FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
「ザ還暦」大楽!!
2009年11月07日 (土) | 編集 |
まずは、みなさまにお詫びを。
こちらのブログにお越し下さっているみなさま、この度は大変ご心配をおかけしてしまって申し訳ありません。
コメントも、メールも、直接電話してくれた方もいらっしゃいました。
ありがたいことです。
ここ数日の来訪者数がこれまでになく多いのも、私のことを心配してくださってのことだと思います。
ごめんなさい。心からお詫び申し上げます。
大丈夫です。私は生きています。今日も一日飛び回っていたくらいです。
昨日テレビでよしだたくろう(当時はひらがな)の極々初期の曲「今日までそして明日から」が流れていました。
今の私にぴったりだなーと思ったので、歌詞の一部を引用します。
「私は今日まで生きてみました 私は今日まで生きてみました
 私は今日まで生きてみました 私は今日まで生きてみました
 そして今 私は思っています 明日からもこうして生きていくだろうと」

-----------------------------

さて。今日の本題。
朝、目が覚めて、頭が痛くてめまいがしたので、学校は休むことにした。サボリと言えば、言えなくもない。
でも今の私には芝居が必要だ!と思ったので、急遽親友にメールして、「ザ還暦」の千秋楽を観に行くことにした。
会場はひたちなか。家から2時間半の小旅行である。
左目の下の青タンをファンデーションで隠し(隠れなかったけど)、いざ常陸の国へ!

常磐線に乗っているところで、母親から携帯に電話があった。
「そっちにおかゆでも作りに行こうか?」って。
どうやら姉から「寝込んでいる」的な情報が入ったらしい。
(姉には先日の顛末をかいつまんでメールしていた)
あの引きこもりの母親が、私のために外出しようとしてくれたのだ!
それが心から嬉しい。
「心配してるからね!連絡入れるのよ!」って。
だーーーーーー(T_T) 
私、どこまで親離れできていないんだろ。まったくもう。

で、芝居だが。
これがもう…たまらなかったね。お客さんも温かかった!
良い芝居でした。
一番最初の一人芝居の段階で、もう泣いてた(T_T)
以下、偉そうだが感想…のようなもの。

喜水さん(主人公)の気持ちが、痛いくらいに分かる。
周りに気を遣って生きてきたんだろうなぁ。
たくさんの言葉を飲み込んで、感覚が麻痺するくらい我慢して、いい娘・いい嫁・いい母親をやってきたんだろうなぁ。
そう思うと、役者さんの立ち姿だけで泣けるのよ。
ラストで大きく手を広げて歌う時、そのまま大空に飛び立ちそうに感じた。雄々しく、力強かった。
良かったね、喜水さん。
自分の居場所が見つかって。

ASOBOの塾長は、芝居の申し子のようだと思った。
あの芝居を書いて、演出して、店長さんをやって。(役者姿をたっぷり見られて、一ファンとして私は嬉しい)
更にASOBO塾(東京・大阪)や講演もやって。
言葉は悪いけど、バケモノだと思う!

米ちゃん役の役者さん。
昔からなのだけど、もうミーハー的に、好き。
好きなシーンは数多くあるけれど、「店長がぐずだから!」と本気で怒っている米ちゃんが、たまらなく愛しい。
タマちゃん・米ちゃんの掛け合いが楽しかった♪

ことちゃん役の役者さん。
いつも感じているのだけど、彼女の動きには音楽性というかリズムがあると思う。
それが、観ていて心地よい。
今回のラップは、彼女ならではだと思いました。

ダンスの先生・Wさん・Yちゃん。
観客になって初めて拝見したのだが、立ち姿の美しいこと! 歩く姿のかっこいいこと!
風景の一部のようでもありながら、圧倒的な存在感があった。

ダンス隊の皆さん。
自分が踊っている時は気づかなかったが、あの踊りは場を一気に「ハレ」にするということが分かった。
ダンスの先生がおっしゃっていた「みんなの踊りで役者さんたちを盛り上げるのよ!」という言葉が、やっと分かった。(先生ごめんなさい)

そして、わが親友。輝ちゃん役の役者さん。
微妙な役どころだったんじゃないかな。強いキャラクター付けをされているわけでもなかったし。
でもね、そのゆるさ加減を、楽しんでやっていたように見えたの。
舞台上で本当に楽しそうに「遊んで」た。
それが観客にも伝わったと思う。
素敵な役だったよ。おつかれさん!

クリスマスツリーこの劇団のお芝居を観ると、いつも何かお土産をもらったような気分になる。今回も、何かもらった気分で帰宅した。
「ザ還暦」公演期間中、個人的に大激動だったが、大楽を観ることができて本当に幸せだった。
アンケートにも書いたけど、私はこの芝居が好きだーっ!!

あー、本当に終わっちゃったんだな。
そうそう。ASOBO4期生の修了公演が来年4月25日(日)に決まった。奇しくも、亡き父の誕生日である。
私は、今日観た役者さんたちのように舞台で輝けるかしら?
楽しみ、である。

画像は百貨店の見事なクリスマスツリー。なんか、いいね。わくわくするね。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック