FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
今日のコーデ・麻婆豆腐ほか
2011年07月05日 (火) | 編集 |
P7043748今日のコーデ。
水色に格子の綿麻、黒芭蕉布の夏野菜帯、くすんだピンクの帯揚げ、黒とショッキングピンクの帯締め。
久々に名古屋帯なのは、この帯を締めたかったから!
濃い色の夏帯が欲しいなー、と着物屋さんでいろいろ見せてもらった中で、一目惚れしたのだ~♪
黒地なんだけど、丸がたくさんあって重くない。
P7043749丸の中には版画風の夏野菜たち。ぼかしで色が入っているのも嬉しい。
なんてラブリー! しゃりしゃりした質感もgood!
帯芯もメッシュのような軽くて通気性のいいものを入れてもらった。
仕立て上がって気付いたんだけど、芭蕉布だったのか! その割にあの値段…はて? まがいもの?
まあ、良い。
むふふー、お気に入り♪

P7053759今日の夕食は、麻婆豆腐・餃子・タコときゅうりのキムチ和え。
<麻婆豆腐>
①にんにくのみじん切り・しょうがのみじん切り・豚挽肉をフライパンで炒める。
②ねぎの小口切り・豆板醤を追加して炒める。
③ウェイパー・オイスターソース・醤油で調味し、水を加えて一煮立ちしたら、適当な大きさに切った豆腐を加えて煮る。
⑤豆腐が暖まったら火を止め、水溶き片栗粉を入れて混ぜ、火にかける。とろみがついたら、火から下ろす。小ネギの小口切りをふりかけ、山椒をたっぷりかける。完成。
…水溶き片栗粉は火を止めて入れ、十分混ぜてから火にかけると、ダマにならない。
豆腐は木綿でもきぬでも。私は木綿の濃厚さが好き♪
たぶんお好みで味噌やごま油を入れても美味しいと思う。
山椒はハウスの「香り山椒」がお薦め。ミルになっていて、挽きたての香りが楽しめる。
これをかけるだけで、いきなり本格派になるので、山椒はぜひ欠かさずに。
しびれる辛さ! 汗をかきつつ食べよう!!

火曜日は風花さんバナー。
br_decobanner_20110609233723
いつもありがとうね♪ クリックしてくれたら、ふうをなでさせてあげるわ♪ うふん。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
No title
あっ私もこういう帯、好きです♪

○柄って可愛いですよね~。柄は、型押しかにゃ?

染めも紅型っぽい。

芭蕉布(^^)素材感が良いですね~。

涼しげだ~!!!

ところで偽物芭蕉布ってないと思うよ。

偽物作っても儲けがでないもん。

(浮世絵版画と同じ。手間が掛かるから)

有名作家さんだったり、染めにチカラ入ってたりするとわりと高価ですが。

若干工程が少なくて安くできる品なんだと思う。

こういうのこそ、好みでセンスで選ぶものですよね!

締めやすいの?

うっは~♪

黒は合わせやすいから、夏はヘビロテですね♪
2011/07/06(水) 00:09:00 | URL | たま #79D/WHSg[ 編集]
No title
○柄かわいい~!

芭蕉布…絹芭蕉布というのもありますけど…

芭蕉で織られた芭蕉布ですよね??

それはまた稀少な…

帯締めがシャープなんで、引き立てあってるって感じ♪
2011/07/06(水) 07:02:00 | URL | まんまる #79D/WHSg[ 編集]
No title
たまさん

ありがとうございます~♪

型押し? でしょうか?

染めだということしか分かっていません(笑)

おお! 偽芭蕉布ってないのか!

わー、いい買い物したわー♪

と思っていたところでまんまるさん情報を得て、もう一度証紙を見たら「絹芭蕉布」でした。

なるほど。そういうことか。

まあ、気に入ったからどっちでも♪♪

ちなみに締めやすさは…微妙です。張りが強くて、お太鼓が「びよ~ん♪」って感じになるのです。

何回か締めたらなれてくるかな?
2011/07/06(水) 22:06:00 | URL | みやぢ #79D/WHSg[ 編集]
No title
まんまるさん

情報有難うございます~。

まさに「絹芭蕉布」でした(笑)うはは。

ホンマモンの芭蕉布だったら、ドびっくりですよねー。

おお♪ 帯締めに着目していただけて嬉しい♪

実は、帯を目立たせたかったので溶け込み色の帯締めを選んでみたのです。

いつも帯締めをさし色につかうことが多いので、自分的には新鮮な組み合わせでした♪

丸柄ってらぶりーですよね~。

可愛いもの好きのハートを鷲づかみでした!
2011/07/06(水) 22:09:00 | URL | みやぢ #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック