事納め
2011年12月22日 (木) | 編集 |
PC214738今日のコーデ。最高気温:6.9度(湿度:69%)、天気:快晴。寒いったら寒いったら!
ダイヤ柄藍大島、青い森の帯、くすんだピンクのちりめん帯揚げ、同色の帯締め、緑のチェック半衿、えんじ色の足袋っくす。
下はポリの二部式襦袢。
いーやー、今日は寒かったわ! 雪が降り出しそうな感じだった(降らなかったけど)。
この帯揚げと帯締め、初めて自分で選んで買ったもの。
201111 099この頃から、こういうポップな感じが好きだったんだなぁ。
今日はこの格好で老人ホームに行って来たぞ!

昨日あれからCDをレンタルして、曲目を選んで、構成を考えて、生徒が述べる口上も書き込みつつ、台本のような歌詞カードを作った。
で、使用する曲をCDに録音してから就寝。
今朝は普段より30分以上早く学校に行き、歌詞カードを印刷し、色紙で表紙をつけ、部員たちに配り、指示をだし…。はぁ、朝からフル稼働。
終業式のあとは、空き教室で歌の練習。ついでに振り付けをしたりして。
リハーサルを2回やってから、老人ホームに移動した。
結局、くだんの女性顧問も一緒に引率してくれた。
さて、幕開きは私の前口上から。
例年発表の機会を与えていただき感謝している、ということ。
今回はかくかくしかじかで公演ができなくなり申し訳ない、ということ。
にわか仕立てだがクリスマスソングを歌うので聞いてください、ということ。
そして部員が登場し、「赤鼻のトナカイ」と「あわてんぼうのサンタクロース」を振り付きで歌う。おじいちゃん・おばあちゃんがニコニコしながら手拍子を入れてくださった。
「最後にきよしこの夜を歌います。よろしければ皆さんも一緒に歌ってください」と部長が口上を述べて歌い出すと、本当に一緒に歌ってくれた…。
まとめの口上を部長が述べてお礼を言い、10分少々の発表は終了。
その後、女性顧問が申し出て、各テーブルを生徒たちが回ってホームの方々と一緒に写真を撮った。笑顔・笑顔でみなさん楽しんでくださったみたいだった。はー、良かった。
部員たちもこの暖かい対応に感激したらしく、口々に「うれしかった~!」「お芝居やりたかった!」「観て欲しかった!」と言っていた。
老人ホーム公演ではいつも、観客のみなさんに助けられる。
お客様の喜ぶ姿を見て自分たちも嬉しくなる。そういう素敵な循環を教えてくれる大切な機会だ。
芝居はできなかったけど、部員たちにとって素晴らしい経験だったと思う。
…で、例の女性顧問は「あの子たち、上手ですよね~。大きい声で歌ってたし」とにこにこと言い、「じゃ、ありがとうございました!失礼しま~す」と去っていったのだった。
そう、彼女の一番の功罪は『まったく悪気がない』ということなのだ。まるで幼い子供のお遊戯を観て喜ぶ親のように、無邪気に部員の発表を観てただ喜ぶのだよ、いつも。でもそれって、顧問の指導では決してないんだよなぁぁぁ…。でもそれに彼女はいつまでたっても気付かないんだろうなぁぁぁ…。
だから私は彼女に腹を立てるたびに、自分が悪者であるかのような気分になるのだ。そして余計に不快になる。
彼女はきっと、悪い人じゃない。だけど、合わない。これはいたしかたのないことだ。
ともかく、これが今年の仕事納めである。おつかれさま、自分。

PC224739今日は冬至。
カボチャの煮付けとゆず湯の代わりにこれ。
明日は岩合光昭さんの猫写真展を観に行ってこよう♪
お直しが終わった着物を着て行こうっと。ららん♪

木曜日は空良くんバナー。お帰り前にポチッとしていただけると嬉しいです♪
br_decobanner_20110611220432いつもありがとうございますです。
かぁちゃーん、寒いからもう寝ようよ。そうだね、一緒に寝ようか。