FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
また休んでしまった…
2009年11月16日 (月) | 編集 |
頑張れなかった。
今日も休んだ。
ひたすら寝ていた。
ブログを振り返ると、11月はいつもこんなんだった。
やれやれ。

接骨院に行った。
鍼をうって、お灸をしてもらった。
少し軽くなったような…?

明日からは学校に行くよ。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
No title
こんばんは

お加減、いかがですか?

もし倒れて頭を打ったりしたら・・・と思うとゾッとします。

お大事になさってください。



接骨院では、どんな治療をされるんですか?

イギリス式やらタイ式やら、街中のマッサージとは違いますか?

肩こりに悩まされていて、困っているんです~



「精神科の医者とカウンセリングを使い分ける」

なるほど・・・と思いました。

私は、病院内でカウンセリングを受けているんです。

心理士の先生が、色々とメモしてくださるので、

医者との診察の時は、細かいこと云々を言わなくてすむので助かっています。

実は昨年の入院も、カウンセリングで未遂の話をしたら

「このあと院長のところに行って!」と、急きょ、心理士が診察の予約を入れてくれ、

結果→即・入院。ほんま、トホホな思い出です
2009/11/17(火) 00:43:00 | URL | ちぃ #79D/WHSg[ 編集]
No title
ごめんなさい。

長くなってしまったので、2つに分けますね。

続きです





アモキサンの副作用、人それぞれなんですね。

ミルナシプランは成分名で、トレドミンが商品名だそうです。

でも、私のもっている薬には、でかでかと「ミルナシプラン」の文字が・・・。

ややこしい



ジェイゾロフトは新薬で、まだ販売は慎重だそうです。

私の場合、通院している心療内科ではもらえず、処方箋をもらって薬局へ。

しかも、何軒かで「取り扱っていません」と言われ、薬局を探し回るはめになりました。

でも、昨年の希死念慮は、ジェイゾロフトに変えて間もなく、徐々に消えましたよ。

でも、完全には消えないので、「眠くなるのを覚悟で飲んでください」

と、ミルナシプランが足されました。。。

今のところ、精神科医師の間では、

「女性には、ルボックスよりジェイゾロフトが効くらしい」

とのデータが出ているそうです



薬といえば、勤務先の校長から

「教育委員会に提出する書類に書かないといけないので、

今 飲んでいる薬を教えてほしい。」 と言われました。

休職し、代わりの講師の人に来てもらったりして さんざん税金を使っている人が

プライバシーの侵害じゃ!!

なんて思うのは、やっぱり わがままなんでしょうか
2009/11/17(火) 00:48:00 | URL | ちぃ #79D/WHSg[ 編集]
No title
ちぃさん、こんばんは。

おかげさまで、今日から仕事に復帰しました。

年休も残りあと4日ですし、もう年内は休まないつもりです。

でも調子は良くないんですよねー。

まあ、遅刻・早退・保健室をフル活用して、頑張ります。



カウンセリングと精神科を使い分けるつもりはなかったのですが、いつの間にかそういう棲み分けを私の中でするようになりました。

別々に通わなくちゃいけないのは面倒ですけど、程良い距離なのかもしれませんね。

ちぃさんの入院にはそういう経緯があったのですかー。なるほど。

そういえば私は、精神科の先生にもカウンセラーの先生にも、入院は言われなかったですね。意識不明の状態の時に発見されなかったので自力で復活したから、「見込みアリ!」とでも思われたんでしょうかねぇ?



ジェイゾロフト、興味ありです。

でも当分新しい薬は処方されないだろうなー。機会があったら試してみたいところですが。



教育委員会って、薬の内容まで聞いてくるのですか! へー、びっくり。

税金は払ってるんだから、使っていいんです(笑)そんなことは、気になさらずに。

プライバシーの侵害じゃ!と思う気持ちは分かりますよ。わがままではないと思います。

でも、薬の処方箋1枚で済むんだから、学校に送りつけてやってもいいと思います。

呼び出されて校長室でネチネチグチグチやられる方が、私はよっぽど嫌なので…。郵送で済むなら御の字かな、と。

そう考えたら、ちょっと楽になりませんか?(^^)
2009/11/17(火) 21:31:00 | URL | みやぢ #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック