FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
無念・ほうれん草のカレー
2010年11月25日 (木) | 編集 |
いつものスーパーで、またも初対面の魚「げんげ」に出会った。
先日の「さごち」が非常に美味しかったため、今回も挑戦してみることに。
深海魚という顔つきで、白身魚っぽい。
とりあえず三枚におろし、頭と骨はアラ汁に、身はソテーにしてみた。
どんな味だろう?と期待して食べたのだが…
はうーーー、チュルチュルのゼラチン質の食感が、私にはダメだった。
味は淡泊で癖もないのだが、どうしても食べられない。
非常にもったいなかったのだが、処分した。
あああああ、心の底からごめんなさい。
トロ以外の魚は何でもOKだと自負していたのだが…無念。

PB252092数年ぶりにほうれん草のカレーも作ってみた。
<ほうれん草のカレー>
①ほうれん草1把を茹でて水にさらし、水気を切っておく。
②玉ねぎ1個のみじん切りをフライパンで炒める。茶色になるくらいまで。
③生姜1かけのみじん切り&にんにく2かけのみじん切りを、油をひいたフライパンに入れ、鶏挽肉400グラムを炒める。
④②とセロリ1本のみじん切り・プチトマト5個の角切りを加えて更に炒め、水を注いで煮る。
⑤クミン・クローブ・ナツメグ・シナモン・黒コショウ・コンソメキューブ2つ・醤油を入れて、煮込む。
⑥①をフードプロセッサーにかけてペースト状にし、フライパンに加えて煮込む。
⑦いったん火をとめてカレーの元を2人前加え、火にかけて味をみる。甘みが足りないように感じたので、お好みソースとみりん少々を加えた。
⑧最後に粉チーズを加えてよく混ぜ、完成。
…ほうれん草はレンジでチンだとアクが残るので、面倒だけど茹でて水にさらす。
スパイスの量はお好みで。黒コショウを沢山入れると、結構辛くなる。
今回の分量で7~8皿分できるが、カレーの元はそれよりも少な目に。味もついているし、スパイスも入れているので。
⑦の段階でピンとこない味でも、粉チーズを入れた途端に味が決まる!
あー分量も書いてレシピらしくしようと思ったけど、目分量だから正確じゃない~。結局いつも、味見をしながら適当に入れているからなぁ。
これは冷凍保存中。今度ナンを焼いて食すつもり。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック