FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
転院・話し合い
2010年02月22日 (月) | 編集 |
昨日は神経が高ぶって、ほとんど眠れなかった。
朝起きて学校に休みの連絡を入れて、
そうだ新しい精神科に行ってみようと思った。
先週スクールカウンセラーの先生に教えていただいた病院のホームページを確認して、車で向かった。
その病院はビルの3階で、待合室も広く落ち着いた感じの設備だった。
問診票を書いて提出し、しばらくして診察室に呼ばれた。
今度の先生は…なんだかあまり感じが良くはなかった。
以前受診していた先生をご存じのようで、私が先日ショックを受けた言葉を話しても「本当にそんなこと言うかなぁ」と私を信じてくれていない様子だった。
また、私の言葉を最後まで聴かずに勝手に決めつけて話を進めるところもあり、「すいません、まだ続きがあるんです」と言わなければいけないのも不快だった。
でも、最後には転院を受け付けてくれたようなので、ここに通おうと思う。診断は「暫定的にうつ病、但し双極性の可能性もあり」だった。

帰宅すると教頭から留守電が入っており、「今日の午後3時に学校に来て欲しい」とのことだった。
久しぶりに学校に行って、校長室に入ると、中学教頭・校長・副校長・高校教頭に囲まれる形になった。はあ、またこの形か、と思うとそれだけでストレスだったが、とにかく話をした。
昨年11月のオーバードーズから、4日前の自殺企図まで話をし、退職しようと思ったことを話した。
校長は、「渡りに船」といった感じで退職の話をすぐに受け容れた風だった。
中学教頭は「休職」を勧めてきた。
高校教頭と副校長は、辞めた後の生活を心配していた。
ひとまず1週間考えて、今週末に返答するよう言われた。
中学教頭は服務規程など調べて、おって連絡すると言ってくれた。

もともと現状がつらくて、そこから逃れるために仕事を辞めようと思ったのであって、その先の生活のことまで考えていなかったのは事実である。
今は、休職させてもらえるのなら休職しよう、と思っている。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
No title
こんにちは。青い鳥のページを見ていて、このお部屋を見つけ、ずっと気になっていました。でも、うまく声をかけられないままでごめんね。

みやぢが塾を辞めるということは、すごく寂しかった。涙がボロボロ出た。昨年忘年会でお互いの体調のことなど話し、だからなおのことみやぢと一緒に舞台に立ちたかったし、あの役を練習しているみやぢは楽しそうだったからね。でも今回のみやぢの選択をそのまま受け入れるよ。

私の体調は、昨年話した感じなんだけど、我が家は、ツレもうつって言われて5年治療しました。でも、いろいろ問題が生じて、昨年秋に思い切ってセカンドオピニオンを受けたら、双極性って診断されて。病院と薬を変えたら体調は劇的に変わった。

心の治療は人によって千差万別なのは、よーくわかってるよ。でも、うちのツレの状態が少しみやぢと似ているように思います。えらそうなことは言えません。けど、ただおしゃべりするだけ、とか、こんな症例もあるんだってことなら、話せるよ。夜ならたいてい在宅してます。よかったら、メールでも電話でも。気が向いたらいつでもお気軽に。
2010/02/23(火) 21:48:00 | URL | 塾生 KAZUちゃん #79D/WHSg[ 編集]
No title
KAZUちゃん、コメントどうもありがとう!

うん。ASOBOで挨拶した時、KAZUちゃんがボロボロ泣いてくれているのを見て、ごめんねって思いながらすごく嬉しかったよ。私も忘年会の時のことが頭をよぎってた。

KAZUちゃんはツレもうつなんだね。夫婦で闘病というのは、とても大変そうだね。

でも「転院したら体調が劇的に変わった」というのは、今の私にとってすごく有り難い情報だった。一筋の光明、というか。

私も転院したてで、色々不安なのだけど、良くなるかもしれないって思えるだけで励みになります。

お言葉に甘えて、メールとか電話とかするかもしれない。その時はおしゃべりしてね。
2010/02/23(火) 22:02:00 | URL | みやぢ #79D/WHSg[ 編集]
No title
うん!もちろん気が向けばでねー

「ごめんね」はいらないよ~~~
2010/02/26(金) 01:39:00 | URL | KAZUちゃん #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック