FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
2013-10-05 (土) | Edit |
今日はほぼ1日中雨。
にもかかわらず、体育祭決行。くたびれた。

体育祭よりも、私には気になることがあった。

一昨日から、黄ちゃんが食事を摂らない。
水も飲んでいる様子がない。
トイレにも行っていないようだ。
普段からあまり他の猫たちと一緒にいないコではあるが、ずっと2階の寝室にこもりきりであった。
おかしい。ここ数日でさらに痩せたようだ。
体育祭を終えて急いで帰宅し、黄ちゃんをキャリーバッグに入れて病院へ。
これも、普段の彼女なら捕獲は不可能。それがあっさりとキャリーバッグに入ったのだから、どれほど弱っていたのかが分かる。
病院では、まず口内を確認。やはり非道い口内炎だった。さらに歯石もゴッテリついていた。
塗る麻酔(?)をして、歯石を取り除く。歯はまだ抜けそうになかった。
血液を採取して、検査。その結果が、とんでもなかった。
まず、肝臓があまり機能していない。だから毒素が体内に。
腎不全であるのは、間違いない。
血糖値もめちゃくちゃ高い。
白血病の疑いもある。
…アタマが真っ白になった。
「もともと糖尿病なり白血病なりの素因はあったのかもしれません。それで口内炎が非道くなって食べられなくなって、免疫が落ちて一気に表面化したのかもしれません。正直、どこから手をつけたらいいか…という感じです」
「今日明日で食欲が戻ればいいのですが…とにかく、何でもいいから食べられそうなものをあげてください。それでも何も食べなかったら、点滴をします。」
「腎不全で今日明日に容態が急変することはありません。2週間くらいは大丈夫でしょう」
そんなに非道いんだ…。

黄ちゃんがウチに来て、2年と7ヶ月。
私は彼女を抱っこしたのは、今日が初めてだ。
爪を切ったのも、なにより病院に連れて行けたのも。
黄ちゃんは、他の猫たちとの折り合いが悪く、ウチの中でも孤立していた。
しかし、機嫌の良いときは私の膝に載って甘えてきたし、お客様にも姿をみせるフレンドリーな一面もあった。
心を全部開放してはくれなかったが、それでも、それなりに我が家での暮らしは心地よいのだろうと思って、気長に待つつもりだった。
けど、それは私の手抜きだったのかもしれない。
もっと早く、どれだけ逃げられても、ひっかかれても、嫌われても、無理矢理でも、捕獲して病院につれて行くべきだったのかもしれない。
あれだけ頑なに病院と抱っこを拒否してきた彼女が、あっさりとキャリーバッグに入り、あっさりと私に抱かれているのを見ると、嬉しいのだけど苦しい。

黄ちゃん、食べよう。とにかく、食べよう。
あちこち悪くなっちゃったけど、これからなるべくつらくないように過ごそう。
頼む、食べてくれ。
こちら、今日病院から帰ってきたばかりの黄ちゃん。
IMG_0526.jpg
こちらは8月下旬の黄ちゃん。
IMG_0519.jpg
…ずいぶん痩せちゃったね。もっと早く気づけなくて、ごめんね。

土曜日は黄ちゃんバナー。いつもありがとうございます。2つともポチッとしていただけると、励みになります♪
br_decobanner_20110613205959にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村