FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
福島へGO! その2
2013年05月06日 (月) | 編集 |
前回までのあらすじ>
いきなり福島1泊ドライブ旅行が決定した我々は、車のお尻を眺めながらドライブし、喜多方ラーメンに舌鼓を打ったのだった。

さすがに鶴が城公園は、ものすごい人出だった。
RIMG0030.jpg
角度を変えて撮ると、なんだか禍々しい雰囲気に。
RIMG00311.jpg
おどろおどろしい…。
私:「絶対何か良くないことが起きるね…(笑)」
同行人:「不吉だ…(笑)」
奥へ進むと、土井晩翠の歌碑があった。歌はもちろん、「荒城の月」である。
RIMG0033.jpg
1番しか知らない…(笑)。2番以降が知りたいが、歌碑の字が達筆すぎて読めない。
クヤシイのでiPhoneで検索して調べた。以下が、荒城の月全文。

「荒城の月」土井晩翠作詞・滝廉太郎作曲
1.春高楼(こうろう)の花の宴(えん)
 巡(めぐ)る盃(さかずき)かげさして
 千代(ちよ)の松が枝(え)わけ出(い)でし
 昔の光いまいずこ

2.秋陣営(じんえい)の霜の色
 鳴きゆく雁(かり)の数見せて
 植うる剣(つるぎ)に照りそいし
 昔の光いまいずこ

3.いま荒城の夜半(よわ)の月
 替(かわ)らぬ光たがためぞ
 垣に残るはただ葛(かずら)
 松に歌うはただ嵐(あらし)

4.天上影は替らねど
 栄枯は移る世の姿
 写さんとてか今もなお
 嗚呼(ああ)荒城の夜半の月
あーすっきりした!

公園内には「麟閣」というお茶室がある。せっかくなので見学した。
パンフレットによると、千利休の弟子が会津城主で、利休の子の少庵をかくまったのだそうな。
で、その少庵が会津にいる間に建てられたのが、この「麟閣」なのだと。
寄付。
RIMG0037.jpg
中門。
RIMG0038.jpg
腰掛待合。
RIMG0039.jpg
つくばい。
RIMG0040.jpg
鎖の間(茶室に付けられた書院的一室)。
RIMG0041.jpg
麟閣(中は見られないので、にじり口のみ~)
RIMG0042_20130506160715.jpg
庭には桜が満開♪ 白い八重桜。
RIMG0047.jpg
きれいね
RIMG0048.jpg
裏門近くのしだれ桜。
RIMG0049.jpg
とにかく公園内には桜がたくさんでね。おなじみピンクの八重桜も満開!
RIMG0052_20130506155445.jpg
鐘撞き堂なんかもあったりして。
RIMG0053.jpg
広々として気持ち良かったっす!
ラーメンで膨れたお腹の、腹ごなしにぴったりでござんした(笑)。
あ、これが土井晩翠の像。
RIMG0054.jpg
さーて、ぼちぼち今夜の宿に向かいますか!
その3へつづく>

月曜日は海大くんバナー。お手数ですが、二つともポチッとな、していただけると励みになります♪
br_decobanner_20110608205601[1]にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村