FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
2011年05月26日 (木) | 編集 |
眠気に負けて、1日中寝ていた。
ああ、池袋に行こうと思っていたのに…。
でも、気持ちよかったからいいかー。

ほぼ日刊イトイ新聞、「今日のダーリン」より
・舞台の上でなにかする人なら、
 たいていそう思っていることらしいのですが、
 「おもしろくもなさそうな顔」のほうが、
 どうしても目に入っちゃうんだそうです。

 ぼくも、舞台とかには立ちませんが、
 おおぜいの人の前に出たときなど、
 ついネガティブな反応の人を意識してしまいます。
 なにかを説明しなきゃならない場面だとか、
 こころを揃えなきゃいけないときでも、
 「どうかな?それは‥‥」というような、
 疑いの視線が気になってしまうものです。
 若いときには、プレゼンテーションの場面なんかでも、
 反対しそうな人とばかりやりとりしてしまいました。
 
 なんでしょうかねぇ、こういう傾向って。
 全員が納得することなんかありえないのにねぇ。
 視線を、ネガティブなほうに集中して向けてしまうと、
 せっかくよろこんでくれていた人の側が、
 逆においてけぼりをくわされちゃうんですよね。
 よく冗談で言われる、
 「今日も遅刻して、まだ来てない者がいる!」と、
 遅刻してきてない人たちに怒ってるようなことって、
 けっこうありがちなんですよね。
 
 で、長く仕事を続けている人は、
 じぶんのなかの、そういう傾向を克服するための、
 修練を積んできているんだと思うのです。
 「受け容れられているじぶん」を、きちんと見つめる。
 許されている、受容されている、待たれている‥‥。
 そういうじぶんが、見えなくなっちゃうと、
 持っている力を発揮できなくなっちゃいますから。
 先日、ここで言った「ベテランの人たち」が
 例外なく持っている強い「自己肯定力」というのは、
 それがあるからベテランの域にまでたどり着いたし、
 長くやってきたからこそ、
 それが身に付いたのだとも言えそうです。

すごーーーくわかるなぁ。
授業やってても、眠そうだったり、つまらなそうだったりしている生徒ばかり目に付くもんね。
そうだなー、楽しそうにしている生徒を置き去りにしてるかもな…。
「自己肯定力」ってのは、人生の課題だな。
はげしく共感したので、転載。

いつもありがとうございます。クリックしてくださると励みになります♪
人気ブログランキングへ
関連記事

コメント
この記事へのコメント
No title
わかるわかる…

で、むりに引き込もうとして疲れたり。

自己肯定力、必要ですね。



昨夜は寝たおしましたが、

朝すっきり!

寝るのはいいことだ~と、思います。



ブラックスワン…娘とは見に行けないですね;
2011/05/26(木) 22:26:00 | URL | まんまる #79D/WHSg[ 編集]
No title
いやはや、ここでも謝っちゃう。

いつもまんまるさんからべにおさんちに行ってたからだ!!!

本当にすみませ~ん(--#)

ところで。。。

舞台を見に行くとき、役者に思い入れがある時は、思いっきり表情にに力を入れます。(声を出しちゃ悪いからね)

すると。。。あまりキャリアの多くない役者さんは、目が合った時、ぱぁっと目で答えてくれるのがわかるんです。

数年前の安田顕とか、音尾琢磨とかのチームナックス系です(^^)大泉さんは観客相手に上手にアドリブしてましたっけ。

そんな時、とっても嬉しい!

そうか、舞台からだとネガティブな人に目が行っちゃうから、たまに全身で喜び表現してるあからさまなファンに喜んでくれるのね。。。

最近はナックスの出る芝居のチケットがとれなくなりました~。人気が出て嬉しいやら悲しいやら。
2011/05/26(木) 23:02:00 | URL | たま #79D/WHSg[ 編集]
No title
まんまるさん

そうなんですよー!

無理に注目させようとして疲れちゃう…。

さすが、よくおわかりで(笑)

「全員が納得することなんかありえないのにねぇ」というイトイさんのつぶやきに、「ほんとにね。でも全員を納得させたいとつい思っちゃうのよね」とつぶやき返してしまいましたよ。

結局、全員に好かれたいというエゴイズムなんだろうなぁ。



昨日さんざん寝たら、今日出勤してもやる気が出ない出ない。

ただいま空きコマで、学校からの投稿です(笑)

あーーー、早く帰って寝たい…って、まだ寝るんかい!



「ブラックスワン」は大人向け映画です。

お子様には刺激が強すぎますね-。
2011/05/27(金) 08:53:00 | URL | みやぢ #79D/WHSg[ 編集]
No title
たまさん

お芝居も授業も一緒だと私は思っているのですが、基本「ライブ」なのですよ。生もの。

なので、観客や生徒の反応によって、役者も教師も変化するんですよね~。

お客さんが優しいと、安心して芝居できます。

生徒が優しいと、安心して授業できます。

たまさんみたいに優しいお客さんだったら、さぞかしナックスの皆さんも楽しめるでしょうね。



さーて、しょうがないから授業するかー!!

と、スチャラカ教師の私は教室というライブ会場に向かうのでした。
2011/05/27(金) 08:57:00 | URL | みやぢ #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック