FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
炉開き
2006年11月08日 (水) | 編集 |
2d441ccf.JPG今日は炉開き。お茶の世界のお正月。
着物で行こうかとも思ったけど、昼過ぎまで寝てしまったので洋服で。一緒にお稽古している方が着物でいらしていて、『あー、やっぱり着物はいいな…』と思った。
思えば去年の炉開きはうつで欠席したため、2年ぶりの先生のお汁粉。うう…やっぱり美味しいよぉ!
さて、今日のお稽古は長板(長い板の上に水差しや火箸などが飾ってある)で、炭点前とお濃茶。炭点前なんて、さっぱりワカラン! 頭がパニックになる。更にお濃茶、足がしびれてしびれて立てませんっ!
それでもお点前に集中していると、心がしんと引き締まるのを感じる。
いや~、心もお腹も満足満足。

同じ職場で事務をされている方も一緒にお茶のお稽古をしているのだが、その方が今年でご退職されるということを聞いた。
「もう限界」と笑っておっしゃっていたが…。長年本校に勤めていらした方だし、私もお茶仲間ということもあって頼りにしていた方なので、ショックは隠せなかった。

でもね、気づいたことがある。
ウチの学校に勤めていようと、ご退職されようと、その人にはその人の人生があるんだな~ってこと。私は無意識のうちに、自分と関わりのある人は、自分と関わっている部分でしか「生きて」いないように感じていたようだ。そうじゃないんだよね。私の知らない生活がどんな人にもあって、私の関与できない部分が誰にでもある。当たり前のことなんだけど、気づいていなかった。
それと、女は強いな…ってのを改めて感じた。強いというか、たくましいというか、図太いというか。男が「強さ」を求められるのに対し、女が「強さ」を求められないのは、もともと女は強いからじゃないかとさえ思った。そうしてみると、私は女のわりに弱いね~。まったく。
以上2点が、私の今日の気づき。
お茶以外にも勉強になったな、うん。

画像は我が家のプレイステーション2。色とサイズが咲夜に似ているので、これが視界に入るたびに「さぁちゃん?」と呼びかけてしまう私…(^^;)
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック