FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
2010年05月07日 (金) | 編集 |
実家の自分の部屋。
母親が「自殺したくなるなんて心配だから…」と言いながら、机の引き出しを開けようとする。
私は激怒し「私の部屋のものに指一本触れるな!部屋にも絶対入ってくるな!」と母親を振り払って、部屋から追い出す。
一人きりになった室内で、私は興奮を静めようとタバコに火をつける。ホテルに置いてあるような紙のマッチで。
マッチの火を消そうと軽くふると、火の粉が空中を舞い、布団に落ちる。
足で踏みつけて消そうとしたが、布団の中で火がついたようでブスブスくすぶってくる。
私は雨の降るベランダに布団を出し、火を消そうとする。
雨に濡れながら、布団の火が消える。
もうこの布団は使えないな、と思う。

夢の中のように母親に激怒するということは、これまでの人生でなかったと思う。
思春期に母親に日記を盗み読みされた時でさえ、『私のことが心配でやむを得ずやったんだ』と自分を納得させていた。奇妙にイイコだった。
あの頃しっかり反抗期をやっていたら、今のように母親にとらわれることはなかったのかもしれない。
今さら言ってもしかたないが。
もう何年も吸っていないタバコを、普通に吸っていたのも不思議だった。けっこうリアルな感覚だった。
目が覚めた時、いやーな気分になる夢だった。やれやれ。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
No title
夢の中で、むかーし吸っていたタバコを手にすることはあっても、酒を飲んだことはないのがちょっと不思議です。



イイコ時代の延長上だった会社員時代の夢を、今でも時々見ます。ええ、もちろん大半がいやーな夢です。

「昔つとめていた会社に再就職する」という設定がほとんどなので、きっと夢であの頃のやり直しをしたいんだろうな・・・と、ちょっと前向きに捉えることにしています。

自分の気持ちを訂正して上書き保存したいのかなー。
2010/05/08(土) 17:21:00 | URL | にら #79D/WHSg[ 編集]
No title
おー、にらちゃん久しぶり! 「臨場」見てるよ~。



感覚がリアルな夢をたまに見ます。

今回もタバコに触れた唇の感触とか、マッチを振った指の感触とか、煙の匂いとか、目が覚めても残ってた。

イイコってのは、ボディーブローのようにあとから響いてくる。当時はそれで問題なく過ごしていたのだろうけど、その実、心の奥でダメージを受けてた…って感じ。



気持ちを訂正して上書き保存かー。

夢ってそういう欲求を具体化してみせているのかもね。(たしかユングだかフロイトだかが、そんなこと言ってたわ)
2010/05/08(土) 20:54:00 | URL | みやぢ #79D/WHSg[ 編集]
No title
私が母に反抗した最初の思い出は4~5歳。



母が

「さむいから、コレはいてけ!」と、

赤い毛糸のパンツをもって追いかけてくる

春の日…



逃げに逃げました!

裏の畑に飛び出して

追いかけてこなくなるまで逃げました(大笑)



それ以来、親不孝の連続です。

母をたくさん悲しませてしまいましたが、

自分が自分でいるためには

そうしなくちゃならなかった気がしています。



あ、支離滅裂…ごめんなさい。
2010/05/10(月) 20:26:00 | URL | まんまる #79D/WHSg[ 編集]
No title
まんまるさん、可愛い思い出をどうもありがとうございました。

私自身が親になるという経験をしていないのも、母親にこだわる一因かもしれません。

自分が親になったら、母を客観視できるのかも。

自分が自分であるために…。

なるほど。



尾崎豊の「僕が僕であるために」って曲を思い出しました。
2010/05/10(月) 21:11:00 | URL | みやぢ #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック