FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
「アフタースクール」「重力ピエロ」
2010年07月01日 (木) | 編集 |
残り2枚のDVDがこれ。
本日中に返さねば…。

「アフタースクール」
めっちゃくっちゃ面白い作品!!
ただ、1回で分かろうなんて思っちゃいかんです。
ちなみに私は3回観た。
1回目ふつうに観て…え?え?何これ?どういうこと?ワカンナイ、けど面白い!
2回目オーディオコメンタリー付きで観て…ゲラゲラ爆笑。でもまだワカンナイ。
3回目あらためて腰を据えて観て…そーかそーか。なるほどねー。うわーこんな仕掛けもあったか!台詞が凝ってるよ~。演技が二重三重の意味を持ってるよ~。すげー!でももしかしてまだワカッテナイのかも…?
いやはや、ものすごく頭の体操な映画だった。
大泉洋・佐々木蔵之介・堺雅人、3人とも好きな役者さん。その3人の持ち味をすごく生かしていると思う。
この監督(脚本も同じ)って、すっごく頭がいい人なんじゃないかしら。
でね、テイストが「俺たちは天使だ!」とか「探偵物語」的な懐かしさがあって、それがまた良かったのよ。
教師としてもちょっとツボだわね。
この作品はDVDで観るのがお薦め。繰り返し観られるから。オーディオコメンタリーが面白いから。
レンタルして3回も観たなんて、初めての経験だよ。たまらんわー。

「重力ピエロ」
いやいや、これもいい映画だった。
伊坂幸太郎原作。最近伊坂幸太郎づいている。この際、彼原作の映画は制覇してやろうかと。
すごく切ない家族なんだよなー。
ドロドロでグチャグチャなんだけど、ちゃんと「家族」なんだよ。
「俺たちは最強の家族だ」って、たまらん台詞だな。
伊坂幸太郎の描くお父さんってのが、「ゴールデンスランバー」でもそうだったけど、すごく好き。愛しい。
もちろん単なる家族ものではなくて、暗号やら事件やらが複雑に入り交じっているのだけど、ストーリイを追うだけじゃなく丁寧に作ってある気がした。
この作品の岡田将生はすごく魅力的。「告白」ではウェルテル先生をやってた。実は「天然コケッコー」の少年も彼だったらしい。へー。

はー。今日の2本は大当たりだった。
で、ついさっき返却に行って(「アフタースクール」3回観たら、こんな時間になってしまった)、勢いでまた5枚借りた。
こういう面白い作品にぶち当たることもあるから、DVDレンタルがやめられない。わはは。
…あ、マイケルジャクソンのCD借りるの忘れた。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック