FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
ふーむ
2010年02月11日 (木) | 編集 |
今日はたっぷり睡眠をとって、読書。
双極性障害に関する本2冊を読んでいる。
うーむ。
読んでいて「うわ!まさにそうだ!」と自分の症状と合致することに興奮することもあり、
「…うーん?こんなことは私にはないぞ」と自分との差に首をかしげることもあり。
まあ、そんなもんかもね。
ただ、どちらの本にも書かれていたのは
「双極性障害は診断が難しく、再発の可能性が非常に高い」
「有効な治療法がほぼ決まっていて、コントロールできる」
ってこと。
なので、「完治しない」ってのは「治療に長期間かかり、再発する」ってことなのかもしれない。
どはー。めんどくさーい。
読み進めると、「ホントに私は双極性障害なのかなぁ?」とも思い、「いやいや、こう考えること自体が病気のなせるわざなのかも」とも思い。
自分でもようわからんです。
本を読んで不安から逃れられるかと思ったのだけど(まあ或る意味不安が解消された部分もあったんだけど)、モヤモヤした状態なのは変わらず。
やっぱり、プロにはっきり診断してもらいたいなぁー。
んで、対策をたてたいよ。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
No title
こんにちは。黄色いクマです。

ずっとブログ追っかけてましたが、初コメします。



診断が変わったとのことで、不安になるのは当然だよね。心中お察しいたします。

でも、これって状況の好転に一歩近づいた…ともいえるのではないかな。

もともと鬱病から移行していったのかもしれないから、それなら初期の診断も間違いではなかったのかもしれないし。

鬱病と双極性Ⅱ型では薬の選択が異なる上、鬱に効く薬が双極性~には逆効果という側面もあるので…

ともかく、正しい方向(の可能性)が見つかったのは喜ばしいこと。

みやぢの病状に合う治療に進めば状態も落ち着いてくるのでは…と思います。



セカンドオピニオンの件も、積極的に検討しているようで何よりです。

私は薬剤師なのですが、

自分が信頼できる医師を求めて、複数の病院にかかる患者さんはたくさんいます。

特に精神系の病の場合、医師との相性ってすごく大事でしょう?

見立てが正しいかどうかももちろん、人間性も含めて自分と合うか合わないか。

精神系に強い病院近くの薬局にも勤務しましたが、

「何件も廻ってやっと落ち着いた」という人がたくさんいます。

もちろん逆も然り。

いろんな医師に診てもらうのも意味があります!



最後に

私が前に読んだ本(業界誌だったかな)によれば

「双極性Ⅱ型は生活習慣病のようなもの。完治させるのは困難でも、適切な治療と適切な生活で、安定した状態で普通の生活を送ることもできる」

とのことです。

人間40代にもなると、何かしら不調を抱えているものですし…。

そんなに悲観することはないかもしれませんよ(^-^)



長々とすみませんでした。
2010/02/12(金) 17:43:00 | URL | 黄クマ #79D/WHSg[ 編集]
No title
黄色いクマどの、コメントどうも有り難う~。ブログ読んでてくれたのね。ありがたや~。



セカンドオピニオンを受けたいなー、と思いつつ、どんなきっかけで新しい病院を開拓したらいいのか分からず、悶々としています。

それにこのところ脳みその状態が不安定なので、余計にイライラぐるぐる悶々、です。



双極性Ⅱ型も生活習慣病みたいなものなのかー。じゃあ、糖尿病とダブルじゃん。うはー。

コントロールできる病気と考えると救いがあるけど、死ぬまでコントロールしなきゃと思うと絶望的な気分になる…。

…すまぬ。今ちょっと気分が落ちているもので。

とにかく、来週には新しい病院に行きたいものです。せめて、このぐるぐる状態が良くなってくれればいいのだけど。



たくさんたくさん書いてくれて、どうもありがとうね。
2010/02/13(土) 22:10:00 | URL | みやぢ #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック