FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
クリスマス積善館。その3
2020年01月06日 (月) | 編集 |
<前回のあらすじ>
なぜか水車ができていた。
やっぱり素敵なお風呂&やっぱり素敵な夕食!

<起床~朝食。12/26>
おーはーよーぉーごーざーいーまーす-。
朝5時半頃に起床。ああ…猫に起こされないとゆっくり眠れるなぁ(笑)。
もちろん、朝風呂に入る。岩風呂とお部屋ちかくの浪漫の湯をハシゴ。きもちいーっ!!
体があったまったところで、いつもの旅のノルマを。
IMG_8806.jpg
行書、たのしー♪
そして、積善館でもっとも楽しみにしている朝食!
●サラダ、切り干し大根の煮物、ブルーベリージャムのせヨーグルト、白粥、味噌汁。
IMG_8807.jpg
…これです! 私が愛してやまない積善館のお粥!! 普通のご飯も選べるけど、ここへ来たら絶対お粥!
温泉で炊いてるんですよ~、ダシがほんのり利いてるんですよ~。サイコーの美味なんですよ~。
ひと口食べるだけで、ほわんと優しい気持ちになれるお粥なんす。あーーーーシアワセー!
●焼き塩鮭、だし巻き卵、がんもどきと野菜の煮物、納豆、インゲンのごま和え、卯の花。
IMG_8808.jpg
…お粥と味噌汁だけでもいけるのだが、こういう小さなおかず達をつまみながらってのがまた嬉しい。
他のものはあらかじめテーブルにセッティングされているけど、塩鮭は焼きたて熱熱を届けてくれます~。
こういう心配りも嬉しいよなぁ。
●梅干し、きんぴらごぼう、白粥。
IMG_8809.jpg
…はい、これまたお粥と味噌汁は3杯ずつ戴きました~♪ あああ…美味しかったよぉー!!
御馳走様でした!
朝の水車はこんな様子。
IMG_8810.jpg
あら、素敵。なかなかの風景でございました。
ひとしきり部屋でダラダラと食休みをとってから、さぁ帰りましょうかね~。

<立ち寄り~帰宅。12/26>
どこも観光せず(いいかげん通ってるもんで、今更観光する気がない/笑)関越道をひた走る。
すると、道路脇になんだかラブリーな建物が…え? お菓子屋さんなの?
ちょっと気になったので、上里インターで下りてその建物に向かってみた。
上里カンターレ、というらしい。
IMG_8811.jpg
中に入ると、どうやらイタリア料理レストラン+ベーカリー+スイーツ工場&直売…という施設みたい。へー、面白い。
見学する前に、まずはトイレへ。うはーーー! なんだか、べらぼうに綺麗なトイレだっ!
IMG_8812.jpg
スイーツ工場の見学ができるというので2階に行ったが、当日は工場見学不可だった。ザンネン。
でも、なぜかマッサージ機が置いてあったりしたので、しっかりマッサージしてもらう。気持ちええ…。
1階に下りて、直売のスイーツ達を見て回っていたら、アウトレット品がたくさんあった。美味しそっ! 安っ!
ということで、購入。
PC265925.jpg
はちみつバームクーヘン400円、フロランタン1000円、ミルフィーユのチョコレートがけ1000円。
これねー、どれもべらぼうに美味しかった! うわー、また関越道を走る時は絶対立ち寄ろうっと
ホクホク気分で再び帰路につき、夕方前には家に着いた。
「おかえりん、おかぁちゃん
PC265926.jpg
おう、ただいま!
閣下はお見送りもお出迎えも、ぐりんぐりんなのであった。<完>

* * * * * * * * * *

さー、なんやかやと連載をしているうちに、今日で冬休みは終了!
明日からまた着物生活に戻りますよぉー。さ、半衿をつけないと…。

月曜日は海大くんバナー。お手数ですが、二つともポチッとな、していただけると励みになります♪
br_decobanner_20110608205601[1]にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

国語科的「愛する」考。
2020年01月06日 (月) | 編集 |
先日の島爺さんの生ラジオで、
「愛されたかったら、まず自分から愛する。
人を笑顔にしたかったら、まず自分から笑う。
感謝されたかったら、まず自分から感謝する。」
というようなことを仰っていてね。
「わーい、愛されたいぞ! まずは自分から愛するぞ!」と思って、ふと困ったのだ。
「愛する」って、どうすりゃいいの????
恥ずかしながら私、「愛する」ということが分かりません。
中学生の頃、「“好き”が膨れあがると“大好き”になって、“大好き”の最上級が“愛してる”」
くらいの認識をしていたのだが、おそらくきっと絶対違う(笑)。
「愛する」って何だ??? 世の人はみんな分かっているのかなぁ?

「愛おしい」という感覚は、最近になってようやく分かってきた。
ウチの猫たちや、ウチの生徒たちに対して湧いてくる「まったく、コイツラ可愛いんだから…」という感覚がそれなんだと思う。
そう、「愛おしい」は「可愛い」とちょっと似ている。
ただ「可愛い」は瞬間的に感じるもので、「愛おしい」は時間をかけて感じてくるもののように思う。
「可愛い」は初対面のものに対しても抱ける感覚だが、「愛おしい」は初対面では抱けない。
「愛」という漢字を使うものとしては、「愛でる」という言葉もある。
「愛でる」は「可愛い」よりさらに対象物との距離がある感じだ。
桜を愛でる、という場合、桜という対象とは精神的距離がある。
見るものと見られるもの、という関係がきっちり決まっている気がする。
見られるもの(ここでは桜)は、見るもののことを見ていないように思う。
つまり、一方通行の愛情だ。
「可愛い」は、対象物と距離がある場合にも距離が近い場合にも使う。
キャラクターものを見て「きゃー、可愛い!」と言うときは、「愛でる」と変わらない。
でも「娘が可愛くて可愛くて」と言うときは、近い距離で対象物としっかり見つめ合っている気がする。
これは双方向の愛情と言える。

ここで、「可愛い」という字面を漢文読みしてみた。
99E3E474-CF87-4AE7-814D-6C39CA661A2E.jpeg
「可愛い」は、「愛すべし」という書き下し文になるのだと思う。
助動詞「べし」には大きく5つの意味がある。推量・意志・適当・当然・可能である。
それぞれに当てはめて口語訳すると、
愛するだろう、愛そう、愛するのがよい、愛するはずだ、愛することができる」となる。
…なんだか、ここで合点がいってしまった。
対象物を見て「これはきっと愛するだろうな」と予感を感じ、「よし、愛そう!」と決める。
愛し始めるとその思いは確信にかわり「そうだそうだ、やっぱり愛するのがいいんだ」と思って、
「いやいや、これは当然愛するはずのものだよ、うんうん」と納得し、
「あー、私が愛することができる対象だったなぁ」とシアワセをかみしめる…。
なるほど、まさに「可愛い」は「愛すべし」なんだなぁー!
…なんて。これは単に、言葉をごろごろ転がしただけ。
結局「愛する」とは何なのか、分かっていない。

じゃあ逆に、「愛されたい」って私は言ったけど、私にとって「愛されている」ってどういう状態なの?
うーん、受け入れられること。どんな私であっても、無条件で受け入れてもらえること。
大切にされること。軽んじられたり、ないがしろにされたりしないこと。
安心できること。すぐに変わってしまうのではないかと不安に怯えたりしないこと。
かなぁ?
…なるほどなぁ、こういう風に子供の頃から扱われたら、きっと自己肯定感というものが根付くんだろうな。
つまり、私にとって「愛する」というのは、
「無条件で相手を受け入れ、大切に思い、その思いを持ち続ける」ということなのかな。
うん、なるほど、私は猫たちを愛してるし、猫たちからも愛されてる。
どうやら生徒のことも愛してるっぽい(笑)。
あれ? でもこの気持ちって、結構いろんな相手に対して持ってるぞ?
親友や友達のことも愛してるし、同僚のことも愛してるんじゃないか?
あれれれ? 「愛する」って、実は結構簡単なこと?

よし、次の愛する対象は「自分」だな。
どんなダメな自分でも無条件で受け入れる。
どんなどうしようもない自分でも大事にする。
そしてそれを継続する。
自分から自分を愛したら、自分からも愛されるようになる。
…ってことかね?
なんか禅問答みたいになっちゃったけど、ここまで考えが至って妙に頭がスッキリした-。
周囲に対して抱いている「愛する」を、今度は自分に向けてみよう。
なんだか、いけそうな気がしてきたぞ。

月曜日は海大くんバナー。お手数ですが、二つともポチッとな、していただけると励みになります♪
br_decobanner_20110608205601[1]にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村