FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
2018-12-28 (金) | Edit |
こんな夜更けにバナナかよ」、公開初日にふと思い立って、観てきたさ~。
320.jpg
…うむ、いい話だー。
ポイントポイントで良いセリフが沢山あって、ぐっと胸をつかまれてハンカチで涙をぬぐうこと数回。
鹿野(←主人公。大泉さんが「シカ」野という役をやるというのも微妙に笑える/どうバカ・笑)がねー、尊大でわがままで観ていて腹立つんだ-、最初は。
だから怒りをストレートに表すミサキちゃん(高畑充希)にすごく共感する。やれやれー、もっとやったれ~!
ボランティアってものに疑問をもつのも分かる。偽善なんじゃね?って気持ちになるのも分かる。
鹿野のいいなりになっている田中(三浦春馬)にイラっとくるのも分かる。
でもなー、段々そんな鹿野が魅力的に見えてくるんだよなー。なるほど、これは大泉洋じゃなきゃダメな役だな-。
大泉洋、役者やのう。
高畑充希の芝居が好きだー。
三浦春馬もいつの間にか上手くなったなぁ。
障害者に対する偏見や考え方であるとか、障害者が家族へどう接するかとか、ボランティアってものに対する考え方とか、治療や病院との付き合い方とか…、いろいろと考えさせられる点があって、それはこの映画を観なければ考えもしなかったことだった。観て良かったと思う。
…と、全般に好印象の映画だったのだが。
どうもラストが急ぎすぎた感じがして、「あれ?あれれ?あれれれ?」と終わってしまったのが、私にはイマイチ。
実話なだけに、ラストが尻すぼまりになっちゃったのかなぁ…どうなんだろ。
いい話です。役者もいいです。が、ちょっと不満なので87点。

金曜日はサラちゃんバナー。おばちゃんっ、サラちゃんがなめてあげるの♪ お帰り前に2つともポチッとしてなの。
br_decobanner_20110612201207にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

以下、ネタバレ含む。これから観ようという方はスルーを。

 ↓



 ↓



 ↓



 ↓


ここから。私が不満に思ったのは、以下の通り。

うーーーーーーん、ミサキが鹿野のプロポーズを断って田中に行くのが、なんか納得できんかったなぁ。ミサキが田中に想いを寄せているってのを、もうちょっとあらかじめ見せておいて欲しかった。
プロポーズ時点では圧倒的に鹿野の方が田中よりも魅力的だったし、ミサキとの距離も断然鹿野との方が近かったもん。
なんでミサキが鹿野のプロポーズを断ったのか、解せん。いや、高畑充希の演技は説得力があって良かったんだけども。
かといって、あそこでミサキがプロポーズを受けてしまうのも、出来過ぎな感じでイマイチになってしまったとは思うけどもね。
あと、鹿野が亡くなってからの演出が、どうも私は好きじゃない。
いきなり「7年後」って出て来た時点で、ありがちだなーとガッカリした。
鹿野の遺影からパーンして写った鹿野の両親が分かりやすく老けていたのもガッカリだし、田中が医師になって訪問医療をし「空の上から見張っている人がいる」と笑顔で言うのも空々しかったし、ミサキが小学校の先生になっていて結婚式の色紙がアップで写るのも「うーーーーーわーーーーー、カンベンしてぇーーーー」という気持ちになった。
なんつーか、普通じゃない人生を生きた鹿野の映画のラストを、ありきたりなステレオタイプの映像で締めくくって欲しくなかった。
…うん、そうだな。これが、私の一番不満だった点だわ。
なんだろ、実話の映画化として1年前に観た「8年越しの花嫁」を思い出したんだが、あれは今回みたいな違和感はなかったんだよな…。
うーーーむ、何が違うんだろ。ラストの見せ方のような気がするんだが…。

2018-12-28 (金) | Edit |
<前回のあらすじ>
ぶらっと茨城・横川温泉へ。
広い部屋に美肌の湯、美味しくてボリューミィな夕食…。

<起床~朝風呂~朝食。12/26>
午前5時起床。…おんちゃんに起こされるのは午前3時だから、それに比べるとゆっくりだと思う。でも早いけどな(笑)。
朝風呂は6時からだというので、『こころ』を読みながら時間をつぶした。
時間になったのでお風呂に行くと、考えることは皆同じで入口にスリッパが2組。先客がいるようだ。
あまり大きくないお風呂(4~5人入ったらいっぱいくらい)なので、どうせなら貸し切り状態で入りたい。また出直すことにする。
そしてすっかり日も昇った7時頃に、貸し切り朝風呂入浴♪
はーーーーーーー清々すらぁ~!
お部屋からの眺め。
IMG_7517.jpg
周りは山に囲まれ、空気も澄んで静かな場所である。
きんと冷えた冬の空気を吸い込んで鼻の奥が痛くなる感じ、なんか久しぶりだなー。気持ちいいなー。
そうこうしているうちに朝食時間になった。今度は大広間にて。
●THE 朝食! 
納豆、漬け物、サラダ、味付け海苔、焼き鮭、ヤクルト、温泉卵、おひつご飯、具だくさん味噌汁、きんぴらごぼう。
IMG_7518.jpg
…旅先の朝は食がすすむなぁ~♪ きれいに完食いたしました!
部屋に戻って、iPadで「近くの観光地」を調べる。…よし、袋田の滝に行こう! 出発!

<袋田の滝。12/26>
日本三大名瀑の一つなのだそうだ。
ちなみに、日光の華厳の滝熊野の那智の滝、奥久慈の袋田の滝…である。あら、私、これで全部制覇だわ(笑)。
車で到着したものの…さてどこへ駐車したらいいものか…?
有料駐車場がたくさんあるのだが、どうせならなるべく滝の近くに駐めたい。うろうろと車を走らせているうちに、行き止まりになってしまった。やばい…!
すると近くのお店からおばちゃんが飛び出てきて、「どーぞ、無料ですから駐めて~」と声をかけてくれた。有難い!
私:「いいんですか? 無料で」
おばちゃん:「はいー、良かったら帰りにコーヒーか甘酒でも飲んでって~」
あ、なるほどね(笑)。そーかそーか、じゃあ、寒いことだし帰りに甘酒をいただくことにしよう。
「袋田の滝」という案内に従って斜面を登っていくと、チケット売り場があってトンネルの入口が。お???
IMG_7519.jpg
不思議な空間だー。しばらく歩いて行くと、通路脇にこんなオブジェが。
IMG_7520.jpg
あらー、キレイ! 照明が次第に変わっていって、ムーディで幻想的な雰囲気。
IMG_7521.jpg
これ、木のパーツを組み合わせて作ってあるんですよぉ~。いやーいいもん見せてもろた~♪
IMG_7522.jpg
さらに通路を進むと、横道にそれるルートが。はて…?
IMG_7524.jpg
…恋人の聖地、なのだそうな。なんか、キャラクターと一緒に撮れるアプリがダウンロードできたんで、つい撮ってしまった。
さらに進む。最初の展望所から見た袋田の滝だー!
IMG_7526.jpg
展望所からつり橋が渡っていたので、イチオウ渡ってみる。
IMG_7527.jpg
いかん、コワイぞ!(笑) すかさず、戻る。
滝を正面から見ると、こんな。
IMG_7528.jpg
西行法師(米津玄師ではない/笑)が愛でて歌を詠んだのだそうだー。そんな昔から「名瀑」だったのね~。
IMG_7529.jpg
西行法師好きなので、ちょっとこの滝への思い入れが増える(笑)。
さらにさらに通路を進んでエレベーターで上昇すると、第2の展望所だー!
IMG_7531.jpg
おーーーー、高い所から見るとまた雰囲気が変わるねぇ。紅葉の時期だと、まさに西行さんの歌のような世界になるんだろうなぁ。
冬場の滝見物ってのもいいもんだーーー、としばらく眺めていたのだが、いかんせん寒くて冷え込んできた。
山を下って、甘酒じゃ甘酒!
IMG_7533.jpg
やけどしそうにアッツアツの甘酒をいただいて、人心地ついた~。
ここからは、のんびり下道を通りながらの帰宅。時間はかかったけど、ドライブを満喫したのであった。
なんか私、群馬・栃木・茨城・福島って好きだわー(笑)。またぶらっと訪問したいなーと思った、今年最後の旅でした!<完>

金曜日はサラちゃんバナー。おばちゃんっ、サラちゃんがなめてあげるの♪ お帰り前に2つともポチッとしてなの。
br_decobanner_20110612201207にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村