FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
私の和裁はこんなんだす。
2016年07月23日 (土) | 編集 |
えー、先日コメント欄にて質問を受けましたので、以下ご回答したいと思います(ブログネタの提供ありがとうございます/笑)。
私はこれまでに10枚ほど単衣着物を仕立ててますが、すべて本による独学ですー。
なので、あくまで経験にだけ基づいた回答ですが、ご参考になれば幸いです。

まず、「最低限綿の単衣を縫う道具は?」について。
私が普段使っているのは、こんな感じです。
P7205039.jpg
①マイバイブル『はじめての和裁』本
②ヘラ台。こればっかりは、和裁の為だけではありますが購入した方が良いです。
③定規。50センチと15センチ。裁断や印付けに、長短あった方がやりやすいです。とくに50センチの方は裁断で布目を揃えるのに使うので必須かと。
④裁縫箱。針山、まち針、縫い針、糸、糸切りばさみ、メジャー、チャコペン…あたりは必須。
P7205042.jpg
⑤裁ちばさみ。
⑥袖丸み型。「ポケットメーカー」なんて商品名でした。袖の丸みを作る時、きれいに作れます。厚紙で自作も可らしい。
P7205041.jpg
⑦くけ台&かけ針。和裁ならではの道具なのですが、私にとっては半衿付けにも欠かせない便利グッズです。使い慣れれば非常に便利ですが、たまさんはこれ無しでも出来ていたので必須ではないかも。
あとは、⑧ミシン ⑨アイロン …ってところですね。
和裁だから、とあえて買い足すとしたら②ヘラ台、⑥袖丸み型、⑦くけ台&かけ針(ちなみにこの2つは、それぞれ単品では役に立ちません。あくまでセットで使います)、といったところでしょうか。それ以外は、縫い物をやる方だったらもともと家にあるものじゃないかと思います。

次に、「印つけ」について。
和裁本だと、反物を積もって裁断したら、パーツごとに重ねて一気にヘラで印付けをする…という手順になっています。
例えば、袖だったら両袖を重ねてヘラ台にのせ、定規で長さを測ってヘラをぐぐぐいっと押しつけて跡をつける、というわけです。
実際、私も最初の数枚はそれでやってみました。でもねー、ヘラでつけた印って(私には)見づらいのですわー。
一気に印付けをしてもいざ縫う段になると、どれがどの印だか分からない。
結局、縫う直前に本を見直して改めてチャコで印付けをして縫う。
…というのを何回かやったら、もう最初のヘラの印付けが面倒くさくなっちゃいましてね(笑)。
で、この頃は各パーツを縫う直前に、その都度本を見てチャコペンで印を付け、チャコペンの線が消える前に一気に縫う!という方式でやっています。ええ、ちゃんとした和裁士の方からしたら暴挙だと言われることでしょう(笑)。
パーツを縫う度に一々印位置を計算するのも面倒くさいので、あらかじめ本に直接マイサイズの印位置を書き込んじゃってます。
P7205040.jpg
こんな感じ~。どうせ自分の着物くらいしか縫わないんだから、いいんです。
(ちなみにたまさんの単衣を縫った時は、本のページをコピーして赤ペンで印位置を書き込んで使った~)

あと、手縫いでやるところとミシンでやるところを使い分けています。
例えば、背縫いや袵付けなどの直線部分はミシン、袖丸みのぐし縫いや各くけは手縫い…という具合に。
なるべくミシンを活用するようにすると、和裁のハードルが下がります(笑)。

以上、ご回答になったでしょうか?
あ、ちなみに『はじめての和裁』本は、DVDを観てはじめて知るという部分もたくさんあります。
少なくとも私は、本を読んだだけじゃ理解できない部分が多く、DVDを観てようやく理解できました。
なので、本とDVDを繰り返し観て、少しずつチャレンジしてみてください。ご健闘を祈ります♪

土曜日は黄ちゃんバナー。いつもありがとうございます。2つともポチッとしていただけると、励みになります♪
br_decobanner_20110613205959にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村