FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
自己肯定感
2012年03月05日 (月) | 編集 |
ほぼ日刊イトイ新聞「今日のダーリン」より

・なんども、ここで「自己肯定感」ということについて、
 言ってきている。
 気になってしょうがないことばなのだ。

 ちょっと耳にしたり目にしたりすると、
 「じぶんのことばかり、いいと思ってる」そういう感じ?
 なんて思えるかもしれない。
 うん。そういうことでもあるのかな。そうかもしれない。
 でも、それだけで言い切れないとわかるのは、
 逆のイメージを想像してみたときだ。
 
 逆は、「自己否定感」あるいは「自己肯定感がない」。
 これについて、「謙虚でいいじゃないか」と思うかな?
 もうちょっと想像してみたら、どうだろう。
 「じぶんは肯定されてない」と感じながら生きてること。
 そんなふうな意味になると思う。
 これは、とてもきついことだろう。
 「いないほうがいいのかもしれない」という思いと共に、
 日々を過ごすということは、人のいのちを削っていく。
 人どころか、犬やら猫やらだって同じだ。
 「いないほうがいい」と思われながら、
 飼われていたり、捨てられたりしているものもいる。
  
 「じぶんはいてもいい(に決まってる)」と、
 思って生きていられることと、
 そう思えずに生きていることとの間には、
 とんでもなく大きなちがいがあると、ぼくは思う。
 ほめられたりかわいがられたりしながら育つ子どもと、
 貶されたり馬鹿にされたりしながら育つ子どもとでは、
 たぶん「自己肯定感」に、ちがいができるだろう。
 おそらく、おとなになってからでも、そういうことだ。
 
 「自己肯定感」ということばを、
 意識しながらいろんなことを考えている。
 それを失っていそうな人を見たとき、
 それを感じられないじぶんを発見したとき、
 他人のそれが否定されている場面に出合ったとき、
 これはいけない、と気づくようにしている。

 自己肯定感って、「わがまま」のことじゃないよ。
 昼寝している犬の寝顔みたいなものだと思うんだ。

-----------------------以上、引用。

「自己肯定感」って、けっこう私にとってキーワードだったりする。
特にうつ病の最中には、この言葉に苦しめられた。
まさに、私は「自己否定感」の塊だったから。自己を肯定することなんて、全くできなかったから。

寛解した今の私は、時々当時の思考をたどってみる。
自己否定ばかりしていた頃の私も自分の中にはあるから、その頃の思考も思い出すことができるし、その時の感覚も蘇らせることはできる。
自分は劣悪で、最低で、無価値で、非力で、存在するのが迷惑な人間だ。
12年間そう思っていた。その感覚は実感として思い出せる。
でもねぇ、…と今の私は思うのだ。
でもねぇ、世の中そんな捨てたもんじゃないよ。
周りの人たちは、意外と敵じゃないよ。
けっこう私って、イケてるよ。
不思議と私って、愛されてるよ。
…たぶん、これが「自己肯定感」なのだと思う。
自分が存在していていいんだ、という実感。

私は今、日だまりの中の猫くらいにはなれたのかもしれない。
それがたまらなく嬉しくて有り難い。
春♪・テキトー料理
2012年03月05日 (月) | 編集 |
今日のコーデ。14時の気温:5.6度(湿度:94%)、天気:雨のち曇り。
寒かったなー。雨がじゃんじゃか降っておった。
雨の日コーデの春待ちコーデの猫コーデ。
P3045374.jpg20120305 002P3045376.jpg
ブルーベリーチェックのポリ、黒地に桜と猫のポリ帯、白地に市松桜柄の帯揚げ、桜色の帯締め、黒地に猫刺繍の半衿、黒の足袋っくす。
下は二部式正絹猫襦袢!、ヒートテック8分袖Tシャツ、ヒートテックレギンス、レッグウォーマー。
ポリ着物にポリ帯で、完全雨対策。
桜帯に桜帯揚げ&帯締めで春待ち。
ついでに、帯と半衿が猫!
なんか「掛詞(一つの言葉に二つの意味を兼ねさせる技法)」とか「縁語(関連ある語をあえて用いる技法)」みたいなコーデになったな…。
3月になると、春っぽいコーデにしたくてムズムズする! 桜、もういいかなぁ?
この帯は安いポリ帯なのだが、なかなか評判がいい。桜の舞う中、お腹を出してゴロンゴロンしている猫が可愛いからかな? ただ、ゴロンゴロン猫と後ろ向き猫の間隔が長めで、お太鼓にするときに両方いっぺんには出せないのが残念。

そんなわけで、二部式正絹猫襦袢を初めて着てみたのだけど…。
これがまあ、とんでもなく着心地が悪かったっ!!
衿が全くきまらなくて、しかも体にそわなくてブカブカに。
んでもって衣紋もきまらず、着付けた後に半襦袢を引っぱって整えようとしたけど、全然引っぱることもできず…。
むむむ…。襦袢の中で体が泳ぐようで、どうにもこうにも居心地が悪い。
おまけに半衿の猫刺繍の位置がイマイチ高めで(あと3センチ下だったなぁ!)、可愛い顔が隠れてしまう。「頭隠して尻隠さず」みたいな猫になっちゃうので気になって一々半衿を出したり。
とにかくもう襟元が気になって気になって。
夕方頃には首と肩がガチガチに凝ってしまって、あわてて接骨院でマッサージしてもらっちゃったわよ。まったくもう。
おそらく原因は、
①紐をつけた位置が下過ぎた。
②三河衿芯がおニューだったので、まだ固すぎた。
③脇縫いの馬乗りが、まだ足りなかった。そのため、胸元をきっちり包むことができなかった。
以上と思われる。
ふぐーーー、更なる改良が必要じゃあ!

今日の料理は、テキトー。
<豆豆ツナマヨ>
P3045377.jpg
①大豆の水煮と枝豆を器にあける。
②①にゆず胡椒とマヨネーズを油をきったツナ缶を入れて、よく和える。完成。
…枝豆は冷凍品を使用。色味の問題なので、大豆水煮オンリーでも可。どっちにしろ、大豆じゃ。
料理とはいえないほどのテキトーさだが、ゆず胡椒を入れたのがポイント。イキナリ美味しくなる。
これねー、ビールに合います♪
<スナップエンドウとえびと卵としめじの塩炒め>
P3055378.jpg
①むきえびはビニール袋に入れて塩コショウし、酒を少し入れてもむ。
②スナップエンドウは筋をとり、しめじは小房にわけ、卵は溶いておく。
③フライパンに油を熱し塩を入れ、スナップエンドウとしめじを炒め、皿にとる。
④同じフライパンに油を入れて熱し、卵を一気に入れてふわふわの炒り卵を作り、皿にとる。※炒めすぎ注意。
⑤①に片栗粉を入れてまぶし、同じフライパンに油を熱して炒める。色が変わったら③と④を入れて合わせ、水を加えてトロミをだす。塩で調味し、完成。
…スナップエンドウとえびの組み合わせが好き!
スナップエンドウが甘くてシャキシャキで美味しいのだ-。
黄色と緑とほんのり赤で、なんか春っぽい炒め物。
<照り焼きチキンのサラダ>
P3055379.jpg
①お総菜の照り焼きチキンをレンジでチンしてあたため、一口大に切る。
②3センチ幅に切った水菜を皿に敷き、①と一口大に切った豆腐を盛る。完成。
…お好みのドレッシングをかけてどうぞ。
ゴマドレッシングと和風ドレッシングでためしたが、どっちも合ったよん♪

月曜日は海大くんバナー。
br_decobanner_20110608205601[1]いつもありがとうございます。恐れ入りますが、クリックしてください。いいこのオイラからのお願いです。