FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
| Login |
2013年12月25日 (水) | 編集 |
朝ご飯。ヨーグルトの煮りんごのせ。
20131225_01.jpg
ラム酒とシナモンを利かせて煮てみた~。はー美味し!

さてさて、教員免許講習2日目である。
昨日は2時間ずつの3講座、今日は2時間ずつの2講座+1時間の1講座+筆記試験。
昨日の講義はどれも興味深く勉強になったのだが…今日はハズレだったなぁ、1勝2敗。
特に2時間目の講義が、聴いていてだんだん不快な気分に。
なんだか、この先生の授業は鼻につくなぁ。なんでそう感じるんだろう?…と、また分析を始める。
・妙にドラマチックに盛り上げようとするんだが、底が浅くてバカにされている気分になるんだよなぁ。
・小芝居も多い。一人芝居か?って感じ。
・自分に自信があるんだろうねぇ、『そうでしょう、そうでしょう、私は全て分かっていますよ』という感じで上から目線で教えているように感じる。なんだろ、自分の経験に絶大なる自信があるって感じ?
・受講生を無理矢理参加させるのも不快。子供じゃないんだからさ、そっとしておいてくれよ。
…と、分析をしつつハタと気がついた。ヤバイ、こういうことって私もよくやるかも…。
人の振り見て我が振り直せ、だね。海より深く反省してしまったよ。
この講義で得た教訓。
「授業は話術ではなく内容で聴かせるべし!」
肝に銘じておこうと思う。

さてさて、お届け物が2つ。
一つは、「ほばーりんぐ・とと」のとんぼさんから。
20131225_02.jpg
可愛いラッピング♡ クリスマスのリボンが嬉しいなぁ。
20131225_03.jpg
なんだなんだ???
20131225_04.jpg
おおっ? 猫の編みぐるみ??
20131225_05.jpg
と思ったら、猫のルームソックスでしたっ!
とんぼさんからのカードに曰く「飾りがジャマで履けないルームソックスです(笑)」とあったが、ふふふ…しっかり履いちゃいましたよっ!
どうも有り難うございます~♪
そして、先日ひめ吉さんで購入した半衿も届いた。
封筒もクリスマス仕様。かわええ♡
20131225_071.jpg
買ったのはこの2枚だすー。
20131225_08.jpg
来年の干支もの、雪輪午と散々悩んでダービーに!
そして黒地に赤いバラは、「●着物と猫とカネコ系●」のあすかさんの記事を読んで「しまった、気になってたのに、この半衿をまだ買ってなかった!」とムラムラッと来て衝動買い(笑)。赤黒の組み合わせがめちゃくちゃ好きでねぇ。
明日から本格的に冬休みなので、半衿たちの足し布付けやら、年賀状作りやら、大掃除やら…いろいろインドアに楽しもうと思っています♪

水曜日は咲夜さんバナー。咲でしゅ。いつもありがとうございましゅ。2つともクリックしてくださると励みになるでしゅ♪
br_decobanner_20110607235956にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村 

2013年12月25日 (水) | 編集 |
前回のあらすじ>
合計9種類(うそ。8種類/笑)の晴れ着コーデをたまさんに送り、回答を待った。

たまさんからは速攻でメールが来た。
たまさん:「その1か、その2! 帯が明るくて、小物の色が華やかに見えます。クリスマスも近いし!」
おお! そうか!!
で、改めて<その1>と<その2>を眺める。うーん、どっちも少しずつピンとこないなぁ。
あっ、そうだ!
私:「たまさん、こんなのはどう?
<その2>なんだけど、伊達襟を<その1>のライムグリーンにしてみたの。
どうやら、帯締めは朱色と黄緑の方にしたいんだけど、伊達襟の赤は私の中でイマイチみたいで(笑)。
20131222_01.jpg
20131222_02.jpg
あ、バッグと草履も発掘したんでお披露目。こりゃ、成人式の時のだね。
20131222_03.jpg
見事に何も入らないバッグだなぁ。むー。
もうちょっと探してみるか。」
すぐにたまさんからメール。
たまさん:「うん!こっちがべにおさんにいい感じ。ライムグリーン華やか&爽やかだよね!
バッグにはご祝儀袋と車のキーと口紅が入れば良いのでは?」
うーん、でもこのバッグだとご祝儀袋も入らないのだ。ふくさに包んだら更に大きくなるし、財布と携帯も持っていきたいしなぁ。
で、箪笥をごそごそとひっくり返してみると…おおっ、こんなバッグがあったか!
20131222_01_01.jpg
利休バッグなんて、私もってたんだなぁ(笑)。しかも、いかにも「未使用」って感じ。
よっしゃ、たまさんにメールじゃ♪
たまさん:「エライ! 金色ベースの利休バッグだよね。帯と格も合うし、茶会でも使うし、大丈夫ですよ。そりゃ振袖用バッグは第1礼装級だから格は申し分ないけど、何も入らなくてサブバッグ持ったら本末転倒だし。やあ、よく金色ベースの利休バッグがありましたね!」
え…金色ベース? たまさん、それ画像マジック! これ、金色ベースじゃないから!
ここで、メールがまどろっこしくなって、深夜にもかかわらず直接電話をかける。ホント、いつもすんません。
私:「どもー。たまさーん、これ、金色ベースじゃないの! 光沢あるけど、金糸じゃない! それでも大丈夫かなぁ?」
たまさん:「あ、そうなの? でもこの感じなら、大丈夫よ~。ほら、ホントにカジュアルな布地の利休バッグってあるじゃない? それだったら、軽すぎてどうかと思うけど」
私:「うーんとね、お茶で使う古帛紗(こぶくさ)みたいな感じよ。表千家で言う出し帛紗みたいな? 有識文様みたいな?」
たまさん:「いいんじゃん? 大丈夫大丈夫♪」
私:「ありがとー。じゃ、バッグはこれで、草履はさっき見せた金ぴかので…あ、そうだ、一つ訊いていい?」
たまさん:「なに?」
私:「足袋なんだけどさ…」
そう、私の足は26.5センチだったと先日判明し在庫の白足袋が合わないことが分かったため、こないだ新宿伊勢丹で白足袋を新規購入したのだ。
試し履きをいろいろしてみたが、綿足袋の26.5センチは妙に親指のサイズが大きくてフィットせず、他の部分も妙にシワがよって美しくない。ゆったりめ、普通、狭め、どれを試してもだ。むー、気に喰わん。
私:「あ、そうだ。ポリエステルの伸びる足袋を試着してもいいですか?」
そうしたら、まあピッタリ♡ 当然シワもなくつるんとしたフォルム。これだー!
私:「これにします。これ下さい」
店員:「え…でもこちらですと、正装には履けませんがよろしいですか?」 
え? そうなの?
ということがあったので、たまさんに訊いてみたかったのだ。
たまさん:「あっはっは! たしかに20年くらい昔は綿足袋じゃなくちゃ…ってのがあったけど、今は大丈夫でしょ。それより正装かどうかは、こはぜの数だったんだよね。5枚こはぜが正装」
私:「うわ、これ4枚こはぜだ。マズイ?」
たまさん:「丈を長めに着付ければ見えないよ。今はそこまで見ないし」
ほっと一安心。よかったぁ~。
ここで、Ku-nyanさんが「寒いから道行着て行ってね♡」とコメントして下さっていたのを思いだし
私:「どうしよう、今ウチにあるマイサイズの道行ってモダンすぎるかも」
たまさん:「どんなの?」
私:「焦げ茶と黒の縞で亀甲柄」
20131223_03.jpg
たまさん:「…それはフォーマルにはちょっと」
私:「うぐー。男前羽織じゃダメ?」
たまさん:「羽織は正装では着ません(笑)。他に何かないの?」
私:「うーん、うーん(喋りながら箪笥をあさる)、あ、ベルベット風黒のヘチマ襟コート発見!」
20131223_02.jpg
たまさん:「それならフォーマルでも何でもOK! ま、ショール羽織るだけでもいいけどね~」
ああ…たまさんったらなんて頼りになる…!
分からなかったらたまさんに訊け、だなぁ♡
そんなわけで、ようやくコーデが決まり…でも喋り出したらなかなか止まらない私たち。
ひとくさりお喋りして午前2時にベッドに入ったのだった。<次回、当日編。その4へつづく>

水曜日は咲夜さんバナー。咲でしゅ。いつもありがとうございましゅ。2つともクリックしてくださると励みになるでしゅ♪
br_decobanner_20110607235956にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村