FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
「理由」・『ちょんまげぷりん』
2010年12月07日 (火) | 編集 |
PC062136今日は後輩が紹介してくれた芝居「理由」を観に、乃木坂まで行って来た。
出来たての会津木綿の着物は、ベージュにピンクの格子柄。ストロベリーチーズケーキ風で美味しそう。母の帯を合わせた。
さて、今回の公演はリーディング公演というもので、出演者はみな椅子に座って台本を手にしてセリフを言う。へー、こんな形式の芝居は初めて観たなぁ。
立ち上がっての動きはないのだが、その分表情の変化やちょっとした動きがクローズアップされて、これもまた面白い表現方法だと思った。
たまに目をつぶって声だけに集中して鑑賞したりした。
出演者の後ろにピアノが控えていて、生演奏で音をつけるのも面白い。
なんだか、ASOBOのアトリエ公演の参考になりそうな気がした。

PC072141乃木坂への行き帰りで『ちょんまげぷりん』by荒木源、を読んだ。
なるほど。あの映画はかなり原作に忠実だったのだと分かった。
が。映画はあまり魅力がなかった。原作は結構魅力的だった。
その違いやいかに?
たぶん、原作には想像の余地があるのだ。余地というか、余韻というか。映画にはそれがなかった。
あと、私は映画には、原作以上の素敵な演出か、原作とは異なるアプローチを期待しているのだと思う。映画「ちょんまげぷりん」は原作を忠実になぞっていた。それ以上のものを感じなかった。
ってことかなぁ。
中村義洋監督ってのが、どうも合わないっぽいんだよなー、私には。ぶつぶつ。

PC072140今日の定食は、
小松菜と厚揚げの炒め物・かぶとワカメの酢の物・鮭の西京焼き・白菜と厚揚げの味噌汁・玄米ご飯。
あー、かぶって酢の物にしても美味しい。
赤みそとか白みそとか、気になるこの頃…。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
No title
ほんとにストロベリーチーズケーキ色♪

帯がまた、いいですね。

唐子?でも、着物着てますものね…

染め名古屋でしょうか。



ちょんまげぷりん…映画は主演の方が、好みでなかったです(失礼なまんまる)

原作のほうがいい!というものは、確かにありますね。

そうして考えると、何かを読むとき、想像の余地があるって大切なことなんですね。
2010/12/08(水) 20:39:00 | URL | まんまる #79D/WHSg[ 編集]
No title
でしょでしょ? ストロベリーチーズケーキですよね~♪ サーティーワン・アイスを思い出しまして。

これ、織り元さんの事情で今後一切作れないものなのだそうです。それを聞いて、思わず購入してしまいました。可愛すぎるかな?とも思ったのですが、意外と似合いました(自分しか言わないので言います/笑)。

この帯は染め名古屋です。自分では絶対買わない柄ですが、何にでも合わせられる万能帯で、しかも締め心地が非常に良いのです。

今度、母にどんな由来があるのか聞いてみます。



まんまるさんのコメントを拝読して、

いきなり哲学っぽくなりますが、読書や映画だけでなく、何においても「余地」って大切なような気がしました。

余地は、無駄ではなくゆとりです。

無いからこそ、いいんです。

ね。
2010/12/08(水) 21:44:00 | URL | みやぢ #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック