FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
「踊る大捜査線3」
2010年08月10日 (火) | 編集 |
P8061391今日は猫友達と一緒に「踊る大捜査線3」を観に行ってきた。
ネットでの評判があまりよろしくなかったので、あんまり期待していなかったのだが…。
いや、これ、面白かったよ~。
ドラマ時代から観ている者としては、あのメンバーがフルキャストで出ているのがやっぱり嬉しいし、お約束のかけあいや、カメラワーク、音楽なども心地よい。
登場人物が変わっていないながらも、立場を得たり、成長したりしているのも微笑ましい。
ストーリイも良かった。和久さん(いかりや長助)追悼が、良い意味で効果的だった。この映画は、和久さんも喜んでくれるんじゃないかなー。
それにしても、小泉今日子と小栗旬どっちが怖かった?
私は断然、小栗旬の方が怖かったっす。ラストの彼の台詞と表情は、かなり怖い。
満喫したよー。

映画のあと、猫友達が拙宅を訪問して、ひとしきりウチの猫たちと戯れてお帰りになった。
お土産にいただいたサーティワンのアイスクリームが美味しかった!
ストロベリーチーズケーキとサーティワンラブ。
懐かしい味覚だった。

画像はいつもこんな風に普通に寝ている空良くん。
猫の矜持はどうした!
関連記事

コメント
この記事へのコメント
No title
見事な、ぱっかん!ですね!!

暑さが忍ばれます…



踊る大捜査線、

私もレビューの悪さに二の足踏んでおりましたが

行ってみましょうか。

小泉今日子が気になりますので。


2010/08/10(火) 21:38:00 | URL | まんまる #79D/WHSg[ 編集]
No title
ぱっかん!なんですよねー。

なんつーか、こう、だらしない…。

ここまで天然リラックスなのは、空良くんだけなんです。胡ぼんとダブります。



「踊る大捜査線3」のレビューの悪さは、おそらく期待度が高すぎたからなんじゃないかと。

期待しないで観に行けば、充分面白い映画だと思いますよ。って、これじゃ褒めてない?(笑)

まんまるさんがご覧になったら、ぜひラストシーンの小栗旬についてご感想をお聞きしたいですねー。

あれは、何か意味深でしたので。

ちなみに小泉今日子はかなりいいです!
2010/08/11(水) 17:07:00 | URL | みやぢ #79D/WHSg[ 編集]
No title
見てきましたよ!

「踊る大捜査線3」…私自身は、とっても楽しみました。でも、長年のファンである姉は、やはり、ため息をついていました。(織田くんが老けた…と、言って…)



で、小栗くんと小泉さんですが

役柄的に、

どちらも

『目的のためには手段を選ばない』上に

『他人を操作するのに長けている』という

共通項があるわけですね~。



周りの人が『喜んで言うこと聞いちゃう』てのは、恐い。



小泉さんは、何かやらかしても個人レベルですが

小栗くんは、警察組織・日本全体レベルで煽動しそう。(たぶん、これから、そっちへ突っ走るに違いないし。)

そういう意味では、小栗くんの方が恐いと言えると思います。正義を振りかざすだけに、なおさら。



二人とも、鬼気迫る迫力の演技…甲乙つけがたい。

私的には、

小泉さんには、「私を尊敬しろ」のところ

小栗くんには、目をケガして「ボクは、大丈夫ですから」と捜査に復帰するときが、もう少し憎悪が出て恐かったら、お互いに最後のセリフもさらに怖さ倍増!!だったろうな、と、思った次第です。



なんて、解ったようなことを書きながら

「でも、吾郎ちゃんが、ホントに『一転、宗教まっしぐら!』のヒトみたいで、妙に穏やかで浮世離れした演技(地?)に、笑ったけれどゾッとした」と、おもっている、素人まんまるでした。
2010/08/15(日) 21:07:00 | URL | まんまる #79D/WHSg[ 編集]
No title
おー! さっそくのご感想、ありがとうございます。

そう!そうなんですよー!

さすがまんまるさん、上手に表現されますね。

私も同じようなことを感じていたのですが、まんまるさんのコメントで腑に落ちました。

小栗旬の怖さは、一見「正しい」ことへの怖さなんですよねー。うんうん。

あー、すっきりした。

吾郎ちゃんの演技はノーマークでした。わはは。そういえばそうだったかも。

いやー、お楽しみいただけたようで嬉しいです。
2010/08/15(日) 23:18:00 | URL | みやぢ #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック