FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
救い
2009年10月09日 (金) | 編集 |
今日はなぜだかずっと緊張していた。
空きコマも、会議中も、授業中も、ずっと。
まだ鬱から完全に浮上したわけではないらしい。

車を運転していると、いつものコンプレックスが渦をまいて襲ってきた。
知識もない、話術もない、技術もない。
美しくもない、家庭もない、仕事もできるわけじゃない。
誰かの役に立っているのかも分からない。
自分が生きている意味だって分からない。
こんなんで生きていていいんだろうか…。
ボロボロ泣けてきて仕方なかった。
そんな状態が数時間続いた。
ケイタイを見ると、保健の先生からのメッセージが入っていた。
演劇部のOBからメールも来ていた。
どちらも私の体調を気遣い、心配してくれていた。
こんな私でも心配してくれる人がいる…!
落ち込んでいた気持ちを、持ち直すことができた。
ありがたい。

「コンプレックスの塊ですけど、なにか?」
と言えるような人間になりたいなー。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
No title
コンプレックスというものは人の差こそあれ誰しも持っているものではないでしょうか?



僕も仕事で周りに負担をかけていますし、イケメンでもないし、家庭どころか恋人もいませんし、友達も多い方とは言えません。



「コンプレックスの塊ですけど、何か?」という気持ちはいいと思います。僕は「こんな奴でごめんなさい」って気持ちで生きてますが、不思議と先輩諸氏からは「いや、若い時は俺もそういう時期があったよ」と目をかけてもらえますし、後輩たちは「よしおさんでもそうなんですね」なんて納得してくれます。



強いばかりがいいわけじゃない。弱さも持ち合わせているのが人間です。それをさらけ出せるかどうか、の違いじゃないでしょうか。どちらが楽かは申すまでもないでしょう。それができれば苦労はないんですけどね(^-^;)
2009/10/10(土) 07:53:00 | URL | よしお #79D/WHSg[ 編集]
No title
よしおさん、力強いコメントをどうもありがとうございます。



そうなんですよね。皆誰しもがコンプレックスを抱えて生きているんだと思います。…頭では。

頭では「私だけじゃない。みんなそうなんだ」と分かっているのですが、感情がついてこないのです。腑に落ちない感覚、とでもいいましょうか…。

気持ちが落ちている時は、日頃は抑えつけているコンプレックスの壺の蓋が外れて、際限なく考えてしまいます。

「私だけがこんなにサイテーな人間なんだ」と。



気分が上向いている時には、コンプレックスの壺もしっかり閉ざされているので、気にもならないのですけどね。



弱さをさらけ出せる場所も、いくつか持っているつもりです。ブログもその一つ。

弱いこと=悪いこと、ではないと、ようやく実感できてきたところです。

でも弱い自分は、情けなく感じます。その辺も、コンプレックスですね(笑)



まだ時間はかかるかもしれませんが、コンプレックスとの付き合い方を考えていきたいと思います。
2009/10/10(土) 23:14:00 | URL | みやぢ #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック