FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
昨日の着物・白髪染め
2010年10月07日 (木) | 編集 |
PA071860そんなわけで、昨日の着物コーディネートはこんなんだった。
母の紬。水色をベースに茶色やピンクの糸が組み合わさった、爽やか系。
母が若い頃着ていたのを、私サイズに仕立て直してくれたもの。
帯は…サーモンピンクベースの抽象柄。
これはリサイクルショップの福袋に入っていた羽織をほどいて、自分で付け帯に仕立てたもの。意外となんにでも合うので重宝している。
帯揚げはサーモンピンクの無地。よくみると麻の葉柄の地模様が。
帯締めはスモーキーピンクで途中から細紐になっているもの。
今年初めての袷。昨日は天気が良かったので、ちょっと暑かったな。

さてさて。今日は久しぶりに白髪染めをした。
「40を越えたら一気に白髪が増えるよ」と姉から脅されていたが、確かに白髪が気になるお年頃になってきた。
ここ2回ほど使った白髪染めは合わなくて、すっかり髪が傷んでしまったので、今回使用したのは…天然染料ヘナ!
なんとトリートメント効果があるらしい。素晴らしい。
しかもこのヘナ、100均で購入したもの。毛染めキット100円を追加して、計200円。安い。安すぎる。本当に染まるんだろうか?
<100均ヘナ、手順>
①シャンプーして水気をよく取る。
②ヘナ(粉末)をぬるま湯で溶いて、30分放置する(空気にさらすことで良く染まるようになるらしい)。
③毛染めキット(ケープ・耳カバー・手袋・ハケ&くし)を使って、ヘナをまんべんなく髪の毛に塗りたくる。粘度が高い(泥っぽい)ので、塗りにくい。でもだんだん髪がひとまとまりになってきて、粘土細工のように形が作れるようになると面白い(ソフトクリーム!とか一人でやってウケていた)。
④捨ててもいい乾いたタオルで頭全体をくるみ、3時間(!!)放置。
⑤タオルをはいで、頭をもむ。髪の内側が空気にふれるように(空気にさらすことで…以下同文)。10分放置。
⑥よーーーーーーっく髪をゆすいでヘナの泥が落ちたら、シャンプー&リンスをする。タオルドライして、乾かして終了。
…さて結果は。
意外とちゃんと染まった。すごい。白髪が目立たなくなっている。全体的に赤っぽいのは前回色を抜いたからか? しかも髪の手触りがいい。さらさらである。
と、いいことずくめのようだが、そうでもない。
まず匂いである。めちゃくちゃ、草! 家中、草! 頭をふると、草! しっかりシャンプーしたのに、草! とにかく草くさいのだ。これ、気になる人はそうとう気になると思う。私は気になる(笑)
そして手間と時間がかかる。手順をご覧いただくと分かると思うが、結構めんどうくさい。むらなく塗れたか分からないし。所要時間も4~5時間かかる。時間に余裕のある人じゃないと、イライラするだろう。
そんなわけで、「美容院でやってもらうのがいいな~」という結論に至った。
面白かったけどね。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
No title
ヘナは中近東で、結婚式前夜イベントのマストアイテムとして有名ですね。



また、タトゥーシールほどすぐ落ちなくて、刺青のように半永久的に落ちないこともない、『消えるタトゥー』として、最近、ボディやフェイスにヘナでペインティングするのがはやっているようですね。



赤っぽくなるのは、ヘナの特性上しかたがないようですが、そんなに『草』っぽくなってしまいましたか・・・
2010/10/08(金) 01:39:00 | URL | ゆーりか #79D/WHSg[ 編集]
No title
ゆーりかさん、いらっしゃいませ。コメントありがとうございます!

知らない情報がいっぱいでしたー。

そうなのですか。へー。

白髪染めの時に肌に付着したけど、肌は染まらなかったですねー。ペインティングとはまた違うのかしら?

草っぽくなったのは、もしかしたら安物のヘナだからかもしれません。ドラッグストアで売っている1000円のヘナや、通販生活で売っているお高いヘナだったら匂いもマイルドなのかも。

ヘナにもいろいろ種類があるようなので。
2010/10/08(金) 17:33:00 | URL | みやぢ #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック