FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
餃子 その2
2012年05月12日 (土) | 編集 |
今日のコーデ。最高気温:20.1度(湿度:27%)、天気:晴れ!
爽快な一日だった~。いや、少々肌寒いくらいか?
気温もだけど、湿度がとにかく低く、北風が強かったのが原因だろうな。
シマウマのお召し単衣、銀色の半幅ポリ帯、薄紫の半衿、黒とショッキングピンクの帯締め、黒の足袋っくす。
P5115671.jpg
こらこら、空良っちくん、どきなさい。
P5115672.jpgIMG_0931.jpg
下は麻の二部式襦袢、サラファインTシャツ、ステテコ。
この陽気なら、絹物単衣もOK。下が麻だったせいか、至極快適だった。
んでも、これからは20度以下ってことはないだろうから、絹物は当分おねんねしていただくかな~。
袷を激安で丸洗いしてくれるところをヤフオクで発見したので、特に着用頻度の高かった6枚を出すことにした。
これで袷の乗っていた衣装段があくので、そこに夏着物たちを移動する予定。ぐふふふ。

着姿の写真を少し下方向にずらしてみると…
IMG_0932.jpg
ジャジャン。こんななのですわ、この着物。
ええ、胴接ぎの布がモロに出るのですね-。ぐすんぐすん。
でもね、これ、胴接ぎの直しをすでに3回受けているんですよ。
また直しに出すのは、さすがに嫌なのですよ。
で、自分でなんとかできないかなーと思ったのですが、どうも胴接ぎ部分の布を外したら対丈で着るしかない!という感じの丈でして。
あーーーーーー…………。
対丈にしたら、さらに着用頻度が下がっちゃうし。やっぱもう、開き直って今のまま着るしかないかなー。「こういう着物なんデス!!」って。

一昨日中華料理屋で食べた「上海ワンタン」ってのが、べらぼうに美味しくてね。
ワンタンの皮に餃子の具っぽいものを包み、茹で、さらに焼いたと思われるシロモノ。
冷蔵庫をあけると、先日のあまりの餃子の皮。
ムラムラと味の再現をしたくなりまして…以下のようにして作ったさ-。
P5125682.jpg
<上海ワンタン風焼き餃子>
①豚挽肉、みじん切りにんにく、砂糖少々、醤油、ウイスキー(紹興酒の代わり)、オイスターソース、XOジャン、ごま油、ネギ油、塩こしょう、五香粉少々をボウルに入れ、手でよーーーっく混ぜる。粘りけがでるくらいまで。
②①ににらとザーサイのみじん切りを加えて更に混ぜ、餃子の皮に包む。
③フライパンを熱し、片隅に油だまりを作る。餃子の底を一つ一つ油につけて、フライパンに並べて焼く。焦げ色がついたら、水をフライパンの高さ半分くらいまで注ぎ、ふたをして蒸し焼きにする。
④水分が飛んだら、ふたをあけて残りの水気を飛ばし、皿に盛る。小ネギの小口切りといりごまをふる。完成。酢をつけて食す。
…かなり肉肉しい感じの餃子になる。
上海ワンタンでは、ワンタンの皮で包み、いったん茹でてから焼いていたような感じ。
うん、お店の味になんとなく近い感じにできたぞ。ザーサイと五香粉がポイントとみた!
これはお酢のみをつけて食べるのが美味しいと思う。お試しを~。

ようやっと中間考査問題に着手。
うーーーーん、明日でなんとか形にできたらいいなぁ。
夜になったら寒いよう。暖かくして寝るっすー。

土曜日は黄ちゃんバナー。いつもありがとうございます。2つともポチッとしていただけると、励みになります♪
br_decobanner_20110613205959にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村