FC2ブログ
不定期更新のつもりが毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居をメインに、日々の記録を積み重ねています。
わかりかけてきたこと。
2018年02月04日 (日) | 編集 |
二度寝してたらもう一日が終わってしまう…。思ったより疲れていたんだなぁ。

ずっと、つらつらと考え続けていることが、少しずつわかりかけてきた気がする。
IMG_2099_201802042029529f7.jpg
俺ってすごくないなぁ、ということに気づいて以来、ぽつりぽつりと気づいたこと。
そう考えるってことは、ずっと「俺はすごい」って思っていたってことだ。
なんたる傲慢! そのくせ自分では「卑屈なくらい謙虚な人間」だと思い込んでいたのだ。
私はすごくない。たいした授業もしていない。トクベツなんかじゃない。
それでも世の中は私を排除したりしない。
なぜか。それは、世の中は私を注視したりなんかしていないから。私に関心なぞないから。
そらそーだ。私だって、いちいち周りの人間一人一人に関心を持って注視したりなんかしてないさ。
なのに、ずっと私は世の中の顔色を見て過ごしてきた。好かれるように、せめて嫌われないように。
莫迦だ。世の中は、私を好いたり嫌いになったりしない。なぜなら、関心が無いから。
私を注視していたのは、関心を持って監視してきたのは、私自身だ。
一番キビシイ世の中の目は、私だった。私以上に、私に関心を持っている人間などいない。
自分にキビシイ人間は、他人にもキビシイ。だって、私だけが我慢を強いられるなんて不公平だもの。我慢もせずに好き勝手に生きるなんてズルイもの。自分を犠牲にしなければ愛なんて得られないんだから。
でも猫は我慢しないよなー、好き勝手生きてるよなー、でも愛くるしいよなぁー。
ズルイけど、羨ましいな。
私は周りが期待しているであろう役割を先読みして、その役割を遂行することに心血を注いだ。
どうするべきか、ばかりを考えて、どうしたいか、は置き去りにしてきた。
そのうち、自分がどうしたいのか、分からなくなった。
そういう歪んだ認識を育んだのは、きっと母親なんだろうなと行き着いて、母親を憎んで恨んで疎ましく思って、でもそういう感情をもってしまう自分を責めて、得られなかった母親の愛を求めてもがき苦しんできた。
けどなー、なんかもう草臥れちゃった。憎んだり恨んだりするのも、エネルギーをつかう。
原因がわかったところで、現在の私が苦しいことは変えられないし。ましてや、過去に戻って母親の愛を求めることは不可能だ。
過去の私は可哀想だった。私は可哀想な子だ、ってことでいいね?
…そう唱えたら、なんだかすっと楽になった。
そうか、認めたくなかったんだな。自分が可哀想な子だってことを。だから苦しかったんだな。

今日はここまで。まだこれからも考えてしまうと思うけど、少しずつでも楽に生きられるようになるといい。

●昼食。すき焼き~。
P2042622.jpg
…白菜、葱、厚揚げ、牛バラ、椎茸。
●夕食。カキの酒蒸し。
P2042623.jpg
…フライパンにワカメを敷いて、カキ、椎茸、葱を載せて塩と酒をふり、蓋をして弱火で蒸す。

<今日のおまけ>
米津玄師、いいっすよ♪ ただいまハマっております。聴きまくり。

これは「LOSER」だけどね。
私が今どんばまりしている「ホラ吹き猫野郎」(これは動画がないのだー)の、「猫も杓子もラリパッパ~♪」という歌詞は秀逸だと思う。なんでこんな言葉が思い浮かぶんだ? すげー。

日曜日はえんちゃんバナー。いつもありがとうございます。おかぁちゃんあちょぶ? あたちとあちょぶ? 2つともポチッとしていただけると、励みになります♪
banneren.gifにほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村