FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
浴衣の衿芯。
2014年05月23日 (金) | 編集 |
今日のコーデ。最高気温:21.6度(湿度:48%)、天気:晴れ?
モノトーン縞阿波しじら単衣、サーモンピンクの博多半幅帯、紫と灰色の帯締め、太宰府で買ったとんぼ玉のぶら下げモノ。
P5230652.jpg
IMG_2876_20140523201437ed0.jpgIMG_2874_201405232014219d6.jpg
IMG_2875_201405232014294cb.jpg
下はエアリズムTシャツ、スポーツタイツ。素足。帯は矢の字に結んだ。
おっほっほっほ、快適快適♪
いつも襦袢を着ずに浴衣として着る時にはメッシュの衿芯を掛け衿の下にしのばせて、衣紋の形がきれいになるようにしていたんだけど…
P5230657.jpg
今日は面倒で衿芯入れなかったら、その方が肩が凝らなくていいなぁ。
いちいち毎回入れたり抜いたりするのも面倒くさいし(私は襦袢の衿芯も、三河芯を縫って付けっぱなしにしている人間)。
ただ、衿芯を入れないと衣紋が「へにょへにょ~ん」ってなっちゃうんだよなー。ま、そりゃそうだけどもさ。
要は衣紋のところだけ芯が入ってれば形が決まるんだよねー。
…ん? そうか。
衿芯を衣紋の部分にだけ入るように短くカットして…浴衣(バチ衿)の背中心あたりの衿を、衿芯が入るようにチョコっとほどいてやったら、いいんぢゃね?
さっそく試してみた。
P5230653.jpg
衿芯は、こんな風にカット。(※実はウチには、もともとこういう形の衿芯が存在していたのだった。きものやさんオリジナル「よきもの襦袢」の半衿に内蔵するために付属していた衿芯なのである)。長さをはかったら21センチだった。両サイドはゆるやかにカーブをつけている。
P5230654.jpg
浴衣は背中心付近で衿を縫い止めている糸をほどいて…
P5230655.jpg
先ほどの衿芯をそこからつっこむ!
P5230656.jpg
ちょうどバランス良く真ん中に来るようにして…ほう、けっこういい感じで衣紋が決まりそうな予感。
あ、ただし、背中心辺りの衿をほどいただけだとドンドンほどけ広がってしまうので、
P5230658.jpg
指2本が入るくらいのところでしっかり縫い止めておいた方がよかろうかと。
よっしゃ、明日はこれを実際に着てみようっと♪ うはは、楽しいったら!
ほとんど「実験」の世界ですな、わははー。

金曜日はサラちゃんバナー。お帰り前に2つともポチッとしてなの。
br_decobanner_20110612201207にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村