FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
着物整理その後
2010年10月26日 (火) | 編集 |
PA261932ずーーーっと放りっぱなしにしていた着物整理をようやくやった。
浴衣まで終えて、一段落。
あとは半幅帯と小物だけ。
8月から始めて2ヶ月もかかったよ。
でも、おかげで全ての着物を把握することができたので、満足。
着物生活に向けて、基礎ができたかな?
昔の着物を眺めていると、「痩せてこの着物着たーい!痩せよう!」とモチベーションが上がったし。よしよし。
画像は先日のお稽古に着ていったコーディネート。
会津木綿の着物に、水色の南蛮人柄(?)の名古屋帯、卵色の帯揚げと帯締め。
この帯揚げと帯締め、つい便利でいつも使ってしまう。
会津木綿は少し厚手のほっこりした生地で、単衣だが結構暖かい。
明日もこれ着よう~。

うおーーーっ、夜になったらいきなり冷え込んできた!
足先がかじかむ~。肩のあたりが冷える~。
そういえば、明日の最高気温は14度だとか。
えー? 今日より6度も低いの?
なんだかなー。いきなりすぎるでしょうよ。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
No title
お着物、キレイですね

そして、「卵色」という表現が美しいなぁと思いました。

私、エンジ色とか藍色とか、中間色が好きなんです。



以心伝心! ご心配ありがとうございました

急に冷え込んでくると、なんだか無性にモノを捨てたくなる私です。。。

気分はいつも通りの低空飛行です(苦笑)



『シズコさん』、探してみますね

表紙の写真を見ただけでも、私のココロに響きそうな予感がします!

母親と自分に正面から向き合うこと …正直、怖いです。

わんわん泣いて、浄化できますように。
2010/10/27(水) 19:57:00 | URL | ちぃ #79D/WHSg[ 編集]
No title
可愛いコーデですねえ。

会津木綿でしたか!



お気に入りのたまごいろ、

ホントに使いやすそう。

生成や白より、可愛いし♪



こちらは、ただ今の気温6℃なので

八掛にフリースを使いたい!!

という感じです。
2010/10/27(水) 20:39:00 | URL | まんまる #79D/WHSg[ 編集]
No title
ちぃさん

えへへ。お褒めにあずかり嬉しいです。

実物はミルクセーキ色というか、クレープ色というか、とにかく美味しそうな色をしています(笑)

日本の色の呼称がとても好きなのですが(本も持ってたりするのですが)、とてもとても普段使いできない言葉です。敷居が高い!

卵色くらいなら使ってもいいかなー、と思いまして。



秋から冬はどうしても気分が内側に向いてしまいますよね。

布団の暖かさや鍋物の美味しさなど、ほっこりできるものを沢山味わって、内に向かいすぎないようにしたいと思っています。



『シズコさん』ぜひお読み下さい。

きっと読み終わる頃には、すっきりできると思います。大丈夫、怖い本ではありません。
2010/10/27(水) 23:12:00 | URL | みやぢ #79D/WHSg[ 編集]
No title
まんまるさん

えっ、可愛いですか?

…そうですね、可愛いですね。

今気付いたのですが、私けっこう可愛いもの好きみたいです(笑)自覚していませんでした。

着物はどちらかというと渋好みだと思うのですが、帯になるとはじけてしまうのですよねー。

そうか…可愛いもの好きだったんだ、私。



ひゃー、そちらは最高気温で6度ですか!!!

これは、14度で寒いなんて言ったら怒られますね。

八掛にフリースって…静電気がすごそう(笑)

ヒートテックとか、どうですかね?

着物は下に着るものを工夫すれば暖かくなるので良いのですが、今日は襟足が寒かったです。

書生さん風に下にタートルネックというのもありかな、と思った今日の日でした。
2010/10/27(水) 23:22:00 | URL | みやぢ #79D/WHSg[ 編集]
No title
> 秋から冬はどうしても気分が内側に



図星!! と思いました

秋が収穫の季節で食べ物がおいしいのは、神様の計らいのような気がしました。



今、柳美里の本「ファミリーシークレット」を取り寄せて、読んでいるところです。

虐待されたこと&したことを自叙伝のように綴った本なのですが、

思い当たることが多くて刺激的です。



その一方、「作家が書く文章なんて、大げさに脚色されているものだ」

ということも書いてあったりして、

いったい何を信じていいのか、分からなくなってしまいました(>_<)

彼女のことを

自己正当化だの責任転嫁だのいう人の気持ちが、ちょっぴり分かるような気もしたり…

ココロが ざわざわ、落ち着かない私です



国語がご専門のみやぢさんに聞いてみたいと思うのですが、

作家の書く自叙伝とは、そういうものなのでしょうか?
2010/10/29(金) 18:49:00 | URL | ちぃ #79D/WHSg[ 編集]
No title
ちぃさん

ココロざわざわが少しでも落ち着くことを祈って、少々長くなるかも知れませんが持論を展開させていただきます。



私は事実と真実は別ものだと考えています。

よく世間では「ホントウ」を知りたがりますが、それは事実を知りたがっているのです。

殺人事件などでいつ・どこで・誰が・誰を殺害したか。その事実は一つです。

でも殺害の動機などは、その人にとっての真実であり、それは他人にはわかり得ないことなのです。

それなのに「ホントウのところはどうだったのか?」とあれこれ推測して、「犯人はウソを言っている」などと言うのはおかしなことなのではないかと思うのです。



つづく
2010/10/29(金) 22:19:00 | URL | みやぢ #79D/WHSg[ 編集]
No title
たとえば、AさんがBさんに包丁をプレゼントしたとします(礼儀としてなってませんが、たとえばです)。

Aさんは「料理が楽しくなるように」と思ってあげました。これがAさんの真実です。

ところがBさんは「この包丁で自殺しろという意味だ」と受け取りました。これがBさんの真実です。そしてそのまま遺書を遺して自殺してしまったとします。

この事件を知ったCさんが遺書を読んで「Aさんが包丁を送ったからBさんは自殺したんだ。Aさんが殺したようなものだ」と主張しました。

おかしくないですか? 前半は事実を述べていますが、後半は真実をねじまげています。



なんだか、血なまぐさい例ばかりでごめんなさい。

最近の報道を見ていると、事実以外の真実まで追究しているような気がして、つい。



で、何が言いたいかと言うと、「それがその人にとっての真実なんだから事実はどうでもいい」ということです。

作家の書く文章は大げさに脚色されている、というのは事実かもしれません。

でも、その作家にとってはそれが真実なんじゃないでしょうか。

作家が表現したいのは、「想い」であって「事実」ではありません。

自分の「想い」をよりリアルに伝えるために、言葉を選び、構成を考え、文章を精錬するのが作家という表現者です。



つづく
2010/10/29(金) 22:20:00 | URL | みやぢ #79D/WHSg[ 編集]
No title
もっと言えば、人間誰しも自己を正当化するものですし、できることなら責任を転嫁したい生き物です。自己正当化して、責任転嫁していて当たり前です。

でも、それがまた人間らしく、いじらしくはありませんか?



授業で文章を取り扱う際には、あくまでも作者(筆者)というフィルターを通してのぞいた世界だということを大前提にしています。

フィルターによって見え方が変わるのは、ごく自然なことです。

しかし、ほんの些細なことでも、その作者(筆者)の琴線に触れて表現されたものなのだから、それを尊重したいと思っています。そして、できることならその感動を追体験したいと考えています。

自叙伝もそういう読み方でいいのではないでしょうか。

事実よりも、作者がどう感じたかという真実が大事なように思うのです。



自分の体験としても、母の言動がひどく心に残ってその後の人生に影響を与えていても、母は全く覚えていない・気にもかけていないということがままあります。まあ、母にも限らないのですが。

これもフィルターですよね。

事実(母の言動)は一つでも、母にとっての真実と私にとっての真実は別です。

私にとって大事なのは、私がどう受けとめたかということです。

柳美里さんも、そう思って書いているんじゃないかと思います。



長々と書きましたが、私の持論は伝わったでしょうか?

「柳さんにとっては、そうなんだね」と思って、彼女の「想い」を追体験すれば、充分素敵な読者だと思います。



それにしても、キツそうな本ですねー。

読んで凹みませんか? 大丈夫ですか?



コメントの上限が800字だと初めて知りました。

3分割、読みにくくてごめんなさい。
2010/10/29(金) 22:21:00 | URL | みやぢ #79D/WHSg[ 編集]
No title
ご意見ありがとうございました!

熟読させていただきました。

例えも分かりやすくて、ココロに響きました!!



事実と真実、そしてフィルター …納得です。

「ファミリー シークレット」、ステキな読者をめざして、

のんびりと読み進めようと、今は思っています。

この本から、何か得られそうな気がしてきました。



みやぢさんに聞いてみて よかったです
2010/10/31(日) 21:48:00 | URL | ちぃ #79D/WHSg[ 編集]
No title
よかった…!

日頃常に頭にあることだったので、つい熱く語ってしまいました。

私の主張を分かっていただけたようで、とても嬉しいです。



最近、自分を分かってもらえることが、一番幸せなことなんじゃないかと考えています。
2010/10/31(日) 23:14:00 | URL | みやぢ #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック