FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
2010-03-21 (日) | Edit |
これも…いい映画だったなぁー。
若年性アルツハイマーを患ったときの「怖さ」ってのが、じわじわと感じられて…。
ラストシーンは切なすぎて、涙。
これも堤幸彦監督だった。
「自虐の詩」も好みだったし、この映画の演出も良かった。
この監督の作品は私のツボにはまるのかも。
関連記事


コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: